CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




真照寺山内のウリクサ(瓜草)



ウリクサ(瓜草)






真照寺に毎朝・夕に運動のために入山・参拝しています。

昨今は、古四王堂の改修が始まっているものですから暇を見つけては参内しています。

今朝も入山しますと何気に地面が気になります。






気を付けて見てみますと、1センチ位の紫色の可憐な小さな花が無数に咲いています。

オーバーに言うと真照寺宇内一面に、まるで紫色の花びらをまき散らしたように小さな紫色の小さな花が群生しています。

最初は紫鷺苔か、かな?と思っていたのですが、

日に日に拡がっていく様子から、あれ?と思いしゃがんでよく見てみると、その花は紫鷺苔より少さく、花の大きさは5~6mm、葉っぱの形からしてがまったく違う花でした。







花が小さくて画像がうまく撮れません・・・・



インターネットや植物図鑑で調べたら湿生植物の一種“ウリクサ(瓜草)”にたどり着きました。
ゴマノハグサ科 アゼトウガラシ属の植物だそうです。

地を這うようにして咲き、あまりにも小さい花ので、山野草に興味があってもつい見過ごしてしまます。

今までも咲いていたんでしょうが、今今になって気づきました。





社寺境内等のほとんど車の乗り入れの無い広場の湿った場所に群生地をつくるとありました。
畦、農耕地や溜池周辺の湿った場所、湿った庭先や道端にも生える1年草で、弥生稲作文化の伝播とともに定着した史前帰化植物との説もあります。

踏み付けられて種を飛ばして仲間を増やす力強い生命力があるとも書かれています。







秋口まで見られるそうです。
また一つ真照寺の名物を発見しました!





木立の中にあるり木漏れ日が・・・という真照寺山内という厳しい自然条件の中でじっと暖かくなるのを待ち、人知れず梅雨の合間に花もけものも生き生きと咲くそっと咲く花々。

小さな体のどこにそんな強さを秘めているのでしょうか?

そんな花たちの健気(けなげ)さを思い、改めて感慨深く見入ってしまいました。







古四王堂の改修も順調に進んでいます。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:07 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
古四王堂の改修工事 足場の設置完了!




古四王堂の改修工事 足場の設置完了!







少しずつ解体の準備が整ってきました。






見慣れない光景ですので記録と記憶の為に一枚!








屋根のトタンから撤去だそうです。







完成が楽しみです。








同年代だと思われる紅枝垂れ桜の古木「蒼龍」も磐梯造園様のお力をお借りしてご覧の様に若返っています。


アンチエイジングって奴ですか?



そして、方丈庭園整備に次いで古四王堂の改修です。







もともとスタイルのいいお堂です。


改修後はもっともっと素敵になることでしょう~








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 06:34 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::古四王堂平成の大改修  |
「三春真照寺成田山講2018」の記念写真を受領 古四王堂の縁の下



三春城下新町、旧三春藩主祈願所真言宗智山派日乗山東門院真照寺様の「三春真照寺成田山講」の記念写真を受領しました。



今年は、伊藤檀家総代長はじめ、檀信徒42名での成田山講中です。


私は、これで3回目となります。






参加された皆様のにこやかなご尊顔を拝しています。




当三春昭進堂髙橋は檀家ではありませんが、門前で商いをさせていただいているという関係から、二代目もこの成田山講中には毎年参加していたようですので、祖父の代から私へと三世代にわたってお世話になっています。







節分会や各種法要の折にお世話になっている須賀川にある同じ真言宗智山派白山寺松木運仁様も御同行していただきました。






また、真照寺庭園改修作庭でお世話になっている猪苗代磐梯造園の社員一同様も参加いただき楽しい成田山となりました。






古四王堂の改修も徐々に進んでします。


昭和41年に床の張替え工事があったようです。







ご覧の様に柱が継ぎ足してありますが、これはこの時に補修したと考えられています。





このころはまだ茅葺屋根で、この後にトタン葺きに改修されています。









これから足場をかけて屋根部より解体が始まります。







わくわくが止まりません!









春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍





| ryuichi | 04:29 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::古四王堂平成の大改修  |
旧三春藩主祈願所真照寺山内「三春古四王堂」“平成大改修”工事が始まりました。




三春城下新町、旧三春藩秋田家の藩主祈願所である「東門院日乗山真照寺」山内に鎮座する「三春古四王堂」の“平成大改修”工事が始まりました。





来年三月の完成予定となっています。







現在の古四王堂は、300年程前の正徳2年(1712)に3代藩主秋田輝季によって再建されたものです。


約350年前、秋田家が宍戸より三春へ移封の際に、城下清水の”天狗谷”に秋田より移設した古四王堂(後に真照寺山内へ移築)の御借屋を建立したとあります。

それまで同所(天狗谷)あった愛宕地蔵堂は城下中町へ移築(現中町鎮守愛宕神社)


真照寺は、古四王別当(管理長官)です。






真照寺本堂内にある四天王像は二代藩主秋田盛季が奉納したもので、もともとは古四王堂に安置されていました。


資料によれば「古四王・真照寺落慶とともに藩主秋田盛季は諸尊像を納めた。〈略)本尊不動明王立像は秘仏とされ、…さらに古四王天像四躯は安倍貞任の縁起を伝えいっさい開帳されない。」とあります。







古四王堂は、その当初は宝形造であったと思われ、安東焼の流れを伝える丈六焼の宝珠が残されています。

さらに、正徳の再建では入母屋造と御堂なり、縁が三方に廻された三間に二間半程です。

昭和30年代になって茅葺を現在のトタン葺きに改修されています。







古四王堂は、鎌倉期から戦国末期にかけて「日ノ本将軍」「蝦夷探題」として青森から蝦夷にかけて覇を唱えた海将安部安東氏の直系三春藩主秋田氏が、三春国替えの際に祈願寺真照寺とともに建立したものです。






本拠地である青森十三湊時代は、出羽柵(後に秋田城)に近く、城の守りとして創建されたと見られる四天王寺と習合し、中世を通じて古四王大権現として崇敬されていました。

三春藩主秋田家の祖安東氏の寄進も受けていました。







尚、古四王天像四体は、秋田家の祖である「安倍貞任」の縁起を伝えていると云われます。


平成の大改修です。







檀信徒はじめ、三春町民、そして三春出身者皆々様などの三春縁者の熱い願いと、篤志御寄付、そして三春町からの文化財保護基金によって、古四王堂が蘇ります!



早朝、誰も居ない山内で一人大改修工事が始まった古四王堂を見ていますと、自身が物心がついた幼少期より今日まで“日常”として見ていた風景が変わっていく・・・・

その、過程での感傷なのでしょう、一末の不安と寂しさ、そして期待と喜びなどが交差していきます。






古四王堂は、300年という年月の中で風雪や地震なに耐え頑張っている姿にどれだけ励まさて来たか計り知れません。

しかし、徐々に老朽化が進み満身創痍の状態です。







この状態では建っているのがやっとで堂内に入って法要どころか入堂すら危険な状態です。

ここでの大改修は「復元」を前提とした改修です。

そうした使用すべきものが使用できない状態を一新して本来の姿に戻してお堂としての機能を復元することを目的としています。





改修工事前





今回の復元が現世から300年後の未来へつながっていくんだろうと思います。

300年前にこの古四王堂を建立した方々はこの世には居ません。

寄進者は判りますが、大工さんなどは判りません。

今回の工事に携わっている方々も同じく300年後には、皆この世にはいないでしょう。
祖孫すらこの三春には居ないかもしれません。








しかし、古四王堂の建物はここに存在し、仏教施設として使用に耐え法要などが営まれているだと思います。


禅の教えに「破草鞋(はそうあい)」という語があります。

禅僧は、破れた草鞋をきれいに洗って刻んで、壁の下地に使ったり、そのまま畑に撒いて堆肥にしていたといいます。

禅の師匠から“禅の修行とは一切の妄想、執着を断ち切って、人知れず捨て去られる一足の破れ草鞋のようにその存在すら知られずに、修行することが本当の禅僧の理想。それが真の「無一物」の境涯になるということである”と教えられています。







この古四王堂の姿こそが「無一物」
何もひけらかすことなく目立たぬように自分の生き方をするための下地や堆肥にする知恵の大切さを教示しているんだと解しています。






「誰が作詞か、作曲かが判らなくても、みんなが知っている歌。歌い続けられている歌。 そんな歌を歌う歌手になりたい・・・」



20年来、真照寺阿吽講でライブを行っている現代の吟遊詩人小川ロンさんから伺った言葉ですが、300有余年もの間、この古四王堂に携わってきた方々の思いを代弁してくれているように聞こえます!




明治後期の真照寺・茅葺屋根の古四王堂越しに本堂が見えます。

よく見ると本堂縁側軒下に木造仁王様の「阿像」「吽像」が見えます。


この阿吽の仁王像は昭和30年代になって田村大元神社仁王門に戻されました。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 06:11 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::古四王堂平成の大改修  |
「三春真照寺成田山講中」2018.6




三春城下新町、旧三春藩主祈願所真言宗智山派日乗山東門院真照寺様の「三春真照寺成田山講中」に参加させていただきました。


今年も、伊藤檀家総代長はじめ、檀信徒42名での成田山講中です。


私は、これで3回目となります。







当三春昭進堂髙橋は檀家ではありませんが、門前で商いをさせていただいているという関係から、二代目もこの成田山講中には毎年参加していたようですので、祖父の代から私へと三世代にわたってお世話になっています。


節分会や各種法要の折にお世話になっている須賀川にある同じ真言宗智山派白山寺松木運仁様も御同行していただきました。

また、真照寺庭園改修作庭でお世話になっている、猪苗代磐梯造園の社員一同様も参加いただき楽しい成田山となりました。








成田山新勝寺では、他の大勢の檀信徒の皆様と一緒に午前11時の護摩焚法要に参列させていただきました。


ほの暗い堂内、大勢の檀信徒が着座する中、成田山新勝寺のお不動さまに家内安全・商売繁昌・交通安全などすべてのお願いを、御護摩祈祷により祈願していただきます。

新勝寺は、平安期、天皇より命じられ、御護摩祈祷によって、将門の乱を収束させたという開山縁起があり、開山以来、一日も欠かさず御護摩祈祷を続け、毎日多くのご参詣の皆さまの願いごとの成就を祈願されています。

静寂に包まれた本堂の厳かな雰囲気の中、10名ほどの僧侶の方が護摩を焚きながら、読経です。






護摩焚き御祈祷の時に、参詣の方々がバックや財布を手にいそいそと羽織袴の寺職員のもとに向かいます。

ん?これは何?そうなんです。

皆さんお不動さんの護摩焚きの火焔にバックや財布をかざして厄を払ってもらっていることでした。


これは、お不動さまの御霊徳をいただく「御火加持(おひかじ)というものだそうです。

参列者の大切なもの(鞄や財布など)を御護摩の火にあてることでお不動さまの御利益をいただくことが出来るというものです。

護摩炊きとお坊様のお話が終わると、お不動様の手からつながった七色の組紐が巻きつかれた手すりに触れることができる時間があり、一列に並んで、手すりを触らせていただけます。




これで運気アップ!商売繁盛!家族の健康!子供たちの学業成就!間違いなしです。







昨年、その真照寺住職の御計らいで表記の「成田山開基1080年祭記念」事業に寸志を納めさせていただきました。


~十年に一度いただくご縁~平成30年、成田山は開基1080年を迎えます。






成田山は、御本尊不動明王の広大無辺なるご霊徳と十万ご信徒のご信援により、開山以来輝かしい法灯を護持継承して参りました。

期間中、大本堂前に大塔婆を建立し、お手綱が御本尊不動明王の御手と結ばれます。

十年の一度の節目、記念大開帳で、お手綱に触れることでお不動様と深い御縁を結ぶことができました。





そして、御開帳の期間は1っ週間ほど過ぎてはいましたが真照寺ご住職のお計らいにて寄付をした方々の配布している「成田山開基1080年祭記念大開帳」記念品をいただくことができました。

ご配慮心より御礼申し上げます。




成田山講中です。

普通の観光旅行につきものの、朝一の乾杯がありません!

「成田山新勝寺にお参りする前に酔っぱらうわけにはいなけぇばい!」と言っていた常連の方々の思いがわかりました。



参詣の跡は門前にある「米屋」さんで昼食をいただき一路宿泊先の小湊鯛の浦温泉を目指します。

ここで、ここでカンパ~!




そして、成田空港航空博物館~






ブ~~ン!




零戦21型のコック・ピット~~





彩雲のプラモ~~




外には、数機の飛行機が展示され自由に乗り込んでパイロット気分を味わえます~



夢に出てきそう~~~~





そして、ここは成田!数分おきに低空で旅客機が飛び交っています~






そして、小湊鯛の浦温泉~「三日月」です。







磐梯造園専務夫人と!







翌朝は、小湊鯛の浦温泉の名所である日蓮宗本山の一つ「誕生寺」参拝。




日蓮上人の子供の頃のお姿







古より繰り返し行われたのだろう本山参り。

檀信徒が一堂に会し、仏教に帰依しての旅講中です。

楽しい時間とはすぐに過ぎてしまうもので、あっという間の一泊二日でした。






そして、なんといっても真照寺ご本尊”不動明王”さまに見守られながらの三春真照寺成田山講中です。


何事もなく無事講中旅行が出来ました。




山岸住職、奥様、松木様、はじめ講中の皆様、そして福島交通観光の本柳様には大変お世話になりました。


お陰様で、さざまな経験とともに「ご縁」をいただくことができました。


そして楽しく有意義な時間を過ごすことが出来来たことに感謝もうしあげます。






この成田山講中の中で、他者との和合・協調のありかたを改めて学ぶことができました。

今回も檀信徒の方々と丸二日間ご一緒させていただいて、様々なご縁に気づかさせていただくことができました。

人と人のご縁とは、本当に“摩訶不思議”だと感じたしだいです。

旅行中、茶道の精神や教えを表す語「和敬清寂」が頭を過っていました。

この4つの文字の中には、“人付き合い”の心(極意)がこめられているといわれています。

「和」=相手と協調する心。

「敬」=お互い敬いあう心。

「清」=清らかな心。

「寂」=何ものにもとらわれのない心。



普段、無意識のうちに持っている「私が!、私が!」という“自我”や“自己顕示”などの身勝手な自己中心的な考え方を戒めているんでしょう。

”人々が、一緒に生きるためには、お互いに尊敬し合わなければならない”ということなんだと解しています。 


“和(和やか)”の元となるのは相手を“敬(うやまう)”うこと。

そして、自他ともに相互に“敬って”ってこそ“和やか”が生まれてきます。

和して敬すればお互い心が“清々しく(すがすがしく)”なります。

そして、“清々する(セイセイする)”と“心の寂けさ(しずけさ)”につながります。

人が生きていくということは、他人とのかかわりあいがなければ生きていくことはできません。また、それぞれの個性や煩悩はそう簡単に消えるのもではありません。

それぞれ個人が持つ個性を生かしつつ「和敬清寂(わけいせいじゃく)」の教えを生かしていきたいものです。



そうした心境になれれば、他人との接し方も変わってくるだということを教えていただきました。


二日間の真照寺成田山講中で気づかせていただいたことに、真照寺さま、そしてご本尊「不動明王」様に感謝を申しあげます。


ありがとうございます。





さあ、次は三春最古の建築物「古四王堂」の再建です。


古四王堂



古四王堂は、鎌倉期から戦国末期にかけて「日ノ本将軍」「蝦夷探題」として青森から蝦夷にかけて覇を唱えた海将阿倍安東氏の直系三春藩主秋田氏が、三春国替えの際に祈願寺真照寺とともに建立したものです。






本拠地である青森十三湊時代は、出羽柵(後に秋田城)に近く、城の守りとして創建されたと見られる四天王寺と習合し、中世を通じて古四王大権現として崇敬されていました。

三春藩主秋田家の祖安東氏の寄進も受けていました。





真照寺は、古四王別当(管理長官)です。
尚、古四王天像四体は、秋田家の祖である「安倍貞任」の縁起を伝えていると云われます。




平成の大改修です。



檀信徒の皆様の熱い願いと、篤志御寄付によって、古四王堂が蘇ります!






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 08:53 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺 |
真照寺の木陰で・・・・避暑




土曜日。

久しぶりに、孫の様な”悠くん”がお母さんと一緒に出勤してくれたので、真照寺に、ご本尊お不動様へご挨拶と遊具遊びを兼ねて参内しました。


幼稚園に行くようになってから中々会えなくなってしまいまして、遠くにいる孫遊びに来た~的な感覚です。












この時期、参道を抜け山門をくぐれば、さわやかな風が吹き渡る真照寺山内に入ります。

三春藩主祈願所という経歴から真照寺の寺領は、三春城下で昔から一番清い場所に建てられたと考えています。


ご本尊が不動明王ということで、かつては水が沢山沸いていたんだろうと思います。


今も、本堂裏手にある方丈庭園の水芭蕉群生地や回遊式方丈池などには綺麗な湧き水があり、鯉が元気に泳いでいます。








また、三春城下は山間の谷間にありますので、真照寺山内は、夏でも時折涼やかな風流れ込んできます。


山内には、紅枝垂れ桜の老木「蒼龍」や大銀杏、そして大杉など、300年以上も木も同じ場所に植わっています。

目には見えませんが地下には、木の根がびっしりはりめぐらされているのだと思います。






木の根の保水力は高く、木の根自体も当然水分を多く蓄えています。

しかもその水分が常に循環しています。 





このような効果もあって、地面が冷やされて、空気もひんやりとするのだと思っています。

もちろん、マイナスイオンもたっぷりと漂っているんだろうな~。








また、周囲を原生林や竹林に囲まれた中にあり、水脈や風の通り方、色んな目に見えないものがあるのかもしれません。

昔の三春人はそういう事も分かっいてこの場所を選んだのでしょうね。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍






| ryuichi | 04:30 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
真照寺の新緑 2018.5




三春藩主秋田家祈願所「日乗山東門院真照寺」の山内が初夏の装いです。


今年の春が驚異的な温かさを迎えたせいか、桜をはじめすべての花木が例年より早く咲き始めています。






例年ですと、山門下、参道の階段を彩るさつきが見ごろと云う所なんですが。今年は終わりを迎えました。




(昨年5月20日の画像)

三春藩主祈願所では、寺庭さまの丹精込めて育てた山野草など見ごろを迎えています。







方丈の池も新緑に包まれています!





春先には水芭蕉、春には枝垂れ桜、そして五月にはツツジ、菖蒲。





梅雨には紫陽花、初夏に山百合、夏に蝉しぐれ、秋には紅葉、キノコ、そして冬には・・・・

毎朝行っても一年中楽しめる真照寺です。






今年も、新緑のモミジの回廊が構築されはじめました。








水面に映る逆さ法堂をみながらちょっと一息・・・・







清々し時間が流れます。





蒼龍もこの通り・・・老木とは思えない勢いの新緑に蔽われています!







ブランコに優しい木陰を提供しています。







おっと、まだいますよ・・・アミガサダケ!








春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:34 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |