CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2019 - 03  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




真照寺の庭園に咲く水芭蕉と座禅草が芽を出し始めています。



木の芽月とはよく言ったもので、寒さに負けじと芽吹く木々に生命の強さを感じます。

春彼岸の中日も過ぎ、陽射もずいぶん春めいて春の気配を感じ始めた北国の小さな城下町三春です。









そんな陽気に誘われるかのように、三春藩主秋田家の祈願所である真照寺の庭園に咲く水芭蕉と座禅草が芽を出し始め、白い蕾が開花し始めて可憐な花弁が顔を覗かせ始めました。








寒さに気を取られて見過ごしがちですけれど 確実に日も延びているんですね

しかし、まだ空気は冷たくて 春の訪れはもう少しかかりそうですが、それほど先のことでもないでしょう。


よく見ると座禅草も茶色い蕾がしっかりと立っていました。

こちらももうすぐ花を咲かせます。







水芭蕉のまっ白な花の芽の力強さに、心も洗われるような思いがしました

水芭蕉の漢字を眺めていると「素(直)な心で」と語りかけられているような気持ちにもなります。

ひねくれないで、真っ直ぐな心と瞳でちゃんと色々な物を見つめなければと日々反省です。





もうすぐ春ですね・・・・






作家でもあり俳人の清水基吉の句碑が真照寺の庭園にあります。

清水基吉は、昭和19年の芥川賞(第20回芥川賞・『雁立』)の受賞作家であり俳人です。


戦後は小説家として活躍する一方、俳句の世界で活躍しています。



その俳句が碑になって、真照寺の庭園にあります。

碑には

『見にも来よ 春の三春の 水ばせう』  基吉

の俳句が刻まれています。

碑の裏には、建立者である「昭和五十八年吉日  角田和子 山岸勝子 建立之」と刻まれています。



山岸勝子さんとは、現住職の御母堂さまとなります。


御詠歌に「古の 関を越えれば 日乗山 三春の寺に 阿弥陀草咲く」 
いにしえの せきをこえれば にちじょうさん みはるのてらに あみだそうさく」
とあります。

日乗山とは真照寺のことで、阿弥陀草とは水芭蕉のことを指しています。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:16 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
三春藩儒者倉谷鹿山先生の墓
鹿山先生の墓

八幡町末、横丈六と呼ばれる場所に大柱寺というお寺がありました。

今は畑に囲まれた中に少しの墓石が見ることができます。

ここに「鹿山先生之墓」と刻まれた一基があります。

三春藩儒者倉谷鹿山の墓である。

墓誌に拠ると、諱は強。字は子勉。

父は軍七、母は山口氏、三春藩秋田氏に代々微禄で仕え、寛政8年教授、12年学長となり、在職40年、天保4年11月13日,75才で亡くなったことがわかる。

鹿山の通称は又八といった。

死亡から逆算して、宝暦9年の生れだが、出生地については三春町内の説もあるけれども、常葉町の鹿山だという説が正しいらしい。

どうして三春に出て来たか・・・家老の荒木氏が船引の本陣か、庄屋で、本を読みながら風呂番をしていた少年を見けて、引きつれて来たのが又八だったと伝説めいた話が残っている。

しかし、一説には、親が商人だったが、商を好ます、学問に熱中したともいう。

漢学の手ほどきは、村医杉田某及び白河藩の原助という人に学んだ。


25才頃、杉田村医の紹介と愛蔵の書籍に金3両とを貰い江戸に上り、林祭酒の門に入って数年、その学頭になった.

林祭酒は林大学頭で、昌平黌(しょうへいこう)の学頭に推されたと見るべきだろう。

その後、長崎に遊び中国人から晝画を学んでいる。







そして、寛政5年、当時の三春藩主秋田倩季に招かれ、士族に列し、100石を賜わって藩学校明徳堂(この名は倩季が名づけ、自書の額が現に小学校に残っている)の教授となった。

寛政12年には初代の学長となり40年在職しているので、子弟の数はどれ程だったろうか。

.鹿山は酒を好み、書画をよくしたので、町内は勿論、地方の旧家にその筆墨が残っている。



昭和7年に元町長鎌田悌次郎氏が主宰して百年祭を行っている。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:22 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下八幡町 |
平成31年春の会 県立郡山商業高校昭和57年度卒柔道部OB及び同期会 




 平成31年春の会 県立郡山商業高校昭和57年度卒柔道部OB及び同期会 



もうこの同期柔道部会も30年になります。


監事の日出山で床屋「カットスペース104」を営む渡辺君と、会場でお世話になる細沼の蔵王城店主川井君にお手数をかけながら年に一、二回のペースで開催されています。



昭和57年度卒の柔道部を中心に同級期生が集まっての気楽な友人同士の呑み会です。



お酒が入り話をしているうちに学生の頃の感覚に戻っていきます。



そして、30年という時間経過もあり、すべてを知り合えている仲間です。







会場のなる細沼の老舗割烹「蔵王城」は、高校生の頃から何かとお邪魔したところですので、ついつい「宅飲み」的感覚でいつも遅くまで飲ませていただいています。



一応、集合は7となっていますが、仕事の関係もあり三々五々自分の時間で集まってきます。

各々がそれぞれの立場で各方面でそれなりのポジションにいて頑張っています。


利害関係も全くない集まりです。



話す内容も、年齢と共にその時々の立場での話になってきますが、近年は自分自身はもちろんですが、家族や友人等の病気や安否、そして町内会や神社お寺の役員の話まで・・・・とうとう神社やお寺の役員の話が出たか~と大笑いになっていました。








今回の蔵王城は、ちょっと趣向を変えて今が旬の「フグ」コースです。


ふぐ刺しに、フライ、てっちり~

食べるのとおしゃべりが忙しく写真を撮るのを忘れていますが、絶品です!


さすが老舗割烹の蔵王城!


また、私の繁忙期に合わせていただいての開催で、ありがたく思っています。







このOB会の臨場に際して、会場の蔵王城が細沼なので、この呑み会の前には毎回安積国造神社、そして山内にある稲荷神社にお参りしてから参加しています。


今回も健康で無事来れたこと。

そして、益々の商売繁盛、家内安全を祈念してこの会に臨めたこと。


さらには、故知・友人の再会できること・・・等々を感謝の意味も含めて御礼の御参りです。




堂前の坂内菓子舗での修業時代に安積国造神社秋季祭礼にて壇ノ越町会の御神輿を担いで宮本神輿還御の御供していました。


また、私の結婚式もホテルハマツでしたので安積国造神社神官の「婚礼の儀」を挙行していただきました。

このような御縁がありまして親しみをもって身近に感じる神社です。


特に今年は、会員の皆さんの健康と商売繁盛を念入りに祈願いたしました。







今回も、友人の訃報を耳にしました。

心よりご冥福をお祈りたします。



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:57 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「傳の会」 吉田幸弘 祖先を訪ねる~




NHKファミリーヒストリーに代表されるように、昨今は先祖を訪ねることがブームにもなっているようです。

私たちの三春昭進堂ホームページにも、「春陽思ひ附阿津免草」というブログに三春の歴史を記載しているということから三春に所縁のある遠方の方より問い合わせがあることがあります。

友人で、小説家でもある東京八王子にて法律事務所を経営する吉田幸弘さんは、昨今の先祖の墓が年に11万基も廃棄され、墓じまいがブーム化しつつあることを危惧して、破棄される先祖の記録を残せたらと思い立ち、「傳の会」を立ち上げています。



吉田さんは「吉田家の本」、 「舟形墓標の魅力」、「ゼロからわかる近世墓入門」なども記しています。







傳の会では、戸籍の取得、系図作成、史料の確認、墓拓の採取を行っています。

吉田さんの「傅の会」創設には色々な理由でお墓を整理するのは仕方ないとしても、その前にせめてご先祖の生きざまを記録として残す家系図を作るお手伝いが出来たらという思いからだそうです。

吉田さんは、先祖を三春、そして常葉にご縁があり、影山ゆきひろというペンネームで三春を題材とした小説「影山一族」という作品も執筆されています。





「相続と黄金伝説」吉田幸弘


また、吉田さんは、先祖探しをしていると、身内や、親しい友人、そして仕事で知り合った方の中に強い因縁を感じる方がいることに気付かされることがあります
正に、先祖が取り持つご縁なんでしょう。







曾祖父が何をしていたか? 意外に皆さん、知らないものです。

みなさんは、曾祖父母の名前を知っていますか?

生まれた年をご存知ですか? 父方・母方を問わず、先祖を辿る上で先ずしなければならないことは戸籍を遡ることです。

戸籍には「平成6年式戸籍」、「昭和23年式戸籍」、「大正4年式戸籍」、「明治31年式戸籍」、「明治19年式戸籍」があります。

今現在手に入れることが出来る最も古い「明治19年式戸籍」まで遡ってみましょう。

そしてそこに記載されている本籍・戸主の名前を記録します。





「続・家族信託のススメ」遺言書はもういらない!~吉田幸弘




1.先祖探しは、まず戸籍を遡ります。
今の本籍の土地は明治維新以後である場合が多いです。特に現在、大都市に本籍がある場合は、
その可能性が高いです。

2.取得出来る最も古い、明治19年式戸籍では、
江戸時代後期の先祖を知ることが出来ます。
中には1790年代、
寛政年間に生まれた人も載っています。

ここまでを系図にして、
書道家に氏名を書いてもらい、
巻物にして、いくら? という商売もあります。

中には先祖の地を訪れ、現地の人に話を聞いたり
する場合もあるようです。

3.私は更に先祖の地にある墓を訪れ、墓から江戸時代の先祖の身分や暮らしを判断します。
古い墓は刻まれた字が読めないので、拓本を採ります。

これには技術が必要です。

また、戒名や俗名から、一族の名前に共通する、漢字一字、通字を調べ、次に、市史から、同じ苗字、同じ通字の人物を探します。

その方が先祖である可能性が極めて高いからです。

国会図書館や、先祖の地にある図書館が重宝します。


4.武士であれば城下絵図に、その人物の名前を探します。

住んでいた場所が、今のどの辺りか、がわかりますし、広さから、身分もわかります。

勿論、家臣録から、系図、身分を探ることも出来ます。

系図があれば、仕官する前、どこに住んでいたかが、そこに書かれている場合もあります。

そちらの市史から、更に昔の先祖を探します。


5.更に様々な古文書から、市史と同じ作業をします。

どれだけの古文書に当たるのかが、勝負所です。

運良く江戸時代前期に辿りつけば、戦国時代、中には鎌倉時代まで、先祖を辿ることが出来ます。


鎌倉時代まで辿れれば、平安時代までは簡単です。


みなさんも、役所に行って先祖探しの第一歩を踏み出してはいかがでしょうか?




傳の会 吉田幸弘


先祖の墓を知ろう









問い合わせは、greenair2007@nifty.com  「傳の会」吉田まで

もしくは、三春昭進堂 髙橋まで




春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:09 | comments (x) | trackback (x) | 小説「影山一族」~滝桜 |
「三春城下のはなまつり 2019」 三春町各宗寺院和合会・三春町各宗寺院護持会





みはる春まつり 


「三春城下のはなまつり 2019」 三春町各宗寺院和合会・三春町各宗寺院護持会

お釈迦様の誕生日 稚児行列








・平成31年5月5日(祝・こどもの日)

・集合場所 三春城下大町「三春町交流館まほら」 午前9時30分集合

行列コース
三春小学校下 ― 大町四つ角から桜川小径 - 御免橋・中町駐車場 - 大町三つ角 -紫雲寺 
午前10時から 午前11時 の一時間を予定

・参加費用 3500円 子供一名様 昼食・衣装・写真(稚児・保護者附添一名)


申し込み場所 三春町各宗寺院和合会各寺院
真照寺・州伝寺・天澤寺・紫雲寺・福聚寺・法蔵寺・光善寺・龍穏院・華正院・高乾院・菊川屋・三春町商工会事務局・松葉屋

各自の用意 白足袋 草履、帯










・前日の5月4日午後4時より、冠・衣装をお渡しいたし、簡単なお遊戯(踊り)指導いたします。

稚児行列に参加されるお子様と保護者の方のご出席をお願いいたします。

申込用紙は、新聞折り込み他申し込み各寺院のございます。



問い合わせ

三春城下荒町 光善寺 0267-62-3778

三春城下荒町 菊川屋 0247-62-3600









三春町各宗派仏教和合会の平成31年春の托鉢。


三春城下春爛漫の風物詩三春仏教和合会による春の托鉢です。

平成31年4月4日(木)の午前中に三春城下の各寺院より和尚様方が托鉢に出ます。








三春城下にある11ヵ寺のお寺さんが集う三春町仏教和合会。



各宗派を超えたお寺さんの会で、毎年、5月5日の端午の節句である子供の日に行われる稚児行列、そして歳末助け合いへの浄財を集めるために、和合会加盟のお寺の和尚さんたちが、年に二回の托鉢を行っています。








春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:31 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
平成31年度 枝垂れ桜 花番付表 郡山観光交通株式会社版




平成31年度 枝垂れ桜 花番付表 郡山観光交通株式会社版



郡山観光交通株式会社さんでは、福島県内の枝垂れ桜の番付表を発表され、店頭にも届けていただきました。







毎年、社内の桜を愛する人たちで社内桜審議委員会を組織して、福島県県内の枝垂れ桜を独断で選んで、番付表を作成されています。

三春滝桜は、もちろん東の横綱に選ばれています。








この枝垂れ桜番付表を拝見すると、いよいよ春本番!花見商戦のスタートだと~ 気が引き締まります。




郡山観光交通株式会社社様、いつもありがとうございます。


パンフレットは、カラーコピーしてお客様に配布したいと思います。








もちろん、番付表は店頭のショーウインドに額にいてれせ設置済です。




春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 05:14 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
桜花あられ大



桜花あられ大 370円税別







櫻の花をイメージした型で抜いて焼き上げた桜花あられです。







春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:14 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |