CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2020 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「あなたが大好き、生きていてください」 〜コロナ時代の宗教とは、何か〜 【平和の集い】 in 真宗学寮




【平和の集い】 in 真宗学寮 ご案内

「あなたが大好き、生きていてください」
〜コロナ時代の宗教とは、何か〜 

I care about you, so please stay alive! - What is the role of religion
in the time of Covid-19?



お世話になっている、島根県浜田市三隅の曹洞宗龍雲寺住職野原眞承様が講師として登壇されます。









◎日時
8月7日(金)13時~17時 

◎講師

キリスト教牧師 川上直哉さん(宮城県よりzoom参加)

禅宗 野原眞承さん(島根県)

イスラム教 ナセル永野さん(東京よりzoom参加)

真宗 中垣顕実さん(ニューヨークよりzoom参加)

歌手 玉城ちはるさん

◎司会 岡本法治



◎場所 真宗学寮講堂(広島市西区南観音2-8-15)

ご来校の際は、マスクの着用をお願いします。

Zoom(専用ID)中継もあります。

☆zoomでの参加希望のお問合せは

allbeings48@yahoo.co.jp (岡本法治)まで、お願いします。追って参加のURLをご案内いたします。

◎問い合わせ先

090-7503-4989(四苦八苦)
真宗学寮 [岡本]まで








| ryuichi | 04:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
退社挨拶の手作り石鹸 





お世話になっている郡山の製菓材料問屋の素敵な事務員さんが退社されるということになり、退社挨拶ということで担当の営業マン経由でお洒落な手作りの石鹸をいただきました。


当店までご挨拶をいただきましてありがとうございます。

これまでの経験を生かして、今後の益々のご活躍を祈念しています。


この手作りの石鹸ですが、以前もいただいたことがありますが、趣味で造っているとは思えない出来栄えで、中身も見た目も、パッケージに至るまで売り物みたいです。









取引先とはいえ、なかなか事務所に伺って事務の方とはお会いするきかいもありませんが、偶然にも、社名入りの配達用軽自動車から、お洒落なお嬢さんがさっそうと降り立ちます。

まさかこの問屋さんの事務所にこんな美人がいたとは”びっくりポン”でした。






問屋さんとは信用での商取引です。


また、人と人の繋がりだと思っています。

そういう意味で、当店などは様々な角度で当店の商いを支えいただいています。

当店の担当である営業の方、そして、常に笑顔で対応してくれる事務の方、そして、その要である社長・・・

こうした人と人の繋がりがあって商売が成り立っていくんだろうと思います。






また、他の問屋さんですが親しくしている配送の方が桃農家ということで、1箱試しに分けていただきました。

これが旨い桃でさすが「福島の桃」です。

こうしたお付き合いも、やはり人と人の繋がりということなんだろうと思います。







ともあれ、長年の勤務大変お疲れさまでした!


三春名物「おたりまんじゅう」本舗 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:15 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「ねじり草」 2020 天気見舞い




お客様から天気見舞いとして「ねじり草」をいただきました。



小さな花弁が多数ついていますが、一番上まで咲くと梅雨が明けるということです。







頂いたときは(7月29日)、こんな感じでした。



もう少しかな~






さあ、梅雨が明けて三春にも夏本番がやって来ます!



コロナ対策の中で、熱中症には気を付けて健やかにお過ごしください!











今朝の滝桜です。


久しぶりに朝日が拝めました!


梅雨明けも近いんじゃないでしょうか~




三春名物「おたりまんじゅう」本舗 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:26 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
奥会津三島の川霧「早戸温泉つるの湯」 2020




奥会津三島の川霧「早戸温泉つるの湯」 2020


この梅雨時期の休日、奥会津の三島町にある早戸温泉「つるの湯」に、湯浴みがてら「只見川の川霧」を見に行ってきました。

新緑が映える雄大な奥会津の山々を借景にして、只見川宮下ダム流域にの鶴の湯の露天風呂から見る川霧は、大自然が織りなす幻想的な風景を作り上げ、神秘性を帯びた”新緑の翠の山水画”の世界そのものです。







刻々とその姿を変えていう川霧は、川面に新緑の山々が霞む幽玄の世界へ誘ってくれます。

ここの川霧のすごいのは、生き物のような霧が、只見川と奥会津の山々を埋め尽くすさまを露天風呂に入りながら堪能できるというところです。






奥会津三島宿、早戸温泉の「つるの湯」「竹ノ屋」は、戊辰の役・北越戦争で傷ついた長岡藩士が、会津若松へ避難の途中に湯治で傷を癒したとされる名湯です。

今でも県内や川下の新潟は勿論、各地から手術後に湯治に来られる方が多数見受けられます。

地元の方々は、マムシに噛まれた時や、スズメバチに刺された時にも抜群の威力を発揮する名湯だと自慢していました。

私も、紫外線アレルギーによる湿疹が、この温泉にひとっ風呂浴びると嘘のように消えてしまいます。






30年位前までは、老夫婦が細々と経営していましたが、老齢のため一時閉館しました。

しかし、地元や湯治客の熱い要望で、行政が地域と第三セクターを立ち上げ、日帰りの建物を新築整備して再オープンしました。






ふたを開ければ、多分第三セクターの施設では全国でも一二番の集客力を誇る温泉施設に生まれ変わりました。

この温泉の魅力は、効能もさることながらそのロケーションにあると思います。

只見川沿線に数ある水力発電用のダムが造り上げた、大きな川の雄大な風景。





晴れていればこんな感じです。




川霧は、季節の変わり目にかけて多く発生しますが、四季を通じて天候不順の時に見えるように感じます。

輝く新緑、幻想的な白霧、錦秋に燃えたつ渓谷、そして厳冬の鮮烈な雪景色……

深山幽谷の感動的な四季のうつろいを情緒あふれる雄大な景色が湯船から楽しめます。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:52 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::男の隠れ家 |
アンパンマンの巾着袋 元仕立て屋 「テーラー白石」




アンパンマンの巾着袋 「テーラー白石」


郡山方八町で高級紳士服の仕立てを生業とされていた「テーラーメイド 白石」の社長の白石さまより、巾着袋をいただきました。


当店の孫みたいな悠大君に!ということでいただきました。







先にも、小さな巾着袋もいただきました。


もちろんお手製です。

さすが、洋装の仕立て屋さんが造った巾着袋です。

裏地まで付いています。






春先には桜小紋柄の巾着袋です。


使うのがもったいなくて店に飾っています!





こちらは普段使いに使用している白石さん製の加倉柄の巾着袋です。


白石様、ありがとうございます。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:02 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
YAZAWA CLUB 本革製オリジナル名刺入れ 継続プレゼント 2020




YAZAWA CLUB 継続プレゼント 2020


YAZAWA CLUB 本革製オリジナル名刺入れ







プレゼントがもらえるようになって、もう何年目だろうか?


これが楽しみです!







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:21 | comments (x) | trackback (x) | 「前向きな自惚れ」永ちゃん、最高❣️ |
平成版三春古蹟漫歩「亀井 光岩寺 松下長綱公御母堂様の墓」




亀井 光岩寺 松下長綱公御母堂様の墓

三春城下北町末、亀井に亀井清水井戸があります。






その井戸を蔽う竹林の坂道を上ると、今は荒廃してしまいましたが光岩寺の堂宇址があります。


堂宇西側の山内に苔むした三春城主松下長綱公の御母堂の墓があり「月照院殿円宝宗弧大姉」と戒名が刻まれています。

松下長綱公は、江戸時代初期の三春城主で、その御母堂様は、当時の会津藩主加藤嘉明の息女で、父である重綱の正室でした。






加藤氏は、古い家柄で、鎮守府将軍利仁の末裔とされています。

はじめ甲斐の武田氏に仕え、後に三河に移って徳川譜代の臣となりますが、永禄七年、祖父教明の時に一向宗の乱があり、三河を去って尾張に赴き、当時の羽柴秀吉に仕えることになります。





教明の子嘉明は、秀吉子飼いの武将と称される“賤ヶ岳七本槍”の一人で、伊予松山城四十三万石から、秀吉の命で北の要である会津四十五万石に移されたのは、寛永四年二月のことでした。

これと共に、三春領は三万石として、嘉明の二男明利が入城します。
それが、翌寛文五年には二本松へ移され明利の後任として、二本松より嘉明の息女月照院殿を母に持つ松下長綱が三春城主となり御母堂を伴って入城します。

松下氏は源氏、名高い佐々木高綱の子孫で、碧海郡松下(現愛知県)に住み、松下と称します。






松下嘉兵衛之綱の孫が重綱で、寛文四年に下野国烏山藩(栃木)から二本松五万石(当時)に移されて死去、同年長綱が家禄を継ぎますが、短慮で暴政を敷いたとして二本松領民に幕府に訴えられ、減俸され三万石にとして三春へ転封されたと伝わっています。

三春城主として長綱は、三春城の石垣を築き、明治維新まで残る城下町整備などを施策しますが、正保元年に狂人となったという理由により、城地召し上げの上改易となります。

長綱は、舅である土佐の松下忠義に預けられますが、松下家の菩提寺州伝寺ですが、御母堂様の供養寺光岩寺に墓はそのまま残りました。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 04:12 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下北町 |