CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2017 - 04  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春藩主秋田家祈願所 真照寺節分会 2017



三春藩主秋田家祈願所 真照寺節分会 2017


新年を迎えたとおもったら、あっという間に立春を迎えようとしています。


今年は、みはる観光協会が主催するツアーも企画され一層の盛り上がりです。





一昨夜、三春城下の旧三春藩主祈願所日乗山東門院真照寺の節分会が盛大に開催されました。

山内には、多くの方々が福を拾いに詰めかけました。




朝から、檀家や近所のお手伝いの方々や、ご祈祷を受ける方々や福授け豆まきの景品を奉納する方々、そして古いお札や正月飾りのお焚き上げの方々だ度がなどが、行き交う参道です。




早めの夕食を済ませた方々が、三々五々境内に参集してきます。

豆まき開始は午後八時ごろから、二回に分けて行います。





露天商や火気警備の消防団や三春分署もそいの賑わいの演出者となっています。

皆さん、お焚き上げの炎で体を温め無病息災を祈願しながら、豆まきの時を待ちます。




裃姿の年男がお焚き上げの炎にあたり、邪気を払い豆まきの準備万端!

本堂内で、ご祈祷です。

所願成就の祈願を申し込んだ参詣者や豆をまく今年の年男の方々が、”護摩焚き”によるご祈祷を受けています。





福は内! 福は内!  福は内!  福は内! 福は内!

真照寺では、鬼は外とは言いません。

何故かって?

御本尊の不動明王さんは、改心すれば鬼をも助けるということです。

心の中にいる鬼も改心すれば・・・「罪を憎んで、人を憎まず!」です。


人間、誰にだって心の中に「鬼」を持ってます。

日常生活の中で、カッ!となる「心」を鬼と呼ぶんでしょう。

「福」というのは自分の長所であり、「鬼」というのは自分の短所つまり欠点のことだと云われています。
 
人は、それぞれ長所・短所を持ち合わせているものです。

節分の豆まきは、「春」立春を迎える「節分」にあたり、豆を撒いて1年に1度、短所を追い払い、長所を伸ばそうという行事なんだろうと思います。
 
心の中の鬼を調整するのも自分の心次第、そういう心を戒めて、心穏やかに暮らしていけるよう日々生活していきたいものです。








そして、いよいよ豆まき、ペアの旅行券やお酒、魚、醤油や油、任天堂3dDS,ソニーPSP等のゲーム、そして特賞掃除機等々豪華賞品を目指します。


今年も沢山の方々が来場していただきました。

”笑顔” ”笑顔” ”笑顔” ”笑顔” 笑顔が境内にあふれます。




オシドリ夫婦と名高い真照寺住職ご夫妻も参拝者をやさしく見守ってくれます。

一般の交換が終わった後には、祈願申込者の方々限定の大交換会が始まります。

この場合も、お札受け本人もしくは代理の方がいないと無効となりますので、皆様そのまま待機しています。






住職が大鐘の中から名前の記載された紙を見ながら当選者の名前を呼ぶたびに、ため息とともに歓声が上がります。

私も、ここ数年はあたりがありませんが、以前は旅行券や婦人服などなど豪華景品をゲットしていました!

その後は、不動明王さんに奉納されたお神酒の御下がりを頂き直会を行って撤収となります。





祈願成就のお札を申し込まれた方々には”福銭”が下されます。

この福銭を一年間財布やレジに入れておくとお金がたまるといわれています。

そして、一年後に本堂のさい銭箱にお礼の気持ちを込めてお返しください。





今年は”酉年”です。
12年にぶりとなるご本尊「不動明王立像」の御開帳となります。


お不動さんは、悪や煩悩多き民衆の心に対して恐ろしい恐い顔を見せています。
そして、怒っているからといって罰を与えるのではなく、正しい道に導いてくれるそうです。

よく見ると、右目は上を向いていて、左目は下を向いています。

この上下を向いた目は「天地眼(てんちがん)」というもので、天から地まで全てを見渡している事を示しています。
牙も上下になっているのもその理由でしょう。






前にある白木の大日如来座像です。





その力強いようすから、何でも言願いを叶えてくれそうな気がいたします。


次にお目にかかれるのは12年後・・・・え!65歳の時です。


自然と手を合わせたくなるお姿です。

合掌




今年は、次男坊の大学受験真っ最中です。

その合格、そして学業成就を念入りに祈願いたしました。

お不動さんよろしくお願い致します!




福拾いの帰りには、当店で振る舞っている御汁粉も、約200名のお客様が来店され、笑顔と共に戦果報告を楽しそうに話されていたそうです。

あれ、社長は?

私は、お寺で直会の真っ最中です!

立春前夜、節分の夜に十二年ぶりに御顔を見せたお不動さんを囲んで夜更けまで般若湯を酌み交わしたものですから、心の中の鬼も退散してしまったようで、晴々とした新春を迎える事が出来ました。




もう一つ、立春の前夜の嬉しいことがありました。

三春城下中町桑原商店の大女将さまより熱塩加納風”こづゆ”を差し入れにいただきました。

これで立春を迎えられそうです。

ありがとうございました。

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:42 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所真照寺::節分会・初寅会 |
歳末助け合い托鉢28~ 三春仏教和合会



ウォー!ウォー!という声と、鈴の音・・・・

冷たい北風が吹いた昨日、三春城下のお坊さんの会である「三春仏教和合会」による”歳末助け合い托鉢”が開催され、当店にも真照寺住職が托鉢にお越しいただきました。




三春城下にある11ヵ寺のお寺さんが集う三春町仏教和合会。

各宗派を超えたお寺さんの会で、毎年、5月5日の端午の節句である子供の日に行われる稚児行列、そして歳末助け合いへの浄財を集めるために、和合会加盟のお寺の和尚さんたちが、年に二回の托鉢を行っています。





当店でも、孫のような豪栄道(悠大君)が、仲良しの真照寺の和尚さんに浄財を渡していました。

今年冬の短冊は、「福徳は善根より来る」でした。

早速店内に配したいと思います。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:29 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所真照寺 |
「小川ロン20th 冬枯れコンサート」 真照寺阿吽講


三春城下初冬の風物詩

今年で20回目を迎える、真照寺阿吽講主催の小川ロンさん冬枯れコンサートが開催されました。

告知ポスターにフャイナルの文字が気になりましたが、20回がとりあえず節目ということで来年も元気な姿を見せてくれることでしょう。




いつもロンさんには、間のMCで、三春昭進堂を宣伝いただきましてありがとうございます。

本HPの案内でも紹介させていただいた「小さな家」も演奏していただきまして、本当にありがとうございました。

幼いころお母さんをなくしたというロンさん。
一枚だけあるというお母さんの写真・・・・小さな家がいいが余計に心に響いてきます。

私も母を亡くして30年になりますが、いくつになっても母の面影を探しているのかもしれません。
いつまでも男はマザコンなんでしょうね?




ファンである小学校五年生が夏休みの自由研究に”ミュージシャン小川ロン”を題材にしたようでその発表題材が会場に飾ってありました。


「今回のコンサートでは自分の臓物をすべてさらけ出してしまいました」と自分の生い立ちや、歌手デビューから現在までの活動等々軽快なトークに乗せて、笑いを混ぜながらにお話しくださいました

歌を歌うときには“あなたのために歌っている”と会場に来ているみんなの為ではなく、一人一人のために心を込めて歌っているという小川ロンさん。

今回も、臨場されたお客様一人一人の顔を見ながら心をギターの調べに乗せて歌っていただきました。




打ち上げでは、三春城下中町にある酒処「麒麟」にお邪魔しました。

第一回目からお世話になっていた“五万石の洋ちゃん”が営む和風居酒屋です。

三春の大先輩である五万石の洋ちゃんは、45年前の三春観光キャンペーン第一期の主要メンバーの一人で、今に続く民主体の三春観光を基礎を築いてくれました。

ロンさんとは旧知の中で、以前患った大病の影響で少しお体が不自由な洋ちゃんの為に急遽ギターを取り出して歌を歌ってくれました。

洋ちゃんはもとより、店内のお客様一人ひとりに、語り掛けるようにギターを鳴らし、詩を語る姿には感動です。

酔っぱらいのお客さんもいい気分でお帰りです・

目頭が熱くなりました。



今回は、フォーク大好きの船引江戸光の大将も駆けつけていただき、本物のフォークソングを堪能していった様子です。




先の真照寺成田山講中でご一緒させていただいた、同じ真言宗智山派の須賀川岩瀬にある白山寺住職夫妻とそのお友達も来場されていました。

尚、真言宗智山派第2、第3教区の御坊様方には詠歌オペラ「お大師様のご生涯」を開催され、真照寺ご住職様の御誘いで当店女将も拝見させていただきました。

当店も協賛させていただきました。




Had you come some other day
Then it might not have been like this
But you see now I'm too much in love

TheBEATLES "If I Needed Someone"より 




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 07:09 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所真照寺::阿吽講「小川ロン独演会」 |
真照寺のライトアップ28が始まりました。


真照寺のライトアップが始まりました。

磐梯造園(渡部公道社長)の匠の技で、改修の終わった藩主庭園回遊式方丈池の周りの紅葉を夜空に浮かび上がらせ、幻想的な空間を創造してくれています。





磐梯造園さんが作庭した回遊式方丈庭園池、紅葉、そしてライトアップ。

この光景は、弘法大師が伝えたという曼荼羅の世界観、真言密教の教えそのもののような気がいたします。


11月に入り池の水が澄んでまいりました。





その水面に、写し出される紅葉・・・・

普段は、瀧から水を落としていますが、鏡のような水面保持のために、あえて瀧を止めています。

また、住職や世話人の手によって、昼の間にせっせと落ち葉を拾い上げて、皆様のお越しをお待ちしています。





まだ赤くなり切ってはいませんが、真照寺独特の小ぶりな楓が、彩を添えています。




このライトアップは、その場に行って感動を味わってください。

写真では伝えきれません。





当店横の旧セリ市場が現在工事中ですが、奥の方に数台駐車可能です。

また、車で真照寺奥の”水芭蕉墓苑駐車場”まで行けます。




境内縁側は、靴を脱いでお上がりください。

また、墓地からは全景が撮影できますが、個人の墓地なので静かにお通りください。




見ごろになったら、またご案内いたします。

夜は一層冷え込みます。

暖かい格好でお出かけください。





真照寺阿吽講主催「小川ロン冬枯れコンサート20th」

 日時:平成28年11月23日(水)勤労感謝の日
  
 開場 飲食時間 午後6時~ 
   
 開演 午後6時30分~

場所 菊川屋本店2F 双龍ホール




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:42 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所真照寺::祈願所の四季 |
「真照寺平成の方丈庭園整備事業・池改修工事落慶式」



「真照寺庭園整備事業池改修工事落慶式」


旧三春藩主秋田候の祈願所である、真言宗智山派 正式には、東門院日乗山真照寺の庭園整備事業が進められています。

その核というべき方丈池改修工事が完成し、昨日その落慶式が行われました。





私も、塵壺に掲載したご縁によりご案内を受けましたので、喜んで出席させていただきました。


 



丁度お盆前のお施餓鬼法要の時節となっていましたので、檀家さんが一堂に会しての落慶法要となりました。





改修された池に会し、落慶の法要を檀家さん方が見守っています。

長年にわたる悲願達成です。


江戸時代は三春藩主祈願所として三春藩を挙げて手入れをしてきたこの庭園ですが、明治維新・廃藩置県ご当寺に任されていました。

城下や根本、御木沢、熊耳などの、檀家さんによって守られてきました。





戦前、大雨で裏山が崩れ氷を作る池や池端にあった弁財天などが倒壊します。

また、池の補修は、現山岸住職の帰山された約30年前。

本堂改修の折に実施して以来です。





本堂での式典では、作庭にあたられた磐梯造園さま、社長渡辺公道さま、現場監督の佐久間瞳さま、灯篭寄進の佐久間佳子さま、渡辺金一さまに感謝状が贈られました。





精進上げでは、先の成田山講中にど同行させていただいた檀家の皆様と、池落慶を祝い楽しい時間を過ごさせていただきました。

また、随喜寺院として来山された郡山市麓山にある愛染寺さまには、様々なお話をいただき、ありがとうございました。

兜の前立てに「愛」の文字をつけている戦国期上杉家の家老直江兼続が好きで、長男の名前を兼続としているものですから、愛染明王をご本尊とする愛染寺さんには、初対面乍らついつい親しみを覚え、親しくてさせていただきました。

あらためて御礼申し上げます。





磐梯造園さんからの祝い酒です。

磐梯銘酒「雪中貯蔵酒」で一献!

 合掌



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 07:14 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所真照寺::「平成の方丈庭園大改修」 |
真照寺の山百合28 真照寺方丈庭園池泉回遊式庭園を眺めながら



方丈庭園の整備が進む、旧三春藩主秋田家祈願所である三春城下新町にある東門院日乗山真照寺の山百合が咲き始めました。

凛と咲く姿がとても美しく、甘く妖艶な大人の華香りが境内を埋め尽くしています。





池泉回遊式庭園として作庭が進む方丈の池では、一時は枯れたかとおもわれた井戸が復活して、池に注ぐ水量が増えました。
これにより水質の改善が図れそうです。



親方に指さされた先には、石のテーブルと椅子が・・・・



住職からの提案とのことですが、以前の山門前にあった一枚岩の石橋をテーブルにしては?とのことでしたが、アーチのついた石橋岩ではコップが置けません。
ということで、急遽フラットな一枚岩を持ち込んでテーブルを設えたという次第です。





本堂の階段の補修です。
以前より雨だれが当たりタイルが痛んでいました。
ここを、御影石張りに補修です。




ここは左官屋の哲っつあんの腕の見せ所です。





哲っつあんから「左官」のいわれを拝聴することが出来ました。

もともとは盛んというのは「沙官(しゃかん)」と呼ばれたお坊さんで、緋の衣をまとって仕事をしていたそうです。
左官を“しゃかん”と発音する職人さんがいますが、訛っていたわけではないんですね。




初夏、梅雨明け前のこの時期、新町は田村大元神社祭礼が終わりいつもの静寂が戻ってきました。

夕方になると、山百合の妖艶な香りが境内に立ち込めて幻想的な雰囲気に包まれ、蜩の蝉しぐれの中、カッコーや夏鶯、山鳩など野鳥もお出迎えいたします。



真夏の夕刻、真照寺方丈池泉回遊式庭園を眺めながら、蝉しぐれの中で冷えたビールで一献!

ヤマユリの妖艶な香りが華を添えてくれそうです・・・・乾杯!


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂





| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所真照寺::「平成の方丈庭園大改修」 |
ブータン国研修生真照寺見学


先週から、三春町と友好関係にあるブータン王国より、ブータン国農業省デチェンチョリン花卉造園センター・主任のTsheringさんと、農林省 花卉園芸課 職員Singye Demさん が来町されています。




先日は、三春ブータン協働委員会の小野様、そして弓削様、そして海外青年協力隊としてブータン国に2年間勤務した郡山市役所の女性職員の方2名を伴って、三春昭進堂にご来店いただき、その足で、旧三春藩五万石藩主秋田候祈願所真照寺と現在作庭・整備が進む方丈庭園の見学をされていきました。




真照寺の住職には、お寺の由来や仏教のお話しなどしていただきました。




また、磐梯造園の親方には方丈庭園の事を丁寧にお話しいただきました。





丁度ご住職や作庭師磐梯造園の親方もお見えでしたので、それぞれご説明をいただきました。





丁度雨が降ってきましたが、ブータン国ではお寺でも雨は縁起がいいそうです。



因みに、ドゥルック・エアー(ロイヤルブータン航空)と言いますが、ドゥルックとはブータン国を指し、“龍”という意味だそうで、龍の文字が付く私にとっては他人の国とは思えません。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所真照寺 |