CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




紅蓮山観音寺だより 第70号 平成30年新年 1月吉日




紅蓮山観音寺だより 第70号 平成30年新年 1月吉日


島根県浜田市にある曹洞宗観音禅寺様より、「紅蓮山観音寺だより 第70号 平成30年新年 1月吉日」が届きました。







方丈様の年頭にあたりを拝読しますと、檀信徒向け会報誌である「観音寺だより」は昭和56年正月第一号発刊から、37年続いたとありました。

この70号という節目の発刊には、心よりお喜びを申しあげます。


また、長い間に数多くの編集に携わった方々がいるかと存じます。

重ねて、心よりお喜びを申しあげると共に、御礼を申しあげます。






昨年は、夏のお盆明けと台風一過の10月中頃の2回ほど浜田に帰省するご縁をいただきました。






夏の帰省の折には、子供たちや義母と予定が合わず、帰省をあきらめていました。

しかし、浜田新真光町の義父方の家補修修繕や、津和野にある義母方のお墓掃除が気がかりで夏休みを利用して一人帰省させていただきました。






十月の帰省は、夏に下調べをしていた修繕箇所を、根本看板店お根本専務、そして、本ハウスメーカー勤務のポリシス山口代表の3人での2泊3日弾丸ツアーでした。





夏の参禅の折には、趙州和尚「盋盂洗鉢(ほうせんばつ)し去れ」をご教授していただきました。
腹一杯ご飯を頂いたなら、食器をきれいに洗っておきなさい
これは、食事の際には真剣に食を頂く。
食後に真っ先にやるべきことは、いただいた器を真剣に洗うという当たり前の事・・・・。即ち、目の前のことに手を抜くことなく真剣に向き合うということ。

ただこれだけのことだが、こういうことが自然に無心にちゃんとやれているかどうかが修行僧には大事なことなんです。






そして、秋の家の補修の際には「喫茶去」

帰り際、出発前のあわただしさの中、方丈様の下へご挨拶に行った際、あえてお茶を勧めていただきご馳走になってきました。

私が、疲れのせいで朝の参禅に来れなかったことを悔やんでいるだろうと、強いてお茶を勧めてくれたんだろうと解しました。


喫茶去(きっさこ)はと“まあ、茶を飲みなさい”ということですが、方丈様は、お茶を飲む、家の修繕をするこれらすべての日常生活の中に仏道修行があるということを教えようとするものです。

正に禅でいう「修行こそが悟りであり、悟りこそが日々の修行」ということを教えていただきました。






観音寺だより70号にもありましたが、「一切衆生悉有佛性」そして、精進料理の教えを教えていただきました。


平常心是道と禅では教えています。

仏道といっても特別なことは何もありません。
日常生活の全てが仏の教えそのもので、日々の事柄ひとつひとつに真剣に向き合い、こなしていくことこそが、正しい、しかも唯一の生き方となると方丈様に教えていただきました。

また一つ、心が洗われました。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:39 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
「紅蓮山 観音寺だより」第69号(平成29年9月吉日発行)



「紅蓮山 観音寺だより」第69号(平成29年9月吉日発行)が届きました。

冒頭の「只今観音寺」方丈様の寄稿住持 穆清(雅号)には、「禅寺と掃除作務」と題されて掃除の功徳が記されていました。

草取とけよと、雲水の仕事として命じられています。
それはただの雑草取りではなく、一草取り除くごとに煩悩妄想の草を取り除いているんだと老師は教えています。




 
禅宗の掃除についての考え方は、汚れていれば美しくすることはもちろんですが、汚れの有無にかかわらず、日々清掃することが修行であり、掃除が日課とされています。

夏は草の成長が早く、取っても取っても直ぐに生えてきます。

秋には、落ち葉が・・・

冬には、雪が・・・

春には・・・

というように、かくのごとく雑念もまた然りです。

このように人々の心の中に生えてくる様々な煩悩妄想や雑念は振り払っても直ぐに湧いてきます。

その煩悩妄想などの雑念という”雑草”を毎日取り除くのが修業です。

そして、取り除くことによって佛性が出現するとご教授していただきました。






これは夏の草取りだけではありません、家や店舗は今生における修行の場ですので、毎日掃除をして不染汚(汚れなき清らかな場所)を保ちなさい。
そのために毎日の掃除は欠かしてはいけないということなんだと思います。
正に、日々掃除するのは、掃除そのものを不染汚の修行としているからということなんですね。

また一つ心が洗われました。




今回も38ページにも及ぶ編集作業。
編集に携わっている小笠原正克様はじめ編集員の方々には大変お疲れ様です。
お陰様で、楽しく拝読させていただいています。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:32 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
「紅蓮山観音寺だより」 第六十八号



島根県浜田市の曹洞宗紅蓮山観音寺さまより、観音寺暦、「立春大吉」のお札と共に、平成29年1月吉日発行の「紅蓮山」観音寺だより第六十八号を受領いたしました。




方丈様、そして板野総代長はじめ総代の皆様方からの新年のあいさつから始まります。

方丈様からの年頭にあたりてでは、夏の参禅の折にはいつもお世話になっている定岡蔵心和尚の伝法式、そして竹原祖燈和尚の静岡焼津の旭伝院さまへの掛塔されたことが記載されていました。




おめでとうございます。


また、夏の帰省の際にはよろしくお願い致します。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 05:23 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
紅蓮山観音寺だより 第六十七号 秋彼岸



島根県浜田市真光町にある曹洞宗紅蓮山観音寺様より、同寺季刊誌「紅蓮山観音寺だより 第六十七号」が届きました。

今回は、平成二十八年五月、三隅郷海蔵山龍雲寺にて挙行された、野原真承様の晋山式関連の寄稿がたくさんありました。




先の浜田帰省の折には、遅ればせながら晋山式のお祝いをいたしたく、龍雲寺にお邪魔して、真承方丈様にお目にかかりお祝いを述べさせていただいたところでした。

また、同行した家族一同で「平和の鐘」を鳴らさせていただき、晋山の祝いと世界平和を祈願したところです。


龍雲寺第四十四世住職 おめでとうございます。




冒頭の「只今観音寺」の中でも、観音寺の方丈様からも、龍雲寺の晋山式の模様が詳しく紹介されていました。


薦福發心尊出家

正傳眞海相承嘉

龍雲結夏安吾坐

願度衆生來喫茶






また、昨年の夏に、お土産だけでもと思い、龍雲寺様を訪れました折に、お世話いただいた紅心近藤蓮華さまの、静岡可睡斎僧堂での修業の様子も紹介されていました。



雲遊可睡入僧堂

求法参禅正覚場

不会相伝興志気

無量誓願度生忙





編集後記を読みました、永年観音寺だよりに携わっておられた長岡昭夫さまが、引退とのこと・・・・長年に渡り事務局そしてカットの挿絵ありがとうございました。

浜田より1200キロ離れた東北三春の地でも楽しく読んでいました。

本当にお疲れ様でした。




夏の参禅の折には、観音寺方丈様はじめ、寺住の皆々様には大変お世話になりました。

観音寺で直庭させていただいたことを肝に銘じ、日々精進に励みたいと存じます。

心より御礼申し上げます。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
紅蓮山観音寺だより 新年 第六十六号


島根県浜田市の曹洞宗紅蓮山観音寺さまより、平成28年1月吉日発行の「紅蓮山」観音寺だより第六十六号を受領いたしました。

今回は、方丈様、そして小笠原総代長の新年のあいさつから始まります。



寄稿では、野原和尚が住職を務めている浜田市三隅龍雲寺に「平和の鐘」を移設した寄稿が多数あり、参加された方々の寄稿があり、いつもの観音寺だより、加えてより一層楽しく読まさせていただきました。



三春昭進堂 髙橋龍一

| ryuichi | 05:44 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
「紅蓮山」観音寺だより第六十四号~平成27年1月


島根県浜田市の曹洞宗紅蓮山観音寺さまより、平成27年1月吉日発行の「紅蓮山」観音寺だより第六十四号を受領いたしました。

今回は、新年のあいさつに加え昨年十月の挙行された「お授戒」の特集記事が組まれ、参加された方々の寄稿があり、いつもの観音寺だより、加えてより一層楽しく読まさせていただきました。

御菓子 三春昭進堂 髙橋龍一

| ryuichi | 05:23 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |
紅蓮山観音寺だより 第六十三号 


島根県浜田市の観音寺さまより季刊誌「紅蓮山観音寺だより」第63号が届きました。

来月開催される、方丈さまより島根県曹洞宗石見祖門会主催による「一名華藏会」~お授戒会~の案内が記され、先月、お世話になった竹原祖燈和尚の寄稿「典座修行に逢う」などが掲載されていて楽しく拝読させていただきました。



毎度ながら事務局の皆様には大変なご苦労と存じますが、読者のため頑張ってくださいますよう心よりお願いと御礼を申し上げます。

また、方丈さまよりの佛詩「お茶とおたり饅頭」を頂きまして心より御礼申し上げます。




「一名華藏会」~お授戒会~のお知らせ

今秋、島根県浜田市の曹洞宗紅蓮山観音寺さまで、曹洞宗島根教区石見祖門会主催による「お授戒会」と呼ばれる「一名華藏会」が加行挙行される運びとなりました。

平成二十六年十月八日 (水) 受付午前八時 〜 十月十二日 (日) 正午までの五日間。

戒を受けることは、お釈迦さまのお弟子となり、真の仏教徒としての自覚を持ちながら、仏心の花を開くことです。


「石見祖門会」授戒会活動について
石見祖門会は、石見曹洞宗百三十ヶ寺中の有志の方丈さま方々のかいであります。

その期する方針は、
一、 道元禅師高祖道の賛仰と履践を冀う
二、 佛道の慕古と考順を願う
三、 佛法和合僧に住して、尊貴奉重なさんと行動する。

その祖門会にて、お授戒会が石見にて長らく三十年来開催されておらず、そこで、どこでも(小院小寺)、誰でも(自戒師)、いつでも(最小限予算の手作り)出来る五日間、登壇、本脈、完戒上堂、お授戒会の開筵を発願するものであります。

一、 佛法教化の根源たる戒法の授受、佛法の種蒔きであります。
二、 授戒行法進退を伝承し、後継者僧の育成を目指すものであります。

● 第一回は、観音寺を道場とし、堂頭和尚を戒師、説戒師を兼ねる。
● 最小限人数でも可能にするために、直壇、知殿、室侍、説教、梅花等を習儀会得して、相互に協力奉仕して運行荷担する。
●経費は戒金にて運営し、謝誼なし。
●第四教区檀信徒を中心とし、優婆塞二十名、優婆夷二十名。
●参籠、外出を原則禁止する。
  ●粥斎戒弟と共に展鉢し、中食に供養を行じる。
  ●典座寮にて造食する。
  ●三千佛名拝写納する。
  ●五条衣把針し拝受し、登壇時に着用す。



観音寺だより 冒頭住持挨拶より




| ryuichi | 05:00 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |