CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2024 - 05  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




一関藩田村氏三万石藩主 田村家の菩提寺「大慈山祥雲寺」




一関藩田村氏三万石藩主 田村家の菩提寺「大慈山祥雲寺」。

祥雲寺の前身は、三春田村家四代目当主田村宗良(伊達忠宗の三男)が寛文九年(1669)に岩沼(宮城県)に開設した長谷山大慈寺で、一ノ関移転後の初代藩主田村建顕が天和二年(1682)岩沼から一関に移封された際、寺も一緒に移し、宗良の母お房の方(祥雲寺殿)を開基に大慈山祥雲寺と改めました。








「大慈」は、伊達政宗・愛姫の第二子忠宗の法名「大慈院殿」にちなんでつけられた。
 
開山は大機円応禅師で、本尊を千手観音とさだめ、藩主はじめ家臣領民の深く信心を集めたといわれます。


忠宗の側室であったお房の方は、観音信仰にあつく、寺伝によると、寛文六年の江戸勤番中のある夜、枕辺に観世音菩薩があらわれ、その霊夢に心動かされ、岩沼の地に一寺を建立したとありました。
 










「田村家墓所」は、本堂の左手に田村家墓所がありますが、階段の上に土饅頭です。


大正期になって品川東禅寺にあった歴代墓を、纏めて合葬した際に墳丘墓に改めたようです。







忠宗の母で政宗の正室・陽徳院(愛姫)は、三春城主田村家三代当主淸顕の娘で、天下人豊臣秀吉による「北条小田原攻め」「奥羽仕置」と、不仲説が囁かれた伊達政宗の謀略で、三春田村家が断絶したのを深く悲しみ、遺言で宗良に田村家を創設して藩主に就かせたという経緯の中で、この祥雲寺は愛姫、三春田村家と深い繋がりがあります。


この縁で昭和六十二年、三春町と一関市とが姉妹都市の調印をした。

  なお、祥雲寺は田村氏の菩提寺となっており、円墳の墓所には初代宗良から十五代良顕まで田村家代々のご遺骨が納められています。

また、境内に建つ田村記念館には貞享元年(1684)作の忠宗、房姫の木像のほか、市指定文化財の「常香盤」や戊辰の役時の陣羽織、時の太鼓、子安観音像、田村家愛用の

黒漆蒔絵重箱など三十点以上の文化財を展示されていました。



一関藩田村家は、幕府から伊達家に代々発給される判物と領地目録に、62万石のうち3万石を田村家に与えることが明記され分知されて成立した藩です。

即ち、幕府・徳川将軍家の直臣として扱われ、幕府から直接の指示を受けていました。








一方、一関藩は、将軍家から直接領地朱印状や領地判物を交付されていません、

したがって、仙台藩からの干渉もあって、大名取立から間もない寛文2年(1662年10月)にあり、「領内仕置六ヶ条」により、領内での仙台藩以外の制札が禁止されます。


これにより、自主的な法令を公布することが不可能になり、仙台藩の支藩的な立ち位置となっています。






また、一関所替後の所領は北上川に二分されていましたが、二分された一関藩領の間には仙台藩領の村落が10余村あり、一関藩は政治と経済ともに仙台藩の影響下に置かれています。

藩職に仙台留守居役が設置され諸大名や幕臣を記した「須原屋武鑑」でも仙台藩の支藩扱いでした。








赤穂浪士の赤穂藩主浅野内匠頭が、吉良上野介に刃傷に及んだ後に、御預け、切腹をしたのは愛宕下にあった、一ノ関田村家上屋敷でした。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍



| ryuichi | 03:23 | comments (x) | trackback (x) | 🌸戦国大名 三春田村氏 |
航空自衛隊百里基地 2024.5



所用があり、成田まで・・・

成田山新勝寺山内「い津美や」さんへ女将さんの儀機嫌伺~と思いましたら何と休み…。


同じ山内でお土産屋の営むおばちゃんが連絡をしてくれて、わざわざ宿泊先の成田山門前若松本店さんまでお土産を届けに来てくれました。

ありがとうございます。








朝一番の護摩祈祷を受けて・・・


先に、阿見にある旧霞ケ浦航空隊・土浦航空隊後にある予科練平和祈念館で海軍の零戦のレプリカを拝見!







日本海軍のエースパイロットを数多く輩出したエリート養成飛行学校












途中にある、香取神宮を参詣








随神門を改修中です。

















そして、茨城空港へ もちろん隣接の航空自衛隊百里基地へ



現代のエースパイロット養成所です。








悠大君と来る為の下見です。








F4ファントムが二機展示されています。









入れ違いで自衛隊機 F16戦闘機が、5機、離陸して洋上での訓練に行ってしまいました。


常連さんらしき方に話を伺うと、40分くらいしたら帰ってきますとのこと・・・








茨城空港のレストアンで食事をしながらしばし帰還待ち・・・














爆音と共に帰って来た!







悠大のお土産もばっちりゲット!


爺バカ万歳!



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍










| ryuichi | 03:05 | comments (x) | trackback (x) | 🌸物見遊山諸国見聞録 |
本日、火曜日は定休日となっています。




本日火曜日は定休日となっています。


またのご来店をお待ちしています。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:47 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯 |
令和6年夏場所 五月両国国技館 人生初の両国大相撲観戦!




両国国技館で大相撲五月場所「夏場所」!なんとその『中日(8日目の日曜日)』に人生初めての大相撲観戦の夢が叶いました!

若いころは大相撲にそれほど興味はありませんでしたが、当店のマスコットボーイの悠大君が力士の豪栄道に似ているということが切っ掛けで、少しずつテレビ観戦をするようになったのでした。






それ以来、今ではこれがハマってしまい、大好きなボクシング以上にテレビに向かって声援を送るようになり、録画しても見るくらいの大相撲の大ファンになってしまい、「いつかは国技館での観戦を!」と願っていたのでした。





 その夢を叶えてくれたサマーサンタは『大波三兄弟応援バスツアー』の手配から道中の飲食のなども含めてすべて完璧に段取りしてくれたのが、大先輩の田中金弥さんでした。



そのサマーサンタに敬意を表して紋付羽織着用の両国国技館コーデで参戦です。

 「升席が取れたので四人で行こう」ということになり、老舗の呉服屋の旦那なども誘いまもなく喜寿とちょい還暦を過ぎた“じっちゃん4人の珍道中”となったわけです。


 両国国技館前に着いたのはちょうど正午でした。


まずは館内に入り、自分たちの升席を確認してから昼食を取るために一時国技館を後にしました。

 少しだけ両国駅周辺を散策したのちに、金弥さんが知っている店に入り、生ビールを呑みながら名物のちゃんこ鍋と海鮮料理を堪能することができました。






食事が終わってから十両の取り組みまでには少し時間があったので、じっちゃん4人はミーハー並みに、国技館脇の力士入場口の前で力士の入り待ち・・・やはりお相撲さんは
大きい!大銀杏を結った力士の凛々しさとその存在感を肌で感じました。






 国技館に再入場すると、中日・日曜日ということもあり、会場は熱気むんむんで応援する歓声もヒートアップしてテレビ観戦とは大違いでした。

この夏場所は横綱はじめ三役以上の力士が5人も不在という今までになかった波乱含みで、郷土力士の筆頭である若元春も怪我で休場してしまい応援することができなかった。 







この『大波三兄弟応援バスツアー』には、文字通り三兄弟のご両親も参加されており、親しくお話をさせていただきました。







三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍




| ryuichi | 03:08 | comments (x) | trackback (x) | 🌸物見遊山諸国見聞録 |
全国曹洞宗青年会がアウトドアブランドのmont-bellに依頼した特注クッション『ZENSOUSEI ZEN CUSHION』




ZENSOUSEI ZEN CUSHION が届きました。


全国曹洞宗青年会がアウトドアブランドのmont-bellに依頼した特注クッション『ZENSOUSEI ZEN CUSHION』

カバーを開くと、ブランケットにもなるアウトドア用寝袋が収納されています。






お寺やご家庭で坐禅に使用していただくのはもちろん、日常やキャンプでのクッションやブランケット、寝袋としても使用できます。

雲水さんのような参禅の時にお寺へ赴くときに活躍しそうです・・・・









・寝袋:モンベル ファミリーバック#3

封筒型スリーピングバッグ。速乾性に優れ、濡れてもすぐに保温力を回復するホローファイバーを使用し、季節や用途に 合わせた多様な使い方が可能です。







夏の高地や冬の低山に対 応する、汎用性に優れたモデルです。快適睡眠温度域:7°C~













三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:41 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯 |
瀧桜ゴミ拾い 勘弁してよネ! ゴミ捨てんなよ🗑️ 2024.5.17




瀧桜ゴミ拾い この4年で5回目の一カ所(同じ場所)への大量の投棄、コレは不法投棄ですよね...。






毎日のように滝桜まで歩いていますと否応なしにゴミが目に入ります。

それほど綺麗好きや几帳面ではない方ですが気になります。


それでも毎日ゴミの落ちて入り場所をマークしながらウォーキングをしています。







コンマ1を切る目の荒さの私でも少しずつですが捨てられているのが見えてきます。


それでも少量なので貯まるまでと我慢して週1、2回の頻度で回収にしていますが、今日はその4日目でした。

それがコレではあんまりです。


勘弁してよネ! ゴミ捨てんなよ🗑️




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:48 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯 |
「三春昭進堂の麩まんじゅう」




「三春昭進堂の麩まんじゅう」

生麩(なまふ)独特のモチモチ弾力、初めて味わう食感、中の餡は、おたりまんじゅうと同じこしあんを使用しています。

低カロリーで緑茶にもコーヒーにも合います。









お餅にもお団子にもない生麩の織りなす独特の“モチモチ”感と“ツルン”とした食感をどうぞお召し上がりください。

上品な甘さの北海道小豆のこし餡を、たっぷりと入れて青笹で包みました。



賞味期限 製造日より、冷凍保存にて6ヵ月、解凍後は冷蔵保存にて1日。


10月までの夏季限定販売です。










三春城下の「柏餅」 2024


旧暦の端午の節句(今年の旧暦は6月10日月曜日)の翌週、6月第3日曜日までの販売となります。

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 03:27 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |