CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<  2019 - 02  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




松島・愛姫、五郎八姫墓参紀行



新年会出席のため、松島海岸まで出張してまいりました。


丁度、定休日前日と重なっていました。

もちろん、早めに松島入りして定宿である「絶景の館」さんに車と荷物を置いて、松島散策。

政宗を祀る瑞巌寺、愛姫の眠る陽徳院、五郎八姫墓所天隣院参詣です。






修復の終えた松島海岸にある五大堂付近はきれいに整備さて例ます。







瑞巌寺も、1月の平日とあってゆったりしています。








瑞巌寺の掲示板に「祥風 今年一年 清らかな風を 起こしましょう」とありました。


今年のテーマが決まりました。







宝物殿では、「達磨展 一華五葉を開く」が開催されていました。


この宝物殿には、三春町歴史民俗資料館で先春に開催されていた『陽徳院 愛姫』~439年ぶりに愛姫が帰ってきます~ の時に展示されていた陽徳院木像、そして「伝 田村殿愛用赤楽茶碗」が展示されています。





天正7年(1579)、三春城主田村清顕の娘愛姫は、12歳の時に三春田村家の存亡をかけて、米沢城主(当時)伊達輝宗の嫡男、後の仙台藩祖・伊達政宗の元へ嫁ぎました。

伊達家当主となった政宗は破竹の勢いで南奥羽を制覇しますが、時はすでに織田~豊臣と移り変わり、同18年(1590)、小田原の合戦後に豊臣秀吉の軍門に下り、奥羽仕置・田村仕置にて田村家は改易されます。





寛永13年(1636)に政宗が亡くなると、菩提を弔うため出家し、法名陽徳院として仏門に入り、承応2年(1653)に江戸で86歳で生涯を終えました。







こちらは、愛姫の娘で、西館殿とも呼ばれた五郎八姫(いろはひめ)・法名天麟院(てんりんいん) が眠る天麟院内の定照殿(じょうしょうでん)(御霊屋)
五郎八姫の御霊屋


天麟院は、伊達政宗の正室・愛姫(めごひめ)との間に生まれた娘・五郎八姫(いろはひめ)の菩提寺です。

瑞巌寺の並びにあります。

陽徳院、円通院と並んで松島の三霊廟に数えられています。


五郎八姫は、徳川家康の六男、松平忠輝の正室でした。

忠輝とは仲睦まじかったが子供は生まれなかったと言われています。

そして1616年、忠輝が改易されると離縁され、父の政宗のもとに戻り、以後は仙台で暮らします。

このとき、仙台城本丸西館に住んだことから、西館殿とも呼ばれていました。









本堂、境内は小さいですが横の参道から山に登ると霊廟の”定照”や樹齢300年以上の”はりもみ”の巨木や伊達一族供養塔がある”天燐院洞窟群”などがあります。








松平忠輝は、徳川家康の六男で越後高田六十万石の城主。

大阪夏の陣直後の元和元年(1605)、家康から勘当を申し渡されます。

翌年、幕府から高田藩も改易され、正室である五郎八姫(伊達政宗の長女)とも離別、飛騨高山から諏訪に流されます。

天和三年(1683)、諏訪大社のある諏訪にて九十三歳の生涯をここで閉じ、諏訪にある貞松院に葬られます。

尚、改易の理由は乱暴な振舞とも、大久保長安等と組んで天下取りを企てたとも伝えられています。









さて、瑞巌寺、陽徳院、天隣院を廻っていたらお腹がすいているのに気づきました。

お昼がまだだったんですね~。

新年会までは時間があります。






ここいらで朝自習といきますが・・・・


五大堂の袂にある「げんぞう」さんにて松島冬の味覚「牡蠣フライ」







そして、船乗り御用達・海の駅「松島玉手箱」にて、「焼き牡蠣」、そして「焼き蛤」








最高です!








夕暮れの松島湾で一献!といいたいところですが、厳冬の1月です。

そこは無理がりました。







宿に入って、絶景の松島湾を拝見!






夕暮れの松島







そして、日の出の松島







これが見たくて、ここ「絶景の館」を定宿にしているのかもしれません。







翌朝は、塩釜に用事がありましたので、塩釜神社まで足を延ばして新年参り。






なんと、境内の早咲きの四季桜が咲いていました。







この日は、スーツから普段着の作務衣に着替えて塩釜神社を散策していましたら観光で来日中の外国の方から声をかけられました。



作務衣という格好でいるせいでしょうか、観光地では必ず体験する光景です。



トイレはどこですか?


次の見どころは?・・・・


今回も「近くのパワースポットはどこですか?」というものでした。


昨夜の宴会でも、「宮城に着たら金運上昇、商売繁盛、財力向上を祈願して竹駒稲荷(現竹駒神社)と金蛇水神社に参拝して帰りなさい」と教わったので、そのことを教えてみました。








私も、帰り道ということもあり「竹駒神社」参拝に行ってみました。







ここでも、桜が咲いていました。







小野篁が創設という竹駒神社です。


初めての参拝となります。


竹駒神社は、京都府の伏見稲荷・茨城県の笠間稲荷と並び日本三稲荷の一つに数えられています。

大鳥居をくぐり石畳の参道を進むと江戸時代に建てられて随身門、それに続いて向唐門があり奥に本殿・拝殿があります。


向唐門に向って右には「竹駒の神のみやしろ もうできてほころびひそめし初桜みる」と彫られた土居晩翠の歌碑があります。









そして、幼き頃より身近なところで「竹駒講中」という名称を聞いていたのでなじみはあったんですが、訪れたことはありませんでした。







竹駒の駒・・・・・・・竹駒神社にある馬事資料館



これは三春駒に関する竹駒講中があってもおかしくはありませんね?


三春家畜セリ市場の目の前で商いをしていた祖父も「竹駒講中」として行っていたわけですね。



私も、改めて商売繁盛祈願と御礼をしてまいりました。






竹駒神社といえば真照時の法会で世話になっている須賀川白山寺住職松木和尚のご実家が、竹駒神社にほど近い真言宗寶窟山竹駒寺です。







これは参詣しなくては・・・

江戸時代までは竹駒神社の別当寺でした。

明治2年(1869年)の神仏分離政策で、竹駒神社に隣接する位置から現在の場所に移っています。









大きな会館も備えた大きなお寺さんです。








竹駒稲荷神社に参拝の折には、竹駒寺もお参りしたいものです。







そして、金蛇水神社



竹駒神社から車で5分くらいのところにあります。







商売繁盛、金運アップを祈願する方々でにぎわっていました。







金蛇水神社の社殿手前にある、金蛇水弁天様があります。

参拝のお客さんにこちらもお参りしないとご利益がないよ!と教えていただきました。


弁財天堂の横には、自然木のうろの中に白蛇がいるような切株が奉納されています。


この白蛇のご神木からは、開運幸福、金運上昇、商売繁盛のご利益を授かると言われています。

特に最近は金運のご利益で有名なようで、境内の脇にある蛇を彫った石に自分の財布を撫で付けて金運を祈る人もいました。



これで金運アップまちがいなしです!




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:19 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
温泉宿で湯浴み~正月休み 竹久夢二考「盆踊り」




平成31年 正月商戦を終えて当三春昭進堂も正月休みを連休をいただき、年末から正月にかけての稼ぎ時を働きづめだった当女将の意向「温泉に行って温泉で温まって宿でゆっくりしたい~」に沿いご要望をかなえるべく義母を伴って会津東山温泉に行ってまいりました。






時節ですので、一宮伊佐須美神社に初詣~ 商売繁盛を祈願!



さすがに正月明けです。

道すがらの商店や食事処でも定休日の看板が目立ちました。







お昼は、会津高田名物「生江食堂のエビワンタンラーメン・デラックス」~ さすがに混んでいました!







東山温泉は新瀧旅館にお世話になりました。


降雪の為に観光もそこそこに、午後1時過ぎには新瀧さんの到着、スタッフさんの好意でラウンジで時間までくつろがさせていただきました。






コーヒーや紅茶、そして私は焼酎をいただきながら本を読んだり、館内にある竹久夢二ギャラリーや売店を眺めたりと思い思いに過ごさせていただきました。







大正ロマンの画家竹久夢二といえば、三春盆踊りを題材とした代表作に「盆おどり」(大正10年)があります。

その絵にまつわるエピソードを思い出していました。

大正10年8月27日、竹久夢二は奥州磐城国三春城下に逗留していました。

当時、東京の川端画学校に通う半五郎少年、後の画家及び美術通信教育などで活躍した磐前半五路(半五郎は本名)。

丁度、夏休みで三春に帰省していた。

絵画が好きの母親から、「川北旅館に竹久夢二という有名な絵描きさんが来てるよ」と教えられた半五郎は、早速、自分の描いた絵を持って夢二の逗留する宿を訪ねた。

一時間ほど隣室で待たされたものの、長髪にナイトキャップをかぶった夢二は半五郎を画室にしていた旅館の一室に招き入れてくれた。

ぼそぼそと話す夢二。

少年の絵については何も語らなかった。

半五郎は、長居は失礼と思い立ち上がった。

すると夢二は「三春の盆踊りができたら教えてくれ給え」声をかけた。







夢二の突飛な要望に驚いたものの、夢二の前で半五郎は三春盆踊りを踊った。

微笑しながら夢二はその姿をスケッチしたという。

その夜、三春城下北町の北野神社で開催された三春盆踊りに夢には出かけます。


その三春盆踊りの輪の中に、芸者から借りた着物、編笠、青手甲腰巻、白足袋をつけ、おしろいまで塗っ て踊りまくる夢二の姿があった。

半五郎少年と川北旅館の番頭 ·白石作蔵、そして三、四人の芸者が同行した。









踊の夜 おとした髯が生えそめて 三春の山に


『随筆、はだかの採点』より「夢二と盆踊り」磐前半五路著、及び『夢二と福島』玄葉与光著参照






東山の温泉には、正月明けで割とすいていたので、女将や義母も温泉にゆっくりとつかり、美味しい食事を食べて大満足な様子です。







これで良い婿さんの仕事は完了です。



目出度しめでたし~



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:30 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
柳津虚空蔵尊“七日堂詣り” 2019 「裸で生まれて来たに何不足」





正月も三ヶ日を過ぎると、三春昭進堂も正月休みを連休で頂きます。


そうしますと、柳津虚空蔵尊で開催される“七日堂詣り”が気になりはじめます。




ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!






男の禊なのか?


恐いもの見たさなのか?

激辛料理って癖になりますよね?


とにかく本当に辛いんですが、癖になる苦行 ・・・・ です。









この裸参りは、只見川の龍神様が玉を取り返し返しに来るのを村人が阻止したと由来されていますので、たつ年に、辰年生まれで、龍の一字を名前に戴くわたくしがこの奇祭に参加するのは如何なものかと思っていました。


しかし、これも何かのご縁なのでしょう。


友人からの強いお誘いや、従業員からの強い勧めもあって今年も通算三回目となる七日堂“裸詣り”に参戦して厄を払いをしてきました。


今年は、友人二人を従えて息子とその友達のエスコ―トでいざ出陣です!









お誘いが来たのが前日で、出発時間ぎりぎりまで断る理由を考えていましたが、断る理由が見当たらない~



集合場所の柳津月見が丘町民センターには、西会津出身で隣組の平野君も気合を入れてスタンバっていました。


柳津の虚空蔵さまと呼ばれる霊岩山福満虚空蔵尊圓蔵寺山内の菊光堂は、男衆の熱気で溢れ、僧侶の読経の中、ただひたすら男衆が鰐口に挑んでいきます。

問答無用とはこのことなのでしょう。

寒いもヘッタくれもありません。
 
無我夢中の男だらけの裸詣りです。







ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!



名前も肩書きも一切関係なし。身に着けているものは下帯のみです。


いうなれば、生まれたままの姿で、無心になりひたすら鰐口を目指します。


正に、「裸で生まれて来たに何不足」という禅語をそのまま地で行くような感じです。








多少、大げさに言えば生死を覚悟するような意気込みで挑んだ修練後の”生まれ変わった”という感覚といってもいいのではないでしょうか・・・・

まさに人間生まれて来た時はみんな裸。


厳冬の会津柳津の虚空蔵尊での裸詣りです。


下帯があるだけでも上等、そのに一枚の着物や温泉があれば、もうそれはそれはありがたい・・・

暑い・寒い、好き・嫌い・・・等々 不足を言わず、今を見つめ仏さまに生かされていることのありがたさを、言葉ではなく身をもって体験してきます。







ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!



私などは、毎回自分のポジションを決めていまして、七日堂参りの会場となる柳津円蔵寺菊花堂 本堂内陣正面向かって右手の柱の下に陣取っています。


盛り上がっている会場を一望できる絶好の位置です。



すると、見たことのあるような方が必死に鰐口を目指しています。


何と、三春in-kyoの主ちえさんのご主人であり、BANKS.house 代表取締役の長谷川さんとばったり遭遇です!


様々な場面でご一緒するする事がある長谷川さん。

まさか厳冬の柳津七日堂参りに臨場して会うなんて何という偶然、奇遇・・・とにかく不思議なご縁です。




非日常的な一時間は、あっという間に過ぎお開きとなります。
 


帰りには、参加の証となる厄除けの“牛王ノ矢”、そして観光協会の「参加者特典福引き」でお酒をもらって、下帯一本のまま宿まで駆け足で帰還。









町民センターの虚空蔵尊山内より湧き出る柳津温泉に飛び込みました。

この柳津温泉のありがたさはの為に裸参りに参戦しているといってもかごんではありません。



一生忘れることが出来ない温泉です!
 

凍えるような寒さの中で、少しの温かさ、裸に何か一つ加わることの有難みを感じます。



お風呂から上がって、参戦された方々に挨拶をしていますと、平野君とご一緒された貝沼さんにもご挨拶することができました。


貝沼さんは西会津で「カイロプラクティック 貝沼」代表で、機能回復総合整体の先生です。



ほんの10秒×2 だけ施術していただきました。


すると本当に体が軽くなっていきます。

また、それが数日続いていました。


ありがとうございました。





ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!


裸参り後の清々しさは、“心が洗われた”という言葉がにあいます。


新年七日におこなわれる裸参りだけに、新年の“新”と云う字は「新た」から、そして「洗った」という言葉から生まれたと聞いたことがあります。

心を新たにして、生きて行けという教えなのでしょう・・・









ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!







不足を言う前に生かされていることのありがたさを感じて生きようということを、言葉や書物ではなく「七日堂裸詣り」で身をもって感じ、「本当に何か不足しているのか?」と、もう一度自分自身に問い掛けてみる良い機会になりました。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:09 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
香西かおり ウィンターディナーショー  ~ベルヴィ郡山館Presents~





香西かおり ウィンターディナーショー  ~ベルヴィ郡山館Presents~


香西かおり WINTER Dinner Showに行ってまいりました。

三春昭進堂の女将であり、子供達のお母さんでもある女房殿へ日頃の感謝のしるしとして毎年恒例夫婦で臨場しています。







ベルヴィ郡山館さんからのご案内です。


商売上・・・とは云え、苦楽を共にする恋女房とデートをエスコートしていただき心より感謝申し上げます。


美味しいフルコースのお料理にシャンパンを頂き、サイコーの気分で香西かおりさんの心に染みる歌声を聴かせて頂き、それはそれは幸せなひと時でした。






披露宴会場なので距離が近く、間近で歌を聴く事ができます。


それなんですが、目の前にですよ!

目の前に香西かおりさんが歌いながら来たのに足がすくんであと一歩、そして、握手の手が出ませんでした~


掛け声とはばっちり!


目もあった!


それなのに・・・・・







演歌の世界は男女の愛憎や情念を描いた歌が多く、時々耳にする香西かおりさんの歌声はゾクッとするほど艶っぽいなと思うことがあります。


吐息と共に囁きかけたかと思えば、女の芯の強さが垣間見れる張りのある香西さんの歌声には圧巻です!


しびれれしまいました~


また、当店女将である女房殿の歌声が香西かおりに似ていると常日頃より思っていましたので、尚更心に染みてきました。






アンコール・・・・  

涙が止めどもなくあふれて来て困りました~


歌で泣かされました。



来年も女房孝行に来れるように商売に勤しみたいと思います。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍歌で

| ryuichi | 05:03 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
「立川幸之進独演会」ブリキ落語ナイト〜 笑い一杯 はら一杯!




「立川幸之進独演会」ブリキ落語ナイト〜 笑い一杯 はら一杯!

三春城下中町 カフェ・ブリキイヌにて開催された「立川幸之進独演会」


独快亭来歌さんからのお誘いです。







今回は独快亭来歌こと田部先生と三春城下中町のカフェ・ブリキイヌさんがタックを組んでの開催です。







丁度この日はこおりやま落語愛好会肝煎の鬼生田さんが富久山自動車学校で行っている「二つ目の会」があり、その足で三春での落語会となった次第です。


宿泊は、田部先生宅。


高座では二席~


「寄合酒」

そして、「岸柳島」


大笑いさせていただきました!

面白かった~







打ち上げは、ブリキイヌさんの美味しいお料理とお酒!美味しく頂きました。

さすが三春城下の人気スポットです。











立川幸之進さんは現在二つ目で島根県は出雲国松江の出身です〜〜

立川吉幸さんの弟子です。






打ち上げの時に同じテーブルにご一緒させていただき、落語家になった経緯を根掘り葉掘り伺ってみました。

立川流は、いわゆる定席(新宿末廣亭・鈴本演芸場・浅草演芸ホール・池袋演芸場)へ出演ません。

それを承知で立川吉幸さんに弟子入り。







「故立川談志師匠の本流とされる談春師匠、その弟子の吉幸さんの話芸に惹かれ、一番弟子が良いと〜〜」サラッとおっしゃっていました~

そして、立川流では二つ目になっていましたが、談春師匠が立川流を退会し落語芸術協会に入会します。

この時、立川吉幸さんと共に、芸協入りに際し改めて前座修行を課されており、吉幸さんは1年間、幸之進さんは2年間を前座として過ごします。

これはよっぽど落語が好きでなければ出来ない代物ですねぇ。






落語会は師弟関係です。

前座には前座の務めがあり、二つ目には二つ目の、そして、真打にはてな具合です。

それを師匠はちゃんと見ていて昇進と共に対応が変わってくる。

そして、自信も昇進と共にそれまでの経験が無駄ではなかったことを思い知らさせると話していただきました。


これは、島根浜田の観音寺の方丈様に教示される「禅寺の修行と師弟関係」に相通ずるものがありますね。

島根繋がりの不思議なご縁を感じました。







打ち上げの二次会は、おなじみの寿司「大音」






二ツ目
出囃子 関の五本松
芸歴
平成10年 島根県立松江東高等学校 卒業
平成14年 広島国際学院大学 中退
平成16年7月 立川談幸に入門「松幸」
平成23年4月 二ツ目昇進「幸之進」
平成27年4月 落語芸術協会入会
平成29年3月中席まで前座として務める







翌朝、幸之進さん、独快亭来歌さんにご来店いただきました。


春の観桜三春寄席での高座を楽しみにお待ちしています。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:16 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
「ボジョレーヌーボーを味わう会 2018」~於船引「寿し割烹 江戸光」




「ボジョレーヌーボーを味わう会 2018」~於船引「寿し割烹 江戸光」

先日、旧船引町役場前にある「寿し割烹 江戸光」さんで開催されました「ボジョレーヌーボーを味わう会」


県会議員の三瓶正栄さん、田村市区代表長の助川さんからのお誘いを受け、参加させていただきました。






三瓶家とは、祖父・親の代からのお付き合いです。

「お酒を楽しむ」というだけの会ということでしたが、会場を見渡しますと船引のお歴々の方々三十数名が一堂に会しています。

私は、その顔ぶれを拝見して恐縮しながら会場入りさせていただきました。





しかし、着座するなり朝自修の生ビールが配られますと、三瓶さんに引立てていただき、皆様と小さな乾杯をしながら挨拶が始まります。

皆様、当店のチラシ「塵壺」をご覧になっていただいているようで、皆様からその話を頂き、話題には事欠きませんでした。






 
「お酒を楽しむ・・・」正に、その通り全く煩わしい塵芥の騒がしさなどなく、ボジョレーヌーボーと、光寿司さんの美味しい肴を堪能しながら、会員の皆様と唯々楽しい時間を過ごさせてまいりました。










船引ライオンズクラブや船引観光協会、大鏑矢神社氏子青年会の方々が主として顔をそろえているそうです。





同席した方から案内を受けた

絵おと芝居 おおくま恩返しプロジェクト

絵おと芝居 大熊・会津若松まち物語コンサート 会津公演

日時・場所 平成 30 年 12 月 23 日(日)

会津若松市駅前「迎賓館」

内 容
会津若松市に避難している大熊町の方々と避難でお世話になった会津若松市の方々との交流を深め、感謝の想いを伝えたい。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:35 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
新日本プロレス郡山大会 2018.10.28




一昨日開催された新日本プロレス郡山大会に行ってまいりました。



友人が新日本プロレスの東北興行のテレビCMやポスターやチラシなどを手掛けている広告代理店という関係でリングサイドで選手が入出場する花道に席を用意してもらっての参戦です。






今回は、試合会場の準備・かたずけ、案内などのアルバイトを、当店の長男坊とその友人7名が臨場しています。







多分、長男坊をはじめ全員が初めて生で見るプロレスだと思います。







試合前ですが、全員の顔に緊張感が見えています。







そして、試合が始まれば私たちは策の中ですが、彼らは策の外で策ガードへ布陣しています。



目の前で場外乱闘が勃発!






動物園に例えるとマンマ檻の中です。








鈴木軍団~ 鈴木みのる~






石井と乱闘!







そして、岡田~







「マジ怖くてビビったー!」と帰ってきてから言っていました。







ま、これはこれでいい経験になったことでしょう~









春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:05 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |