CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2018 - 05  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




春の笠石八幡参詣 2018

(2018.4.12撮影)


瀧桜も散り、観光のお客様への花見だんごも一段落した先日、時間を見て三春昭進堂の創業者でもある、おたりさんの生家旧根本村にある「笠石八幡宮」。

ひと月にわたる春の花見商戦大盛況御礼と端午の節句商戦における商売繁盛、そしてシーズン中の無事を祈願に詣でました。







散り始めとはいえ初めて満開の桜に中で参拝しました。

八幡様に感謝ですね。


参道に広がる古墳のような小山に植えられた桜たちも、若葉が生い茂りお天道様の日差しに、生命の有難さを満喫しているようにも見えます。

いつ行っても、心身を洗い流すような、爽やかな風が通り抜け、とても居心地の良い気持ちのいい場所です。

きっと、頑張って商いをしている私たちを”おたりさん”が褒めてくれているんでしょう。






当三春昭進堂の創始者おたりばあさんの亭主は、民四郎と云います。

込木は柳作の本家から苗字とこの場所を頂いて分家しました。






子供の時分より講釈と物書きが大の得意で、畜産組合の書記・庶務や、目の前にある庚申坂新地の遊廓でも、会計や伝票書きの仕事を手伝う傍ら、酒席が大好きらしく、座敷に入っては太鼓持ちをやっていたと聞き及んでいます。

また、民四郎さんは、政治や時事論が好きで、昼間から客と論じあっていたようです。





髙橋タリの名前も見えます。




その間、おたりばあさんはせっせと饅頭や豆腐等で商いをして、10人の子供を育て上げました。

お世辞にも可愛いとか綺麗という賛辞の語は見当たりませんが、苦労が顔に滲みこの人に人生ありの素敵な尊顔です。




皇紀二千六百年記念石板には息子の髙橋伝蔵の名前も刻まれています。








笠石八幡宮

柳橋海道から駒枝に抜ける途中の集落沿いにあります。

道路沿いに、木の鳥居があり、うっそうとした杉木立に覆われた境内には、本殿を取り囲むように巨岩が累々と積み重なっています。

小さな社殿の横から上方に掛けて、数体の岩が顔を出し、最上部に巨石が鎮座しています。







昔、八幡太郎源義家が安倍一族討伐の時、根本村に立ち寄ったところちょうど村では麻疹が大流行で村人たちは大変困っていた。

これを聞いた義家は、「それは大変だ。その悪魔を征伐してやる」と、笠石八幡の場所より南西の天目がけ、馬上より鋼弓に一矢をつがえて射放した。

麻疹の悪魔もその威勢に恐れて退散したのか、重い麻疹も急に快復した。

今も射放した場所には、馬蹄の跡が石についており、放たれた矢は、遠く堀越村の井堀に落下して井戸となったという。
この間を「一矢間(ひとやま)」と伝えられている。

笠石八幡の祠に至る前に、二つに割れた石の胎内くぐりがあって、笠石と呼ばれる巨大な石が載っているところから、笠石八幡と呼んでいたという。






その巨石には

「はしかとて 折ればかろし 笠石の蹄の址や 八幡の家」と刻まれている。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:45 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 髙橋 |
「三春張り子人形」 天狗谷古川悟朗コレクション



「三春張り子人形」が店内にお目見えしました。

天狗谷の母と慕う橋本和子さんから旧三春農協の組合長だった故古川悟朗氏のコレクションをお借りしてきたものです。

生前、悟朗さんが収集した故小沢太郎氏の作品です。








ある雑誌に、当店が紹介された折に「店内で三春張り子がお出迎えしている・・・・」と記載されていました。

この記事を見て、他の市町村かららお越しくださるお客様目線で観れば、三春にちなんだもので飾りなどの調度品で統一された店内の方がより三春らしさの演出になるのではないかと考えました。





