CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2018 - 06  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




奥会津三島「早戸温泉つるの湯」




奥会津三島「早戸温泉つるの湯」川霧の見える露天風呂



休日に、奥会津の三島町にある早戸温泉「つるの湯」に、川霧を見に行ってきました。

新緑が映える雄大な奥会津の山々を借景にして、只見川宮下ダム流域にの鶴の湯の露天風呂から見る川霧は、大自然が織りなす幻想的な風景を作り上げ、神秘性を帯びた”新緑の翠の山水画”の世界そのものです。







川面に新緑の山々が霞む幽玄の世界へ誘ってくれます。

ここの川霧のすごいのは、生き物のような霧が、只見川と奥会津の山々を埋め尽くすさまを露天風呂に入りながら堪能できるというところです。






奥会津三島宿、早戸温泉の「つるの湯」「竹ノ屋」は、戊辰の役・北越戦争で傷ついた長岡藩士が、会津若松へ避難の途中に湯治で傷を癒したとされる名湯です。

今でも県内や川下の新潟は勿論、各地から手術後に湯治に来られる方が多数見受けられます。

地元の方々は、マムシに噛まれた時や、スズメバチに刺された時にも抜群の威力を発揮する名湯だと自慢していました。

私も、紫外線アレルギーによる湿疹が、この温泉にひとっ風呂浴びると嘘のように消えてしまいます。






30年位前までは、老夫婦が細々と経営していましたが、老齢のため一時閉館しました。

しかし、地元や湯治客の熱い要望で、行政が地域と第三セクターを立ち上げ、日帰りの建物を新築整備して再オープンしました。






ふたを開ければ、多分第三セクターの施設では全国でも一二番の集客力を誇る温泉施設に生まれ変わりました。

この温泉の魅力は、効能もさることながらそのロケーションにあると思います。

只見川沿線に数ある水力発電用のダムが造り上げた、大きな川の雄大な風景。



川霧は、季節の変わり目にかけて多く発生しますが、四季を通じて天候不順の時に見えるように感じます。

輝く新緑、幻想的な白霧、錦秋に燃えたつ渓谷、そして厳冬の鮮烈な雪景色……

深山幽谷の感動的な四季のうつろいを情緒あふれる雄大な景色が湯船から楽しめます。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:01 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
贅沢な休日~奥土湯の幕川温泉「水戸屋」




好きな温泉と云えば、奥土湯の幕川温泉「水戸屋」が挙げられます。
休日にたびたび訪れる温泉です。

奥土湯のその奥にある、大自然の絶景を生かした静かな ロケーションに包まれる秘湯。
五感をフルに働かせて森林の香りに触れ、清らかな小川のせせらぎ、爽やかな小鳥のさえずり、木々とたわむれながら吹き抜ける 風・・・・

マイナスイオンを明一杯浴びながら、温泉浴と森林浴が一緒に楽しめます。

所謂「1/fのゆらぎ」なのでしょう。

心地よい音がリラックス 効果をもたらしてくれます。

ありとあらゆる癒しのためのツールがそろっています。

市井の雑多、人事の騒がしさや、喧騒を離れて閑かな優しい時間が流れます。

正に、贅沢な休日です。

こんなに心からのんびりできて、癒しの時間を過ごせるのは、気さくなスタッフの方々のお蔭でもあります。

心より御礼申し上げます。



私にとってここは、冬季休業で再開が五月の連休と云うことですので、例年、当三春昭進堂の春季繁忙期が終わるゴールデンウィーク連休明けの休みにおじゃますのが何よりの楽しみになっています。



露天風呂”初夏の装い”

水戸屋さんはなんといっても、この露天風呂が最高です。

本来、露天風呂が好きなんですが、紫外線に弱い私には、この白濁した硫黄泉の屋根つきの露天風呂が最高に気に入っています。

また、安達太良山系土湯のそのまた奥にあるので、俗世間から隔離されたという表現がぴったりな山の頂にある温泉です。
季節の感覚が少しずれるほどの高所にありますので、”天空に浮かぶ温泉””雲海の温泉”と云っても過言ではありません。
さらには、携帯電話が通じないのが、癒し効果を高めてくれます。

なるべく人の入っていない時間帯(昼時)を狙っていくようにしています。
意図が叶って貸切状態の時はもう最高で、この世のものとは思えない贅沢な時間が流れます。

・・・・・そうなんです。
ここは混浴なんです。

ふだんは、女性と云ってもおばあさんの団体さんと一緒になることがあります。
是は是で、会話も弾み楽しく入浴できますが・・・・

稀に、まで賞味期限があるだろう方と思われる方とご一緒することがありますが、なんか気まずい雰囲気にもなりますので、なるべく昼時を目指します。




露天風呂”春の装い”


樹齢800年という 直径が3mはありそうなヒノキを輪切りにして2つつなげた、ひょうたん形の浴槽。


源泉が、コンコンと注がれる青白く濁ったお湯は、硫黄の匂いが強めで、本来は41℃くらいなんですが、季節や天候によって温度や白濁度が変わるみたいです。


”活〆”ならぬ生きている温泉です。


お湯はやわらかくて、優しい肌触りです。





露天風呂”秋の装い”



春は新緑、秋は紅葉の原始林と、季節によって移り変わる色彩豊かな目の前の山を見ながら景色を楽しみながらの入浴は気分爽快で、ゆったりと湯浴みを楽しめます。




初秋の露天風呂です。
どーですかこの絶景を独り占めできるなんて、最高の贅沢です。



5月の連休明けでは、まだこの辺りは冬の匂いがしていますが、さすがにこの時期は新緑が目にまぶしく、いつぞえかご一緒したお客さんから「目に映るものすべて山菜だからたべれんだぁ~」と聞かされた目の前の山菜の宝庫が、初夏の日差しに輝いていました。

忙しい日常生活の中でも、自然にふれる時間を持ちたい ものですね。
せっかくの偉大な自然なチカラを借りないなんて、もったいないと思いませ んか?





これから、12月初旬のクローズまで時折お邪魔します。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 12:43 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::男の隠れ家 |
奥会津金山・八町温泉「亀の湯」 2018.5





所要があり会津に出向きましたので、時間を見つけて奥会津金山にある八町温泉「亀の湯」に行ってきました。

ここ八町温泉には、年に数回奥会津出張の折に時間を見つけては湯浴みをしてまいります。







昨年の秋でしょうか全国版のニュースにもなりましたが、目の前の川でユンボーが流されたという事案がありました。



そして今度は大きな岩が滑落し、その補修工事の真っ最中でした。





ここ八町温泉「亀の湯」は、川の反対側からの源泉に加え、すぐ横を地下掘削して噴出した厳選の日本を引いています。





炭酸泉が強い温泉でよく温まると評判の温泉です。






今回の改修で湯口に大きな木だったんでしょうその根っこかコブの”亀”が登場しました。





ご近所の方々で構成される八町温泉管理組合の方々のお陰で素敵な温泉に入れます。


料金箱に協力金200円以上とありますが、500円入れてきます。


500円でも安すぎる素敵な温泉です。






前に比べて少しぬるくなったように感じますが、おかげでゆっくり入ることができます。

今年も数回お世話になると思います。



よろしくお願いいたします。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂  菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:13 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
潮騒をバックに一献! 松島




先日、ある団体の研修があり、私は宴会だけの参加させていただきました。
花見が一段落し、端午の節句迄は・・・というわけにはいきません。






毎日柏餅や花見だんごの予約はありますし、その日は塵壺5月号の発行前夜です。

義理と褌は何とやらです。






なんとか時間をやりくりして、午後3時松島着、そして、翌朝4時出発の三春帰還という強行軍での参加でした。


今は高速道路が発達して松島までは約2時間の行程でした。

現在、瑞巌寺や五大堂の前の歩道、そして、観光桟橋一帯は護岸と歩道拡張の為に工事の真っ最中でした。

そして、瑞巌寺参道も松林がすっかりなくなって新しい参道の工事中です。







少し早い到着ですので、芽子姫誕生450年に沸く三春住のものです。

瑞巌寺、そして円通院を拝観させていただきました。







松島には何度か行ったことがありますが、いつ行っても癒されます。

そして、観光施設、売店等昭和時代のままで時が止まっているような感じで落ち着きます。







海を見ながら「浦霞」で一献!


実は、潮騒を聴きながらのこの一献の為に、数日前より時間を工面していたのかもしれません・・・

ゆったりとした時間が過ぎていて、景色を見ながら、のんびり過ごしました。


寒くないかい 素足では 〜〜🎵
貝殻耳に当てたままで 〜〜♩
.ン?...山達ゥ〜〜❣️









正に、「松島や ああ松島や 松島や」~

もっとも、芭蕉作と思っていましたが、実際は、江戸時代後期に相模国(神奈川県)の狂歌師・田原坊が作ったものと聞き及びました。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:03 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
越後一宮 弥彦神社 初詣 2018




成人の日の夕刻、次男坊を新潟まで送っていくことになりました。


折角ですので、越後一宮である弥彦神社まで初詣して、商売繁盛祈願をしてまいりました。







献燈明が整然と並ぶさまは圧巻です。


私はどうも新潟に来るととても心が休まるような気がします。

実は、私の母方である本宮町太郎丸の小山家は、新潟出身なんです。

母の実家は、本宮町太郎丸観音様前の小山菓子店です。

この小山家は、明治の頃に新潟蒲原郡寺尾(現新潟市西区寺尾)の商家の末弟だった曾祖父が丁稚奉公に出されたのが本宮宿仁井田でした。

才覚があったんでしょう。
奉公先の家付き娘と所帯を持ち今の太郎丸にあった二軒長屋(観音様前の現小山菓子店)で商いを始めます。

どこかDNAレベルで望郷感が出てくるのかもしれません・・・






正月も明けた9日、しかも強風注意報の中でしたが、沢山の参拝者でにぎわっていました。







実は温泉宿の宿泊しての初もうで・・・







ご利益が倍増しそうです!







実は、次男坊は高速バスに予約が取れなくて・・・・・と云うことで送っていう羽目になったんですが、お陰で有意義な体験をさせていただきました。







春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:24 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
温泉宿の忘年会~2017




会津東山温泉

やはり、忘年会は温泉が一番ですよね。

レストランや居酒屋などで開くことも増えてきたと聞きますが、温泉に入って浴衣に着替えて、和室の畳の上でお膳を並べ、お酒を酌み交わす・・・・





この温泉旅館の宴会の雰囲気が「今年もお世話になりました。そしてお疲れさまでした。」と実感できる日本情緒を感じられるこの時間がいいですいよね?
そのに芸子さんが入り三味線でもあれば場が華やかになりますよ・・・





帰りの運転の心配もいらない一泊の忘年会。

次の日が仕事でも、早めの朝食をしっかり食べれば、頑張れます。

朝食の時の「おはようございます。昨夜はどうも・・・」という、ちょっと照れくさい挨拶・・・いいですよね?








三春城下での忘年会は、馬場の湯温泉の「若松屋旅館」さんや「三ツ美屋旅館」には、何回かお世話になります。

歩いて帰れる距離なので日帰りになりますが、温泉に入って和室の畳での宴会という温泉旅館での雰囲気は十分に味わえます。

冬の寒いときに嬉しい温泉の効能を含めて
どしどし温泉で忘年会を開催されたらいいなぁ毎年切に願っています。






締めは、「ヨーオ ヨヨイ ヨヨイ ヨヨイヨイ!」ときます。


演歌「関東一本〆」から例の一回手拍子のポンというのが主流となってしまいましたが、どうもしっくりきません。

やはり一本〆は~江戸前一本手〆っスよね〜。





三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:27 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
奥会津番晩秋の温泉紀行 2017.11



冬将軍等到来の前に奥会津へ温泉紀行と洒落込んでみました。


毎年、若松市内での忘年会があるんです。

しかし、今回は日程が合わずにとんぼ返りする羽目になってしまったので・・・その前にと思いまして、休日を利用して湯浴みです。






まずは、三島町の「鶴の湯」です。


戊辰戦争の折に、北越で敗退した越後長岡藩士の戦傷を癒したと伝えられる名湯です。



第三セクターでの営業ですが、連日沢山の利用者数で、世には珍しい黒字経営の第三セクです。


現在宿泊棟を新築中です!






こちらは会津金山八町にある町営温泉”せせらぎ荘”です。


数年前にリニューアルして綺麗になりました。






自噴する”炭酸泉”の温度が約39度あり、炭酸泉でのこの温度は全国でも珍しいという温泉です。


今月の東北新幹線備え付けの情報誌「トランベール」取り上げられていますが、来年は戊辰戦争150年という節目もあってか奥会津での会津藩の戦いが掲載されています。


その効果もあってか全国のテレビ局の取材からの取材申し込みが多いとのことでした。


もちろんかけ流し・・・贅沢な時間を過ごさせてもらっています。






食事もできる日帰り温泉です。







そして、こちらがお目当ての八町共同浴場です。

地域の方々が共同で管理しています。





無人の混浴共同浴場で、一人200円以上料金箱に入れて入湯します。







現在(平成29年11月23日)から、年末まで循環ポンプの交換作業をしていますが、お風呂自体は無休で入れます。






なんともいい雰囲気の共同浴場です。



奥会津とは、主に柳津、三島、金山、昭和、南郷、桧枝岐、舘岩、伊南、そして、只見をさしますが、各町村に必ず温泉が湧いています。

温泉旅館だったり、民宿だったり、地域の共同浴場だったり、そして季節によって現れる野湯・・・

そして、泉質も強塩泉、炭酸泉、ナトリウム塩化物泉などなど多種多様です。



田村地区にもほしい温泉資源です。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 05:15 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |