CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2024 - 04  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




本日、火曜日は定休日となっています。




本日、火曜日は定休日となっています。


またのご来店をお待ちしています。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:29 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯 |
神宮教院発行「第五百七十二番 神宮教会神風講社 副世話係 選定所」 鷹巣橋本氏文書




神宮教院発行「第五百七十二番 神宮教会神風講社 副世話係 選定所」 鷹巣橋本氏



神宮教会(のちの神宮教)とは、明治の初め、従来の伊勢講(太々講)を基盤とした伊勢神宮の教化活動を担うべく設立された神宮教院・神宮教会です。



さらにそれを母体として成立した神宮教・神宮奉斎会の傘下となる各地方の講社は神風講社と名付けられました







三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍


| ryuichi | 03:41 | comments (x) | trackback (x) | 🌸旧中妻村::鷹巣組頭橋本家文書 |
三春小学校3年生の児童から、お礼の手紙が届きました。2024




先に学校に伺って「三春にお和菓子屋について」ということでお話をさせていただきました。

その三春小学校3年生の児童から、お礼の手紙が届きました。


このお便りが読みたくて学校の支援をしているのかもしれません~



児童の皆さんの手紙を読みながら、どのように伝わったか?

そして、皆さんの反応は?などいろいろ推測しながら読み返しています。






どの子供さんも真剣に聞いてくれていましたが、その思いが文面に表れていまして安堵した次第です。


自分たちがそうであったように、成長過程の中の時期、“人として人生を生きる上で必要な事柄”を学校の内外に於いて、町の人、先人からどれだけ教えてもらったことかわかりません。

私たち三春城下に住む者、地域に住んでいる者が、三春の先輩である先人から学んで受け継いできたものを、未来を担う次世代にどう伝えていくかということを常に考えています。


この様な小学生の学習場で、親とも違う大人と出会い、職業の話や三春の歴史に関する話や思いを聞くことによって、少しでも三春町を誇りに思う気持ちや町の人に対する尊敬の念を持ってもらえることが理想です。


そしてそれが私たちに様々な事柄を教示してくれた先輩方々への恩返しだと思っています。



少しでも自分に誇りをもって成長て、将来に向かって大きく羽ばたいていってくれればいいなあと考えています。


「三春で学んだことを誇れる教育」




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:40 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯 |
三春城下の「柏餅」 はじめました。 2024




三春城下の「柏餅」 はじめました。 2024


かしわ餅 こしあん おたりまんじゅうの餡をベースに拵えました  茶色の葉

味噌かしわ餅 みそあん 手坊白あんに三春中屋味噌をブレンドしました  緑の葉







柏の葉は、ゆずり葉といって、新芽が出ないうちは古い葉が落ちないので、「子どもが生まれるまでは親が死なない」


「家系が途絶えることがない」ということで、「子孫繁栄」の意味があるそうです。







こしあんと味噌餡の詰め合わせなどお気軽にお問い合わせください。 








季節がもたらす素材の持ち味を活かし、全ての素材から本来の美味しさを味わって頂けるお菓子づくりを心がけております。

そのために、素材を産地から厳選し、体に優しく安全なものを使用しております。

素材の美味しさは天地の恵み。四季折々の美しさを感じ、目や舌はもちろん、心から楽しんでいただきたいと存じております。

















当店の和菓子は、全て手作りのため、曜日・時間帯によってはご用意できない和菓子や売り切れになる和菓子もございます。


なにとぞ、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。



前日午後6時までのご予約をお勧めいたします。










本来、端午(たんご)とは月の始めの午(うま)の日をいいますが、旧暦5月5日(現在は新暦5月5日)を端午というように変わりました。

古代中国では、この日を薬採りの日としていて、薬草を摘んで野遊びをしました。

菖蒲は、煎じて飲んだりして昔から薬草として使われていたそうです。

男の子の節句とされるまでは、厄病を祓う節句で「菖蒲の節句」とも呼ばれています。

5月は悪月(あくげつ)、物忌みの月とされ、その邪気を祓うために菖蒲を浸した酒を飲んだり、蓬(よもぎ)を軒につるして粽(ちまき)を食べたりしました。





平成元年の春祭り稚児行列の一枚!


春陽桜郷三春 三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:17 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
2024.4 笠石八幡馬頭観音桜、込木地蔵桜 参詣




まだ櫻花の残る定休日、ご縁のある笠石八幡の馬頭観世音桜と込木地蔵堂櫻に御礼に参詣いたしました。






先に掃除を済ませていたので山内はきれいです。






この巨石を見るたびにパワーを貰えるような気がいたします。








祖父伝造の名前が刻まれた石板と・・









曽祖母タリの名前の石板


ルーツを感じます。







そして、曾祖父 髙橋民四郎さんの生まれ故郷込木にある地蔵堂と紅枝垂れ桜






やはりご縁ですね、妙に落ち着く空間です。






今があるのもご先祖様のお陰です。



とにかく感謝しかありません。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:45 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯 |
久しぶりの休日、早朝滝桜ごみ拾いウォーキングです。2024.4.16




久しぶりの休日、早朝滝桜ごみ拾いウォーキングです。


滝の桜は散り始めています。


この桜花舞い散る様を見て、刹那的な美しさを感じています。

日本人・三春人なんだなぁと感じるひとときです。







滝桜への道すがら至る処でキジにお出迎えを受けました。







真照寺参道階段、桜花の花絨毯



春爛漫の終焉を告げています。








そして、初夏の珍事・風物詩とのなった眞照寺の「アミガサダケ」


三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:38 | comments (x) | trackback (x) | 🌸春陽郷三春 日暮硯 |
高屋敷稲荷神社 春の遠景 2024春爛漫




高屋敷稲荷神社 春の遠景 2024春爛漫



稲荷山の桜の彩で華やいでいます!





白狐社例祭(びゃっこしゃれいさい)
日 4月21日(日)
時 午後1時
備考 稲荷大神様のお使いである神狐(白狐)の御霊をお祀りする白狐社のおまつり



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:52 | comments (x) | trackback (x) | 🌸「商売繁盛祈願」 舞木の稲荷さま~ 高屋敷稲荷神社 |