CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2018 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春物語649番「陸奥田村荘司 田村氏」


荘司田村氏
健長6年(1254)に著された『古今著文集』巻20の『馬充某陸奥国赤沼の鴛鴦おしどりを射て後出家の事』によれば、『みちのく田村の郷』は『刑部大輔仲能朝臣が領』であったと記されています。
刑部大輔仲能とは、藤原秀郷7代の孫で、関東評定衆田村伊賀守仲能のことです。
 田村荘の支配は、庄司田村氏があたっていたが、その本拠や出自はわからず、元弘3年(1333)の『相馬文書』には、田村荘司宗猷の女子が七草木の地頭職を保持し、また藤原姓であったことが記されている。
庄司田村氏が藤原姓であることは、藤原秀郷流の田村伊賀守仲能とのつながりを示唆する。



また、七草木村は大字七草木で、三春町域の地名の初見である。
 延元3年(1338)南朝方の北畠親房の発給文書には『御春輩』が見え、これは三春を指しており、三春の初見と考えられる。



『御春輩』は三春を拠点とした豪族であろうが、荘司田村氏との関係は明かでない。
 観応3年(1352)、尊良親王の子、守永親王を奉じ荘司田村氏の援護を受けた国司北畠顕信は宇津峰城により北朝方と死闘を繰り返したが、翌[1353]年五月に落城した。
観応3[1352]年北朝方の将・国魂新兵衛尉は斎藤村の地頭職を安堵された。
 〔1353年〕宇津峰落城後の荘司田村氏は没落の途をたどり、応永年間 (1394~1428) 以後になると、田村荘の支配は平姓田村氏(三春田村氏)の手に移る。





| ryuichi | 04:50 | comments (x) | trackback (x) | 戦国大名 三春田村氏 |
三春物語597番「小野保 小野城主田村梅雪斎顕盛一門」
小野保 小野城主一門



城主 田村梅雪斎顕盛
    田村右馬頭清忠 父子並

三春初代城主 田村義顕の三男。

父の死後は兄の三春城主隆顕、そして甥の田村清顕に仕えた。

天正14年(1586年)においである、三春三代城主 田村清顕が、嗣子無くして死去すると、田村家内部で御家騒動が起こったが(天正田村騒動)、顕盛は

相馬義胤や田村家重臣・郡司敏良らと共謀して、伊達政宗に与する叔父の田村顕頼(月斎)と戦った。

しかし戦いでは伊達政宗を後ろ盾にする顕頼が優勢で、天正17年(1589年)に降伏したとされる。






顕盛に関しては誕生年そのものが不明であり、義顕の子で隆顕の弟であるということから、天正17年(1589年)の時点では90歳前後の高齢だったのではないかと推測される。

なお、没年に関しては文禄元年(1592年)説もあり、死因に関しても病死のほか、郡司敏良と下枝城の戦いで戦死したものとされている。

叔父の月斎顕頼に至っては100歳を超える高齢だったものと思われる。









  小野与力衆


田村兵部人政顕


郡司豊前守敏良  飯豊鴨カ舘の舘主 愛姫の侍従おさきの父 
天正17年7月3日下枝城攻の帰路討死

郡司雅楽頭敏貞 郡司豊前守の嫡子 天正17年7月3日下枝城攻めの帰路討死

猪狩中務人親満

野内伊予守正兼

  城下衆
高山蔵人助清実

会田遠江守重信 小塩舘主 天正11年赤沼無量寺の仏像を修理し中興開基といわれる

吉田越後守信綱

吉田将監 包貴

今泉山城守行隆 天正17年5月19日門沢の戦いに活躍、飯豊源松山洞円寺の開基

熊谷下野守直光

神又久四郎房親 鹿股(神俣)城主

大越紀伊守信貫 大越城主

大竹築後守秀延 阿生田舘主

先崎主水介徳近 大倉舘主 塩釜神社の御幣を運んだとされる。

  城代衆(三十六騎衆)

春山隼人佐忠顕

西牧帯刀 貞苗 山神 西牧館主

大江左衛門尉輝氏

阿部筑前守忠英

逸見刑部人清高

田母神十郎正堯

草野加賀守直常 塩庭 草野舘主

村上掃部頭義高

村上河内守忠総(信)

二瓶主膳 豊房  槻木内舘主

吉田躑躅 直寛

吉田石見守信弘

吉田宮内少輔赴(元)久

中条越前守光国

国分左京太夫信通

根本若狭守泰重

富沢丹波守匡次

中野道満(入道)景安 皮篭石舘主

宗方左近 康久

宗方内蔵介定英

荻野杢之介泰時

大塚尾張守経玄

鈴木左衛門忠暁

鈴木外記 清則

塩田監物 屋政

草野大学 清光

宗方丹波守時広

吉田入道 直寛

佐藤五郎 常成

郡司内膳 道綱  塩釜神社の御幣を運んだとされる。

郡司玄蕃 屋満

郡司大膳 頼行

先崎周防守常可

宗方弾正 家継

村上源一郎義房

吉田和泉守光広

参考文献  小野町史                  
  三春町史
               


| ryuichi | 04:56 | comments (x) | trackback (x) | 戦国大名 三春田村氏 |
三春物語596番「戦国大名 平姓三春田村氏」


戦国大名三春城主田村氏
 ここに三春田村氏とよぶのは、南北朝時代まで田村地方を支配していた田村庄司家に対して、戦国時代の田村地方に君臨し、永正年間(一五〇四~二一)以後、三春を本拠とした戦国大名三春田村氏をさしている。
「寛政重修諸家譜」によれば、三春田村氏の祖は坂上田村麻呂となっていますが、これが誤りとされています。
三春田村氏が平姓であったことは、永禄二年(一五五九)の守山(郡山市田村町)大元明王の般若経奥書に田村義顕が「平義顕」と記載され、その子隆顕が天文十(1541)年四月の起請文に「平隆顕」と署名し、隆顕の子清顕もまた次年正月四日の書状(伊達家文書)に「平清顕」と記していることから明らかである。



 三春田村氏の出自については、「坂上姓田村氏」説と「平姓田村氏」説に分かれて主張されていますが、当の三春田村一族自身が、自らを坂上田村麻呂の後裔と固く信じて疑わないという状況もあり、真偽のほどはわからないというのが実情です。



| ryuichi | 04:51 | comments (x) | trackback (x) | 戦国大名 三春田村氏 |
三春物語433番「三春城の整備」


磐城国三春城の整備事業が始まりました。
雑木で覆われていた城山を、桜や楓など落葉樹を残し、常緑樹を伐採して往年の城跡が見て取れるようになってきました。



春には桜。
夏にはあじさい。
秋には紅葉や楓。
冬には城跡。
がご覧いただけると思います。



| ryuichi | 05:31 | comments (x) | trackback (x) | 戦国大名 三春田村氏 |
三春物語427番「田村家一門一家東西南北御一被下衆」


 田村家一門一家東西南北御一被下衆 (片倉文書 田村家家臣録)
 
 中津川城主(郡山市中田) 中津川兵衛左
 大越城主(田村市大越)  大越紀伊守    東方与力五十騎
 白岩城主(郡山市白岩)  白岩主膳正    西方与力五十騎
 守山城主(郡山市守山)  神主玄蕃頭    西方与力八十騎
 鬼生田城主(郡山市西田) 鬼生田惣右衛門  西方与力二十五騎
 
木村城主(郡山市西田)  橋本刑部      西方与力八十騎
飯豊城主(小野町飯豊)  郡司豊前守    東方与力五十騎
下枝城主(郡山市中田)  足羽太郎兵衛   西方与力五十騎
 
芦沢城主(田村市芦沢)  芦沢修理太夫   東方与力二十五騎
広瀬城主(小野町広瀬)  大越孫七郎    東方与力五十騎

小野城主(小野町)     二瓶主膳正    東方十五騎
                  金田式部少輔   東方与力五十騎
                  矢崎加左右衛門  東方足軽百五十

常盤城主(田村市常葉)  常盤伊賀守    東方与力四十騎
       常盤彦右衛門   北方与力四騎

 水谷城主           水谷豊前守    
 
富沢城主(三春町富沢)  富沢伊賀守    北方与力五十騎

新殿城主(田村市新殿)  新飯肥前守    北方与力五十騎
                  田母神玄蕃頭   南方与力五十騎
 堀田城主           畑右衛門正










三春昭進堂 髙橋龍一

| ryuichi | 05:40 | comments (x) | trackback (x) | 戦国大名 三春田村氏 |
三春物語252番「三春田村氏の終焉」
田村清顕の急死以降、田村家中は伊達派と相馬派に二分して混乱を来し存続の危機を迎えます。
結局、伊達政宗が出馬したことにより相馬勢による田村差配の企ては水泡に帰し,後の郡山合戦(伊達勢と佐竹勢が現在の福島県郡山市で衝突,伊達方の伊東肥前重信が戦死した)を経て,政宗の差配により孫七郎宗顕(清顕の甥)の田村家名代,清顕夫人の隠居などを決め,ようやく田村家中の混乱は収まりました。
しかしその後も今度は岩城常隆が田村領に侵攻して来ます。

岩城の援軍に相馬・佐竹・蘆名が参陣してきましたが。
政宗は巧みな用兵で相馬の背後を衝き,蘆名家中の乱れに乗じて天正17年6月,猪苗代湖畔磨上原の合戦で蘆名義広(佐竹義重の子,義宣の弟で蘆名盛隆の暗殺後,白川氏に養子に入っていたところから蘆名に乗り込んだが,却って家中混乱の基になった)を大破してこれを常陸に追い,7月には佐竹・岩城とも三春攻略から一端手を引ました。
翌天正18(1890)年が豊臣秀吉による小田原城落城・後北条氏滅亡の年であり,奥羽の諸大名も秀吉による「奥州仕置」の大波に飲み込まれます。

田村宗顕は政宗旗下ということで小田原に参陣しなかったところ,秀吉は独立大名とみなして不参を理由に改易してしまい,田村領を政宗に与えてしまいます。
宗顕は政宗を激しく恨み,政宗には従わず牛縊定顕と称して隠遁,政宗没後にその夫人陽徳院,すなわち愛姫の命を受けた片倉重長によって白石に招かれそこで正保5(1648)年没します。
田村氏の名跡は承応元(1652)年,伊達忠宗(愛姫の子,政宗の嫡子)の三男・田村右京宗良の子建顕が、山本周五郎著「樅の木は残った」の「伊達騒動」を経て、岩手県一関に入り、一関田村家を創設します。
伊達政宗も大崎・葛西一揆を鎮圧後,所領を山形より仙台に移されて三春を去り,三春は会津若松城主蒲生氏郷が拝領します。
    蒼龍謹白・・・・・・・・・・・・合掌





| ryuichi | 05:55 | comments (0) | trackback (x) | 戦国大名 三春田村氏 |
三春物語251番「安土桃山期の三春城主」
安土桃山期の三春城主
慶長二年、蒲生氏郷が死んで会津若松に上杉景勝が入ると三春も上杉領になりますが、「関が原の戦い」の後始末で、再び蒲生氏郷の子秀行が若松に入り,それにより三春城も再度蒲生領になります。
蒲生氏郷の子秀行・忠郷父子が相次いで若死にすると,忠郷の弟忠知と入れ替えで伊予松山から加藤嘉明が若松に入り,嘉明の三男明利,次いで松下長綱が三万石で三春城主になります。
この松下家は,豊臣秀吉が木下藤吉郎時代最初に仕えた今川氏の家臣松下加兵衛之綱(1538-1598)の子孫です。

天下人秀吉は、之綱から受けた恩義を忘れず,今川氏滅亡後浪人していた之綱を呼び寄せ,遠江久能城一万六千石に封じています。
之綱没後,跡を継いだ重綱(1579-1627)は「関が原の戦い」に東軍で参加し本領を安堵されますが,慶長8(1603)年に徳川幕府の許可を得ずに城郭を改修したことで常陸国筑波郡に移されます.後に「大坂の陣」での活躍が認められ,元和2(1616)年下野国烏山で2万8百石,次いで寛永4(1627)年陸奥国二本松で5万石を領するも同年没します。
松下長綱は重綱の子.父重綱が加藤嘉明の女婿だったこともあり,三春藩松下家は会津藩加藤家の与力のような位置にあったため,嘉明の後を継いだ明成が改易されると,そのあおりを受けて松下長綱も寛永21(1644)年に、理不尽な理由で改易されます。

正保2年,常陸国宍戸から安倍ノ称安東秋田俊季が5万5千石で入領し,その後明治維新まで秋田家が代々三春を治めます。
三春城は、御殿(現三春小学校)を含む城郭が、明治維新後に借財の為に、建物、備品、石垣等は売却や、破壊され、大正11年に行われた公園整備で三階櫓跡などが整地されてしまい,現在では近世城郭の面影は全く失われています。
現本丸跡の桜の木は、明治末に日露戦争勝利記念に植樹されたもので、今年も綺麗な花を咲かせる事でしょう。



| ryuichi | 05:39 | comments (0) | trackback (x) | 戦国大名 三春田村氏 |