CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




大越舘  廣瀬 田村四十八舘




大越舘  廣瀬 田村四十八舘

三春田村氏の重臣、大越玄蕃の居舘。

滝根町大字廣瀬の南東にありました。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍






| ryuichi | 05:04 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘1 |
貝山館跡


貝山館跡

旧中郷村大字貝山字山崎に在り。

回字形の濠跡が今でも確認できます。


貝山藤兵衛が居住





三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:31 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘1 |
栗出舘 田村四十八舘 七郷村



栗出舘 田村四十八舘 七郷村



七郷村大字栗出にありました。


三春城主田村氏の臣、門澤左馬之介の居舘と伝わっています。



田村家の家臣達は、田村庄及び小野保(現在の小野町)に、後に云う田村四十八舘を築き、それぞれ本拠として防備の為に領していたが、三春城下にも屋敷を与えられ、三春城の一郭を成し非常時に備えていました。


月斎以下重臣屋敷が城近くに配置され三春城の防御の要を成し、常に田村家に近侍する直属の旗本不断衆千騎の屋敷も城近くに集中していました。

三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:26 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘1 |
田村四十八舘 田子森舘  荒和田




田村四十八舘 田子森舘  荒和田


要田村 荒和田に田子森館あり、応永年中、田村持顕築き、持顕より その子 直顕、弟 重顕、その子広顕と続き、以来子孫が相次ぎ領していました。


しかし、天正十八年、田村家の没落の折には、田村姓を橋本に代えて当代当主の時顕は帰農しに野に下り、荒和田村の里正となります。


後に、房に至り、文政六年、秋田氏に仕え 子孫 三春に居る。

尚、その裔の荒和田に居る者は、荒和田を氏とすと云う。





三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:24 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘1 |
八幡舘  神俣 田村四十八舘




八幡舘  神俣 田村四十八舘

永禄年間より、神俣太郎左衛門以来、その子孫が世々居住

三春城主田村氏の没落後に帰農してその子孫今でも神俣を称として住居し繫栄しています。

滝根町大字神俣の西部にありました。

三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:09 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘1 |
鳴神城(大越城)  上大越 田村四十八舘




大越城( 鳴神城) 上大越 田村四十八舘

三春田村氏重臣で田村四天王の一人と称された大越城主大越紀伊守の居城。


大越紀伊守信貫 一万石(安積六百石、二千大越、三百五十石牧野) 紀伊守没後息の田村宮内領す 本丸、北ノ丸、西ノ丸、東ノ丸、西北丸


大越紀伊守は現在地に城を築き、大越地内に数多くの館を置きそこに家臣を配置していた。

「大越城」と呼ばれていたが、築城の折に下大越白井倉より鳴神明神を遷して城中に祭ったので「鳴神城」とも称された。


小野城主田村梅雪斎の息で、田村家中のお家騒動の折に相馬方として伊達方の田村月斎、橋本刑部らと反目します。


後に、岩城地方の大館城(飯野平城)主岩城常隆に通じ反攻の機会をが策しますが及ばず、鳴神城を退去しました。

以後詳細不明

田村市大越町大字上大越字町の西方、霊泉山脈中にありました。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:34 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘1 |
下枝脇舘  御舘村下枝 田村四十八舘




下枝脇舘  御舘村下枝 田村四十八舘



三春城主田村氏の重臣、横田盛尊・平内左衛門の居舘

現郡山市中田町下枝にありました。


横田盛尊は、会津城主芦名盛實の出で、盛實の二男綱實で、安積郡横田城に在って横田氏を名乗ります。

其の五世の孫にあたる盛兼の代になって、須賀川城主二階堂遠江守によって横田城は陥落、平姓田村満顕に属します。

以来、代々田村氏に仕え金屋平舘に居住します。

盛兼の孫、盛尊になって下枝脇舘に移居し、後の綱晴の代、天正十八年に三春田村氏の没落により帰農し、柳橋村字篠坂(現中田町柳橋字篠坂)居住します。

以来、その子孫が継承して十四代(明治期)当代の朝右衛門まで横田氏伝来の寶を伝承していまと伝わっています。

三春田村氏没落後に廃城となります。



田村家の家臣達は、田村庄及び小野保(現在の小野町)に、後に云う田村四十八舘を築き、それぞれ本拠として防備の為に領していたが、三春城下にも屋敷を与えられ、三春城の一郭を成し非常時に備えていました。月斎以下重臣屋敷が城近くに配置され三春城の防御の要を成し、常に田村家に近侍する直属の旗本不断衆千騎の屋敷も城近くに集中していました。

三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:00 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘1 |