CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2017 - 04  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




春爛漫「上野の御山」~「雪村-奇想の誕生-」~「茶の湯」展



春爛漫、観桜花見の名所としてしられる「上野の御山」

丁度、花見の真っ盛りに水を差す意地悪な春雨の中、東京藝術大学大学美術館で開催されている特別展「雪村-奇想の誕生-」を観にいってきました。

「雪村」晩年、三春在李田村(現郡山市西田町李田)に庵を構え「雪村庵」に住み最高傑作を次々と世に送り出した画僧と呼ばれる、雪村周継(せっそんしゅうけい)です。





その生涯は未だ謎に包まれていますが、常陸国(現在の茨城県常陸大宮市)で戦国武将佐竹氏の一族に長男として生まれた雪村でしたが、父が他の妻の子を跡取りとしたため幼いうちに出家し画業の道へと進みました。

水墨画の巨匠、雪舟に私淑し独自の水墨画を多く残しました。







今では、「西の雪舟」「東の雪村」と言われるほど、故郷である水戸佐竹氏や会津芦名氏、三春田村氏、東国各地を活躍の場としました。

後の世の絵師に深い影響を与えたその画法は、ひときわ革新的でありながら、人間味あふれる温かな水墨画を描き続けました。





晩年、三春を“終の棲家”として庵を構えますが、その創作意欲は衰えを知らず、しっかりとした技法と、逞しいほどの想像力を用いて傑作と呼ばれる画を次々と世に送り出します。






15年ぶりとなる特別展覧会とあっては、三春人としてどうしても見に行かねばなりません。





ポスターにも用いられている代表作「呂洞鬢図(りょどうひんず)」

龍を操る志那・宋代に実在したと云われる仙人の絵ですが、ユーもなすな顔をしている飛龍の頭にちょこんと乗った呂洞鬢が、天かける雲龍を見上げ、水瓶より小さな蒼龍を出して自在に操っています。

私も名前に龍が付いていますので、他人事は思えず、龍を巧みに操っているこの呂洞鬢が、女房殿に見えて仕方がありません・・・・



三春のポスターや地図も出口付近にありました。








そして、丁度この日は、東京国立博物館平成館で初日を迎える「茶の湯」展ありましたので、こちらにも臨場してみました。






まあ、歴史の教科書に出てくる、戦国武将織田信長や豊臣秀吉等々、そして公方足利義政、さらには当代きっての茶人千利休や古田織部等々の名だたる武将や茶人に愛され、時代を超えて人々の心をとらえてきた国宝や重文になる茶道具が一堂に会しています。




「はぁ~!」「憎らし~!」「へぇ~!」など、声にならない心の叫びが、ため息とともに自然と口から漏れ出しまいます。






戦国時代の域息遣いか聞こえてきそうです。






上野の御山は「うえのさくら祭」の真っ最中で、大勢の花見客でにぎわっていました・




不忍池弁財天も御賑わい!





夜桜~~




不忍池~~夜桜!




上野精養軒で宴席なんですが、外の花見宴会が気になって・・・・





華のお江戸のど真ん中、上野の御山で花見で~~す!




商売柄、花見の時は稼ぎ時なものでゆっくり桜の下で酒を酌み交わすという経験はありませんが、この上野の御山での花見客の多さには子供の頃に敬遠した三春のお城山の花見を思い出させていただきました。





上野公園で彰義隊の墓参を兼ねて花見です。





この墓碑は、放置されたままの上野戦争で戦死した彰義隊の遺体を三ノ輪円通寺の仏磨和尚と寛永寺の御用商人の三河屋幸三郎が戦死者供養の官許を受けて上野山で荼毘にふし、一部を円通寺に埋葬した。





政府軍による上野御山攻めの折、もっとも激戦が予想される黒門口が薩摩兵ということで、西郷南洲は、政府軍最高司令長官である大村益次郎に対し「薩摩兵を皆殺しになさる気ですか?」と問うと、大村は「はい、そうです」とにべもなく答えたという。

上野御山を攻めた西郷さんの銅像の後ろには彰義隊の墓です。






直江兼続が詠んだとされる「春雁似吾吾似雁 洛陽城裏背花帰」ではありませんが、三春帰還前は上野駅周辺で最後のの悪あがきをします。

これも、田村大元神社の長獅子が一年間眠りにつくのを嫌がって神社に上がるのをためらっている姿を幼き頃より見ていた三春城下新町に生まれた哀し性なのでしょう?

