CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




劇団 きのこ集団プロトマス 第6回POP演劇祭特別公演 「知らない人のことを追いかけたら犯罪なんだぞ!」








劇団 きのこ集団プロトマス 第6回POP演劇祭特別公演

「知らない人のことを追いかけたら犯罪なんだぞ!」

終演しました!







御来場されたお客様、ありがとうございました!!

今回は、漫才エッセンスをふんだんに盛り込んだお笑いを中心としたコント仕立ての舞台です。






この舞台で21のシーンで構成され、役者は4人ですが一人4役をこなします。



次男坊の一番好きなジャンルでの舞台で、来場されたお客さんには楽しんでいただけたかと思います。!











劇団名の「プロトマス」とは、試すを意味する「プロト」と集団を意味する「マス」という意味が込められていますが、その劇団名の通りに毎回様々な実験的演劇を繰り広げています。






















きのこ集団プロトマスの東京公演が決定しました。
9月17日と18日の2day's公演です。
場所は新宿区山吹町にあるカフェ併設の劇場「絵空箱」新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)







詳細はこれからですが東京公演にチャレンジです。

時間がありましたら足を運んでいただければ幸いです。

演劇好きの、更にはメディア関係者の友人・知人などで東京近郊にお住まいの方がおりましたら是非お声がけをお願いいたします。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:16 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::劇団 きのこ集団プロトマス |
きのこ集団Protomass 第5回公演『なんでもない、なんでも......』於郡山市公会堂




当家の次男坊成知(なりちか)が座長を務める演劇集団です。

きのこ集団Protomass 第5回公演『なんでもない、なんでも......』於郡山市公会堂

脚本・演出 髙橋 成知







親が言うのも何ですが、次男坊の成知(ナリチカ)ワールド全開の芝居でした。

新潟の大学に在学していますが、他の大学生も、宇都宮や千葉、東京などから毎週のように郡山に稽古のために帰っての演劇活動。

そして、春休みに入ってから毎日稽古稽古・・・

直前まで台本を手直ししながら迎えた本番です。


さらには、テーマが思いだけに初日と2日目で演出を変化させて軽やを追加していました!







今回の舞台は、ストーリーが論理的に進行せずかなりぶっ飛んだナンセンス・ブラックコメディ

登場人物の会話が噛み合わず、役者の長セリフの中に、昭和アイドル歌謡をエッセンスとしたコント仕立てての一人舞台を思わせる場面展開!









あらすじ

自殺件数の増加に悩むとある地区。
この問題を解決すべく住民による会議が幾度も行われたが、話し合いはいつも上手くいかない。
蜂駆除業者の謎の自殺を契機に、会議が再び行われることになった。
しかし、話し合いにおける奇妙なルールや予期せぬ訪問者の登場により、 会議者たちは困惑を隠せずにいた。

会議が進むにつれて、困惑は更に深まり続けるばかりで...

他人を理解するには、嫌気がさすほど自分自身に苦しんでいなければならない。
というのも、こういう嫌気は健康の兆候であり、自分の悩みに囚われないための必要条件であるから。







物語の展開を追うことが難しく、意味不明なモノが出てくる、立場や役職が人間を作り出し、笑いと不条理が心地よいテンポで展開して、ストーリーの根幹を外さなない・・・・面白さを倍増させています。


当人もそうですが、キャスト・スタッフの皆さんすべてが満足していたようです。

何より自分たちが楽しんで芝居をしているという楽しさがこちらまで伝わってきます。







長男坊は長男坊のスタンスで、そして次男坊は次男坊の・・・


子供たちにはいつも楽しまさせてもらっています!

親になってよかったと思う楽しい時間をありがとう~ !










春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:54 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::劇団 きのこ集団プロトマス |
次男坊が成人式を迎えました。



おかげさまで、次男坊が成人式を迎えました。


20歳・・・・当たり前でのことですが、生まれてから20年ですね。

早いものです。


様々な方に出会い、刺激を受けながらある意味真っ直ぐに成長してまいりました。








東日本大震災の年に小学校を卒業し








一昨年より新潟大学に通っています。





ビートルズに出会い


稲川淳二さんに憧れて


イエローマジックオーケストラにハマり







ラーメンズ&小林賢太郎に憧れて






真照寺住職にギターを習い

小川ロンさんと出会い









なんにでも興味を示しています。


そして、寺山修司さんに会ってしまって〜 唐十郎さんへまっしぐら〜〜








演劇集団「プロトマス」を主宰し、ボイスパーカッションのユニット・そしてソロで大会に出場し、DJサールル・・・ まあ多趣味で学生生活を謳歌しています。





そして、二十歳を迎えて酒も覚え・・・ 







先の馬場の湯温泉「若松屋旅館」で開催されたyammyのライブ打ち上げでは、諸先輩方から数々の助言をいただいていたようです!





新潟での学生生活では自炊に精を出しお金の掛からない息子です。







安心して任せられる長男坊とは正反対で、危なっかしいところはありますが、それはそれで将来が楽しみです。

まあ、夫婦ではどちらの家に似たのやら~と~


とにもかくにも、成人いおめでとうございます。


人生って案外長いよ~

そして、大人って案外楽しいもんだよ~


メエいっぱい好きなことをやってみな~







真照寺様、磐梯造園三春様はじめお世話になっている方々からお祝いをいただきありがとうございます。


今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:11 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::劇団 きのこ集団プロトマス |
『タイヤは夜の向こう』 きのこ集団Protomass第4回公演





『タイヤは夜の向こう』きのこ集団Protomass第4回公演

当家の次男坊の主宰する劇団です。



郡山公演二日目に観てまいりました。

親が言うのも何ですが、次男坊の成知(ナリチカ)ワールド全開の芝居でした。


一つの舞台を二つに使い分け、舞台を3っつに分割して、それぞれ役者がペア・トリオとなってそれぞれの空間で漫才チックなコント仕立てのボケツッコミ、そしてそれらが入れ替わるという言葉遊びや、その中でもオカルト的な要素を取り入れたり、一人だけ現実(今の時間)をキープしながらお話は進んでいくという舞台を熱演していました。
この手法が、舞台を、幾重にも重なり、緊張感のある場面展開の中で、何倍にも大きく見せてくれて、あっという間の90分でした。


成知曰く…
ナンセンスコメディとか前衛劇とかの類で、対話形式で色々難しいこととか無茶苦茶なこととか話したり、突飛なことが起こって大変ダァってなったりする……みたいなのを作ってます。
そして、ゆくゆくは「ムムッ!福島に行けば面白い演劇見れるんじゃなぁい!?」と言われるようになり、お客様が各地から福島に足を運んできてくれる。
福島の活性化にちょこっとでも貢献できる。
んでもってお金をフヒヒ……なんて目論んでます。







きのこ集団Protomass公式ホームページより




公演概要
脚本・演出 髙橋 成知
キャスト たつろう
圓谷 颯
佐藤 夢子
大江 優花
渡邉 麗奈
飛田 ことみ
島倉 拓士
東洲斎 竹蔵
櫻井 孝樹
新良貴 飛梁

裏方 舞台監督:稲田 清香
照明:二瓶 碧
音響:髙橋 成知
宣伝美術:大江 優花
制作:島倉 拓士
進行管理:二瓶 碧
舞台補佐:熊田 康太








きのこ集団Protomassとは、日本の新人演劇集団。
2015年冬、福島県郡山市の高校演劇部有志を中心に結成し、2016年5月『出口はどこかにある』(作・演出:髙橋成知)で旗揚げした。
福島県郡山市を中心に活動しているが、仙台や横浜、京都でも上演したい、という思いを胸に日々惰眠。
















春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:56 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::劇団 きのこ集団プロトマス |
演劇組 きのこ集団 プロトマスProtomass  第2回公演 開演!



演劇組 きのこ集団 プロトマスProtomass  第2回公演

「何でもない!何者でもない!はずなのさ......」!

最強の""""不条理""""集団が福島上陸


息子が組長を務める、演劇組 「きのこ集団 プロトマスProtomass 」の第2回公演 が郡山市公会堂で開催されました。

私たち夫婦も、祖母とその友人、そして当店スタッフを引き連れて観劇してきました。


会場となる郡山市公会堂は超満員のお客さんが来場されていました。





このきのこ集団Protomassは、福島県中の10代で結成した演劇集団で、大学一年生から高校生も2年生と3年生が在籍し、総勢13名の劇団です。






大学生では、当家次男坊が新潟大学、そのほかの大学生も郡山の日大工学部そして宇都宮大学などに分散していますが、夏休みや土日を利用して、様々な場所から郡山に集結して練習を重ねています。

高校生も、安積黎明高校、安積高校、郡山東、郡山商業など高校演劇部の垣根を越えて結成されています。






自分が書き上げた作品・シナリオ、そして演出、出演をこなす息子。

受験勉強と並行して書き上げた作品です。


進学のため新潟へ行っていますが、時折帰ってきては打ち合わせや公演準備を重ね、五月の連休には新町字事務所で合宿(宿泊は弓町のおばあちゃん家)、お盆には真照寺で合宿です。


各位には大変お世話になりました。

そして、この夏休みの2か月間、堤下公民館等で、ほとんど毎日練習とシナリオ訂正に費やした力作となっています。


そして、きのこ集団Protomassとして劇団員全員で舞台を作り上げて、大勢のお客さんを前に堂々と自分たちの目指す芝居を演じる・・・


親の私が言うのも何ですが・・・・これが妙にカッコいいんです!





カーテンコールでは、来年3月の第3回公演を発表していました。


みんなで、同じベクトルに向かって突っ走っているっていう感じですかね?






春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:29 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::劇団 きのこ集団プロトマス |
きのこ集団 Protomass POP演劇祭 特別公演 「ヌ。」 作:髙橋成知 演出:島倉拓士



第4回POP演劇祭

テーマ『つむ?くずす?』
2017.5月6日(土)~7日(日)

場所 福島テルサFTホール


タイムスケジュール
上演順/上演時間
5月6日(土)  14:00~19:00

① 14:00-15:00 劇団瞬

② 15:20-16:20 劇団空白欄

③ 16:40-17:40 きのこ集団 Protomass (福島の10代で結成した演劇集団)

POP演劇祭 特別公演
「ヌ。」 作:髙橋成知 演出:島倉拓士




<Story>
何の変哲もない集落。そこへ見慣れない土方風の男が訪れ、 住民に何かを尋ねる。 「ここらに建設現場はありませんか……。 僕はそこに行かないといけないんです……」


この台本なんだかよく分かりません。 ヌ、ダ…ぜひともお越しください。『ヌ。』

④ 18:00-19:00 劇団120○EN

5月7日日曜日 (二日目)  11:00~17:10

⑤11:00-12:00 劇団10時のおやつ
⑥13:30-14:30 劇団小池
⑦14:50-15:50 劇団※
⑧16:10-17:10 劇団アソート  

【入場料】
1day 一般 1,500円/学生 500円
2day 一般 2,500円/学生 1,000円
※2dayチケットをご購入いただくことで、全ての作品をご覧いただけます。
1dayチケットは、6日,7日どちらかの日のみご入場頂けるチケットです。

後援:福島市/福島市教育委員会/一般社団法人福島市観光コンベンション協会/福島民報社/福島民友新聞社/エフエム福島/ラジオ福島/FM-ポコ






「ヌ。」  きのこ集団 Protomass POP演劇祭 特別公演

作:髙橋成知 演出:島倉拓士となっています。

作者の成知(なりちか)は、当家次男坊です。

受験勉強の傍ら書き上げた力作。

そして、4月になり新潟から高速バスを使って郡山入りして練習を重ねた「きのこ集団 Protomass」のPOP演劇祭 特別公演です。


最終調整の5月の4日と5日は合宿、当店の目の前にある、三春城下新町の新町字事務所での練習です。



仕事がら、今回は見に行くことは出来ませんでしたが、SNSによるとこう評価の様です。

自分たちが遣りたい演劇に近づいているんでしょう・・・・今後が楽しみです。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 14:58 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::劇団 きのこ集団プロトマス |
第62回 福島県県中高校演劇連盟 春季発表大会 次男坊最後の挑戦!


先日、郡山市中央公民館 多目的ホールで開かれた、第62回 福島県県中高校演劇連盟 春季発表大会を見てきました。

私たち夫婦と、義母、そして当家御用人を自任するA君と一緒です。

A君は、幼稚園から小中学校、そして稚児行列などの催事ごと等々、子供たちが幼き頃より、何かと子供たちの行事に参加してくれています。




当家の次男坊が所属する安積黎明高校演劇部は、開会式一発目の公演となっていました。

次男坊からすれば、これが最後の高校演劇です。
本作品の作・演出・主演と力が入っていました。




寺山修司や唐十郎のアングラ演劇、さらにはコントやお笑い、そして稲川淳二さんに興味がある次男坊は、先の美輪明宏さん主演演出の「毛皮のマリー」、そして小林賢太郎さんの様々な舞台、さらには稲川淳二さんの舞台等々の鑑賞から自分のその作品にも様々な工夫が仕込まれていることなど垣間見ることが出来ました。



作品も、テーマに沿った演劇ではなく、自分たちの独自の表現がしたい!とか何とか言っちゃって挑んだ作品らしく、大変面白い舞台となっていました。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




真照寺の方丈庭園 現在の状況です


| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::劇団 きのこ集団プロトマス |