CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2024 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




荒了寛和尚の本をいただきました。




天台宗大僧正。天台宗ハワイ開教総長、そして、天台宗ハワイ別院住職の荒了寛和尚の本をいただきました。



荒良寛さんは、1928年、郡山市手代木、遠藤家の生まれです。

そして、お母様は三春町鷹巣の橋本氏出身。





「いい加減を知る―菜根譚」







「ハワイ日系米兵: 私たちは何と戦ったのか 」







日系アメリカ軍部隊のドキメンタリー映画「442」


荒さんがコメントしています。



鷹巣という身近なところにご縁があると聞き及んでより荒良寛和尚が身近に感じられます。






| ryuichi | 03:58 | comments (x) | trackback (x) | 🌸旧中妻村::鷹巣 |
斎藤 松樹神社(旧妙見菩薩) 相撲大会





大相撲の人気が高まっています。

福島市出身の若元春など三波三兄弟や白熊、そして、先の春場所で優勝した尊富士など目が離せない力士が大活躍です!





斉藤・松樹神社

三春城下の南、斉藤村安養寺の裏山松樹山の山頂に鎮座します。





斎藤 松樹神社(旧妙見菩薩)


戦国時代、元亀元年(1570年)伊藤氏の祖藤原頼位氏が神舘城の峰続きとなる“北ノ月見崎に妙見菩薩を勧請して軍中勝利祈願をしたところと伝わっています。

かつてのお祭礼・縁日は、春・旧暦の四月二十四日。

秋は九月二十四日であったが明治3年に発布された神仏分離令により妙見様は松樹神社と改名され、お祭りも新暦となりましたが、松樹神社のお祭りと言うよりも
「今日は四月二十四日だから妙見様のお祭りが」と今でも話す人が多い様なので、なじみの深い神社だといいます。


松樹神社には古くから釣鐘があって、お祭礼の日は朝早くから叩いて鐘を鳴らしたものでしたが、大正15年11月28日の斎藤の大火事の時・お宮と共に焼け落ちた際に鐘にひヒビが入り、その後は、一つも音が出なくなったといわれます。

尚、この鐘は昭和18年に、大東亜戦争での金属供出令の際に軍に供出して今はありません。









また、妙見様は昔より相撲の神として知られ、秋祭には庄屋を中心として番付をつくり、村中で鎮守である見渡神社とおなじく盛大にお祭りを行ったとのことです。

※見渡神社に相撲の番付らしい絵馬が残っています。

明治なって若連会(後・青年会)の主催で行う様になったとのことです。

大正時代になって、青年会となり二年に一回(青年会の後員任期は二年なので)行う様になりました。

お祭りの当日は高い木戸の両側に美しい絵を描いたぼんぼり沢山建ててにとても華やかだったといいます。

鎮守・見渡神社同様に華やぐお祭りでしたが、近在の村の娘たちは招待されなかったということです。

しかし、相撲好きな人達が遠くの村々からも大勢集まり香具屋(現・露天商・テキヤ)がいっぱい店を並べ大いににぎわったものだったとのことです。

この相撲も先の大戦以降休止となっており、その相撲場跡は淋しく残っています。



斎藤・おらが里・ざっと昔より





三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:27 | comments (x) | trackback (x) | 🌸旧中妻村::斉藤 |
神宮教院発行「第五百七十二番 神宮教会神風講社 副世話係 選定所」 鷹巣橋本氏文書




神宮教院発行「第五百七十二番 神宮教会神風講社 副世話係 選定所」 鷹巣橋本氏



神宮教会(のちの神宮教)とは、明治の初め、従来の伊勢講(太々講)を基盤とした伊勢神宮の教化活動を担うべく設立された神宮教院・神宮教会です。



さらにそれを母体として成立した神宮教・神宮奉斎会の傘下となる各地方の講社は神風講社と名付けられました







三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍


| ryuichi | 03:41 | comments (x) | trackback (x) | 🌸旧中妻村::鷹巣組頭橋本家文書 |
戦前のインディアン・スカウト  警保局保安課




古い写真より・・・・

戦前の警保局局員集合写真の後ろに古いバイクが写っています。

写真には戦前のインディアン・スカウトというモデルが写っています。

白バイとしても使用されたモデルです。


1901年に創業し、’50年代に幕を閉じるまでアメリカの二大モーターサイクルメーカーとしてハーレーと争い続けたインディアン。





警保局保安課
 
戦前の内務省の内局の一つで警察行政全般を管轄し、内務省官制」では、警務・保安・図書の三課が置かれていました。

警保局長は全国警察の責任者であり、高等警察を所管することで、政治情報の収集などをおこなう一方で戦時体制化が進むと、戦時統制経済の確立から経済警察を掌る経済保安課の設置や従来の図書課から発展した検閲課などが置かれていました。

終戦後、局内の組織改編、1947(昭和22)年に内務省が解体となるとともに、警保局は廃止されます。






この車はなんでしょう・・・・?






三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:22 | comments (x) | trackback (x) | 🌸旧中妻村::鷹巣組頭橋本家文書 |
宇賀石の宇賀神様に鳥居が奉納されました。




宇賀石の宇賀神様に鳥居が奉納されました。

本格的な朱の鳥居です。







祭主の御親戚の方の奉納だそうです。



おめでとうございます。





| ryuichi | 04:40 | comments (x) | trackback (x) | 🌸旧中妻村::宇賀石さま |
明治12年発行 「地券」同8年改正




明治12年発行 「地券」同8年改正をお預かりしました。


お客様のお宅に眠っていたもので、参考になればということです。






調べてみると・・・国税庁のホームページに仔細が記載されていました。

下記は、参照要約です。

地租改正法は、明治6年7月、太政官布告第272号として公布され、地租改正条例・地租改正施行規則・地方官心得書、の三法により構成されます。

地租改正では、土地の所有者を確定し、土地の収益を基礎に地価を算出して、その3パーセント(明治10年に2.5パーセントに引き下げる)を、地租として課税することにし、納税は「税金」で行うことが定められました。






地券

地券 明治11年~12年(1878~79)
地租改正に際して、地主に交付された土地の権利証です。地券に表示された地価にもとづいて、その3パーセント(のち2.5パーセント)を、地租として課税しました。

これにより、新政府は毎年一定税率の地租収入が得られるようになりました。




現在より

| ryuichi | 04:14 | comments (x) | trackback (x) | 🌸旧中妻村 |
元旦「西方水かけまつり」 三春在西方 コロナ禍の関係で3年ぶりの開催となりました。




元旦「西方水かけまつり」 三春在西方


コロナ禍の関係で3年ぶりの開催となりました。


 この”水かけ”の神事は、村に疫病が流行ったとき、水場(行井戸)から霧が 立ち上り、まもなく疫病が治まります。

一村全滅にもなりかねなかった疫病が、霧のごとく消滅したことを村民皆で喜び「これは西方鎮守塩釜神社神霊の加護に相違ない」と、村民が「水祝いの行事」で水垢離(みずごり)をとって御礼参りをしたことに始まったと言われています。

もう一説、古老の説明によれば、西方城主千葉紀伊守が、配下の与力や領民の士気を鼓舞するために始めた祭事といわれています。






 この祭りは、大滝根川に沿った三春町西方地区の塩釜神社で、子孫繁栄と五穀豊穣祈願のため、三百年余りの伝統を持つ小正月の行事で、以前は小正月の十五日に行われていましたが、現在は正月元旦に行われています。

 まず、前祝いの酒宴がもたれ、頃合いを見て全員がまわし一つの裸となり、村を流れる大滝根川に入って禊ぎをします。

続いて一同うち揃って塩釜神社に参拝し、一気に行井戸にかけおりると、地区内の田んぼに入り桶やバケツで泥水を掻け合います。


 
 水かけ祭の泥を、観客の方も浴びると、ご利益があり「自身の厄が落ちる」とされていますので、新年初めの厄払いに大勢の参拝者が訪れています。

尚、付近には駐車場がありません。

三春田園生活館「三春の里」駐車場をご利用ください。






三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:19 | comments (x) | trackback (x) | 🌸旧中妻村::西方 |