前日に鈴本演芸場で落語見物、池之端藪で蕎麦を・・・・・閉店していました・・・残念!

そして、帰りには上野藪蕎麦で一献と・・・上野じゃらくで・・・・






さあ、三春城下はこれからが花見の本番です!





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂






尚、約10万人が犠牲になったとされる昭和20年3月10日の東京大空襲。

この悲惨な体験を構成の残したいと落語家の初代・林家三平の妻で作家の海老名香葉子さんが建立された「時忘れじの碑」手を合わせてまいりました。


合掌

| ryuichi | 05:42 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::東京散歩 |
映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」 映画デビュー!



平成29年冬全国東宝系で公開予定の映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」

この映画は、「ALWAYS三丁目の夕日」などの作品で知られる西岸良平の漫画『鎌倉ものがたり』をもとにした作品です。


主演は、NHK大河「真田丸」の堺雅人さん、トト姉ちゃんの 高畑充希さんでお送りします。

人間だけでなく幽霊や、もののけが住む鎌倉や島根を舞台に、殺人事件の捜査を依頼されたミステリー作家の一色正和と、嫁いできたばかりの若い妻・亜紀子の活躍を描く映画となっています。

監督は「ALWAYS三丁目の夕日」、「海賊とよばれた男」などの山崎貴監督です。

スタッフも「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎組が再集結します。


尚、この作品には薬師丸ひろ子さん、堤真一さん、田中泯さん、國村隼さん、三浦友和さんなどが出演していることも発表されています。







「鎌倉ものがたり」の公式スタッフツイッターでも紹介されていますが、美術のスタッフさんから依頼があり、当三春昭進堂も少しだけお手伝いしています。


映画を見たら気をつけて見て下さいね!乞うご期待(^.^)




画像は鎌倉物語公式広報ツイッターより

三春名物「おたりまんじゅう」と旬菓「いちご大福」を差し入れさせていただきました。


さすが山崎組東宝映画広報スタッフさんです。

こんなに素敵なディスプレイで飾っていただきました。

ありがとうございます。


映画の公開が楽しみで仕方がありません!



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:28 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
早春の都内散策  2017 梅まつり
三春舞鶴会第9回総会の会場が、九段下にあるホテルグランドパレスでしたので、折角ですので、早春のプチ都内観光と洒落込んでみました。



まずは、大手町にある将門塚参詣。




実は、昭和天皇崩御の時に、詣でて以来でした。

前年の大晦日に、修業を終え昭進堂の初売りを終えてから少し休みを貰い海外旅行(フランスへ洋菓子視察)へ行く準備をしていた時期で、丁度東京で友人たちとあれこれ必要なものを買い出しに行っていたときに崩御に接し皇居に弔問記帳した時以来です。





やはり平将門公を祭神とする神田明神関連の将門塚です。

商売繁盛を祈願してきました。



平川御門



金色の玉ねぎが見えます



清水門




そして、靖国神社。

丁度この日は、東京マラソンの開催日で、警備の警官と大会スタッフ以外は、車も人もまばらな大手町を抜け、皇居お堀の淵を沿いをとおり、平川御門、北桔梗御門、清水御門、田安御門、九段坂へ向かいます。



日本陸軍の創設者長州藩大村益次郎像

標準語を導入した方でもあります。




また、この日は2月26日。

二二六事件の日です。

尚、二・二六事件で処刑された将校の皆さんは、靖国神社には祀られていません。






靖国神社参拝の跡は、遊就館見学。





零式戦闘機がお出迎えしてくれます。





三菱零式艦上戦闘機五二型(A6M5)。

やっぱカッコいいすねぇ!



そして、液冷彗星艦上爆撃機一二型。




この彗星艦爆は、40年位前でしょうか、南洋ヤップ島で派遣された機体で、テレビ番組とのタイアップで修復した機体で、平和のシンボルとして靖国神社に奉納されました。

修復で塗装やさんがお孫さんと一緒に色を塗っていました。

平和のありがたさ、尊さを感じられるシーンです。






頭上の白い機体は、世界初の特攻専用のロケット攻撃機「桜花」です。

1トン爆弾に木製の機体をくっつけ、燃焼時間わずか9秒弱の固形燃料ロケットを3つのグライダーです。

母機となり一式陸上攻撃機に吊り下げて敵艦隊の近くまで運び、目標に向かって滑空、敵戦闘機が現れたらロケットを噴射して逃げるという代物です。


展示場背面にはこの桜花の運用部隊、海軍711飛行隊長野中五郎少佐率いる「雷神部隊」 通称”野中一家”の功績が記載されていました。

当の実戦運用部隊長である野中少佐は、終始この桜花の運用には反対していました。

「こんな軽業みたいなもの兵器じゃねえ」と言って航空本部の担当者に食ってかかっていた伝わっています。

そして、実戦では桜花発射後、帰還命令の出ているはずの母機となる自分達の攻撃隊も敵艦隊に向かって突入しています。


未来や夢が一杯詰まったはずのロケット開発。

しかし、こんな特攻専用兵器ロケットを造った技術者は悲しかったに違いありませんね・・・






丁度機体の修復中でした。




ダイムラーベンツ社製のDB601エンジンを国産化した液冷式熱田21型エンジンも展示されています。





日本の戦闘機では珍しい液冷エンジンラジエーター



ラジエーター空気排出口、サメのエラみたいですよね。

彗星艦爆は、高速の爆撃機として期待されましたが、液冷エンジンの不調、そして搭乗員の技量不足でなかなか本来の活躍は出来ませんでしたが、大戦末期の海軍131航空隊芙蓉部隊に於いては、高度な整備技術と熟練のパイロットたちの技量で、体当たりの特攻ではなく、知恵を使った通常攻撃にて、米空母相手に果敢に攻撃を仕掛けていました。




機体の大きさを見ていただくために私も一緒に写しただけですよ。






旧帝国陸軍の戦車97式中戦車「チハ」や人間魚雷回転も展示されています。





総会終了後には、商売繁盛祈願の為に「神田明神」参拝です。




商売繁盛祈願!
朝の将門塚と合わせてダブル効果です!





そして、次男坊の大学合格祈願。




梅まつり真っ盛りの、湯島の天神様です。




前期試験の日程ですので、沢山の参拝者でにぎわっていました。

これで合格間違いなし!




天神様境内女坂付近にある人間国宝 一龍齋貞水師匠建立の「講談高座発祥碑」 貞水師匠のご自宅の真上にあります。





直会は、上野アメ横界隈です。




上野の定番「大統領」は、ガード下工事の為に休業中で、今年の秋に再オープン予定!



〆には、帰りの定番「上野藪蕎麦」

一足早く”早春”を満喫した、有意義な東京出張でした。




帰りの新幹線にあるトランベール2月号です。

末尾広告ページにあった野村証券の広告ポスターですが、昨年秋鶴の湯温泉でご一緒したフォトグラファの興村氏に写真です。

知人の仕事ぶりを見て、明日からの活力も倍増です。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 05:25 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
親父の逆襲 第14弾 Rock 'n roll! 2017



まっ赤なドレスで どこ行くの~

おどりに行こう よ Rockin Roll ~♪

オレの自慢の 車を とばして~

おどりに行こうよ yeah yeah yeah~~♫




じゃーん!

ファンキーなパーティーに行ってきました。



「親父の逆襲 第14弾 Rock 'n roll! 2017」 〜ベルヴィ郡山館





郡山に、親父バンドが大集結!
4時間に及ぶ”親父の逆襲”です。




そして、大トリは・・・「COOLS」でーす。

ドラムス・佐藤秀光

リードギター・ジェームス藤木

ボーカル・村山一海


いや~皆さん元気です!

正に、親父の逆襲・・・・♪


COOLSは、同世代(50過ぎ)のヤンチャなロック小僧達のご用達ロックンロールバンドで、矢沢永吉さんが所属していたキャロルの元親衛隊で、メンバーには舘ひろしさん、岩城滉一さん、そしてクレィジーケンバンドの横山剣さんがいたことで有名ですね。


映画「スタンドバイミー」ではありませんが、粋がっていたガキの頃を洒落に出来る年齢になってきたと云うことなんでしょうか…ね




まだまだ親父たちも元気ですよ!

三春城下北町の料理屋「山惣」の親方からお誘いを受け、ポリシス代表山口氏を伴っての参戦です。

浅草生まれの親方は、ジェームス藤木さんとは飲み友達!




久々のロックンロールです。

気合を入れて参戦しないと・・・

え、ロックンロール踊れんのって?

聞かないでください、今はメタボです・・・・

そして、翌日は筋肉痛で~す





小さいジョニーもロックンロール!

後輩がいたり、知り合いの社長連中がたり、川崎神輿連がいたり・・・・とにかく大盛り上がりでした。

いや~楽しい!!!


あれあれ~その同伴のポニーテールの女性は・・・・?







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:20 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
「縄」 母は夜なべになわを綯った わたしも真似して綯ったら 母は笑ってほめてくれた



先日、会津に行く用事があったものですから、次男坊の大学受験、そして商売繁盛、家内安全などを祈願のために、柳津虚空蔵尊まで、正月詣でに行ってきました。

本当は、七日の裸参りにも行きた(参加)かったんですが、正月明けの連休初日とあって仕事の関係と、あと10日で53歳を迎える弛みきった体では、無理と判断して今回も見送りました。






この日は、暖冬のせいなんでしょうか?

冬・正月明けの会津柳津にしては雪が全くありません。

また、この日はとても暖かくコートなしで参詣することが出来ました。

最も、旅館に一足先に入ってひとっ風呂浴びて一献!

ほろ酔い気分での、不謹慎な参詣です・・・





その日は、定休日でしたので、三島・早戸にある「鶴の湯」まで足を延ばし、ゆっくりと湯浴みと洒落込んでみました。

二階にある休憩所への階段に、「縄」と書かれた素敵な書が飾ってあってありました。




縄 

母は夜なべになわを綯った

わたしも真似して綯ったら

母は笑ってほめてくれた


なんだかほっこりして、得した気分になりました。





とても暖かい正月明けの三島早戸でした。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:48 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::男の隠れ家 |
ものまねタレント「ノブ&フッキー」Xmasディナーショー! inベルヴィ郡山館



ものまねタレント「ノブ&フッキー」Xmasディナーショー!
inベルヴィ郡山館

じゃーん!図景にあるベルヴィ郡山館「ノブ&フッキー」のものまねXmasディナーショーにいってきました。

当店の女将が、ものまねが大好きなもので、夫婦で観てきました。




何せ、新婚旅行でハワイに行った時も“モノマネパブ”に行ってプレスリーやマリリンモンロー、そしてマドンナのモノマネを最前列で観た位ですので・・・・

おまけに、プレスリーのそっくりさんからロングスカーフを貰ったのが一番の思い出になったくらいですから。


ディナーショーなので、スパークリング・ワインを頂きながら、ベルヴィ郡山自慢のシェフが作るスペシャルディナー料理に舌鼓!
満たされた時間です。


偶然にも同席頂いた、二本松の三浦手延べうどん店様、そして会津藩別格家老の海老名氏の子孫である奥様、貴重なお話ありがとうございました。

お陰様で、このディナーが2倍3倍にも楽しく有意義な時間となりました。

本当に、楽しい時間をありがとうございました。





尚、会津藩家老海老名家を最近調べていたもので、あまりの御縁に驚きました。


白河城下の龍興寺山内には、戦死塚と刻まれた同盟軍を埋葬した墓と、会津藩軍事奉行であった「海老名衛門季久慰霊碑」があります。
海老名衛門は、敗戦の責任をとりこの地で自刃したと伝えられている会津藩軍事奉行です。

嘉永4年、房総半島の警備を命じられた会津藩の軍事奉行として出動。
その後品川砲台(金杉陣屋)、蝦夷地警備でも軍事奉行として活躍します。

海老名衛門は、会津藩では公事美行・郡奉行・軍事奉行・大目付などを歴任して家督を息子である季昌に譲り隠居していましたが、慶応四年の戊辰戦争に際して軍事奉行に復帰し、白河に赴きます。

最も激戦だった慶応四年五月朔日の戊辰戦争白河口の戦いにおいて、稲荷山周辺に布陣していた奥羽越列藩同盟軍が、新政府軍の攻撃に圧倒されて敗走、この責を負い切腹します。
享年五十二歳
 
この「海老名衛門君碑銘」は明治十七年に長男季昌が建て、文章は会津藩士で当時東京大学教授を務めていた南摩綱紀が作ったものである
現地案内板参照


長男季昌は、「禁門ノ変」においては、藩主松平容保の京都守護職就任に伴い、は幕末の京へ赴きます。

後に、パリ万国博覧会に使節団として派遣される徳川昭武の随員として抜擢され、横山常守と行を共にします。
しかし大政奉還が行われるなど会津藩に危機が迫り、11月28日(11月3日)に帰国。

戊辰戦争と会津戦争では、鳥羽・伏見の戦いに参戦し負傷。
会津に帰還後各地を転戦しますが、会津若松城籠城戦では、北出丸の責任者となり、この間家老へ就任している。
海老名は藩主父子の助命嘆願書に他の家老、若年寄とともに連署しています。


会津藩降服後は、一時東京で幽閉され、赦免されたのは1872年(明治5年)のこと。
斗南へ赴いたが短期間で会津へ戻ります。
1875年(明治8年)警視庁警部補となり、1878年(明治11年)山形県西村山郡郡長、そして、自由民権運動福島事件では、民権運動の取締りを行っています。

後に、信夫郡、北会津郡、石川郡、東白川郡の各郡長を務め、警察官としては警部、警視属し、後に初代若松町長となり、市制移行に尽力。






季昌の妻は、会津藩士日向新介の娘海老名リンです。
リンは会津地方の女子教育及び幼児教育の功労者で、会津女学校、若松幼稚園を設立します。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:49 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
徳一廟参詣 冬の東山温泉 卯之家ソースカツどん



先日、この冬2回目の会津東山温泉での会合があり先週に引き続き会津へ向かいました。

この日は当店が定休日でしたので、少し早く出発して、平安期の高僧徳一大師を祀った磐梯町にある慧日寺の徳一廟をお参りしてみました。




徳一廟は、夏から秋にはスズメバチがいたりしてなかなかお参りが難しいところです。


近年復元された慧日寺は、平安のはじめ大同元年(806年)、法相宗の高僧徳一大師が開いたとされています。




徳一廟の石塔ですが、修復の跡が見えますか?

当時の薬師如来信仰によって、この石塔の石を削って、薬として飲んでいたと考えらてています


以後、慧日寺は佛都会津の本格的な学問寺として発展し、一時は寺僧300、僧兵6000を数え、堂塔伽藍100などの広大な 伽藍を持ちっていたと伝わっています。

当時は、会津地方はもちろん、東国一円まで影響を与えるほどでした。





現在は、復元された金堂と山門の他、山内には、仁王門や山門、薬師堂、徳一廟などが点々と残っています。

尚、慧日寺は冬季間は閉鎖されていますので外観だけの参拝となります。




この時期の会津にしては、めずらしく暖かい日でしたので、丁度本日の会場が千代瀧さんでしたので、新瀧との外湯めぐりのついでに、久びりに東山温泉の散策してみました。




やっぱり温泉にいったら温泉街の散策(徘徊?)ですよね?

普段は、時間がなくて温泉街の散策などできませんでしたが、この日は定休日でしたので早めに行ったという次第です。





宴会前でしたが、東山温泉名物ソースカツどんの「卯之家」で一休みです。


偶然にも、ご一緒させていただいた東山芸者組合の姐さん方(現役ですよ)と、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

”小原庄助さん、なんで身上潰した~!
朝寝、朝酒、朝湯が大好きで、それで身上卯・・・”

やはり、温泉街で生で聞く三弦(三味線)の伴奏による民謡は粋ですね!

ありがとうございました。

新春放映のテレビ見てくださいね!




ソースカツどんをいただいてしまいました。

おっと、これから宴会なのに・・・




尚、湯巡りをさせていただいた新瀧さんには、竹久夢二のギャラリーがあります。




夢二の絵が掛け軸となって展示してあります。




また、会津らしく最後の藩主松平容保公の書も展示してありました。




何故か東山温泉には毎年冬に来ているような気がします。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:41 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::男の隠れ家 |