CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春舞鶴通信 第12号 平成29年10月5日三春舞鶴会発行



三春舞鶴通信 第12号

主に首都圏に三春からは離れて暮らす三春縁の方々で構成された三春舞鶴会(織方郁映会長)の機関紙「三春舞鶴通信」の第12号が発刊され、事務局の佐久間様より送付いただきました。

また、三春昭進堂店内配置分もございますので、早速店内に配させていただきます。







今回は、”三春舞鶴会の皆様へ”ー「三春舞鶴通信」第12号の送付に寄せてーと題された織方会長の挨拶を掲載させていただきます。


「三春舞鶴通信」第12号の送付に寄せて  会長 織方郁映

「夏期が去って柿が来た!」と先日のNHK-TVで、ダジャレの上手な南利幸気象予報士が言っていました。
ようやく秋が来た!との安堵感一杯です。

その涼風に乗せて会報第12号をお届けします。

長く続いた暑さに耐え、原稿をお届け下さった多くの方々と編集作業に従事下さった担当各位に心からの御礼を申し上げます。

編集担当者の最大の仕事は原稿集めです。
集め易いのはテーマを決め、目星をつけてお願いすることですが、ほぼ一巡して、手詰まり感が強い昨今です。

号を重ねる毎にマンネリ化しがちな紙面作りについて編集担当以外の役員も加わって対策を話し合った時の意見が最後の頁に載せられています。

会報は、皆さんが自由に、気軽に投稿してお互いに知り合う場で会報が息長く発行され続けるように、例示された様々な意見を参考に自主的にどんどん書いて下さるようお願いいたします。

今号は、会員の思い出、近況などに加え、三春の歴史をひも解いたものなど、ほぼバランスが取れた内容になったように思われます。





歴史物語としての橋本捨五郎さんの三浦守治にまつわるお話は内容の幅が広く深く、さすがはプロ作家です。

また、内藤則邦さんからいただいたのは、当会のお先祖様ともいえる「在京三春人会」のお話で、以前から望んでいた原稿です。

明治13年に、河野広中を社長とする政治結社「三師社」の結成と時を同じくして「三春会」が発足し、明治35年に始まった「田村青年会」は3年後には「三春会」と合同して「田村会」へと改称、「田村会雑誌」も発行された由。

当時、青雲の志を抱いていてふるさと三春から上京した人々の会です。

その後の、定かでない空白期を経て平成21年2月に発足した「三春舞鶴会」、そしてその会報「三春舞鶴通信」のことも、長く三春の歴史に刻まれることでしょう。






“会員でない人でもいいのではないか?”に応える原稿を遠山さんからいただきました。

遠山さんは、何度も三春を訪れている埼玉の人です。

毎度の土産品を買いに立ち寄った、「おたり饅頭」の三春「昭進堂」の店先にあった「三春舞鶴通信」なる小冊子の発行者の中に、自分の知友の名を発見して驚き、連絡して下さった方で、大の三春ファンです。

 いただいた原稿には、「これだけの観光資源を持ちながら、滝桜以外は知られていないのは勿体ない。PR努力が足りないのでは?」と書かれています。
その後に届いた私信には、改善した方が良い点やその方策などが具体的に提案されていました。

会員同士でも十分に意見を交換して、町の人々が気付かない点を指摘し、改善策を提案するのも町への貢献の一つでは?と思うのです。
そのような意見交換のためにも会報やMLが活用されることを期待します。





同窓会などは卒業年次毎の仲間が協力し合って次々と運営を継続できますが、出身校も居住地域も異なる会員からなる当会はそれができません。会員の三春に対する思いと、この会と会報を存続させたいとの熱意だけが頼りです。

その思いで役員になられ、会の運営に協力して下さる方の出現を、役員一同で切望しております。宜しくお願いします。

爽やかな秋を迎え、皆様のご健勝をお祈りいたします。






文中にもありましたが、店内に配させていただきますと新しいご縁が生じてまいります。

合掌



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:05 | comments (x) | trackback (x) | 三春舞鶴会 |
郷土教育会報697号 「疎開地も戦場だった_集団疎開日記」 木下務



三春舞鶴会の総会でご一緒させていただいた木下務さまより、郷土教育会報697号が送付されてきました。

木下様は、中野区江古田から三春へ疎開していた経験談をまとめた冊子「三春と結ぶー集団疎開・自由民権運動」を当店や三春小学校に寄贈していただいています。





今回の郷土教育会報への寄稿も「疎開地も戦場だった_集団疎開日記」よりと題されて、太平洋戦争時の三春への疎開された経験です。

実際に経験された木下様ならではの書き方です。

その文章は臨場感にあふれ、読むものを戦争末期の時代へ誘い平和の尊さを訴えかけてくれます。







当時、木下様はじめ江古田小学校の皆様の疎開の記録は、昭和20年同期会の面々が発行された「50年を経た 少年少女の戦時体験~三春・須賀川・江古田~」という本があります。

私も、その疎開先である三春城下新町の真照寺さまより一冊頂いていましたので存じ上げてはいました。

また、昭和8年生まれの父より「寺(真照寺)に居た疎開児童と遊んだ記憶がある」と聞いていました。






木下さまは自身の疎開時の日記をもとに新たにこの集団疎開の事をまとめ上げた本を出版しました。

「三春と結ぶ~集団疎開・自由民権運動」と題された本には、日記の現本をコピーしたものが掲載されていて、当時の生の声を聴いているかのようで、後世に残したいという木下さまの強い思いが伝わってきます。






戦後も70年が経過して、戦争を体験した世代は年々少なくなり、今では戦争を知らない世代が大半を占めます。

戦争の悲惨さ、恐ろしさに対する意識は風化しつつあります。しかし、私たちは、決して過去を忘れてはなりません。

木下様は、当時の子供たちが、「疎開」という戦争実体験の貴重な経験を通じて、平和の尊さや命の大切さを後世に伝えてくれています。


平和で平穏な生活、安心安全な社会が孫子の代まで続くように、過去の体験を伝えるのは私たちの大事な仕事だと、肝に銘じた次第です。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:34 | comments (x) | trackback (x) | 三春舞鶴会 |
三春舞鶴通信 第11号 平成29年5月発行



三春舞鶴通信 第11号

主に首都圏に三春からは離れて暮らす三春縁の方々で構成された三春舞鶴会(織方郁映会長)の機関紙「三春舞鶴通信」の第11号が発刊され、事務局の佐久間様より、店内配置分として送付されてまいりました。

織方会長から送付に寄せ手でご案内頂いた、本会員で切り絵作家の小倉修子さまの「舞う鶴が運んでくる通信」のカットがやはり目に入ります。





今回は先に亡くなられた田部井順子さんの追悼文、そして関連して山に関する機構がたくさんございました。

冒頭は、橋本捨五郎さんの「星になった順子ちゃん」と題された、文章から始まります。

中を覗きますと、会員皆様のそれぞれの順子さんへ思い出やお悔やみなど思い思いの寄稿が掲載されていました。

改めてお悔やみも申し仕上げます。




この春に三春交流館まほらで開催された「追悼 田部井順子展」にも沢山の来場者がありました。

期間中ご来店いただいたお客様の中にも田部井展を見てから来られた方も多数いらしゃいまして、それぞれに田部井さんとの思い出話をされて行かれていました。

改めて田部井さんの、大きさを感じた次第です。





また、平成29年度三春舞鶴会総会・懇親会関連の記事も掲載されていました。
今回は、私までご案内頂きまして喜んで出席させていただきました。




盆踊りをやると聞いて法被と笛を持参しましたが、鳴り物はご遠慮してというホテルからの要請もあり笛の披露はあきらめましたが、楽しく有意義なひと時を過ごすことが出来ました。

本当にありがとうございました。





毎年、花見の時に毎年ご来店いただき「三春花見団子」をお土産に多数ご注文いただいている監事の松本様には、総会での時はあいさつすることがかないませんでしたが、ご来店の折にやっとあいさつすることが出来ました。

いつも本当にありがとうございます。

懇親会の折には挨拶できませんでしたが、見知ったお名前の方々ばかりで後からこの方はだれだれの弟さんかな?親戚の方かな?などとあれこれ思いを巡らせていました。





三春舞鶴通信11号は、早速店内に配させていただきました。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 05:46 | comments (x) | trackback (x) | 三春舞鶴会 |
三春舞鶴会第9回総会 於九段グランドパレス



三春舞鶴会第9回総会

三春に縁のある首都圏のお住いの方々で組織する「三春舞鶴会」の第九回の総会が開催されました。





私も三春舞鶴会の会報「舞鶴通信」に寄稿したご縁があり総会、そして親睦会にこの度ご案内を受けましたので、喜んで出席させていただきました。




総会の会場は、千代田区九段下にあるホテルグランドパレスです。





丁度この日は、東京マラソンの開催日で、警備の警官と大会スタッフ以外は、車も人もまばらな大手町を抜け、普段見られない光景を見ながら、九段下に向かいました。




将門塚



靖国神社


皇居御堀



会場では、織方郁映会長、關マサ副会長が笑顔で出迎えていただきまして、ご案内の御礼を申しあげることが出来ました。

ありがとうございました。



会場には、三春から出席者、鈴木町長、伊藤前三春町長、役場、議会、商工会、桜の会、三春町国際交流会の関係者など総勢9名の方々がお見えになっていました。

総会では、織方会長の挨拶にはじまり、活動報告、会計報告そして役員選出などがありました。




黒羽幹事長の司会で始まる懇親会では、三春町長挨拶、三春からの来賓紹介、そして江古田の方々の紹介など、和やかな雰囲気の中で思い思いに三春の話などをされ、終盤には村田様の音頭による三春盆踊りを全員で踊り、そして歌手をされている会員様の歌もあり、大変盛り上がりました。


黒羽様より、「三春昭進堂のホームページで三春の情報を発信している方です」と紹介いただきました。

宴席の中でも、出席された多くの方々が当店のホームページをご覧になっていただきまして、労いと激励の言葉をいただくことが出来ました。


励みになります!
本当にありがとうございます。




織方会長、柳沼博監事、佐久間健幹事、黒羽幹事長、岩崎副幹事長、松原副幹事長など役員の方々、そして織方弘道様へのご挨拶することができました。

また、以前寄稿した際に労いの電話をいただいた最年長の内藤様、そして以前ご来店いただき中野区江古田から三春へ疎開していた経験談をまとめた小冊子を当店や三春小学校に寄贈していただいた木下様にご挨拶ができました事など、大変有意義で楽しい時間をいただきました。

重ねて御礼申し上げます。


自己紹介の中で、3月12日の日曜日午後1時よりNHK総合テレビで放映される「みちのくモノがたり」の紹介と、当日持参した当店発行「平成版三春絵図 三春物見遊山」の案内をさせていただきました。

同級会や冠婚葬祭などで三春へ帰郷の際の話のタネにしてもらえれば幸いです・





懇親会後に、アフターティーにて意見交換会にも参加させていただきまして、皆様方の三春への熱い思いは拝聴することが出来ました。

大変心強いものを感じました。

三春製作所、後の日立AICを創造された國馬様、国際交流の吉田様、はじめ、三春を離れて大東京首都圏で力いっぱい暮らす諸先輩方のお話の中に、様々な教えがあると思います。

「自分たちのスタンスをまもる」「何事にも、崇高な理念を持って行動する」・・・

それらを念頭に今後の三春での暮らしの中に生かしていきたいと考えています。


また、楽しい時間を過ごさせていただくと共に、「三春を応援してくださる方々がいる」ということは三春の住む者として大変心強く嬉しく思います。




神田明神で商売繁盛祈願!


さすけねぇぞい三春!

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:49 | comments (x) | trackback (x) | 三春舞鶴会 |
三春舞鶴通信 第10号



三春舞鶴通信 第10号

主に首都圏に三春からは離れて暮らす、三春縁のある方々で構成された三春舞鶴会(織方郁映会長)の機関紙「三春舞鶴通信」の第10号が発刊され、事務局の佐久間様より、店内配置分として送付されてまいりました。




織方会長の「会報の順調な発行継続を願って」と題された、文章から始まります。

中を覗きますと、会員皆様のそれぞれの三春への思い入れのある寄稿や、先の投稿で自分との関連性を発見したといった寄稿などもあり、織方会長はじめ、編集事務局の皆様の思いを表したような内容となっています。




私も、第10号では、私の文章も掲載されております。

二回目の寄稿でした。
「春陽思ひ付阿津免草」と題した今回の寄稿では、この三春舞鶴通信を店内に配したり、当店ホームページや塵壺で紹介してていることからの、皆様の反応について書かさせていただきました。

本文にも記載しましたが、町内の方々も関心度が高く、親戚知人など縁の有無に関わらずお持ちいただき、すぐに無くなってしまいます。




幕末から明治に活躍した和算の大家、三春出身の佐久間陽軒関連の記載や、文爺こと渡邊文司さまのシリーズ化された投稿など読みごたえがあります。




今回のお悔やみ欄の中に、内藤新吉さま夫妻という近しい方の訃報を知り、心よりご冥福をお祈りいたします。

伊藤寛様からの追悼の寄稿にもありましたが、奥様がなくなってその二日目にご自分も旅立たれました。
同日に夫婦そろっての葬儀の際、二台並んだ、霊柩車を前にして喪主であるご長男様からの会葬御礼の中、「結婚五十四年目の新婚旅行のお見送り、ありがとうございます」と話されたようです。いかにも新吉さんらしいなあと合掌させていただきました。




下記は、今回の寄稿した文面を掲載してみました。


三春舞鶴通信第10号発行おめでとうございます。私は、三春城下新町の髙橋龍一と申します。

水芭蕉で有名な真照寺の門前にて、三春名物おたりまんじゅう本舗「三春昭進堂」を営んでおります。

ご縁がありまして、以前三春舞鶴通信に寄稿したことから事務局の佐久間様より、毎号十数部お預かりして店内のお客様スペースに置いています。

三春舞鶴通信は、毎回「ほー」「おっ!」と思う、テーマがあり、初めてみる方もつい手にとってしまうのが分かります。

私も毎回その新鮮な切り口を楽しみにしています。

毎月、当三春昭進堂発行の販促用新聞(三春船引計1万5千部)折り込みチラシ「塵壺ちりつぼ」のコラム欄や、当店ホームページ(otarimanjyu.com)内「春陽思ひ附阿津免草」にも、この三春舞鶴会の事、そして同通信誌を店内に配していること等を掲載しています。

寄稿された文章に、ご親戚やご友人、はたまた恩師の名前を発見し「叔母さんが寄稿しているの」「今度、同級会があるから皆に見せっぺ!」「名字から推測してこの方は、誰々さんの親戚かなぁ?」といっては「一部、いただいていきます~」とお持ち帰りいただいています。

私もそうですが、手にされた方々も次々に出される外から見る三春をテーマに郷土の側面を見る思いでワクワクしていることだと思います。

三春から離れて暮らす会員の方々と三春の縁者の方々との交流に少しでもお役に立てたかなと思っています。

私自身も、先の寄稿の折には、立教大学名誉教授の内藤則邦様はじめ、様々な方々よりお電話やメールそして手紙などで、身に余るお褒めの言葉を頂戴しましたこと大変うれしく思っています。これも何かのご縁かと思い、以後の三春郷土史探求の励みとしています。


春陽 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍





| ryuichi | 05:32 | comments (x) | trackback (x) | 三春舞鶴会 |
三春舞鶴通信 第9号 平成28年5月5日発行


三春舞鶴通信 第9号

三春縁の在首都圏や仙台などにお住いの方々を中心として構成された、三春舞鶴会の機関紙「三春舞鶴通信」第9号が、編集部の佐久間様より送付されて参りました。

ありがとうございます。

早速店内に配させていただきました。



玄侑宗久さんの寄稿「どこ吹く風」が表紙を飾り、中妻出身で仙台在住の郡司様の写真も彩を添えています。



2月に開催された三春舞鶴会総会の報告も記載されています。

また、今回も会員の方々の思い思いにつづられた三春との縁・・・

読みながら、この方はだれだれさんの親戚かなぁ?
この方も話を聞いたことがある方だぁ!・・・といった具合により身近に感じます。



三春からも、三春駒之助ことわたや呉服店会長の渡辺和明さんや、渡辺俊三さんの寄稿、そして橋本捨五郎さんの「愛媛松山市三春町」という大変興味をそそる文章が踊ります。

そして「文爺発信」
いつ読んでも、渡部文司さまの文章は楽しく読まさせていただいています。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:46 | comments (x) | trackback (x) | 三春舞鶴会 |
春陽日暮硯 三春舞鶴通信 第八号 


三春舞鶴通信 第八号 

首都圏近郊の三春縁の方々によって構成された「三春舞鶴会」

その会報誌「三春舞鶴通信 第8号」が、事務局の佐久間健様より届きました。




早速店内の案内スペースに配置して閲覧および希望者への配布させていただきます。

今号では、「夢の途中」と題された、東京在住の写真家中村信夫さまの文章が表紙をかざっていました。




文中にご自身の作品「MIHARU」と記載がありましたが、25年前くらいでしょうか?若かりし頃に大町の盆踊り会場にて撮影していただき、その写真集に掲載されたことがありまして、懐かしく読まさせていただきました。




また、今回はいつもより大勢の方々の寄稿があり、盛況ぶりが伺えますとともに、会長はじめ事務局の皆々様のご尽力には、敬意を表すとともに、三春の住む者として大変心強く感じます。

今後ますますのご盛況をご祈念申し上げます。



P.S この夏には、なかなかお会いする機会が得られなかった会長の織方郁映さま、織方弘道様ともやっとお会いしてお話しすることができました。


三春昭進堂

| ryuichi | 05:33 | comments (x) | trackback (x) | 三春舞鶴会 |