CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2019 - 05  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




寒河江荘慈恩宗本山瑞宝山慈恩寺  一龍




寒河江荘慈恩宗本山慈恩寺



薫五月、総会シーズン真っ只中です。

山形県の中央部にある寒河江市まで出張でした。







寒河江には以前、日本女子大学の中西教授よりご紹介いただいた慈恩宗本山慈恩寺があります。

なかなか行き機会が少ない山形ですので、早入りして本山慈恩寺参詣と探索に行ってきました。

慈恩寺は、山形県寒河江市にある慈恩宗の本山で山号は瑞宝山。


宗教法人としての登録名は「本山慈恩寺」。








奈良時代天平18(746)年に、聖武天皇の勅命により開基されたと伝えられている古刹で、江戸時代は山形藩主最上氏や江戸幕府によって寺領18か村2800石余の寺領を受け、東北随一の御朱印地を有する寺院となり、院坊の数は3ヵ院48坊に達しました。








尚、上記の画像は現在のパンフレットですが、全盛期の慈恩寺の坊48というのは数が多いという意味で、実際の絵図から勘定すると60坊は見受けられます。



慈恩寺は、檀家を持たず、「鎮護国家」「国家安寧」等の勅願寺として、摂関家藤原氏、奥州藤原氏、寒河江荘大江氏、山形城主最上氏など、時の権力者より庇護されていました。



摂関家のための荘寺的な役割を果たした寺院ですので、その関連からからでしょうか?遠く離れた京の仏師が手掛けた仏像など京文化が反映されている寺院です。



また、朝廷や幕府の繁栄を願う祈願寺で、全国各地から集まった修行僧が学ぶ、大学のような寺でした。

当時の僧侶は仏教以外に武術、医学・土木・農業などの実学を学んだ記録されていますが、中世において寺院は、先進技術や文化といった先進文明の担い手を育成する学びの場だったと考えられています。






中世という変革の時代にあって、聖俗様々な要素の変容と葛藤の中で、様々な宗派が混在する形となり、江戸時代には 天台・真言両宗の兼学となり、密教における修学拠点として、また事相相承の法流拠点として、数多くの修学僧が往来し、現存する史資料がその法流の伝播と影響を今に伝えています。







明治維新後、廃仏毀釈、神仏離反、修験廃止などの上知令により御朱印が停止されると、山は困窮し帰農する坊が続出します。


これの慈恩寺さんだけに限らず日本全国の寺院に及びますが、こと修験の方々は神官になるか僧侶になるか還俗(僧籍の返納)を迫られています。







しかし、慈恩寺ではその勢力下において最盛期の半分の坊が残り、激動の受難期を乗り越えていきました。






終戦後は宗教法人として独立し、慈恩宗・本山慈恩寺となっています。








現在でも山内には、本堂、山門、薬師堂、三重塔など3ヵ院17坊が現存し中世の仏教都市の面影を現在に伝え厳かに時を刻んでいます。

仏像群や寺院の構造美に見惚れますが、現在でも平安末期から幕末まで続いた中世の仏教都市が形成されており、時空を超えた神仏習合の砦に迷い込んだようです〜〜







伽藍記によると、仁平年中(1151-53)藤原氏の氏寺、奈良興福寺から願西上人が派遣されたとあり、興福寺は法相宗の寺であり、「慈恩寺」という名前も 法相宗の祖である慈恩大師からきたもののようです。







本山慈恩寺宗務長・奥平暁俊さんの案内にて、時間を忘れ探索していました!

お世話になりました。







慈恩寺山内にある末寺華蔵院は、映画「男はつらいよ」シリーズの第 作「葛飾立志編」でロケ撮影の現場 にもなり、故大滝秀治さん演じる老僧に「子のたまわく、あ したに道を聞かば、ゆうべに死すとも可なり」という論語の一説は華蔵院の階段で撮影されました。






華蔵院の山門横には、渥美清さんが慈恩寺ロケの時、風景に見とれてしばらく腰掛けた石だそうです








担当幹事が長井市の方でしたが、慈恩寺に興味があり寅さん好きで、しかも龍一という名前ということで、私のために寒河江での総会開催、しかも会場兼宿泊が、寒河江温泉「こころの宿”一龍”(いちりょう)”」







お土産に、”一龍”という名を冠した清酒セットをいただきました。






山形の蔵元”月山酒造”、そして”千代寿虎屋酒造”のお酒です。」


一龍 で、私の名前と文字が一緒です~







ご配慮していただき、粋な計らいをありがとうございました。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:20 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
高南梅の一粒梅ゼリー





高南梅の一粒梅ゼリー  一個 230円税別


清流に稚鮎が跳ねる頃、若葉の緑も次第に色濃さを増し、雨に濡れたアジサイの彩りがひときわ鮮やかになり、間も無く梅雨の季節が訪れます。






蒸し暑い日が多くなると見た目にも風味も涼しげな水菓子がとても美味しく感じられます。






夏のご挨拶に高南梅一粒梅ゼリーの進物もご用意いたしました。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 14:01 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
七夕菓子「お星さまキラキラ」




七夕菓子「お星さまキラキラ」 280円 税別


星形の飴のアソート





七夕様にかけて「星の願いを」の短冊を設えてみました。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:58 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
わたしのお気に入りの場所です。




真照寺の裏庭が見える本堂の縁側です。

わたしのお気に入りの場所です。

特に、夕方が最高です。






真照寺本堂の外側に、三春の書道家故渡辺絃川先生の主催する「絃川会」による様々な墨跡の額が掛けてあります。

お寺に訪れるたび、その時どきの、自分の心境により,目につく額が違います。






繁忙期の一段落したこの時節だからなのでしょうか?

ひときわこの「洗心」の文字が際立って語り掛けて来るようです・・・・







この縁側に座って、庭園を唯ぼんやりと眺めているだけで究極な贅沢な時間を味わえます。

優しい日差しが、新緑に映し出し、水面に映る。

城下の喧騒が微かに聞こえる中で、閑に時を刻んでいきます。







きっと数百年もこうして来たんだろうなぁ等と思いを巡らし、閑かな一時を過ごします。

しかも、春夏秋冬問わず、四季折々の風情を楽しめます。

其れもそのはずです。

この庭園は、三春藩の殿さまの庭ですから・・・



縁側の中は、殿さまのおなりの間です。

尚、天明の三春大火で御城(御殿)も消失しましたが、再建するまでこの真照寺を仮御殿としていました。









仕事の合間を縫って散歩がてらの参拝いしています。

往復でも徒歩5分です。




ただただぼんやりと10分くらいボンヤリと・・・・

この時期ですと、ガマガエルの求愛の歌や小鳥たちのさえずり。






さらには新緑の若葉の風に揺れる音等々・・・

山鳩やカルガモにも出会えます。




夜の戸張が下りる少し前~この夕刻という特別な時間。

仕事を終えた云う安ど感と共に、心身ともにリラックスしていきます。






初夏の装いの「蒼龍」





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 04:49 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
盲導犬の受け入れ体験 三春町飲食店組合




三春町役場保健福祉課

盲導犬の受け入れ体験実施要項

「視覚障がいを知る地域交流会」については、町内の視覚障害者等を対象として福島県点字図書館の主催により、三春町保健センターを会場とし開催されます。

三春町としても、公益財団法人日本盲導犬協会仙台センター(愛称:スマイルワン仙台)の開催目的に賛同し共催として実施するものです。

そこで町では、肓導犬をお連れの方の協力を得て、本要項に基づき『仮想店舗での盲導犬の受体験』を行います。

三春町飲食店組合も「盲導犬の受け入れ体験」に参加いたします。

令和元年5月2 6日(日)

午後3時頃から午後4時まで

「視覚障がいを知る地域交流会」のなかで併せて開催する。








身体障害者補助犬法とは

身体障害者補助犬法(以下「補助犬法」)は、お店や病院など不特定多数の人が利用する施設で障害のある人のパートナーである盲導犬、介助犬、聴導犬(総称して、「身体障害者補助犬」)の同伴受け入れを義務づける法律です。

この法律によって、補助犬を同伴する身体障がい者は、補助犬の行動管理・衛生管理をおこなうことと、周囲に補助犬であるということが解る表示の掲示が義務づけられました。また、補助犬育成団体は、良質な補助犬を育成することも義務づけられています。

施設側の受け入れ義務を設けるだけではなく、補助犬ユーザーと補助犬育成団体にも責任が求められる法律です。

補助犬法は、補助犬と一緒に生活している身体障がい者のアクセス権を保障するものです。

どうぞご理解ください。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:33 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
第五回 三春藩Cub主総会  ~泰聖豊環(たいせいほうかん)~




第五回 三春藩Cub主総会  ~泰聖豊環(たいせいほうかん)~








令和元年5月19日(日)


















 最終回となる三春藩Cub主総会(三春城下ホンダ・Cub愛好家の集い)でした。


晴天に恵まれ会場となった滝桜駐車場には今年も沢山のライダーが集まりました。



当三春昭進堂の前も朝から小さなバイクが列をなして会場を目指し通過していきます。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍  

| ryuichi | 04:47 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
第一回 ちょっくら市 拡大版! 2019.5




毎月2日間、第3金曜日と土曜日に、三春町本陣本店さんの店先をお借りして開いている、手仕事人の小さな小さなお店ちょっくら市。










その拡大版です。


会場 福島県田村郡三春町中町 本陣醤油店及び三春なかまち蔵周辺







5月17日(金)18日(土)19日(日)の3日間開催されました。





天候にも恵まれた3日間で、大勢のお客様にご来場いただきました。






三春昭進堂も出展させていただきました。







今回は、当店のコーン・クッキーとハワイの稀少珈琲である”カウ・コーヒー”取扱店M15LABさまのコラボを企画中でしたので、このカウコーヒーの宣伝を兼ねてM15LABさまにも当店ブースに臨場していただきました。


コラボ企画としては初イベントでしたが、ご来場されたお客様にハワイのカウ・コーヒーを楽しんでいただいたようです。





















































ご来場されたお客様、出展された皆様、そしてちょっくら市拡大版の実行委員の皆様など関係各位の皆々様方には大変な世話になりました。


ありがとうございました。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:20 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |