CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2020 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春物語188番 「田村四十八舘七草木舘」
 田村四十八舘 七草木舘
館の西側の麓を小浜街道が北へと向う要衝に所在し、「三春城古城絵図」では2か所の郭の存在を示し七草木新助を城主名に挙げています。

寛平の頃、宇多天皇は、七種粥の節句をおこないました。
このとき、竹良某という人が、七種および擂り粉木を献上し、賞されて七種木の称を賜った。後にその子孫の七種木新介という武将が此の地の築館山に舘を築いて移り住んで戦国大名田村候に仕えた。
このとき、田村家出仕を期に七種木を七草木と改称し地名も七草木と改めたと伝えられています。
 
 七草木氏については「田母神旧記」「田村家臣録」(片倉文書)「田村系譜」などの家臣団を記した史料にその名を見ることはできません。
然し同所の大字名が七草木であること及び自称にしても、官途名等が記されていないことなどから同姓を名乗る在地領主の存在が考えられます。
 


| ryuichi | 06:08 | comments (0) | trackback (x) | 旧御木澤村::七草木 |