CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2017 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




平成版今昔物語 「三春城下荒町界隈」



三春今昔物語 荒町

三春城下荒町は、明治になり、郭境門が撤廃されてからは、旧町内では一番広い地域を占め、昔から商工業が盛んなところでした。

工業といっても、製糸工場、羽二重工場ですが、旧藩時代から明治大正にかけて盛んでした。

先に移転してしまいましたが、前の三春中学校敷地にあった三盛社は、当時女工150名を使って操業していて、県下でも二本松の双松館と一、二を争う機械製糸工場として聞こえたものですが、先の戦時中に閉鎖してしまいました。





街本通り西側の山手には、法蔵寺、高乾院、光善寺、龍穏院、馬頭観音等が立ち並び、寺町でした。





高乾院や龍穏院は藩主秋田家の菩提寺、家老など藩重臣やそれに付随する家臣の墓所でもあり、藩政時代、お盆の墓参には、家老から軽輩まで、それぞれの格式で行列を組んで参っていました。

この場合、町屋のものはその行列に遠慮して通り過ぎるのを待って墓参に行く有様でした。




お盆の墓参が、武士は12日、町屋は13日と決めたのも、こうした混雑を回避する為だったんです。



城下への道は、日和田・本宮口と小浜海道口の二本がありました。

本宮口は、大正三年の磐越東線開通とともに三春駅が出来てその様が一変します。

また、小浜海道口の方は、二本松領川東三万石の小浜・針道方面との物資輸送、羽二重の川俣まで生糸を運ぶ外、馬、繭、葉タバコを運ぶために、今の渋池の中ほどから、上り

二折れしていた道を、先の三春中学校西側に沿うように道路を作り、交通の利便性を図って往来がスムーズになり繁昌していました。





馬頭観音は、古い由緒を持っています。

戦国時代の三春城主田村家三代の清顕が安置したというから約470年も昔からありました。

小野の東堂山、堂坂(現西田町)と共に三観音(馬頭観音)と呼ばれ、庶民の信仰を集めていました。

毎年旧暦の3月17日の縁日には、近郷近在から仔馬の出来た飼主たちが多数参詣して、餅を巻いて無事成長を祈願していたそうです。



昭和30年代の広報三春内コラム参照



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:38 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下荒町 |
『地域寺院 尋坊帖』 時宗青年会会長 三春城下法蔵寺副住職 多田廣道和尚



『地域寺院』は、大正大学出版部発行の地域寺院倶楽部会員向けに発行する月刊誌です。

今回発行の第13号では、時宗青年会会長の三春城下荒町にある時宗法蔵寺副住職多田廣道さんのインタビューが掲載されています。

テーマは「お寺に関心を持ってもらう それが布教の第一歩」です。




「法蔵寺蓮まつり」そしてそのメインイベントの「観蓮会」を行っている法蔵寺さまの、お寺と檀家さんをはじめとする地域社会との結びつきをテーマにお話しされています。

かつて十年間にわたって開催されていた同我聞会主催によるコンサートや春のコンサートなどお葬式だけではないお寺の在り方を追求された現住職の考えを継いだ副住職の熱い語り紙面を飾っています。





三春城下法蔵寺 「蓮まつり2017」

7月1日~30日まで 早朝が見頃です。
山内休憩所(小書院)に蓮茶をご用意いたしています。
ご自由にお召し上がりください。





【蓮まつりそば打ち教室】
日 時:7月16日(日)午前10時から(申込締切7/10日)
参加費:1,000円
打ちたて蕎麦 試食会 16日午前11時から(どなたでも参加自由)






【観 蓮 会】
平成29年7月23日(日)早朝6時から
 ○早朝大茶会・・・蓮の花を愛でながら朝茶を一服。
 ○花架拳の舞・・・優雅な天女の舞をご鑑賞ください。
 ○象 鼻 杯・・・風流な蓮酒をお楽しみください。
 ○蓮茶、蓮おにぎり、蓮饅頭などご用意しています。



現代社会では、高齢化、少子化、過疎化、家庭の崩壊、自然災害、そして人心の荒廃等々大きな変革の真っただ中にあります。
そして、信仰心の希薄化や宗教への無関心が指摘される昨今ですが、仏心を持って仏様の教えやその文化に関心を持ち、心のよりどころとして救いを求めている人は多くいます。
地域寺院HPより抜粋




蓮まつり画像は昨年の様子です。


春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:33 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下荒町::郡守山法蔵寺 |
三春城下時宗法蔵寺「初不動尊祭礼 2017」


三春城下時宗法蔵寺「初不動尊祭礼 2017」





三春城下荒町の時宗法蔵寺では、先の2月28日、今年最初のご縁日初不動尊祭礼が開かれました。




初不動と呼ばれ、大勢の法蔵寺不動講中の方々が諸願成就のために来山されて賑わっていました。








お不動さまは、勝負必勝・立身出世・商売繁盛にご利益がある仏様です。





仕事で成功したい方、勝負事で勝ちたい方の力になってくれる梵字ですので、商人に人気がありますね。




50年に亘り寺を護っていただいた鎌田様への感謝状(方丈様自筆に版木)贈呈です。

お疲れ様でした。




不動明王は一切の悪魔、災いを祓う力を持つとされます。





初不動当日は、家内安全、商売繁盛を願う人々で賑わいます。





阿弥陀様も喜んでられるように見えますよね?


豆まきならぬ、あられ撒きです。



方丈様の音頭で「法蔵寺不動尊奉賛歌」の全員での合唱です。


檀家の子供さんによる空手の演武披露




そして、総代さんでもある三春城下大町の割烹八文字屋女将による花柳流舞踊ひろうです。



お孫さんから花束贈呈!





方丈様の説法をいただきます。






お地蔵さんのお見送り




そして、直会です。

方丈様に地元新潟の地酒のオンパレード!


ご馳走様でした。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂







| ryuichi | 05:18 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下荒町::郡守山法蔵寺 |
「法蔵寺春の歳時記 2017」



「法蔵寺春の歳時記 2017」




・開運厄除 初不動尊祭典
日時 2月28日(火) 午後5時30分祈祷法要厳修 直会 午後7時30分
今年一年の厄払い (家内安全・厄難消除)




・「涅槃会 だんごまき」  3月15日(水)午後2時より 
涅槃会法要  ダンゴ撒き ダンゴ振舞




・春彼岸

「念佛講百萬遍数珠繰り」 3月20日(月)午前10時より 
東日本大震災犠牲者追悼法要 お彼岸の先祖供養

・「春彼岸かたりべの会」 3月23日(木) 午後2時  
 お子さんやお孫さんと一緒に、昔話を聞きませんか!




・日下部正和 陶展 
4月15日(土)から25日(火)まで

・竹内紀 ゆい ミニコンサート 
 4月16日(日) 18時開演 入場料1000円




・抹茶振る舞い
 4月16日(日)、23日(日) 11時から15時まで 境内及び書院

・陶芸ワークショップ 茶碗作り 4月22日(土) 午前10時 会費 3000円




問い合わせ 三春城下荒町 法蔵寺 62-2637


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 05:50 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下荒町::郡守山法蔵寺 |
平成29年度 酉 法蔵寺心の修養カレンダー



多田昭道住職書による、「平成29年度 酉 法蔵寺心の修養カレンダー」

御年始として副住職に届けていただきました。

毎年、檀家さんの年始にお配りしている法蔵寺住職特製の卓上カレンダーです。

酉年の今年、月ごとに、短い言葉が添えられています。





手を合わせ、ひと月ごとにめくっていきますと、まるで方丈様が、優しく語り掛けてくれているようです。

それは、私の心を見透かしているかのように、一言づつ心に響いてきます。




1月 「焦らず」 あせらず




2月 「侮らず」 あなどらず




3月 「怠けず」 なまけず




4月 「拘らず」 こだわらず




5月 「怒らず」 おこらず




6月 「挫けず」 くじけず




7月 「偏らず」 かたよらず




8月 「怨まず」 うらまず




9月 「急がず」 いそがず




10月 「妬まず」 なたまず




11月 「憎まず」 にくまず




12月 「恐れず」 おそれず


ありがとうございます。

合掌


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 05:00 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下荒町::郡守山法蔵寺 |
「ありがとう」 法蔵寺心のカレンダー12月


「ありがとう」

三春城下荒町にある時宗法蔵寺の心のカレンダー平成28年12月の言葉です。


あっという間に、師走を迎えて、「ありがとう」という言葉が、自然と心から湧いてきます。

この一年を振り返りますと、本当に感謝の年でした。





商売、そして家長として、さらには一人の男として、思ったことが全て出来た年ではないかと思っています。

さらには、様々な方々との出会いがあり、充実した一年となりました。


これも家族、友人など近しい方々から、お客様皆々様のお陰と思っています。

心より感謝申し上げます。




少し早いかとは思いますが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございます。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 05:26 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下荒町::郡守山法蔵寺 |
三春城下冬のライトアップ2016 三春藩主秋田家藩主菩提寺「秋田山龍穏院」


三春城下冬のライトアップ2016 

「三春城下曹洞宗寺院ライトアップ」


三春藩主秋田家藩主菩提寺「秋田山龍穏院」





荒町曹洞宗秋田山龍穏院は、三春藩主秋田家入府の時、前領地常陸宍戸より三春へ移したと云う禅宗の古刹です。

鎌倉期蝦夷管領、日ノ本将軍と呼ばれ、北方に覇を唱えた安倍家の末裔、三春五万石安東(安藤)秋田家の菩提寺です。

江戸期の秋田家藩政を通じて藩主菩提寺別格寺として隆盛を極め、その伽藍は寺院の多い三春でもひときわ荘厳で、歴史の重みと伴に、三春五万石の威厳を感じます。




 
幕末、三春藩の終焉とも言うべき、戊辰戦争三春無血開城後は、藩主が恭順の意を表す為御座恭順し、その後西軍の病院として使われ、三春秋田家のその始まりと終わりに重要な役割を果たしました。
今も境内には西軍として戦に参加した館林藩士の墓があります。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:33 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下荒町::秋田山龍穏院 |