CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春古四王堂修復 写経木板



真照寺山内「三春古四王堂」の修復工事も順調に進んでいます。


柱が立ち始めました。


使える部材を残しつつ、新しい部材での修復です。



大工さんも一苦労ですね!







般若心経を写経した木板が出てきました。



先の修復、戦後か、明治期か、はたまたその前か・・・



戦争に出征する息子の生還を祈願しての願掛けか・・・





奉納願主のお名前までは識別できませんが、写経木版を収めた方々の思いが現代によみがえります。







大切にしたい人への思いのつまった、やさしい人の心の表れだと思います。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 05:23 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::古四王堂平成の大改修  |
旧三春藩主祈願所真言宗智山派真照寺の団扇 2018 真照寺山内 宝篋印塔(ほうきょういんとう)




旧三春藩主祈願所真言宗智山派真照寺の団扇をいただきました。









蝉時雨の中、夕方には蜩の鳴き声を聞きながらの夕涼み・・・・この優雅な空間を独り占め。


門前に住む者の特権ですね、なんて贅沢なんでしょう。






方丈の池が涼を誘います。


時折鯉がご挨拶!






古四王堂の改修もこの猛暑の中、順調に進んいます。







ヤマユリも一段落です。















真照寺山内 宝篋印塔(ほうきょういんとう)

宝篋印塔は「一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経(いっさいにょらいしんひみつぜんしんしゃりほうきょういんだらにきょう)」という長い名前のお経ですが、略して「宝篋印陀羅尼経(ほうきょういんだらにきょう)」といい、このお経を根拠とした塔で、内部にこのお経を納めることを目的としています。


宝篋印陀羅尼は罪障消滅・寿命長養の功徳がある、とされる陀羅尼です。







このお経を、仏像内や卒塔婆に納めれば、天災を免れたり、あの世で苦しんでいる先祖を極楽に導く事ができたり、この世で苦しんでいる人々、貧しい人々を救う事ができるなど、八つの功徳があるといわれていました。






三春藩主祈願所真照寺本堂の前庭に立つ宝篋印塔は、総高2メートル50位。

典型的な関東様式で、隅飾突起がほぼ垂直に立っています。


梵字の周りには円を刻みますが、これは月輪(がちりん)と言い、仏の知徳が欠けることなく円満であるということを示しています。







経曰若有末世四輩。

弟子善男善女為無。

上道盡力造塔。

安置神咒所得。

功徳説不可盡乃。










至或見塔形或聞鐸聲或。

聞其名或富或。

其影罪障悉滅所。

来如意現世。

安穏後生極楽


「この陀羅尼を書写し読誦するか、この陀羅尼を納めた宝篋印塔を礼拝すれば、罪障を滅し、三途の苦を免れ、寿命長遠なることを得る。」







江戸後期の享保の年号と、願主である真照寺を示す日乗山住職の名前が刻まれています。



三春藩領でも未曾有の犠牲者を出した「享保の飢饉」

その犠牲者慰霊のための建立と考えられています。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:02 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺 |
真照寺山内のヤマユリが咲き始めました。2018.7



盛夏の頃、暑中お見舞い申し上げます。


この時期の三春城下は、暑さのあまり人影もまばらでひっそりとしています。

旧三春藩主秋田家祈願所東門院日乗山真照寺山内の山百合が咲き始めています。

気高く咲き誇るその姿は凛と咲く姿がとても美しく、妖艶で高貴な山百合の華香りが境内にただよい始めています。






ひるの暑さが幾分和らいだ蜩の蝉しぐれの中、ヒグラシの声に誘われて、夕暮れの真照寺の山内を歩いていますと、この山百合の妖艶な香りが境内に立ち込めて幻想的な雰囲気が楽しめます。

これからの時期、山内は、素晴らしいヤマユリの花の饗宴です。








この山百合の華香りの云うのは、言葉通り甘く危険な大人の香りと感じるのは私だけでしょうか?

可愛い小娘と思えば、艶っぽい大人の色気もあり、あの何とも言えない香りにはオトコ心にグッとくる来ます。

つかみどころのなさそうな雰囲気、しっかりつかまえておかないと、ふわ~っとどこかに行ってしまいそうな感じ。

そして、ちょっぴり儚げななところも・・・ん?話が違うか







現在、真照寺山内では古四王堂の改修工事が行われています。


こちらもなかなか見れる光景ではありません。






そして、本堂裏に広がる方丈庭園の池には蓮が一凛!






気品を漂わせながら気高く咲いています。







自分の意思をはっきり表現するような気概を感じます。






そして、睡蓮。



水辺を潤してくれています。







避暑という言葉がぴったりな真照寺山内です。

ひと時の涼を求めて花々たちとアバンチュール的感覚?を求めて真照寺参拝は如何でしょうか?






本堂裏の墓地にも一面山百合が咲き始めています。







そして、ヤゴの抜け殻も・・・・






蜩などのセミの声、そして早朝にはカッコーや夏鶯、山鳩など野鳥もお出迎えいたします。








昨日は田村大元神社の宵祭りでした。


真照寺の門前を長獅子が下りて行きます。






明治維新までは真照寺が旧大元帥明王の別当を務めてました。


そのお寺の山門から観る祭礼渡御もなかなか乙なもんです。










合掌


春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:07 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
古四王堂の柱が撤去されました!



旧三春藩秋田氏祈願所の三内にある古四王堂が改修工事の為に、柱も一時的に完全の撤去されました。






300有余年もの前からこの場所にある「古四王堂」です。

当然ですが、私が幼き頃、物心がついた時からそこに在って、多分50年くらいは前からは記憶にありました建物「古四王堂」が、今はありません。






礎石群もその役割を終えようとしています。





長い間「古四王堂」を支え続けてきた石たちです。







お賽銭が・・






礎石の上に載せてあった構造物が、地震の度に、少しずつ、少しずつズレてきました。








ここに基礎を打って古四王堂の改修工事が本格的に始動します。








毎朝楽しみで仕方がありません。



そして、この時期のお楽しみは~……そうです。

蛍です。



方丈庭園の池が落ち着いてきたんでしょう?


まだ、数匹の飛翔で、そんなに数は多くありませんが、なんと”蛍”が飛び始めました。







方丈の池の環境サイクルが軌道に乗り始まったんでしょう。


昼間には、神様トンボも飛んでいます。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:25 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::古四王堂平成の大改修  |
古四王堂の改修2018.7.6 屋根部分が撤去されました。



古四王堂の改修 屋根部分が撤去されました。







使える部材を最大限に活用できるように慎重な解体作業です。







木組みもご覧のように保存しています。







中と外でははっきりと白黒に分かれています。







本堂縁側に並べられていきます。






菊の御門も







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:49 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::古四王堂平成の大改修  |
真照寺の紫陽花が見ごろです。 2018




梅雨らしい雨模様が降る三春城下

その雨空に映えるように三春藩秋田家祈願所「東門院日乗山真照寺」の紫陽花が見ごろを迎えています。






真照寺は、その季節によって様々な花が顔を覗かせ、参詣者する者の心を和ませてくれています。







そしてお寺は、何故か雨や雪と云った世間一般で云う「あいにくの空模様」が似合うと思いませんか?






春にはあれだけ賑わいを見せた境内も、今がひっそりとして参詣に訪れる方々の癒しを演出してくれています。







方丈庭園の回遊式庭池を彩るアヤメも綺麗に咲いています。







山内ではいたるところで山野草花が楽しめます。







梅雨明けと共に山百合の花が咲き始めます。




老紅枝垂れ櫻「蒼龍」も夏の装いです。

がんばってますよね~!



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:14 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
真照寺山内のウリクサ(瓜草)



ウリクサ(瓜草)






真照寺に毎朝・夕に運動のために入山・参拝しています。

昨今は、古四王堂の改修が始まっているものですから暇を見つけては参内しています。

今朝も入山しますと何気に地面が気になります。






気を付けて見てみますと、1センチ位の紫色の可憐な小さな花が無数に咲いています。

オーバーに言うと真照寺宇内一面に、まるで紫色の花びらをまき散らしたように小さな紫色の小さな花が群生しています。

最初は紫鷺苔か、かな?と思っていたのですが、

日に日に拡がっていく様子から、あれ?と思いしゃがんでよく見てみると、その花は紫鷺苔より少さく、花の大きさは5~6mm、葉っぱの形からしてがまったく違う花でした。







花が小さくて画像がうまく撮れません・・・・



インターネットや植物図鑑で調べたら湿生植物の一種“ウリクサ(瓜草)”にたどり着きました。
ゴマノハグサ科 アゼトウガラシ属の植物だそうです。

地を這うようにして咲き、あまりにも小さい花ので、山野草に興味があってもつい見過ごしてしまます。

今までも咲いていたんでしょうが、今今になって気づきました。





社寺境内等のほとんど車の乗り入れの無い広場の湿った場所に群生地をつくるとありました。
畦、農耕地や溜池周辺の湿った場所、湿った庭先や道端にも生える1年草で、弥生稲作文化の伝播とともに定着した史前帰化植物との説もあります。

踏み付けられて種を飛ばして仲間を増やす力強い生命力があるとも書かれています。







秋口まで見られるそうです。
また一つ真照寺の名物を発見しました!





木立の中にあるり木漏れ日が・・・という真照寺山内という厳しい自然条件の中でじっと暖かくなるのを待ち、人知れず梅雨の合間に花もけものも生き生きと咲くそっと咲く花々。

小さな体のどこにそんな強さを秘めているのでしょうか?

そんな花たちの健気(けなげ)さを思い、改めて感慨深く見入ってしまいました。







古四王堂の改修も順調に進んでいます。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:07 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |