CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2020 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




2020.9.25の金曜日 午後9時より日本テレビ系地上波にて山崎貴監督の映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」がほうそうされます。




明日、2020.9.25の金曜日 午後9時より日本テレビ系地上波にて山崎貴監督の映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」がほうそうされます。




「鎌倉ものがたり」の公式スタッフツイッターでも紹介されていますが、美術のスタッフさんから依頼があり、当三春昭進堂も少しだけお手伝いしています。


「この真っ赤なお饅頭、福島のおたりまんじゅうで有名な三春昭進堂さんが撮影のためにわざわざ作ってくださったんです!」
差し入れまで頂いてしまいました。ありがとうございます!
真っ赤ってことは、人間用じゃないのかなぁ?? スタッフツイッターより






黄泉の国のカフェでテーブルに飾ってある真っ赤なおまんじゅうを三春昭進堂で製作いたしました。




劇中に登場する真っ赤なまんじゅうがあります。

今回ご縁があり、当映画のスタッフさんから依頼があり、そうです当三春昭進堂で製作しました。

この世には無い饅頭がコンセプト、名付けて”黄泉国茶屋特製火の玉饅頭!”です。






黄泉の国に愛妻亜紀子を探しに行った推理作家一色正和と死神さんの左後ろ~






冒頭の鎌倉での夜市のシーン・・・・


映画を見たら気をつけて見て下さいね!乞うご期待(^.^)







リアリティーを求めたいということで本物の饅頭です。


赤カブの汁を煮詰めて天然の真っ赤な色素を製作しました。

味も、あんこに真っ赤な唐辛子~ 





鎌倉と名前が付いた映画の協力を三春の小さな饅頭屋が手掛けるというのも何かの御縁なのでしょう・・・。

映画の中で表現される「黄泉の国」あの世ですね、この情景が三春に縁する室町末期の画僧雪村の晩年の傑作「金山寺図屏風」を彷彿させてくれます。

金山寺は、志那・揚子江中流の島にある禅寺です。



ここにも、三春との御縁を感じます。



三春昭進堂の子供たちの映画デビューでした!










おたりまんじゅう本舗 三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 07:03 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::メディアで紹介されました |
ナニコレ珍百景での「福の神 宇賀神様」登録・採用の謝礼金を三春町に寄付して来ました。




先のナニコレ珍百景での「福の神 宇賀神様」の御利益のある看板登録・採用の謝礼金を三春町に寄付して来ました。



三春町町長室にて、坂本町長に出演者3人で手渡しです〜〜







久しぶりの三春町役場2階です。


コロナ対策もばっちりです。







自分たちで使うのは御利益がないということで、宇賀神様の周辺整備も考えましたが、三春町を通じて困っている人、特に昨今の新型コロナ対策に役立てていただきたいと寄付をしてきた次第です。


これも宇賀神様への寄付寄進の一環、そして、我々への功徳を積む福徳と考えています。

宇賀神様を含む鷹巣の事柄を本にまとめた橋本史紀様こと橋本家当主吉正様に敬意を表したいと思います。

さらには、地主である橋本家御家族様、高屋敷稲荷神社鈴木宮司様、そして、高屋敷さまに集う方々へご縁をいただいたことへ感謝申し上げます。









尚、この場所は交通量もあり、見通しの悪いS字カーブの坂道の途中にあります。


くれぐれも交通安全をお願いいたします。






後日、新聞(2020.9.9福島民報・民友朝刊縣南版)にも取り上げていただきました。








小さな城下町三春 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:16 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::三春昭進堂雑記 |
「ナニコレ珍百景」見ていただきました~?福の神さま「宇賀神様(うがじんさま)」の不思議な立て看板 鷹巣・宇賀石地区




鷹巣・宇賀石地区の福の神  「宇賀神様(うがじんさま)」の不思議な立て看板




テレビ朝日の人気番組「ナニコレ珍百景」の取材がありました。


これは、友人が鷹巣は宇賀石、農免道路にひっそりと鎮座する「宇賀神様(うがじんさま)」に建ててある「宇賀神です。

お賽銭を必要とされる方はご自由にお持ちください」という立て看板が不思議だということで番組あてに投稿し、その取材が急に決まったという次第でした。









私も、前々から気になっていましたが、農免道路沿いで交通量も多く、その場所が鬱蒼としていることや、車を止められないということで遠慮していた場所です。

収録前に、翌々話をその友人に聴くと、知人から紹介されたということでした。

実はこの話には伏線があり、コロナ騒ぎの最中である今年5月の連休明けに、三春の歴史を記している当店発行の塵壺、そして、ホームページの読者からこの宇賀神様について問い合わせがありました。






この問い合わせの主が、友人に宇賀神様を紹介した方です。

問い合わせをいただいた時には、私は「桜の老木の下に何かの祠がある・・・」程度の認識しかなかったので、その時には、鷹巣地区の神様の事なので、近くの白岩の高屋敷稲荷の鈴木宮司が詳しいだろうとそちらを紹介しました。






さらに、鈴木宮司が、地主である橋本吉正(ペンネーム橋本史紀)さんから、自身の著書(自費出版非売品)の宇賀神様も含めた鷹巣集落の歴史をまとめた「田村の庄・鷹巣の里を辿る」をいただきさらに調べ始めたという次第です。

以来、高屋敷稲荷神社に集う若者や、鈴木宮司が草刈りをして整備し始めたというところでの「ナニコレ珍百景」の取材です。



祀られている旧鷹巣村宇賀石にある「宇賀神(うがしんさま)」は、「幸運や金運、財運、智恵、五穀豊穣」など、多くの御利益をもたらしてくれる神様「福の神」と言われ、中世室町時代以降に民間信仰として、さらには、時には武家の出世をかなえてくれるとして、武家の奥方様方の信仰の対象でもありしていました。






宇賀神様の、そのお姿は、蛇神・龍神の化身と言われるように、頭は、女性や老人、そして、体には龍(蛇)がとぐろを巻くというおどろおどろしい姿であらわされているとされています。







下記は、上記の「田村の庄・鷹巣の里を辿る」橋本吉正(ペンネーム橋本史紀)著からの引用です。


宇賀神様は、鷹巣の農免道路と国道二人八号の高架橋の交差する農免道路沿いにあります。

古来より霊験あらたかな「福の神」として信仰を集めた民間執行の神様ですが、時代の推移に伴い今は目立たない場所にひっそりと鎮座されています。


さかのぼれば、室町期より鷹巣村の庄屋であった松崎氏(現松崎一郎氏宅)の氏神であったとのこと。


元庄屋松崎氏の子孫の方から聞いた話によれば、生来、病弱だったことを心配した家人が宇賀神様の桜の葉を数枚いただき煎じて飲ませ続けたところ、とても丈夫になったとの事(本人の弁)。






また、ある方が桜の枝が年々成長し続けたので、農作業の支障になると枝を少し切り払ったところ、その後ケガに見舞われ、以来、どんなに枝がのびようと一切、ふれないよう大事にされている等々・・・


聞けば偶然とも片づけられない不思議な霊力を感じたものであるが、昨今は訪れる人も少なくなっている。

古老(複数)日く、「昔はカマス(米俵のようなもの)でお養銭を背負って運ぶほどの信仰が厚い神様として大盛況だったそうだよ」とのことだった







「宇賀神様です。御賽銭を必要とされる方は、ご自由にお持ちください」という立て看板が立ててあります。


お賽銭を持っていかなければならない程困窮しているのでしょう、功徳になればと思っての看板設置だそうです。

その背景には「福の神」である宇賀神様に所願成就を祈願し、満願成就した方々からの、福徳・商売繁盛の御裾分け(お布施)という意味だと捉えています。







私も、「福の神」である宇賀神様に参りして、金運・財運・出世運を祈願してきましょうか!


尚、駐車場がありません。さらには農免道路に面しているために交通量が多く、登坂のS字カーブなので見えずらい為に路上駐車はおやめください。








三春名物おたりまんじゅう本舗 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:27 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::メディアで紹介されました |
テレビ朝日に人気番組「ナニコレ珍百景」 当三春昭進堂でもロケ収録がありました。





テレビ朝日に人気番組「ナニコレ珍百景」



先般、当三春昭進堂でもロケ収録がありました。


予告をご覧ください!


詳細はテレ部を見てのお楽しみですが、三春にある「福の神」さまにある不思議な看板が取り上げられました。










放送は、来週8月16日(日)の18:30 から放送される様です。


放送開始直後の一発目です!


放映時間は約5分ありそうです。







しかし、前日にカットされる場合があるらしいです。

先程、番組の収録が終わった様で、連絡が来ました〜〜 








尚、三春昭進堂で冒頭の収録があります。


私のトークは?そして、おたりまんじゅうが出るか?




いよいよ、NHK新日本紀行「三春」、「ヒト・モノ・語り日本」に続いて、民放でも全国進出か(映り込み程度でしょうが~)?







お楽しみに〜〜








新型コロナウイルス騒動の最中、少しでも明るく楽しい話題を提供したくて、不思議なご縁がご縁を紡いだ「福の神」様からの福徳です。

“コロナをぶっ飛ばせ!プロジェクト」です!




詳細は、テレビ放映で、そして、翌朝の当店ホームページにて~









2020年8月16日放送

【ゲスト】
千原ジュニア、佐藤栞里







バラエティー番組です。


大らかな優しい気持ちで楽しんで、話の種にしてください!



きっと福の神さまも喜んでくれるはずです~








三春名物「おたりまんじゅう」本舗 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:22 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::メディアで紹介されました |
三春昭進堂「豆大福」の看板を設置いたしました。




三春昭進堂「豆大福」の看板を設置いたしました。



店頭の付いた衝立型看板に設置です。





塩気の利いた豆大福130円税別です。


原材料を国内産餅粉を使用しています。








出来立てもおいしいんですが、当店では保存の為と腰を引き出すために、一度冷凍しています。


特にこの時期は、豆大福が完全に解凍する少し前の状態が一番おいしく召し上がれると思います。

一度お試しくださいませ






今朝の散歩の時に拾ったゴミです。

気になりだしたら目につくようになりました。

本日の成果です!




三春名物おたりまんじゅう本舗  御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 03:59 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::三春昭進堂雑記 |
「逃げ水 (にげみず)」 三春昭進堂の水まんじゅう 看板設置




「逃げ水 (にげみず)」 三春昭進堂の水まんじゅう 看板設置






店頭の看板です。

「逃げ水」というネーミングは、ご存知の方も多いかと思いますが、子母澤寛の小説「逃げ水」から頂きました。

幕末の徳川幕臣で、大政奉還後、徳川幕府十五代将軍徳川慶喜の護衛の任務を最後まで遂行した奥詰、髙橋伊勢守謙三郎泥舟を描いた小説です。








幕末の幕臣。名は政晃,通称精一。

泥舟は号。旗本山岡正業の次男で母方高橋家を継ぐ。

槍術家山岡静山の実弟,山岡鉄舟は妹婿。

槍術に長じ,1859年講武所師範役となり,伊勢守に任ぜられた。

1862年,幕府徴募の浪士組を率い取扱として上京したが,浪士のうちに尊攘を唱える者が数を増し,新選組のみを残して江戸に戻った。

1868年遊撃隊頭として徳川慶喜の護衛に当たる。鳥羽・伏見の戦後は恭順を説き,新政府軍への使者に山岡鉄舟を推薦。維新後は仕官せず東京に隠棲。


勝海舟,山岡鉄舟と共に幕末三舟と称される。








三春水まんじゅう 「逃水(にげみず)」 



三春昭進堂の夏の定番水まんじゅうの「逃水」の販売を始めました。

一個 130円税別です。






昨年からの「塩レモン」も好評に付き定番として販売いたします。

価格は同じ一個130円税別となります。

レモンの酸味に塩味でアクセントをつけました。

どうぞお試しください。







冷凍販売でご案内しています。

これからの時期ですと、お買い上げから約30分~1時間位で食べごろになります。

そのまま冷凍保存もオッケーです!






日持ちは冷蔵庫で2日間位ですので、宜しくお願いいたします。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:28 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::三春昭進堂雑記 |
 店頭暖簾を「三春昭進堂天使ロゴの暖簾」に交換いたしました。



三春昭進堂 店頭暖簾を「三春昭進堂天使ロゴの暖簾」に交換いたしました。


新たに作成したオリジナルです。





大きな天使が目印です。


このロゴは、昭和初期の当店ロゴマークを復活させたものです。







日中と夜間では印象が違いますね







大好きなロゴです!






折に触れ、真照寺の御灯明として昼夜点灯させていただきます。







梅雨時期の三春城下新町末郭外境の楽内集落の田んぼに蛍が飛び始めています。





携帯のカメラなのもで映し出す事は出来ませんが、数匹飛び始めています。


乱舞するタイミングに会えば、幻想的な光景に出会えます。







かつては、梅雨明けに挙行される田村大元神社夏季例大祭の寄付集めで小滝や四軒丁などに伺った際によく見かけていました。


最近は、農薬の使用や区画整理等で蛍のえさとなる「カンヤボ」等が減少して蛍の数も激減ですが、楽内集落はの田んぼはきれいな水のままなのでしょう~


尚、真照寺の方丈庭園の池周辺でもチラホラみられるはずです!



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:52 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::三春昭進堂雑記 |