CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2019 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




令和元年秋 成田山新勝寺お不動様縁日参拝と「DIC川村記念美術館」




友人の会社がこの台風で被災しまして、そのお見舞いに成田まで出かけました。

成田です。
折角ですので、成田山新勝寺門前に宿を取り激励会と被災からの復興祈願をしてまいりました。


ちょうどこの日は28日

成田山御本尊のご不動様は、毎月28日が縁日となっております。








ちょっと早めに三春を出ましたので、まずは新勝寺寺庭にある“い津美屋”の女将さんへご挨拶を兼ねて零次会~

常連の方々との語らいですっかりほろ酔いです。






ここ成田山門前は台風や大雨での被害もなく、お不動様のお陰とお話しされています。

また、先のテレビ「ブラタモリ」で成田を取り上げたらしく、御常連の方々からも成田の地形や歴史などを伺うことができました。







そして激励会。

毎度おなじみの成田山門前参道の料理屋「菊屋」で一献!









英語堪能なAさんは、休みでお会いできませんでしたが、Bさんがすかさず連絡を取ってくれたみたいで、伝言をいただきました。

スタッフの、この辺りの機転が100年以上続く老舗の「ホスピタリティ」、本当の“おもてなしの心”なんだろうと思います。

屋号を、新勝寺より拝領した菊の御紋に由来する【菊屋】さん

成田山門前で、接客の極意を教えていただきました。









宿は門前「若松屋」さんです。

新勝寺本堂まで徒歩2分!








翌朝は、午前六時から行われる第一回目の護摩祈祷に参詣です。

三春城下新町の真照寺住職から“門前に泊まるんだったら朝一の護摩焚きの参詣しては!”と案内をいただいてからの恒例参詣となっています。

真照寺成田山講中で参詣した折に経験していましたので、勝手知ったる~です。








早朝、この時期ですと夜も明けきらない中、静寂に包まれた山門から山内に入り、本堂に出頭いたしますと、30名ほどの方が臨場されていました。


護摩を焚きながら朝課をされます。

この時、「御火加持(おひかじ)」といってお札をお護摩の炎でかざします。

そして、「御火加持(おひかじ)は、お不動さまの御霊徳をいただくというもので、参詣の方々が手荷物を手に前の方に進み、若いお坊さんや紋付き袴の職員にそれらを手渡し、護摩の焔で炙ってもらっています。

これは、邪気を払うということで、私も財布やクレジットカード、携帯電話、そして免許証、車のキー、さらには家族全員の保険証等々を入れて来た巾着を役僧の方に託し護摩の焔で炙っていただきました。


護摩祈祷終了後、見知った常連の方に誘われるまま、護摩祈祷を行った貫主様の退席口に正座し合掌低頭にて着座しておりますと、貫主様がその手にした御念珠で頭を触れていただけました。









もちろん、い津見やの女将さんから教えていただいた山内にある「出世稲荷さま」の参詣も忘れません。





これで金運アップ!商売繁盛!家族の健康!間違いなしです。









翌日は、せっかくですので、以前より行く機会をうかがっていた美術館の「DIC川村記念美術館」をみてまいりました。

この美術館は、印刷インキの世界トップメーカーであるDIC株式会社が、その関連会社とともに収集した美術品を公開するために、約9万坪の広大な総合研究所敷地内に設立したものです。






オランダ絵画の巨匠レンブラントをはじめモネやピカソなど世界の名画、長谷川等伯や横山大観らの日本画、近代・現代を代表する作品が数多く所蔵されており、実に多彩なジャンルの美術作品を楽しむことができます。







ちょうど企画展「描く、そして現れる ― 画家が彫刻を作るとき」が開催されていました。

20世紀前衛画家たちは、絵の中で行いつつある様々な造形のカンヴァスから踏み出して試みた国内外 25 人の画家たちの、実験的な作品を一堂に見ることができました。











春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::男の隠れ家 |
マダム劇場番外編!2019 in 福島市森合”如春荘”




マダム劇場番外編!2019 in 福島市森合”如春荘”


“マダムイズミ”ことミュージシャンのゴトウイズミさん、“マダムエリナ”ことダンサーの長井江里奈さん、そして、“マダムポッポ”こと絵描きのハトさんという、それぞれの文和で活躍する個性の違ったパフォーマーが、一緒にコメディ・ダンス・弾き語り・ミュージカル、その他色々~の「マダム劇場」

今回は、“マダム劇場番外編”ということで そこにマダム劇場の踊り、おしゃべり、歌、自己紹介を兼ねたソロパートのミニショーなどがついた最高のお楽しみ会もあり!







東欧はチェコで、マダム達により撮影されたキッチュなマダム人形劇映画「マダムのバラバラさつじんじけん!」の上映会をエッセンスに加えてのステージでした!

前衛的な臭いのプンプンする素敵なステージで楽しまさせていただきました。





ゴトウイズミ

ある時は訳あり女!ある時は女子高生!ある時は純真さを持つセレブマダム!状況次第で変幻自在。
歌あり!ネタあり!踊りあり!芝居あり!セクシー♥やアコーディオンもあったり!の体当たりのキャバレショー!!






長井江里奈

少女からアバズレまで、ライオンからロボットまで、路地裏から劇場まで、お子様からオジサマまで、八方美人で全方位ユニークに踊り倒すマダムエリナ。
マダムイズミの芸人魂にライバル心を燃やしている。
舞台芸術集団「山猫団」主宰。







はと

絵と工作が得意なマダムポッポ。妖精の様にイズミとエリナのマダム達の闘いを観察するのが日課。
ご町内ではメルヘンマダムと呼ばれている。
移動商店を経営。各地で手づくり品を販売。






場所は、県立美術館の目の前になる如春荘。

福島大学出身者には懐かしい場所ですよね~






座敷をぶち抜いた会場では、日本家屋とマダム劇場の組み合わせで、襖から出たり入ったり、大きな頭が梁にぶつかったりと、日本座敷の特徴をいかした演出に何とも言えない面白さがあり楽しかったです。

如春荘という場所





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:50 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
ブリキ寄席 春風亭柳若 




ブリキ寄席 春風亭柳若 

三春城下中町にあるカフェ「ブリキ・イヌ」で開かれたブリキ寄席。

独快亭来歌こと田部さんとブリキ・イヌさんのコラボ企画です。

おしゃれなカフェで日本の話芸“落語”を堪能させていただきました。






噺家さんは、売り出し中の人気噺家、二つ目の春風亭柳若(しゅんぷうていりゅうじゃく)さんです。

師匠は、いぶし銀で通好みの落語家「瀧川鯉昇」さんで、込木寄席おなじみの春風亭傳枝師匠とは同門です。

柳若さんは、東海大学落語研究会出身で、10年以上サラリーマンをしていましたが37歳の時にして落語家に転身したという変わり種です。

また、落語芸術協会の二ツ目11人で編成されたユニット「成金」のメンバーでもあります。







さてお話は、「猫の皿」と「お菊さんの皿(番町皿屋敷)」の二席

柳若さんの独特の間と軽快な噺で、会場は一気に“峠の茶屋か~”、はたまた“青山主膳の屋敷跡か~”ってな具合で一気に笑いの渦に巻き込まれていました。

いや~私など最前列ど真ん中で話芸を堪能させていただきましたが、実に面白い!

「ここは浅草演芸場か?」「新宿末廣亭か?」ってなもんで、柳若さんの目の前で腹を抱えて笑わせていただきました。

これもブリキ・イヌオーナーの“浜ちゃん“こと浜田君とスタッフの佐藤君の前座?トークで会場を盛り上げてくれたおかげです。









そして、終焉後は打ち上げの食事タイム~ 

カフェ・ブリキイヌご自慢の安心安全の無農薬カフェメニューのアラカルトでカンパーイ!

美味しくいただきました。

そして、“柳若さんを田部さん宅に送っていくという“名目で、二次会は三春の社交場「寿司大音」で仕切り直しです。

落語の話や一門の話~ 傳枝師匠のプロレスや新町大宴会でおなじみの美魔女マジシャン瞳ナナさんやプチレディーさん方の話で大いに盛り上がりました!







三春城下で、それも作務衣に雪駄ばきで気軽に落語が聞けるなんて… 素敵な時間を過ごさせていただきました!

またの開催を楽しみにしています。









春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:35 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
曼珠沙華の里へ墓参り 群馬県邑楽町臨済宗 恩林寺




秋彼岸に条坊方の叔父叔母夫妻の墓参りに群馬県邑楽町にある臨済宗建長寺派 東光山恩林寺 (住職 前田貴洲和尚)山内いたしました。

この恩林寺の山内には、「曼珠沙華」とも呼ばれる“彼岸花”の群生を見ることができます。






彼岸の中日後の休日に、三春城下清水天澤寺にある当髙橋家墓所に参りますと数輪の彼岸花が咲いていました。

ここ数年ですが、1輪、翌年は3輪といった具合に少しずつ数を増やしながら墓所を曼珠沙華の花を咲かせて飾ってくれています。

これもご縁なのでしょう、この花を見ますと、恩林寺に眠る叔父を思い出して墓参りにでもと思います。








今年は、天候の関係で、曼珠沙華は咲き始めといった具合で、先の土日に開催された「恩林寺曼珠沙華まつり」には花が少なかったのではないかと思います。






例年ですと、昨年の画像ですがご覧のように正に「曼珠沙華の里」と呼ぶにふさわしい光景が広がります。

深紅に染まった圧巻の風景です。







おじさん夫妻のお墓の目の前でもあり、陽気でお茶目なおじさんの自慢気な顔が思い浮かびました。

恩林寺(おんりんじ)は、群馬県邑楽郡邑楽町にある開山650年を誇る臨済宗建長寺派の禅寺です。
本尊は薬師瑠璃光如来で60年に1度のご開帳があります。

歴春には牡丹祭りで、本堂にて、音楽の演奏イベント、秋には彼岸花祭りで、「禅の高僧墨蹟展」「東北被災支援物産品展」が開催されています。 


また、多々良沼に突き出した公園にある弁財天を祀る社があり、家守は邑楽郡邑楽町鶉新田の人物が班交替で守っているが、弁財天の本尊は恩林寺に安置されており、春は5月5日、秋は11月の第1日曜日に恩林寺の役員が、本尊を運び、住職の祈祷があり、開帳があり大勢の檀信徒の皆様が参拝に訪れます。






恩林寺の縁起は、鎌倉幕府が滅亡の折、最後の執権14代北条高時の弟四郎慧性 が、日頃信仰いでいた江ノ島弁財天のお告げにより、 鎌倉を逃れて多々良沼のほとりに辿り着き居を定めました。

文和2年 (1353)に、鎌倉の大本山 建長寺第44世住職,東林友丘禅評を開山とし、北条ㄧ門の菩提を弔い再起を祈願するために作ったお寺が恩林寺の起源です

本堂に安置されている御本尊薬師瑠璃光如来さんは60年に一度ご開帳される秘仏とされています。

曼珠沙華も今週末には見頃を迎えそうです。







昼食に今話題の佐野ラーメンを食べて、「ぶんぶく茶釜」で有名な舘林にある茂林寺に参詣してきました。







何回も舘林には伺う機会がありながら、初めての参詣となります。







参道を飾る信楽焼のたぬきたち・・・


ユーモラスな表情が何とも言えません。






当店にも最近大きな信楽焼の土瓶を預かっているのもですから身近に感じます。







どっちが私でしょう?



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:22 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
磐梯熱海温泉ホテル華の湯 “コロッケ・モノマネショー&秋のディナー”



郡山の奥座敷磐梯熱海温泉ホテル華の湯 “コロッケ・モノマネショー&秋のディナー” のご案内を受けましてモノマネ好きな女将と連れだって出かけてきました。


”義理とふんどしは何とやら~” と言いますが、商売上のお付き合いとはいえ素敵なひとときを過ごさせていただきました。






Showは、かまた聖子・坂本冬休みさんが前座を務め・バックダンサーによる踊り、そしてお待ちかねのコロッケショーのものまねや歌謡ショー、など店舗の良い舞台進行で会場は大盛り上がりです!

やはり生で見る舞台は面白いです!







華の湯の安藤支配人とは30年来の旧知の中で、陣屋にあったやきとり“吉蝶”常連からのお付き合いです。

最近はとんとご無沙汰をしていましてが挨拶してまいりました。

安藤さんは、華の湯の支配人として、雑誌やテレビ、そして私学高校父母の会広報誌などでよくお顔を拝見し、仕事人の先輩として尊敬しています。







今回もディナーショーということで、福島を代表する華の湯が提供する秋の和懐石を堪能させていただきました。


showも面白いんですが、ディナーで同席させていただく方々には著名な方が多く、多くの事をまなばさせていただいています。

人との出会いやご縁というのは、やはりディナーショーならではの醍醐味です。








当店女将はものまねや歌謡ショーが大好きなもので、女将として、母親として、女房として、日頃世話になっている御礼です!




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:13 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
~稲川淳二の怪談ナイト~ 「MYSTERY NIGHT TOUR 2019」仙台公演





~稲川淳二の怪談ナイト~ 「MYSTERY NIGHT TOUR 2019」仙台公演に行ってまいりました。


次男坊が大好きで、稲川さんの公演は今回で9年連続です。



夏定番の稲川淳二の怪談ナイト。



毎回、数々の怪奇現象を体験してきた稲川さんの選りすぐりの“怪談話”を堪能しています。




今年は、一階2列の右端でした。




毎度ながら、稲川さんの 、温かみを感じさせる穏やかな調子で、自身の人生を歩みながらその時々で影響を受けた怪談噺を案内していきます。




人の世を恐ろしくしてしまうのも 狂わせてしまうのも、結局は人の欲であり業なのだと、稲川さんのお話の中に出てきます。


怪談と云う、怖さと恐れと云う異界の話ですが、恐怖の中にも、登場する幽霊が、人間の本心を描く様は温かみを感じ、心温まるお話です。


稲川さんの、人情味あふれる怪談噺の根底には、障害を持って生まれた次男との生活からの現在の障害者支援の活動があり、ご自身も前立腺がんを克服しての毎年精力的にこなすミステリーツアー開催と云う部分が大きく作用しているんでしょう。

前にもまして、心温まる舞台が繰り広げられています。







公演の最後に座長から

「私は幸せです。
ファンの皆様に支えられて27年もの長い間怪談ミステリーツアーを続けて来られました。
皆様から幸せをいただいています。
心から皆様方に感謝します。」




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:54 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
「木村充揮 (ex.憂歌団)ひとり旅ツアー」の最終日・ファイナルに参戦してまいりました。




いわき市平にあるDining&BarQUEENプレゼンス(会場:まちポレいわき2F)で開催された「木村充揮 (ex.憂歌団)ひとり旅ツアー」の最終日・ファイナルに参戦してまいりました。

世界一のブルース・バンド「憂歌団」のリードボーカル、浪速が生んだ国宝『天使のダミ声』と称される 木村充揮さんのソロライヴです!






同ツアーの初日福島市時代屋さんライブでお世話になりまして、その御礼とツアー完了祝いを兼ねて饅頭を差し入れてきました。


木村さんの、唯一無二のライブパフォーマンスはもはや名人芸!

演歌、流行歌、ジャズ、民俗音楽、ブルース・・・今回も楽しませていただきました。






オープニングアクトは、はせがわかおりさんです。
この日は誕生日!饅頭のバースデイプレゼントです~










来年は、三春でも~






★木村充揮(kimura atsuki) 
1954年生まれ。大阪在住。
1975年、日本が誇るブルース・バンド「憂歌団」のリードボーカルとしてデビュー以来『天使のダミ声』と称される独特の歌声でカリスマ的な人気人気を誇ってきた。
数多のアーティスト達からのリスペクトを集める、日本音楽界の真のレジェンドの一人。
現在も年間100本以上のライブを全国で展開し、その円熟味を重ねた名人芸で未だ多くの聴き手の心を鷲掴みに揺さぶる。
そのライブ音源を収録した2枚組ライブ・アルバムを2019年4月24日にソロ・キャリアの中で初めてリリースする。






★はせがわかおり
1986年7月22日、兵庫県生まれ。
音楽専門学校在学中から地元の関西を中心にライブ活動を開始。
2012年10月、故・石田長生プロデュースによる初の全国リリースアルバム
「はせがわかおりZERO」を発売し、活動の拠点を東京へ移す。
ソロ活動のかたわら、若いながらもオジサンがニヤつく選曲と絶妙なハーモニーを提供するカバーユニット「ヨモギ」(はせがわかおり×本夛マキ)も始動。
2015年11月、「うた〜以心伝音〜」を発売。

2017年からは大西ユカリ&ヨモギによる、笑いあり涙ありのパワフルなエンターティメントショーを目指した新たなユニット「ロックかしまし三人娘」として各地で行うライブが話題を呼ぶ。
2019年5月、三宅伸治プロデュースによる待望のセカンドアルバム「COLOR」を発売する。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:05 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |