CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2017 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春物語740番「二十三夜月待講」
「二十三夜月待講」
 
月待講というのは、一般にある特定の月の出を待ってこれを拝する行事とされています。
月齢によって、十五夜から二十六夜までさまざまな月待が知られていますが、もっとも多く行われたのが二十三夜待です。

ほぼ全国的にみられるもので、月待といえば二十三夜待をさすといってもよいほどです。多くは地域ごとに「講」が組織され、神道や仏教などの影響を受けながら継承されてきました。



月待講と称される行事は、現在も各地で細々と行われていますが、その実態は産泰講や庚申講、念仏講などとの習合が顕著で、内容も地域の社交的な寄り合いに終始しています。したがって、本来の月の出を待つという形態はほとんどみられなくなりました。



太陰太陽暦では、基本的に毎月23日に月齢二十三近い月がめぐってきますので、三日月信仰などと同じように、もとは月ごとにこれを祭っていたものと考えられます。



ただ、各地の記録をみますと、正月・5月・7月・9月・11月という事例がほとんどです。これは月待に限ったことではありませんが、陰陽五行思想の影響で陽の数である奇数月が重んじられた結果と思われます。


月見の名所2三春大神宮

勢至菩薩は二十三夜待の主尊とされますが、中世の月待板碑には「二十三夜待」の文字は表れていません。近世に入ると、月待信仰は各地で隆盛期を迎えます。
月待板碑に代って、さまざまな形態の月待供養塔が造立されるようになり、月待自体も目的に応じて講が組織され、多様化が進展しました。


月見の名所1愛宕神社から見たお城山と地酒三春駒の蔵元佐藤酒造の蔵

このうち、十九夜待と二十二夜待では女人講による如意輪観音を主尊とした安産祈願の行事が主流をなし、二十三夜待の信仰とは一線を画した展開がみられます。
江戸では都市文化のなかでも11月の二十三夜待は「霜月三夜」としてよく知られています。


月見の名所3天澤寺の境内からお城山を望む

| ryuichi | 05:01 | comments (x) | trackback (x) | 三春ノ信仰1 |
三春物語672番「雛祭り・ひとがた」
雛祭の起源は平安時代中期頃にさかのぼると伝わっています。
 日本では、古くから春の農耕時期を前に、物忌みをし、水で身を清めて穢れを祓う禊が行なわれていました。
 中国から形代による呪法が入り、人形(ひとがた:紙・布・木などで人の形を模した呪具)や形代(かたしろ)を作り、身体をさすって身の穢れや病を移してお酒や供物を添えて流し、無病息災・豊作を願う祓いの行事をしていたのです。
今でも祭り終わったのち雛人形を川に流す流し雛の風習が各地にあり、穢れを祓う心を伝えるものと考えられています。
 平安時代の人々は身体の中に人の形をした悪い虫が潜んでいると信じられていました。
その虫は悪事に執着したり、寿命を減らしたりするものなので、退治をしなくてはなりません。その悪い虫を取り除くために、身代わりとして作った人形で身体をなで、穢れを移して、三月最初の巳の日に川に渡すという場面が記雛人形の原型として、禊ぎ・祓えに関する人形・形代の信仰がひろがりました。
これは、身体の穢れや災いを、身代わりの人型に移した上で川に流すなどして外界へと追放していました。
現在も残る流し雛の源流は、この祓えの習俗だと言われています。



| ryuichi | 05:51 | comments (x) | trackback (x) | 三春ノ信仰1 |
三春物語653番「里山の信仰」


里山の信仰
農耕が始まる以前から、山と言うのは重要な食料の供給源であり、また、人々が山に入り込んで行き様々な景観や自然現象に出くわし、自然の威力や驚異を体験する場でもあったと考えられます。
山は人々にとって重要な恵みの場でもあり、逆に人々を恐怖に陥れる場でもあった訳で、一筋縄では行かない地域で、そこには恵みや、自然現象を引起す主体的な目に見えない存在としてのが神(自然神)が意識され、その象徴物として山上に顔お出した岩代や奇岩や巨岩・巨木・滝、又は山自体を御神体として意識していたのではないでしょうか?



つまり山は人が管理できる場ではなく、人間を超えた偉大な存在が、つまり「山ノ神」が管理する別世界と考えていました。
時代は少し下がるのですが、記紀神話の中の「天孫降臨神話」を思い出してみれば、神の国「高天原」から、地上の「葦原の中つ国」へと進出してくる話ですが、天照大神の命を受けたニホニニギノミコトはその第一歩を、日向の高千穂の峰にしるすことになります。



これは天孫が降臨した所が山の高みで、山の高みは有り難い所ということではなく、既にバックグランドとして山の高みは神聖な場所であるという意識が定着して、山の高みは神が第一歩をしるす場に違和感がない場所として考えられていた事を示しているのではないかと考えます。
つまり、山は記紀神話以前から神聖視・異界視されており、その山の高みは神が神の国と、地上とを行き来するのに使った神聖な所であり、神の憑代であったと考えていたと思われます。



そのため、日本各地に存在する山宮といわれる神社は大概、山の高みの風光明媚、又は奇岩岩窟が現れ、その地に至れば、神(若しくは自然)の偉大さを感じさせるような所に社殿等が存在し、その名残を現在にも伝えています。
この考えが、農耕を始める以前、つまり、弥生時代以前から日本人には既に備わっていたものと考えられ、太古の日本人は山の頂に豊かな惠みを与えてくれる神、また反面、時として自然の驚異を与える神が宿る所と考え、太古の神道を形作っていたのかも知れません。



| ryuichi | 04:49 | comments (x) | trackback (x) | 三春ノ信仰1 |
三春物語397番「三春の村八分」
三春郷の村八分
江戸時代以降に行われた、村のしきたりや習慣を破ったものに対する、村落共同体の集団的な制裁のことをいいます。
他の村人たちから排斥され、近所づきあいを拒否されたといわれています。
元服、出産、葬式、婚礼、病気、追善、普請、旅行、水害、火事の十のつきあいのうち、火事と葬式のみは免除されるところからこの名前が付けられました。
この二つはめったにあるものではなかったそうです。
現在でも、仲間はずれにすることを「村八分にする」といいます。


| ryuichi | 06:09 | comments (0) | trackback (x) | 三春ノ信仰1 |
三春物語286番「道祖神の鬼退治」
「道祖神の鬼退治」



三春の里山では、村の一番外側のところに、道祖神・地蔵・あるいは巨石・古木などがあり、そこが一種の「結界」になっていました。

城下境にある旧貝山村道祖神は、道陸神や塞の神とも呼ばれる路傍の神とされ、実沢に高屋敷の薬師堂と堂の下などに見られます。

いずれも部落境にあり、外から来る疫神や悪霊などを集落の境で塞ぎ防ぐ神さまといわれています。さらに、旅の安全を守る神さまへも変容するとされています。

主に石碑や石像の形態で祀られる神で、古い時代のものは男女一対を象徴するものになっています。

そしてその結界の外側に存在するものは「鬼」として処理されたのです。

道祖神はその「鬼」の不法侵入を防ぐ働きがあります。

これは仲のよい男女神なので、その間を無理矢理通り抜けようとすると、「邪魔するな」とばかりに跳ね返されてしまうと言われています。

外のものを「鬼」とみなすという心理構図は、昔話に見て取れます。

例えば「おむすびころりん」で穴の中に落ちたおむすびを求めて行くと、そこには鬼がいた、などといった話の中にも見ることができます。

桃太郎も海を越えて鬼ヶ島に行きました。海はこの世界とあの世界を隔てる結界です。

この「よそもの」は害をなす場合は「鬼」ですが、福をもたらす場合は「稀人(まれびと)」になります。

おむすびがころがり落ちた穴は、外界に通じる、結界の外であると同時に、足元にあるもの、つまり心の中にあるものと解釈されます。

いくら外に結界を張っても、心の奥底には深い闇が広がっています。

鬼は私たちの心の中にも潜んでいるかも知れません。

皆さんは、節分の豆まきをしましたでしょうか?
元気よく、”鬼はそと!福は内!”とまきますと、家から鬼が退散します。

この豆撒きは、自分の心にも当てはまると思います。
私たちの心の中には人間である以上、誰しも例外なく「鬼」が住んでいます。
鬼の顔を見せない人は、鬼を上手くコントロールしているのです。しかし誰でも楽にコントロールできるわけではありません。

「人のこころには、必ず鬼が棲んでいる…」人間は、そんな鬼の部分を心の中に隠し持って生きています。

陰惨な事件の多くは、その心の奥底に蓋をしたために、それが屈折して爆発した結果起こってしまったような気がしてなりません。

確かに心の奥底や闇をさらけ出し、人と向き合って生きていくことは、容易ではありません。それはさまざまな困難や障害を生み、自分を、誰かを激しく傷つけることになるかも知れません。だからこそ、その上に成り立った人と人との結びつきの絆は美しく、尊いものなのではないでしょうか?

「忙しい、忙しい!」と言っていると、だんだん「心が亡くなって」鬼が暴れ始めてしまいます。忙しくともちょっとした余裕を、忙しくともちょっとした笑いを・・・。

このちょっとずつが、鬼に対する豆になり、少しずつ「心のゆとり」が持てるようになることとおもいます。

そのうちだんだんと自分に心のスペースが出来るはずです。鬼はそのうち、窮屈になって隠れてくるでしょう。
最近では誉め言葉に近いように使われている「忙しい」は、自分を追い詰めていく「鬼」です。村境の巨石や道祖神を眼にしたとき「心の中の鬼」を思い出し、忙しくとも自分に豆を蒔いて鬼を鎮め、心に余裕を作っていきたいものです。

  蒼龍謹白    合掌



| ryuichi | 06:24 | comments (0) | trackback (x) | 三春ノ信仰1 |
三春物語275番「三春の野辺の送り」
 墓地または火葬場まで列を組み死者を送ることで、「野辺の送り」「野辺送り」「葬列」「渡御」とも言います。
大正・昭和期に告別式が発生するまでは葬送儀礼の中心となっていました。
 さまざまな様式がありますが、松明、提灯、六道を先頭にして、旗(銘旗)、龍頭、花籠、香炉、四華、膳、位牌、天蓋、柩などと続きます。
死者との関係によって役割が決定されます。
「善の綱」とは柩につなげた白い布のことで、これを手にするのは近親の女性や子供が多かったようです。位牌を手にするのは喪主と決まっていました。
また死者に供えた枕飯は喪主の妻が持つとされたところもあります。

    葬送役付き
1,法師案内・・僧侶の案内役 隣組の年長者
2,幡・燈籠・・隣組手伝いの者
3,包花・・・遠縁の者や特に役のない者が行う 玉椿や樫など葉の青い常緑樹が用いられ、根本を白い紙で包む
4,四花・・・・赤、緑、紫、黄の四色の包み紙で作った花を持つ
5,六合・・・・六角の漆で作った塗りの器に菓子や団子を載せて持つ
6,松明・・・・兄弟又は一番大きい孫が持つ
7,金剛杖・・・隣組の人がウツギの木枝に紙を巻いて作ったもの
8,茶水・・・・嫁婿又は内孫
9,造花・・・・蓮の花などの造花
10,前綱・・・白いサラシの綱を本家か分家の男が持つ
11,前机・・・墓所で線香を載せる
12,遺影・・・子供たちが持つ
13,霊善・・・兄弟や近親者が持つ
14,霊位・・・相続人が持つ
15,棺六尺・・棺の担ぎ手
16,天蓋・・・棺をかざす役で、重要な役割のため本家の当主などがこれにあたる
17,後綱・・・縁の綱ともいう。親類の女性があたる
 
 江戸時代までは葬儀は夜行われたことが、灯が先頭に立ったことでわかります。
村の辻で柩を回したり、帰路は往路と道を変える、埋葬に使用した鍬、草履を捨ててくるなど死霊が家に戻らないようにとのさまざまな呪法も行われました。
 現在では霊柩車の使用もあり、本格的な葬列を見ることは少なくなりました。寺院に入場する際に寺門から斎場まで、霊柩車に遺体を搭載する際に自宅または斎場から霊柩車の位置まで、墓地に納骨する際に寺院から墓地まで、と部分的に葬列を組む習慣を残しているところもあります。
また、葬列は組まないものの、葬列の役割を発表する習慣だけを残しているところもあります。
 現在では、火葬場に向かう霊柩車、マイクロバス、タクシー、自家用車の列を「葬列」と称しています。




初秋の真照寺境内

| ryuichi | 05:19 | comments (0) | trackback (x) | 三春ノ信仰1 |
三春物語264番「三春野分」
「野分」

二百十日から二百二十日頃に吹く秋の強風を野分と呼びます。
 「野分」は野の草を分けて吹きすさぶ風ということから名付けられたもの。台風を含む秋の頃の強風の一般的な呼び名。ただ現在は雨を伴わない強風に限って呼ぶことが増えているようです。
 野分の過ぎた後には吹き倒された稲や草が風の痕を留めています。

三春の風祭り

 農作物を風害から守るため、神に祈り、風神を追い払うための行事とされ、二百十日前後に行われます。
台風が来襲する時期は、日本にとっては最重要な農作物である米の生産においてもその収穫時期に当たり、台風が稲の前に来るか後に来るかでその年1年の努力が水泡に帰すことすらあるわけですから気が気ではなかったでしょう。
 
こうして「嵐の来る日」として暦に載るようになったのが「二百十日」です。
二百十日とは立春の日から数えて210日目の日だということから名付けられたものです。
 
嵐の来襲する確率の高い日である、八朔・二百十日・二百二十日の3日は、「荒日」として、三大厄日として怖れられました。
ちなみに八朔は旧暦の八月一日(朔日)のことです。




三春昭進堂 髙橋龍一

| ryuichi | 05:52 | comments (0) | trackback (x) | 三春ノ信仰1 |