CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町」 八木澤高明著 実業之日本社




実業之日本社発刊、八木澤高明著「色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町」
が届きました。


タイトルから察しられる通り、日本全国に分布現存している色街の遺産を紹介した本となっています。


三春城下にも、かつて本書に取り上げられるような色街である庚申坂、そして弓町新地がありました。


今回、本書にある三春弓町新地の資料を提供したということで見本誌として送付いただいたものです。



 

三春庚申坂・弓町新地「遊郭跡」

 三春昭進堂の向かい側の道を入ったところが弓町です、この一番奥が「新地」とも「新庚申坂」とも呼ばれた、遊里遊郭跡があります。
旧岩城街道は、「岩代の国」と「磐城の国」を結び、「磐城の国三春」から江戸に向かう重要な街道で、江戸期参勤交代にもこの道は使われました。
 




新町の坂を上りきって、化粧坂にかかる手前の井戸の上に、地蔵様がまつられ、その傍らに数基の庚申塚が建ち並んでいます。
その左手の坂が古庚申坂で、三春六入り口の一つ「岩城口」と称されていました。



花屋楼


 「奥州三春に 庚申坂なけりゃ 旅の馬喰も 金のこす」と三春甚句にも謡われた庚申坂には、江戸時代後期より遊郭があって、明治二十八年五月に新町小字弓町に移転するまでこの地で繁盛していました。
 弓町の遊郭は新開地の遊里ということで、「新地」と呼ばれましたが、世に知られた伝統的庚申坂の名は捨てきれず、「三春庚申坂」の名で呼ばれ、町の人々は、元の庚申坂を「古庚申坂」、弓町を「新庚申坂」と区別していました。


 
  島屋楼


「新庚申坂・弓町新地」の遊里には、花楼・島楼・二葉楼・島村楼・宮城楼と五軒(後に宮城楼廃業の為四軒)の遊郭がありました。

 その他、仕出し屋の「しんこや」や、一番奥には病院と呼ばれた娼妓の為の定期診療所があり、検診のため医師が週に一度福島から定期検診に来ていました。
 


双葉楼


妓楼の前の広場を「馬つなぎ」といい、ここで遊里だけの盆踊りも行なわれていたといいます。
 
新庚申坂が最も繁盛したのが、大正のはじめ頃、三春産馬の需要が最盛期を迎えた頃で、馬競市場の近くということで田村郡はもとより、県外からもお客さんが集まって来て、大変な賑わいだったと言います。



 島村楼


太平洋戦争敗戦後の昭和二十一年一月の「公娼廃止に関する連合軍総司令部の覚書」によって公娼制度は廃止され、昭和三十一年「売春防止法」が公布され、「三春庚申坂・弓町新地」の長い歴史に幕を閉じました。
 現在は妓楼の建造物四軒が、当時の面影だけを伝えています。
         蒼龍謹白・・・・・・・合掌








送り状にもありますが、昨今は若い世代、とくに女性の方々には、色街という響きに「歴史好きな中高年」とはまったく違った視点で魅力を見出している方が多くいるみたいで、各地を訪問する方も多いと聞き及んでいます。




この手あぶりは弓町新地の遊郭にあったものです。

本書は、著者である八木澤高明さんの情感あふれる写真とともに、八木澤さんが実際に訪ね、集めたエピソードで構成しており、そんな方々の“道しるべ”となれると思っております。





色街とは、人間の欲望だけではなく政治や経済とも密接に結びつき形成され、
間違いなく日本の歴史の一部であった。
ただひとつ言えるのは、色街は常に移り変わるものであり、かつて存在した色街は、もう二度と同じ形で息を吹き返さないということだ
「はじめに」より




春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:35 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::三春昭進堂雑記 |
三春中学校第1学年の総合学習「三春学習」校外学習受け入れの御礼の手紙




「I♡三春×地元での現場学習=I♡自分!」三春中学校1学年「三春学習」 2017

先日、三春中学校第1学年の総合学習「三春学習」校外学習受け入れの御礼の手紙が届きました。

 


三春中学校第1学年では、9月から総合学習として「郷土三春の特色を様々な視点で捉え、自分との関わりを見つける中で、自らの生き方を考え、自分のアイデンティティーを確立していく」というテーマで毎年「三春学習」を実施しています。

当店には、三春昭進堂・おたりまんじゅうの事、そして、三春の歴史といった質問内容でした。

午後からと指定していましたので、午後1時前から午後4時過ぎまで、代わる代わる3~4名の小グループに分かれた生徒さんが列をなして訪れていただきました。





彼らは、この学習において生徒達は、課題意識を持って学習方法を学び、自ら調べ体験した上で、自分たちが住む三春をどのような町にしたいかを考えるといった授業の成果を、学習発表会で発表されたようです。

かつて、私たちが子供の頃、三春の先輩方から様々なことを教えていただき学んできました。

この恩返しになればいいなぁと考えながら様々な話をさせていただきました。

そして、自分に自信を持ってもらうには、自分を自分自身が大好きになってもらいたい。
自分の家族もです。
その為には、自分の足元である生まれ故郷三春を好きになってもらう必要があります。

これは生涯教育、そして今話題の100年生涯の分野にも言えますが、まず子供のころからの自己肯定型の学習が必要なんだろうと思います。





未来を担う、三春の後輩たちの”学び”に、少しでもお役に立てればいいなあと思います。

我々三春昭進堂では、今後も三春城下で商人として様々な学習活動へ支援していきたいと考えています。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:24 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::学校支援 |
KFB福島スーパーJチャンネル「福島That’s雑学事典 包装紙&紙袋」放送!




先に放送のKFB福島スーパーJチャンネル「福島That’s雑学事典 包装紙&紙袋」如何でした~

当三春昭進堂は、包装紙の紹介でした?


一発撮りで収録時間も短かったんですが、思ったより映っている時間が長かったように思います。






店内正面に掲げてある「前向きな己惚れ」のカエル文字の額がばっちりフューチャリングされてます〜〜(^ー^)

「前向きな己惚れ(うぬぼれ)」という言葉は、私の大好きな永ちゃんの言葉の一つです。

「己惚れと言うといやらしく聞こえるけど、
考え方一つ変えていい取り方すれば 
己惚れ屋ほど自分の主張を大切にしているんですよ。
前向きなうぬぼれならいくらうぬぼれてもかまわないんです。
それは言い換えれば自信だから。
自信ということは何かといえば責任なんですよ」
                          

by矢沢永吉








しかし、いつも思うんですが私の作業用としている作務衣の色が明るいベー所の為でしょう太って見えるのは気のせいでしょうか?






訛りもまあまあですかね・・・






さあ、いよいよ三春城下のライトアップが、11月1日よりスタートします。






三春藩主祈願所の真照寺と旧三春藩総社三春大神宮(神明宮)の紅葉ライトアップです。




見ごろになったら、またご案内いたします。

夜は一層冷え込みます。

暖かい格好でお出かけください。






三春城下紅葉ライトアップ 『真照寺ライトアップコンサート』

旧三春藩主祈願寺の方丈庭園がライトアップされ幻想的な雰囲気の中でのコンサートです!

場所:真言宗智山派 日乗山 真照寺
(福島県田村郡三春町字新町258)






平成29年11月12日(日)
時間:
開場16時30分
開演17時(18時40分終演予定)

前売2000円  当日2500円

前売チケットご予約yukazou1@gmail.com

お問い合わせ0247622705(真照寺)

※中学生以下入場無料(要学生証提示)

※駐車場ご用意しております


◎出演◎




・小川ロン




・MANAMI  酪王カフェオレの歌


・パイナップル独りウェイ

◎出店◎

三春昭進堂

主催 真照寺





コンサートタイムテーブル

•パイナップル独りウェイ 17時~17時30分

•MANAMI 17時35分~18時05分

•小川ロン 18時10分~18時40分





先のSTEP AGAIN 福島元気の響きプロジェクト『真照寺アコースティックコンサート』出演で酪王カフェオレの歌でお馴染みのMANAMIちゃん、冬枯れの真照寺には欠かせない吟遊歌人小川ロン、そして、男一匹、「独りウェイ」パイナップル独りウェイのスペシャルコラボ!
 エスコートは、“ユカゾウ”ことYuka Igarashiちゃんです!





三春昭進堂も売店に出店いたします。
美味しいお菓子を食べながら、コンサートを楽しみましょう!






門前で商いをさせていただいている三春昭進堂としましては全面協力とさせていただきます。

錦秋の小さな城下町三春にお似合いの、しっとりするコンサート。

旧三春藩主祈願所で方丈庭園を愛でながら晩秋のひと時をお楽しみください!








春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:20 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::メディアで紹介されました |
KFB福島放送の夕方の人気情報番組”Jチャンネル・ヨジデス」の取材




KFB福島放送の夕方の人気情報番組”Jチャンネル・ヨジデス」の取材を受けました。


エスコートは、KFBの期待の新人、バリバリ体育会系のさわやかアナウンサー!坂寄直季(さかよりなおき)くんです!


坂寄アナウンサーは、野球部出身で高校野球の中継が楽しみと話すKFBアナウンス部を背負って大型アナウンサーです。


出身は、お隣の茨城県土浦出身、そして、息子が通う同じ日本大学の日大法学部卒ということで、グッと身近に感じます。






福島県内にある話題の包装紙というのがテーマらしんです。

この日のロケは、福島市、三春町(三春昭進堂)、そして柳津と県内全域を取材するそうです。





放送は、平成29年10月31日火曜日 午後3時50分からの番組内です。

お楽しみに!


尚、三春昭進堂の三春物見遊山包装紙と一緒に、三春名物おたりまんじゅうも取り上げていただきました。





歯の治療中で歯が一本抜けているものでそうでなくても悪い活舌が余計に聞こえづらくなっていたかもしれません。







当店のような小さな饅頭屋がテレビ局が取材に来ていただけるのも、三春、そして滝桜という全国ブランドの名前の賜物だと思います。







この三春を、そしてその歴史を造り、支えてきてくれた先人には心より感謝を申し上げたいと思います。

取材中にも話しましたが、三春で商売をさせていただいていることへの感謝を忘れずに、三春昭進堂を売る前に「三春」を売る。







商売戦術として、全国ブランドの三春滝桜、そして三春城下を前面に押し出して、三春へのお客様を増やせば、おのずと三春昭進堂へご来店いただける。

そして、当店のみならず三春の商売屋にご来店いただける!といった寸法です。






これは、このホームページ然り、塵壺然り、そして平成版三春絵図三春物見遊山然り、そして名刺然りです。

和菓子の説明が5~10%、あとは全て三春の紹介をしています。

しかも、ちゃんと経費ですよー!







春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍





| ryuichi | 05:33 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::メディアで紹介されました |
月光菩薩さんのお顔のリレーフ 十三夜月見団子ご予約承り中



三春昭進堂の店内装飾品に新しい仲間が加わりました。

砲金製の月光菩薩さんのお顔のリレーフです。

ご縁があり、当店のお越しいただき正面の壁に飾らさせていただきました。


日光菩薩と月光菩薩は鏡を見ているようにそれぞれ左右対照的に造られることが多く、見分け方はといいますと・・・

手にはそれぞれ月輪と日輪を持っているとされています。

左手が上がっている造形が日光菩薩であるということですが、お顔だけでは区別がつきません・・・







 日光菩薩さん、月光菩薩さんは、『薬師経(薬師本願経)』に、薬師如来さんの浄土である東方瑠璃光世界の主要な菩薩であるされ、薬師如来さんの脇侍として一対で造像されます。
このために、日光菩薩さん、月光菩薩さんが単独での信仰されたり、造像はないと云われています。






日光菩薩さんは、日光遍照菩薩とも呼ばれ、太陽の如く光を照らして苦しみの闇を消すといわれています。


一方の月光菩薩さんは、月光遍照菩薩とも呼ばれ、月の光のようなやさしい慈しみの心で煩悩を消すといわれています。







美術品として店内に配させていただきます。


砲金(真鍮?)製ということですので、時間を見つけては軽く磨きをかけて、ピカピカに仕上げていこうと思っています。








今年平成29年の十三夜は旧暦の9月13日 平成29年11月1日(水)となります。


十三夜月見団子 十三個入り 650円税別


お月見さまを愛でながらの楽しいおしゃべりのお供にいかがでしょうか・・・


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:26 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::三春昭進堂雑記 |
「柳橋歌舞伎」平成29年度定期公演




「柳橋歌舞伎」平成29年度定期公演


先の柳橋歌舞伎伝承館(黒石荘)に於いて開催された、「柳橋歌舞伎」平成29年度定期公演に行ってきました。

会場となる黒石荘には、小雨の中大勢の観客が詰めかけ盛んに声援を送っていました。






柳橋は、当三春昭進堂先先代の女将の実家(長岡氏)があり、そこの当主も昨年は歌舞伎に出演しています。

そういってご縁があり、今回も案内をいただいていたので花を持って顔を出しに行ってきました。





演目

一、白浪五人男 稲瀬川勢揃いの場 (御舘中学校生徒)
二、義経千本桜 伏見稲荷鳥居前の場 (御舘中学校生徒)
三、神霊矢口渡 頓兵衛住家の之場 (柳橋歌舞伎保存会研究部)






普段なら、秋彼岸と重なり、繁忙期ということでとても行ける状態ではありませんが、今年は雨、そして彼岸の入りの前ということでなんとか時間を調整して臨場することが出来ました。



受付で差し入れの饅頭と御祝を納め、早速会場に入り観劇です。



雨の中にも関わらず、会場を埋め尽くす、入りきれないお客さんが来場され、丁度中学生の歌舞伎上演の真っ最中で、白熱した演技で、会場内は熱気に包まれていました。

また、会場内には売店が多数出展されていて、大盛り上がりです。






観光協会の資料によると、

柳橋歌舞伎は、柳橋は江戸時代、天領(徳川幕府が、直轄領地として直接支配していた地域)であったために芸能が自由に行われ、菅布禰神社の祭りに村人が芝居や歌などを楽しんでいたことが歌舞伎の始まりになったといわれています。





柳橋歌舞伎の特長は、舞台のセットから台本まですべて柳橋の農民の手で作られたものであること。

また、江戸の歌舞伎と同じく男性のみで演じられることです。 

明治時代、興行の取り締まりや規制が多くなり一時中断しましたが、昭和55年柳橋地区全戸で「柳橋歌舞伎保存会」結成して、の支援を得て復活しています。
現在では、演じる演目は「一ノ谷嫩軍記」など15を数えます。

この秋彼岸の前。

稲刈りの少し前になりますが、この時期に秋の収穫を願って、柳橋の村人が、見様見真似で芝居や歌を楽しんだと伝えられています。






平成の世になっても、目の前で繰り広げられているのかと思っただけで、是には、正直、感動しました!

かつて天領だった柳橋村の生活手ベルの高さがうかがえます。





尚、御舘小学校や御舘中学校生とも出演し伝統文化の継承に力をいれています。





御舘小・中学校は、平成18年から文部科学省伝統文化補助事業実践モデル校に指定され、御舘小・中では連携して柳橋歌舞伎の授業を行っています。

来週10月22日(日)の御舘中学校文化祭でも柳橋歌舞伎が上演されます。




この日も、会場内には、子どもたちから年配者までが、柳橋のほとんどの方々が来場され、一般公開当日の”柳橋の文化祭”的な雰囲気の中で、歴史ある伝統芸能を楽しんでいました。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:06 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::三春昭進堂雑記 |
第1回「三春の郷サイクリング大会」 Team Muratore (ムラトーレ)



第1回「三春の郷サイクリング大会」

第1回「三春の郷サイクリング大会」が開催され、三春昭進堂の天使マークのプリントされたチームジャージを着用した「Team Muratore (ムラトーレ)」も出場されました。

ご縁がありロードレースを、ご兄弟、そしてご家族で楽しまれている郡山在住の橋本様から、ジャージを造る際の当店のロゴマークを入れたいとのお申し入れがあり、二つ返事をさせていただきました。






そして今回のサイクリング大会にもお誘いを申しあげて今回の出場となりました。




今回は、弟さんではなくご友人の方とご一緒の参加ということですが、そのご友人の方は前日には猪苗代のレースにも参加しての2連チャンのサイクリングということになります。

尚、Muratoreとはイタリア語で”レンガを積み、漆喰をぬる職人さん”という意味で尊敬される職業だそうです。





曇り空の日曜日、午前11時ごろに三春城下新町を通過ということです。





その時間には、当三春昭進堂のマスコットである豪栄道君も、店の前にスタンバっていまして、「がんばれー!」「がんばれー!」と声援を送り、鈴なりになって通過する出場選手のみなさんを激励しています!







選手の方々から手を振られたり、ベルを鳴らされたりしているのもで、おおはしゃぎです!







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:15 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::三春昭進堂雑記 |