早速、天狗谷の妹に連絡をして悟郎さんの三春張子人形のコレクション拝借を打診してみました。


実は、このコレクションの存在は子供のころより知っていました。

田村大元神社夏季祭礼神輿渡御での御輿掛けになっていた古川家ですので、三匹獅子や長獅子・祭典掛りなどで、訪れる際に応接間で拝見していた品々です。

その悟朗さんの娘である”天狗谷の母”こと和ちゃんから 「いっぱいあるから季節ごと位に交換して飾ったら?」と快く貸し出していただきました。

やはり頼りになる天狗谷の母です。







何でも困ったことがあると相談できる、わがままも言える頼もしい本当の母のような和ちゃん。


多分、私と天狗谷を知る人の何割かの方々は、本当の母親だと思っている方も少なくありません。

何せ、天狗谷の名字は橋本なので、旧知の方でも私の事を「橋本君」と真顔で呼ぶくらいですから・・・・







悟朗氏コレクションの三春張子人形は、見れば見るほど、素朴さの中にも華麗さがある、北国の小さな城下町春陽郷三春の郷土玩具です。

三春張子人形は、江戸時代、三春藩領だった高柴村(現在の福島県郡山市西田町高柴)で作られはじめました。

江戸時代後期の正徳・享保年間 (1711~36) 以前は、“デク”、“デコ”と称する張り子玩具を作るのに、三春7代藩主秋田倩季公が、江戸から人形師を招いて「でこ屋敷」を与え、参勤交代の折りに歌舞伎や伝説上の主人公の人形を参考に、農民に技法を教えさせたと伝わっています。






現在は、三春だるまや各種のお面、恵比寿様、大黒様、そして、干支の縁起物をはじめ、雛人形や歌舞伎・浮世絵に題材をとる人形まで多くの種類があります。

人形が成立した時期などについて、正確なところはわかっていませんが、江戸時代、文化・文政のころに最盛期を迎え、その当時、非常に優れた人形が作られていたことがわかっています。






三春張子人形制作は、明治期に一時衰退していました。
それは、人形に使用される染料に制限が加えられたりしたことにより衰えはじめ、ダルマなどがわずかに制作されるまでになっていました。





これを復興させたのが、大東亜戦争後の民藝ブームの中、大阪のコレクターである本出保治郎氏に力づけられた高柴の橋本広吉さんをはじめとするデコ屋敷の方々と、小沢民芸初代で故小沢太郎氏でした。



春らしい五体の三春張り子人形です。

店内の飾り棚に配しますので、ご自由にご覧ください。


また、季節ごとに作品を入れ替えしながら古川コレクションをお楽しみいただけます。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 09:34 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 髙橋 |
孫は可愛い!


“民さん”“民さん”と呼ばれる、私の父は今年の夏で満85歳を迎えます。

若いころより、自分は体が弱く長生きはしないと云いながら85です。

膝が痛い、腰が痛いとは言いながらも、いたって元気です。
たぶん「今が人生で一番楽しいんじゃないの?」と思えるくらいです。

高齢者免許更新手続きの葉書が届きました。
民さんは、葉書を見るたびに年寄り扱いしやがって!と息巻いていますが、85です。
75歳以上の予備検査必要なんです。

毎日、三春駅まで、大学生と高校生の孫たちの送迎、それも登校時間が違うために毎日二往復や、繁忙期での店の配達などの車運転をこなしています。


数年前に、カローラバンを軽自動車に替えたとき、軽自動車をバカにしていましたが、小回りが利くと気に入っていまるようすです。





自動車運転免許証は、昭和26,7年ごろの取得で、三春でも数十人しか保持者がいない頃の取得ですので、自慢の種です。

若い頃などは、療養を兼ねて東京荻窪のおばさんの家に居候をしながら、運送屋で三輪オートトラックの運転手をしていたり、三春へ帰郷後は、当時三春出身の代議士湊哲朗さんの運転手もしていたこともあり選挙の時の遊説や国会議事堂への送迎などしていたようです。


また、祖父との確執から一時郡山に所帯を持ち、タクシーの運転手をしていたこともあり運転には今でも自信があるみたいです。

普段の生活でも、束縛されるのが嫌いなのでしょう、隠居にて自分の身の回りのことなどは、すべて自分でこなし、悠々自適な暮らしを送っています。

しかし、孫は可愛いんでしょうね?

常に食卓の上には電車の時刻表があり、孫の送迎を頭に入れて生活のパターンを組み立てているようです。
とにかくこの孫たちが自慢で仕方がないらしく、友達にはありとあらゆる孫自慢をエンドレスで話しているみたいで、どれだけ孫が可愛いのか・・・・・。

最も、上の孫が幼稚園の頃ですから12年くらい前でしょうか、心筋梗塞をおこして隠居で苦しんでいたところをその孫に発見してもらい、九死に一生を得たということがありました。

以来、孫たちには命の恩人と云わんばかりに、孫中心の暮らしになっています。

しかし、末っ子の孫も、大学進学で現在は新潟です。

失業したなぁ~と言っていましたが、今度は・・・・






出産・子育て・育児休暇を終えた、スタッフの子供を一昨年の秋より約一年半の間、出勤時間は面倒を見てもらいました。

お客様や近所の方々からは本当の曾孫のように可愛がっている様子が微笑ましく映っていたみたいです。






毎日毎日一緒に過ごしてくれました。


この曾孫も、昨年晩秋より保育園に行くようになり、「またまた失業した~」と笑っていました。


御菓子 三春昭進堂 髙橋龍一




| ryuichi | 19:06 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 髙橋 |
司馬遼太郎著小説「峠」 幕末越後長岡藩牧野家 家老河井継之助



このところの大雪と寒波の。
寒いのなんのって・・

その分、春を迎えた時の”ワクワク感”は格別なもので、桜の花がより綺麗に見えますよね。







毎年のことですが、雪の片づけをしていると司馬遼太郎の小説「峠」の一節を思い出します。

幕末の越後長岡藩牧野家の家老河井継之助を描いたその「峠」の中に,

「雪が来る」そして「北国は損だ」という言葉が出てきます。

私も、北国に住む者として、司馬作品の中でも最高の文章表現だと思っている箇所の一つです。

さらに続きます。
・・・・北国では町中こうまで働いても、たかが雪をよけるだけのことであり、それによって一文の得にもならない。
が、この城下のひとびとは、深海の魚がことさらに水圧を感じないように、その自然の圧力のなかでにぎにぎしく生きている。

・・・・(北国の人々は)鈍重で、折れ釘や石ころを呑めといわれればのんでしまう連中だ。のむ前はさすがにつらい。
つい大酒をくらう。大酒で勢いをつけ、唄でもうたって騒ぎ、いざのみこんでしまっては、ぼろぼろ涙をながしている。








これは、長岡だけではなく、北国の城下町に住む方々の独特な感覚でしょう。
正に的を得た表現だと思っています。






兎にも角にも、“雪”とのお付き合いは、北国に住む者の宿命です。
あまり気張らず、気長に付き合いたいと思います。

それにしても、雪の片付けでは、その家固有の性格が出てきますよね・・・

道路に出すのだけはやめてくださいね。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:25 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 髙橋 |
”ご縁・夢なら醒めないで~” 一世一代の誕生日プレゼント!54th





”ご縁” 一世一代の誕生日プレゼント!2018



本日、54回目の誕生日を迎えています。

毎年になりますが、どういう訳だか自分の誕生日にはウキウキ・ワクワクという感覚で楽しい気分に浸っています。


ある時は、テレビの取材の申し込み。
また、ある年は、雑誌の取材申し込み等々、瀧桜を抱える三春の饅頭屋にはこの時期何かとマスメディアの方々からの引き合いが多いんです。






本当に有り難いことです。


しかし、今年は一味も二味も違います。

WHY? 何故かって?


それは年末のことです。

私のところにサンタクロースと神様と仏さまが三人そろって舞い降りて来たような吉報が入りました!
もう~「青天霹靂」!お正月とお盆が一緒に来たような!という例えがピッタリな感覚です。

正に、一世一代の誕生日プレゼントです!



ナ、何となんと餓鬼の頃より約40年、いつも傍らに置いて聴いていた・・・・。
そして、歌のそうですが、その本人の男としての生き方にも憧れていたあのBOSSの事務所から飲み会の御誘いが届きました~今回のお話と相成った次第です。

場所も、あえて飲み会というスタイルでセッティング。

そして、 同じ店という空間の同じテーブルで…Bossと・・・・


おみやげは、もちろん“おたりまんじゅう”と地酒“三春駒の滝桜”!






思えば、今から40年くらい前、郡山市民会館にコンサートがあり、私は親衛隊気取りでお手伝いをしたことがあります。

公演終了後、撤収作業をしていると、ご本人様がフッと表れて「ありがとうね〜」の一言!着替えもまだ済んでいないのに、手伝いを自分たちの事を機にかけていただいて言葉をかけていただきました。それから40年!
その時以来の再会っス(๑˃̵ᴗ˂̵)


これは神様のイタズラか?ご褒美か?一生モノの出来事・思い出だと思います。
これはいくら銭を積んでかなえられる夢ではありません。

やっぱり地に足をつけて真っ当に生きる人間だけに巡って来る、御縁と幸運って云うご褒美なんだろうと思います(^_-)





この世に生きていてレッドツェッペリンのギタリスト“ジミー・ペイジ”、歌舞伎界の花形千両役者“坂東玉三郎”、そして、この方・・・・・。
〜同世代を生きているだけで幸せだと思っていました。






その一角、ガキの頃よりあこがれていたBOSSと一緒に呑めるなんて・・・・夢なら醒めないで~!

髙橋龍一、一世一代の晴れ舞台となりそうです! 
ヨ、三春昭進堂!






今回の事や、映画「鎌倉ものがたり」の件、そして、今までの人生での事柄全てにしても、御縁の成せる業なんだろうと心からそう思います。

正に「袖ふれ合うも他生の縁」です。
この語は古より言い伝えられている言葉でが、人と人とのつながりにはこの“縁”“ご縁”というものが必要なんだろうと思います。

人が生きている間、夫婦・家族の出会いはもちろん、友人にも、また会社の上司や同僚、隣人との間にも、このご縁の作用が働いていて、その力によってお互いが結びつけられて生かされている、援けてもらっていると考えられるのではないでしょうか。






かつて武田信玄も「人は城、人は石垣・・」といったように、最終的には人と人の繋がりによって生かされている自分に気が付きなさいということなんだろうと思います。

今までを振り返ってみますと全ての事象に当てはまります。

友人とは・・・・私にとって、いや当家族、そして三春昭進堂にとっての地からず良い仲間であり、大切な財産です!


今年も春から縁起がいいねぇ~

誰かって?…  それはまだ内緒っす!




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:37 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 髙橋 |
柳津虚空蔵尊“七日堂裸詣り” 2018




正月三が日を過ぎると、三春昭進堂も正月休みを連休で頂きます。
そうしますと、柳津虚空蔵尊で開催される“七日堂裸詣り”が気になりはじめます。




ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!







男の禊なのか?


恐いもの見たさなのか?

激辛料理って癖になりますよね?


とにかく本当に辛いんですが、癖になる苦行です・・・・







この裸参りは、只見川の龍神様が玉を取り返し返しに来るのを村人が阻止したと由来されていますので、たつ年に、辰年生まれで、龍の一字を名前に戴くわたくしがこの奇祭に参加するのは如何なものかと思っていました。


しかし、これも何かのご縁なのでしょう。
友人からの強いお誘いや、従業員からの強い勧めもあって今年も通算三回目となる七日堂“裸詣り”に参戦して厄を払いをしてきました。


今年は、友人二人を従えて息子とその友達のエスコ―トでいざ出陣です!





お誘いが来たのが二日前で、出発時間ぎりぎりまで断る理由を考えていましたが、スマホを開けるとこの画像が出てきます。

この悠君のお知りに口説かれました・・・・・






集合場所の柳津月見が丘町民センターには、西会津出身で隣組の平野君も気合を入れてスタンバっていました。


柳津の虚空蔵さまと呼ばれる霊岩山福満虚空蔵尊圓蔵寺山内の菊光堂は、男衆の熱気で溢れ、僧侶の読経の中、ただひたすら男衆が鰐口に挑んでいきます。

 問答無用とはこのことなのでしょう。寒いもヘッタくれもありません。
 無我夢中の男だらけの裸詣りです。





ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!



名前も肩書きも一切関係なし。身に着けているものは下帯のみです。
いうなれば、生まれたままの姿で、無心になりひたすら鰐口を目指します。
正に、「裸で生まれて来たに何不足」という禅語をそのまま地で行くような感じです。







多少、大げさに言えば生死を覚悟するような意気込みで挑んだ修練後の”生まれ変わった”という感覚といってもいいのではないでしょうか・・・・

まさに人間生まれて来た時はみんな裸。
厳冬の会津柳津の虚空蔵尊での裸詣りです。
下帯があるだけでも上等、そのに一枚の着物や温泉があれば、もうそれはそれはありがたい・・・

暑い・寒い、好き・嫌い・・・等々 不足を言わず、今を見つめ仏さまに生かされていることのありがたさを、言葉ではなく身をもって体験してきます。







ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!

非日常的な一時間は、あっという間に過ぎお開きとなります。
 帰りには、参加の証となる厄除けの“牛王ノ矢”、そして観光協会の「参加者特典福引き」でお酒をもらって、下帯一本のまま宿まで駆け足で帰還。







町民センターの虚空蔵尊山内より湧き出る柳津温泉に飛び込みました。

この温泉のありがたさは一生忘れることが出来ないでしょう。
 凍えるような寒さの中で、少しの温かさ、裸に何か一つ加わることの有難みを感じます。





ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!


裸参り後の清々しさは、“心が洗われた”という言葉がにあいます。
新年七日におこなわれる裸参りだけに、新年の“新”と云う字は「新た」から、そして「洗った」という言葉から生まれたと聞いたことがあります。
心を新たにして、生きて行けという教えなのでしょう・・・









ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!







不足を言う前に生かされていることのありがたさを感じて生きようということを、言葉や書物ではなく「七日堂裸詣り」で身をもって感じ、「本当に何か不足しているのか?」と、もう一度自分自身に問い掛けてみる良い機会になりました。






尚、参戦を前に坂下・柳津インターを降りた所で素敵な農家レストラン「蕎麦カフェ ファットリア こもと」でシャンパン片手に会の一本締めで“出立”です!


パスタもピザも最高っす!


今度は幻の蕎麦!







「蕎麦カフェ ファットリアこもと」は、会津坂下町の農家のお店です。
我が家は昔造り酒屋をしていました。

酒屋をやめ、子供が生まれた頃夫婦で米造りをはじめ、野菜を作り、鶏を飼い、自給自足のまねごとをしながら子育てをしてきました。
子供たちはいつもこもと母さんの手作りのご飯でおなかいっぱい。

ここはそんなこもと母さんの自給自足のおすそ分けのお店。
こもと母さんが自家野菜や地元素材で作った、この店でしか味わえない味を目指しています。

蕎麦カフェ ファットリアこもとHPより







社長の五十嵐さん、あわ饅頭ご馳走様でした。


お陰様で、無事帰還できました!








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:03 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 髙橋 |
黄泉の国茶屋「火の玉饅頭」 (C)2017「DESTINY鎌倉ものがたり」製作委員会




現在公表公開中の映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」 (C)2017「DESTINY鎌倉ものがたり」製作委員会


この中の魔界と現世が交差する“夜市”に登場する黄泉の国茶屋

ここで魔物の店主が販売している当三春昭進堂製作協力の「火の玉饅頭」の販売許可が出ました。






東宝映画会社広報部の担当Y様にはお手数をおかけして、本当に頑張っていただきました。






映画館やメディア・プレス用のポスターとチラシを送付していただきました。



やはりこれだけの映画になると配給元の日本テレビ様や各俳優さんのスポンサー関連会社、そしてなんと言っても原作者の承諾確認等々多大な労力だったと推測されます。

本当に、お世話になりました。








販売時期についてですが、現在頑張って試作を重ねているところです。

ワインテイストの真っ赤な火の玉まんじゅうをイメージしています。
価格は、一個200円くらいを考えています。

もうしばらくお待ちください!


販売開始は、当ホームページ及びFacebookにて告知いたします。







古より三春という町は”東北の鎌倉”と呼ばれている北国の小さな城下町です。

希望というか夢は、この鎌倉ものがたりの原作に三春が登場して、映画化の続編に三春のそのロケ地となればいいなあなんと思い描いている次第です。

鎌倉ものがたりという映画のお手伝いを、遠く離れた三春の小さな饅頭屋がお手伝いすることが出来たということも何かの御縁なんだろうなあと考えています。






微力ながら映画”鎌倉ものがたり”の宣伝と話題作りに寄与できればと考えています。



そして、三春と鎌倉のご縁の中で漫画鎌倉ものがたりにここ三春町が取り上げられてる日を夢見ている次第です。







店内には映画館用のチラシもございます。


ご自由にお持ちください




春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:17 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 髙橋 |