CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2021 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




紅蓮山観音寺だより 第七十六号  令和三年 九月吉日




紅蓮山観音寺だより 第七十六号  令和三年 九月吉日


島根県浜田市にある曹洞宗観音禅寺様より、「紅蓮山観音寺だより第七十六号令和三年 九月吉日」が届きました。

花吉方丈さまの「喜寿、偶作、他五偈」他、お寺の行事報告等々そして檀家の皆様方からの寄稿があり沢山あり楽しく拝読させていただきました。





諸行無常不待人  諸行は無常、人を待たず
光陰虚度恥六塵  光陰虚しく度り 六塵を恥づ
正師相見参禅決  正師と相見 参禅は決す
継続大難案鈍身 継続や大難なり 擁鈍の身

いたづらに過す月日のおおかりき
相逢究尽(そうほうぐうじん)せじ 悲しみぞ



諸行は無常にして、時 人を待たず
佛道参学に立志すれども、徒 らに光陰虚しく度りて、六塵挨の身心ぞ恥づかしき。
希有難思議かな。勿体なくも、俳法の正師に難値難遇の一大事因縁に遇う、相見相逢 を頂き、参禅の大事当処に決定なれども、継続の事これ又相続也大難なり。
果報少なき我が身の悲しみのみぞ多かりき。
癖鈍の現身なればなり。







冒頭の方丈様の仏詩「喜寿、偶作、他五偈」にはご自身の喜寿に際しての御心記された詩他、善福寺の住職となられた「与敬善福信和尚」と題された中村敬信和尚へ授ける仏詩、観音寺での修行を終えられる定岡蔵心和尚に送られた仏詩「餞蔵心和尚帰去来」などがあ、その中に懐かしいお名前を拝見しました。
もう20年前になりますが朝の坐禅をご一緒させていただいた平光疑堂和尚のお名前です 「平光孝行疑堂和尚 追懐」と題された仏詩がありました。






また、「戒名は必要なのか?」と題して方丈様による戒名の考えた方が示されていました。

戒法はお釈迦さまが、流転生死し、悩み苦しむ一切衆生を何とかせんと、救度の誓願が慈悲の紅心となりてあふれ出て、戒しめの法となりて説き示されたものであります。

我ら一切衆生は、本来悉有俳性の尊き生命をもって此の世に生れ来たにも拘らず、それとも気が付かず、凡夫身に身を持ち崩して輪廻生死しているのを憐感なされて、早く覚めなされよと、ご信心をお推めなさるのが戒法であります。

今日現在のお葬式にては、前半に戒法を授受する授戒会と、後半に告別式の故人とのお別れの式と、合せて行っております。

希しきご因縁が契うて佛教徒となったならば、例えば大地の砂の量と、抵み上げた爪の上の砂の量の多少は比較にならぬが如き、難値難遇の有難きご縁に感謝礼拝して、ご戒法を頂戴し、
戒名の俳名を拝受して下さい。

凡夫身の流転輪廻を脱落し、尊き佛身に気付き、安楽世界浄土に安心できる唯一の道であります。

詳細のお問い合せは、お寺に連絡ください。

と・・・







昨年はコロナ禍の影響があり帰省できませんが、観音寺にて直庭させていただいたことを肝に銘じ、日々精進に励みたいと存じます。

心より御礼申し上げます。

今年も行けるかどうか思案のし所です。







仏道をならふといふは、
自己をならふなり。
自己をならふといふは、
自己をわするるなり。
自己をわするるといふは、
万法に証せられるなり。
万法に証せられるといふは、
自己の身心および他己の身心をして
脱落(とうらく)せしむるなり。
道元「正法眼蔵」「現成公案」


三春城下真照寺参道 おたりまんじゅう 三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:48 | comments (x) | trackback (x) | 島根石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
紅蓮山観音寺だより 第75号 令和3年 1月吉日




紅蓮山観音寺だより 第75号 令和3年 1月吉日


島根県浜田市にある曹洞宗観音禅寺様より、「紅蓮山観音寺だより 第75号 令和3年 1月吉日」と、「立春大吉」のお札が届きました。

方丈さまの「年頭のあいさつ」をはじめ、お寺総代長、心華会会長のご挨拶から、お寺の行事報告等々そして檀家の皆様方からのの寄稿なども沢山あり楽しく拝読させていただきました。







今年は丑年に因み

牛かいの詩
一頭の雄牛ありて 御寺に来至せり
悉有俳性の教へか 不聞にして聞けり
主人公はいづこぞ 不出入の堂奥にあり
相見せんと欲せば 侍者和尚に問取せよ
余習門前に出入し 隣家の田畑を荒す
手綱引き鞭を打つ 煩悩を断ち妄想捨つ
幾たびか骨折りし 帰家穏坐し安楽たり
牧牛幾年月ぞ 安心自由無礎なり
悉皆成佛発り 同時成道と落着けり
そは鉄漢なりしか







また、方丈様が、昭和44年当時修行された官養庵参玄室老師から「安楽の涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)」を示した玄米食の教え「玄米食 噛む効果」をお披露されています。


・冬爪ワレセズ ・冬カカトアレズ ・冬手カジカマズ
・夜カラマズ ・炎症オコサズ ・ 熱発セズ
・風邪ヒカズ ・鼻汁出ズ ・目方アレドモ太ラズ
・毛太ク強クナル ・睡眠五時間以下 ・傷口化膿セズ
・リズム食ガ判ル ・夏マケセズ ・陽性ニナル
・腹ヘラズ ・便通ヨシ ・頭ハゲズ
・視力強クナル ・間食ナクナル ・神経太クナル-
・安心ヤスシ 脈良好 ・腰冷エズ ・歯強クナル
・冬暖シ ・自己ノ波長ガワカル ・無意識能力マス
・執着セズ ・集中力抜群マス ・呼吸深クナル ・毒物浄化排出マス



お坊さんは、食事をする時は、当然法衣を着、お袈裟を掛け坐禅したままで偈文を諷誦して玄米を一口最低30回から100回は奥歯でよく噛んで食べると食事の時間が小一時間かかります。
一口口に入れたらお箸を一旦置いて、おしゃべりも止めて噛むことに集中してください。







また、弟子である善福寺中村敬信様、定岡蔵心様、近藤蓮花様をはじめ大勢の方々の寄稿があり楽しく拝読させていただきました。

昨年は、新型コロナの影響で、帰省できませんでしたが、今年は帰れると思います。

山陰浜田は、三春より約1200キロほど離れておりおいそれとは参禅することはかないませんが、時間をつくって参禅したいと思っております。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

春陽郷三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:16 | comments (x) | trackback (x) | 島根石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
紅蓮山観音寺だより 第74号 令和2年 9月吉日





紅蓮山観音寺だより 第74号 令和2年 9月吉日


島根県浜田市にある曹洞宗観音禅寺様より、「紅蓮山観音寺だより 第74号 令和2年 9月吉日」が届きました。


例年、夏休みには浜田に帰省して、花吉方丈様の元で参禅させていただいていましたが、今年はコロナの影響も考慮してまだ行けていません。


年内には伺いたいとは思っていますが、コロナの状況次第です。








三春同様、浜田でもまだ新型コロナに感染した方が0人ということで、安心はしています。




山陰浜田は、三春より約1200キロほど離れておりおいそれとは参禅することはかないませんが、時間をつくって参禅したいと思っております。








文中、近藤蓮華和尚の寄稿があり、静岡県袋井にある曹洞宗修行道場「可睡齋専門僧堂での四年に及ぶ修行を終えて観音寺に帰山された由。

また、観音寺の副住職となられた事、誠におめでとうございます。


今後ともよろしくお願いいたします。



観音寺だより本号の冒頭に記された方丈様の医療従事者に対する感謝の仏師をご紹介させていただきます。





医王成佛現
白服急観音
誓願施安楽
治愈救生心

医王 成仏を現じ給う
白服の観音さま急しし
誓願す安楽を施さん
治愈救生の心



医王仏さま出現す 衆生無辺誓願度せん
安楽浄土拝まん 山深く緑濃やかなり
薬師如来さま 応病与薬し給う
無病に気付きなされ 紫陽花笑う
白衣観音さま 自未得度先度他忙し

和顔愛語慈しむ 山百合花香しし
白衣観音さま 世界を飛び回り
十一面におなり 千手で救度なさる
七夕星祭り 治療医 治す
予防医 防ぐ 無病安心 覚む







今年はコロナウイルスで地球顛倒し、医療従事者の皆様の御苦心労苦、いかばかりかと拝察申し上げます。

穆清 拝



「無所得にし去れ。 蔵心しろと。 それ無償の献身でやてみろ」

方丈さまも雲水時代に老師様から叱咤された教えとして記されていました。


参禅の折に朝の接心にて方丈さまよりご教授いただく教えです。


理解は易く、行いは難しです。


日々精進と心がけ「無所得にて去れ」を探求したいと思います。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 06:06 | comments (x) | trackback (x) | 島根石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
紅蓮山観音寺だより 第73号 令和2年 2月吉日




紅蓮山観音寺だより 第73号 令和2年 2月吉日


島根県浜田市にある曹洞宗観音禅寺様より、「紅蓮山観音寺だより 第73号 令和2年 2月吉日」が届きました。







方丈さまの「年頭のあいさつ」をはじめ、お寺総代長、心華会会長のご挨拶から、お寺の行事報告等々そして檀家の皆様方からのの寄稿なども沢山あり楽しく拝読させていただきました。


「朝参りの勧め」と題して観音寺監寺から、本堂に上がって御本尊様、お釈迦様への参拝の勧めが記されていました。


朝の散歩がてらのお墓参りの時にぜひ本堂に上がって御本尊様にお参りください。

尚、観音寺では毎朝4時より座禅、5時より朝の勤行をしています。

参禅はもちろんご自由にお上がりいただきお参りができます。

どうぞお越しください。

また、春四月の降誕会、夏八月の施食会、秋九月の高祖忌祠堂法要、初冬十一月の宗祖忌と年四度の法要のご案内も併せて記されています。





山陰浜田は、三春より約1200キロほど離れておりおいそれとは参禅することはかないませんが、時間をつくって参禅したいと思っております。







本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:31 | comments (x) | trackback (x) | 島根石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
「紅蓮山 観音寺だより」第72号(令和元年9月吉日発行)が届きました。



「紅蓮山 観音寺だより」第72号(令和元年9月吉日発行)が届きました。

冒頭の「只今観音寺」方丈様の寄稿住持 穆清(雅号)には、「お慈悲と行持」と題されて典座のお布施、不染汚(ふぜんな)の浄行、そして、一文不知(いちもんふち)の御信心の功徳が記されていました。






典座のお布施

不暁不露の御台所 おゝ忙しし
エプロンの観音さま
包丁の音 軽やかに お鍋 沸騰す
身土不二の作食が 安らけき願をこめて
法喜禅悦食に飽満し 和顔寂静たらん
穆清

方丈さまは、「御台所のお仕事を典座(てんぞ)と申しますが、典座の働きがご信心の佛行に転じたれば、食材も調理人も道具もみな佛さまのお仕事となると、それを浄土と申します。」とご教示されています。
日頃から台所を司っている女房殿へあらためて感謝の意を示し背筋を伸ばして拝読いたしました。








不染汚(ふぜんな)の浄行

開枕罷(かいちんは)の東司掃除(とうすそうじ) 密やかに
玉襷(たまだすき)の観音さま
清々と御厠は 光明発つ
潜行密用は無功に 陰徳積みませり
浄穢不二(じょうえふに)と解脱して 浄土現わる
穆清

修行道場の雲水衆のリーダー首座和尚が行すべき大切な修行の一つに、夜就寝後、修行僧が寝ている間に一人静に東司、お便所掃除を密かに行ずることがあります。
方丈さまは、明治の高僧西有禅師を例に挙げてご教示されています。
西有禅師は八十才まで東司掃除をなされていて、お弟子方が遣らせていただきますと申し上げると、貴様にはまだ東司掃除は出来ぬと云われ、何故ですか?と申し上げると「浄汚の二見、煩悩がまだ解脱しておらぬから」と一言策励されております。
きれい汚いを超越してお掃除をし、私がお掃除をしていますよと見せず密やかに掃除をして、陰徳を積みたいものであります。








一文不知の御信心

宏大無辺のお経一句知らずとも ただ手を合わす
南無南無の観音さま
御佛の御座す御堂に畏まり ひたすら拝む
一切衆生悉皆成仏(いっさいしゅじょうしっかいじょうぶつのお示しあれば あな有難し
恭くも御佛に拝まれし 我が凡夫身なるぞ
穆清

因縁を見つけお寺にお参りください。
本堂に入り佛さまの尊前にしばらく畏まり頂き、合掌礼拝申し上げてください。
遠慮なく思いの丈、煩悩をお話しなされ
御佛さま 慈悲心は無量無辺にて全てをお聞き届けくださいます。
微笑て瞬き、手を差し伸したまう・・・

我ら一切衆生、皆なことごとく成佛しおりと、早く気付き覚めよとお示しあれば、あな不思議。







われら凡夫が佛さまを拝むから救ってくれる前に 佛さまが先に我ら凡夫を拝んでくささっています。私たちが拝むことを得れば 尊き良結縁があります。
さてお彼岸です。
お寺に参って御本尊様の尊い前でしばし拝んでみてはいかがでしょうか?









春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:46 | comments (x) | trackback (x) | 島根石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
紅蓮山観音寺だより 第71号 平成31年新年 1月吉日



紅蓮山観音寺だより 第71号 平成31年新年 1月吉日


島根県浜田市にある曹洞宗観音禅寺様より、「紅蓮山観音寺だより 第71号 平成31年新年 1月吉日」が届きました。



秋分の日と新年月号との合弁号となっています。



今回から、編集長が俵保恵様なった旨が記されていました。

この観音寺だより発行の任を担う観音寺教化会役員の方々には、その労に対しまして心より御礼申し上げます。
また、長い間に数多くの編集に携わった方々がいるかと存じます。

重ねて、心より御礼を申しあげます。







念頭にあたりて

佛教徒の願い
佛さまに まみえん 
山門を通り 手を洗い
口を漱(すす)ぎ 礼拝申さん 
合掌を捧げ 本尊前に畏(かしこま)り
南無釈迦牟尼佛
佛音(ぶつとん)を称敜(しょうねん)せん 
身心調ひ 大安楽なり あなかしこ

自未得度先度他の ご誓願ぞ
如来さま 此に出まします
御懐に抱かれし 吾(あ)そ
かたじけなくも有難し 涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)なり
佛恩報謝に催され 細やかなれど
ただひたすらに 御奉仕申さん
御堂 清掃浄め奉らん
御斎 供養作食(さじき)申さん
御信心の道 手とり合て歩み申さん
皆ともに 華蔵世界(けぞうせかい)お浄土を建立申さん
住持 穆清 







今日地球上に人間娑婆世界は、科学が発達し社会制度も調い、物資的生活も豊かに暮らせるようになりましたが、そこですべての人々が心安らかに平安な日々を送っているかと云えば、相変わらず何千年の間無明流転、混迷凡夫の日暮しであります。

その中でお釈迦さまの佛教のみが、唯一絶対の安楽浄土の生活で暮らせる道をお説きなされております。

どうぞ、その佛さまにめぐり遇い頂いて、ご安心の日々をお過ごし頂くようお願い申します。


観音寺方丈花吉道久老師のご挨拶より








昨年は、五月の連休明け、夏のお盆明け、そして、10月中頃の2回ほど浜田に帰省するご縁をいただきました。

三春から、山陰石見の浜田までは約1200キロ、日本海ルートを高速道路で10時間くらいかかります。

せめて京都ぐらいならもう少しの頻度で帰れるんですが・・・






観音寺門前に家内の実家があり、近年その老朽化も進み、その補修修繕のために帰省しています。
其のたびに観音寺様にて朝の参禅に参加させていただいています。





平常心是道と禅では教えています。

仏道といっても特別なことは何もありません。

日常生活の全てが仏の教えそのもので、日々の事柄ひとつひとつに真剣に向き合い、こなしていくことこそが、正しい、しかも唯一の生き方となると方丈様に教えていただきました。





息子とその友人、そして、三春城下の看板や根本看板店の専務と~





また一つ、心が洗われました。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍






| ryuichi | 05:00 | comments (x) | trackback (x) | 島根石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
紅蓮山観音寺だより 第70号 平成30年新年 1月吉日




紅蓮山観音寺だより 第70号 平成30年新年 1月吉日


島根県浜田市にある曹洞宗観音禅寺様より、「紅蓮山観音寺だより 第70号 平成30年新年 1月吉日」が届きました。







方丈様の年頭にあたりを拝読しますと、檀信徒向け会報誌である「観音寺だより」は昭和56年正月第一号発刊から、37年続いたとありました。

この70号という節目の発刊には、心よりお喜びを申しあげます。


また、長い間に数多くの編集に携わった方々がいるかと存じます。

重ねて、心よりお喜びを申しあげると共に、御礼を申しあげます。






昨年は、夏のお盆明けと台風一過の10月中頃の2回ほど浜田に帰省するご縁をいただきました。






夏の帰省の折には、子供たちや義母と予定が合わず、帰省をあきらめていました。

しかし、浜田新真光町の義父方の家補修修繕や、津和野にある義母方のお墓掃除が気がかりで夏休みを利用して一人帰省させていただきました。






十月の帰省は、夏に下調べをしていた修繕箇所を、根本看板店お根本専務、そして、本ハウスメーカー勤務のポリシス山口代表の3人での2泊3日弾丸ツアーでした。





夏の参禅の折には、趙州和尚「盋盂洗鉢(ほうせんばつ)し去れ」をご教授していただきました。
腹一杯ご飯を頂いたなら、食器をきれいに洗っておきなさい
これは、食事の際には真剣に食を頂く。
食後に真っ先にやるべきことは、いただいた器を真剣に洗うという当たり前の事・・・・。即ち、目の前のことに手を抜くことなく真剣に向き合うということ。

ただこれだけのことだが、こういうことが自然に無心にちゃんとやれているかどうかが修行僧には大事なことなんです。






そして、秋の家の補修の際には「喫茶去」

帰り際、出発前のあわただしさの中、方丈様の下へご挨拶に行った際、あえてお茶を勧めていただきご馳走になってきました。

私が、疲れのせいで朝の参禅に来れなかったことを悔やんでいるだろうと、強いてお茶を勧めてくれたんだろうと解しました。


喫茶去(きっさこ)はと“まあ、茶を飲みなさい”ということですが、方丈様は、お茶を飲む、家の修繕をするこれらすべての日常生活の中に仏道修行があるということを教えようとするものです。

正に禅でいう「修行こそが悟りであり、悟りこそが日々の修行」ということを教えていただきました。






観音寺だより70号にもありましたが、「一切衆生悉有佛性」そして、精進料理の教えを教えていただきました。


平常心是道と禅では教えています。

仏道といっても特別なことは何もありません。
日常生活の全てが仏の教えそのもので、日々の事柄ひとつひとつに真剣に向き合い、こなしていくことこそが、正しい、しかも唯一の生き方となると方丈様に教えていただきました。

また一つ、心が洗われました。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:39 | comments (x) | trackback (x) | 島根石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |