CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2019 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「紅蓮山 観音寺だより」第72号(令和元年9月吉日発行)が届きました。



「紅蓮山 観音寺だより」第72号(令和元年9月吉日発行)が届きました。

冒頭の「只今観音寺」方丈様の寄稿住持 穆清(雅号)には、「お慈悲と行持」と題されて典座のお布施、不染汚(ふぜんな)の浄行、そして、一文不知(いちもんふち)の御信心の功徳が記されていました。






典座のお布施

不暁不露の御台所 おゝ忙しし
エプロンの観音さま
包丁の音 軽やかに お鍋 沸騰す
身土不二の作食が 安らけき願をこめて
法喜禅悦食に飽満し 和顔寂静たらん
穆清

方丈さまは、「御台所のお仕事を典座(てんぞ)と申しますが、典座の働きがご信心の佛行に転じたれば、食材も調理人も道具もみな佛さまのお仕事となると、それを浄土と申します。」とご教示されています。
日頃から台所を司っている女房殿へあらためて感謝の意を示し背筋を伸ばして拝読いたしました。








不染汚(ふぜんな)の浄行

開枕罷(かいちんは)の東司掃除(とうすそうじ) 密やかに
玉襷(たまだすき)の観音さま
清々と御厠は 光明発つ
潜行密用は無功に 陰徳積みませり
浄穢不二(じょうえふに)と解脱して 浄土現わる
穆清

修行道場の雲水衆のリーダー首座和尚が行すべき大切な修行の一つに、夜就寝後、修行僧が寝ている間に一人静に東司、お便所掃除を密かに行ずることがあります。
方丈さまは、明治の高僧西有禅師を例に挙げてご教示されています。
西有禅師は八十才まで東司掃除をなされていて、お弟子方が遣らせていただきますと申し上げると、貴様にはまだ東司掃除は出来ぬと云われ、何故ですか?と申し上げると「浄汚の二見、煩悩がまだ解脱しておらぬから」と一言策励されております。
きれい汚いを超越してお掃除をし、私がお掃除をしていますよと見せず密やかに掃除をして、陰徳を積みたいものであります。








一文不知の御信心

宏大無辺のお経一句知らずとも ただ手を合わす
南無南無の観音さま
御佛の御座す御堂に畏まり ひたすら拝む
一切衆生悉皆成仏(いっさいしゅじょうしっかいじょうぶつのお示しあれば あな有難し
恭くも御佛に拝まれし 我が凡夫身なるぞ
穆清

因縁を見つけお寺にお参りください。
本堂に入り佛さまの尊前にしばらく畏まり頂き、合掌礼拝申し上げてください。
遠慮なく思いの丈、煩悩をお話しなされ
御佛さま 慈悲心は無量無辺にて全てをお聞き届けくださいます。
微笑て瞬き、手を差し伸したまう・・・

我ら一切衆生、皆なことごとく成佛しおりと、早く気付き覚めよとお示しあれば、あな不思議。







われら凡夫が佛さまを拝むから救ってくれる前に 佛さまが先に我ら凡夫を拝んでくささっています。私たちが拝むことを得れば 尊き良結縁があります。
さてお彼岸です。
お寺に参って御本尊様の尊い前でしばし拝んでみてはいかがでしょうか?









春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:46 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
「三春影山一二・キクのルーツを辿る」~ミッション1:戸籍を遡れるだけ遡れ!~




当店発行の塵壺330号 「三春版ファミリーヒストリー調査の顛末記」 

平成31年1月発行でご紹介した東京のN様のご先祖探しが一つの形を迎え、その第一弾として先ごろ「三春影山一二・キクのルーツを辿る」~ミッション1:戸籍を遡れるだけ遡れ!~という報告書にまとめられました。

当店にも送付いただき、感心しながらも楽しく拝読させていただいています。

“三春の滝桜は1000年以上もどっしりと根を張って生き続けています。

先祖が代々眺めています。人間はそうはいきませんから、短い命のバトンリレーです。

バトンを繋いできたご先祖様に感謝して、自分はこの瞬間を精いっぱい生き、次のバトンを子に渡したいと思います。”と記されていました。“








これぞご先祖探し、そして、地域の歴史探訪の原点なんだろうと思います。

まだ、途中経過の報告ということですので今後の展開が楽しみです!




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:28 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録 |
三春どら焼き  




三春どら焼き  150円 税別

どら焼きは、香ばしい生地に粒あんを入れただけの本当に昔ながらのどら焼きにこだわって作り続けています。シンプルなものほど職人の技が試されるもの・・






卵の力と伝統的な製法で、できるだけ無添加にこだわった匠の逸品。
その素材が持つ自然の力で、しっとりと味わい深く、口溶けのよさが自慢です。




三春昭進堂特製粒あんは小豆の粒が光っています。





1粒1粒を大事につぶさないように炊きあげました。
しかも小豆の皮はやわらかく、小豆の風味を最大限に生かすよう砂糖は“ざらめ糖”のみを使って炊きあげています。
北海大納言小豆の粒あんが、あっさりと香ばしい生地によくなじみ風味をましています。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:13 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春城下、9月のちょっくら市 9月20日(金)、21日(土) 開催です。








暑さ寒さも彼岸まで~

涼しくなって、過ごしやすい気候になりました。






三春城下、9月のちょっくら市

9月20日(金)、21日(土) 開催です。

是非お出かけ下さい♪








9月20日㈮.21日㈯
渡辺安里
焼物絵付ワークショップのお知らせ✨




角皿14cmぐらいのお皿に絵付をします。
呉須(ごす)紺色の絵具を使って描きます。
時間は11時〜いつでもOKです。

♪参加費
♪講習料
♪お皿代
♪焼成費
すべて込で1枚2千円

焼き上がりは10月のちょっくら市でお渡しします。
参加お待ちしております🙋




今月の昭進堂のお菓子は😋おはぎ❣️ 


あずき☆ごま☆きなこ

3個セットになります💖


人気のコーンクッキーもありますよ!












春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 13:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
お彼岸 2019




お彼岸

春分、秋分の日をはさむ前後七日間を彼岸です。

初日は彼岸の入り、中心の日は中日、最後の日を彼岸明けといって、合わせてこの七日間は、各寺院、家庭で彼岸会の法要が行なわれています。

「春分の日」は「自然をたたえ生物をいつくしむため」に、また「秋分の日」は「祖先を尊び、亡くなった人をしのぶため」に、国で祝日に定めているように、
彼岸は、あの世(彼岸)の死者の安らかな成仏を願うという意味にあてられているます。






仏教では、生死の苦しみに迷う現世を此岸と言い、悟った捏磐(ねはん)の境地を彼岸と言います。


秋のお彼岸会です。

お彼岸会は、もともと仏教徒が「六波羅蜜」を実行し、迷いの”此岸”から、悟リの”彼岸”へ達しょうとする修行期間

でした。

六波羅蜜とは、布施(施し)、持戒(規律を守る)、

忍辱(寛容)、精進 (たゆまぬ努力)、

禅定(心を静める)、そして、智慧(正しい判断力)の六項目を指しています。



この「六波羅蜜」には、すべてのものに感謝する精神が裏付けされ、現在ではご先祖さまへ供養やお墓参りを行うという形

に変化してきました。

しかし本来の意味に立ち返り、この彼岸という機会に自分自身の心や生きざまを静かに見つめ直すことも大切なんだろと思います。










年に2回(春・秋)のお彼岸には、お盆のときのように特別な飾り方などはございません。

お仏壇をきれいに掃除し、お供え物(菓子・花など)も新しくして菩提寺とお墓へのお参りをしましょう。



おはぎ

三春昭進堂では、彼岸の入りの日、9月20日(金)より、中日の23日(祝・月)まで、秋のおはぎを販売いたします。



こしあんこ、黒すりゴマ(粒あん)、こがし黄粉(コシあん)の3種類をご用意。

一個130円です。







焼き饅頭 大 一個 220円税別

焼き饅頭 小 一個 110円税別


こちらは予約販売のみとなります。

2日前までにご予約くださいますようお願いいたします。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:30 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春城下真照寺の初秋 令和元年




暑さ寒さも彼岸まで~と申しますが、三春城下も秋の彼岸を迎えすっかり、蝉の声が鈴虫に代わり、秋めいてきたようにじゃんじられます。


城下新町にある旧三春藩主祈願所である真照寺山内にも、チラホラとキノコが見られるようになりました。






チチタケ属の一種でしょうか?

山内は効果的に除草剤を散布していますので食用には向きません。







季節感だけでも感じていただければ幸いです。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
磐梯熱海温泉ホテル華の湯 “コロッケ・モノマネショー&秋のディナー”



郡山の奥座敷磐梯熱海温泉ホテル華の湯 “コロッケ・モノマネショー&秋のディナー” のご案内を受けましてモノマネ好きな女将と連れだって出かけてきました。


”義理とふんどしは何とやら~” と言いますが、商売上のお付き合いとはいえ素敵なひとときを過ごさせていただきました。






Showは、かまた聖子・坂本冬休みさんが前座を務め・バックダンサーによる踊り、そしてお待ちかねのコロッケショーのものまねや歌謡ショー、など店舗の良い舞台進行で会場は大盛り上がりです!

やはり生で見る舞台は面白いです!







華の湯の安藤支配人とは30年来の旧知の中で、陣屋にあったやきとり“吉蝶”常連からのお付き合いです。

最近はとんとご無沙汰をしていましてが挨拶してまいりました。

安藤さんは、華の湯の支配人として、雑誌やテレビ、そして私学高校父母の会広報誌などでよくお顔を拝見し、仕事人の先輩として尊敬しています。







今回もディナーショーということで、福島を代表する華の湯が提供する秋の和懐石を堪能させていただきました。


showも面白いんですが、ディナーで同席させていただく方々には著名な方が多く、多くの事をまなばさせていただいています。

人との出会いやご縁というのは、やはりディナーショーならではの醍醐味です。








当店女将はものまねや歌謡ショーが大好きなもので、女将として、母親として、女房として、日頃世話になっている御礼です!




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:13 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |