CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2018 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




【内閣総理大臣賞】 書道篆刻家 上村 五龍 展  【浄土三部経】 法蔵寺春季歳時記




【内閣総理大臣賞】 書道篆刻家 上村 五龍 展  【浄土三部経】







日 時:4月7日(土)~26日(火)9時~16時

会 場:法蔵寺 本堂 書院

料 金:無 料









新潟県出身の書道篆刻家上村五龍先生(昨年逝去)の展覧会を開催します。







篆刻(テンコク)とは、石や木に文字を刻むことです。






主に書道の落款や冠昌印に用いられることから書道の一つのジャンルになっています。







今回の上村五龍先生の展示会では、浄土三部経(無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経)を篆刻で印した巻物が法蔵寺本堂で展示されます。


浄土三部経は、浄土教(浄土宗、浄土真宗、時宗)の根本経典であり、我々がお称えしているお経はこの浄土三部経の一部をお称えしています。

なぜ「一部」かと言うと、すごく長い、からです。







そのすごく長いお経を上村先生は、篆刻で表現されました。

長すぎて法蔵寺本堂では広げきれない程の超大作です。






住職としましては、篆刻の浄土三部経を法蔵寺本堂で展示できることは、これ以上ありがたいことはないと思っています。

大変意義深いものです。

本当にまたとないことですので、ぜひ足を運んでいただきたく思います。
お待ちしております。






浄土三部経のほか、書道作品、篆刻作品も展示しております(書院にて)








上村五龍 略歴
昭和四年 新潟県十日町生まれ
元毎日書道展会員
元全日本篆刻連盟評議員
日本書道教育会参与






【受賞歴】
内閣総理大臣賞
中国大使賞
石橋犀水賞
六十年記念賞
六十五周年記念賞
昭和蘭亭印集分刻
新潟県展奨励賞四回
創玄書道展準大賞
日展入選二回







【出 展】
平成二十六年 モナコ公国・日本芸術祭出陳
平成二十七年 ミラノ国際博覧会・日本館出陳
「アートメゾン・インターナショナル19」に掲載







石橋犀水先生・石橋鯉城先生・高橋晤堂先生
関 正人先生・松丸東魚先生に多大の益を受ける。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:02 | comments (x) | trackback (x) | 時宗法蔵寺 |
三春城下時宗法蔵寺「初不動尊祭礼 2018」




三春城下時宗法蔵寺「初不動尊祭礼 2018」







三春城下荒町の時宗法蔵寺では、先の2月28日、今年最初のご縁日初不動尊祭礼が開かれました。

毎月28日は、お不動様のご縁日です。

法蔵寺では、立春を基準にして、2月28日を、その年最初のご縁日で初不動として祭礼を催し、檀信徒の皆様で「法蔵寺初不動講中」を結んで、講中の皆様方にご参拝にお越しいただきまして大変賑わいました。







お不動さまは、勝負必勝・立身出世・商売繁盛にご利益がある仏様で、大日如来さまの化身とされています。

サンスクリット語では”阿修羅”と表現されています。



また、不動明王は一切の悪魔、災いを祓う力を持つとされます。







初不動当日は、家内安全、商売繁盛を願う人々で賑わいます。









阿弥陀様も喜んでられるように見えますよね?


豆まきならぬ、あられ撒きです。








方丈様の音頭で「法蔵寺不動尊奉賛歌」の全員での合唱です。






博多様による、薩摩琵琶披露、そして檀家の子供さんによる空手の演武披露











今回は、夏の法蔵寺蓮祭り写真展の優秀賞表彰があり、三春の山口様が見事受賞されました。







方丈様の説法をいただきます。










そして、直会です。

方丈様に地元新潟の地酒のオンパレード!







ご馳走様でした。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 05:34 | comments (x) | trackback (x) | 時宗法蔵寺 |
「恐れない」 法蔵寺心のカレンダー12月



法蔵寺心のカレンダー12月「恐れない」

今年一年様々な言葉のがありましたがその締めくくりの言葉が「恐れない」です。

そして、この一年の法蔵寺心のカレンダーの言葉を実践すれば何も恐れることはない!”ということなんでしょう。

私たちは、病気や死、人間関係から起こる悩みなど、人の一生にはさまざまな恐れがつきまといます。

ときには、自分の思い通りにならないことに対して憤り、その苦しみに振り回されてしまうこともあるでしょう。






「自分の思い通りにならない」ことを、仏教では「苦」としています。
言い換えれば「我儘」が「苦」になるんだよと教えています。

生老病死の四つの避けられないことを四苦といいます。

生まれてきたこと。

老いること。

病むこと。

死ぬこと。

さらに、

愛別離苦(あいべつりく)、どんなに愛する人とも別れる時が来ること。

怨憎会苦(おんぞうえく)どんなにいやな人でも顔をあわせなければならないこと、

求不得苦(ぐふとくく)求めても思い通りにならないこと。

五蘊盛苦(ごうんじょうく)人としての肉体・精神があるために生まれる苦しみ

この四つを、生老病死の四苦に加え「八苦」といいます。





この世のものは全て移ろいゆくもの、そして、自分ではどうしようもないことばかりで“諸行無常”ということを説いています。

「何事も自分の思い通りにはならない」ということを、素直にうけいれることが大切であると続きます。

すべてのものは生じ、変化し、滅するというのに、私達は目の前のものに執着したり、「自分」にとらわれすぎたりすることから恐れが生じます。

なるようになる、なるようにしかならない、だから、悩みなんて気にしてもしょうがない。毎朝生まれ変わり、諸行無常に時はうつろうのだからといわれても・・人間なかなかできるものではありませんよね。

そんな時は、なんとかなるさ~と開き直るのもいって一手かもしれません




アルフレッド・ヒッチコックの1956年公開の映画「知りすぎていた男(The Man Who Knew Too Much)」
主題歌は、ドリス・デイでケ・セラ・セラ(Que sera sera)です。

Que Sera Sera            
Whatever will be will be      
The future's not ours to see     
Que Sera Sera          
What will be will be         

ケ・セラ・セラ
なるようになる
先のことなんか わからない
ケ・セラ・セラ
なるようになる

「ケセラセラ」とは「なるようになる」、少し肩の力を抜いて自然の流れに身を任すと余裕が生まれるということなんでしょう。


さあ、いよいよ師走です。

肩の力を抜いて、健やかに穏やかに過ごしましょう!


また一つ、方丈様から教えていただきました。








平成29年歳末托鉢は、平成29年12月6日(水)の午前9時より三春城下各町内ではじまります。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:24 | comments (x) | trackback (x) | 時宗法蔵寺::法蔵寺心のカレンダー |
法蔵寺心のカレンダー11月は「憎まない」



法蔵寺心のカレンダー11月は「憎まない」

鬼平犯科帳の主人公長谷川平蔵は「罪を憎んで人を憎まず」と云いますが、それを実行できる事は、やはりその人の人間性なんでしょう。

中々凡人には到達できる境地ではありません。


池波正太郎氏は、原作『鬼平犯科帳』の中で平蔵に次のような台詞を言わせています。

「人間というやつ、遊びながらはたらく生きものさ。善事をおこないつつ、知らぬうちに悪事をやってのける。悪事をはたらきつつ、知らず識らず善事をたのしむ。これが人間だわさ」


この台詞に、罪人を密偵として自分の手下として使い、人足寄場設立を松平定信公に進言した長谷川平蔵の考え方があらわされているんだと思います。









人を怨むも恥しく  人をほめるも恥しく
なんのために憎むのか なんの怨みで憎むのか

もう笑おう、もう笑ってしまおう
昨日の夢は冗談だったんだと

祭りのあとの淋しさは 死んだ女にくれてやろ
祭りのあとの淋しさは 死んだ男にくれてやろ

もう怨むまい 、もう怨むのはよそう
今宵の酒に 酔いしれて

吉田拓郎「祭りのあと」より


また一つ、方丈様にご教授いただきました。






春陽郷三春城下御菓子 三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:28 | comments (x) | trackback (x) | 時宗法蔵寺::法蔵寺心のカレンダー |
「妬まず」 法蔵寺心のカレンダー10月



「妬まず」 法蔵寺心のカレンダー10月

日々の暮らしの中で心の中に時折現れる厄介者ではないですか?

誰もが持つ「人の幸せを素直に喜べない・・心」・・・難しいお題です





人の感情・心はその折々によってさまざまな表れ方をします。
喜びや恋い慕う気持ちが感情ならば、恨みや妬み嫉みもまた感情。

どうすればこのマイナスオーラ満載の感情をなくせるのか・・・?

妬みの根本は「欲」或いは「我の強さ」なのではないでしょうか?






誰もが欲や我のない人はいませんが、自分の器に合った欲で満足するべきでしょう。

それには先ず、自分をよく見つめることなんだろうと思います。

そして、欲・我減らす、手放す、忘れる「禅の教え」を少しでも実践していくということなんだろうと思います。
余計な悩みを抱えないように、他人の価値観に振り回されないように、無駄なものをそぎ落として、限りなくシンプルに生きる・・・

例えば、雑草取りや掃除。
たんに無駄なものを捨て、部屋や庭をきれいにするだけでなく、あなたの心にたまった塵や埃(欲望、執着、見栄、嫉妬など)を摘み取り、汚れを落とし、片づける作業でもあります。





それでも無理な時?

そりゃ生きているうち難しいでしょうね。



そんな時は・・・・我慢ですよやせ我慢!


日本海軍連合艦隊司令長官の山本五十六海軍元帥が海軍兵学校に入学の際、面接官の『貴様の得意なものはなにか?』との問に、五十六は『やせ我慢であります』と答えたと言われています。
 
 山本五十六元帥は非常に名言の多い人なんですが、これはまた凄くカッコイイのです。




 

 「やせ我慢 --- 無理に我慢して、平気を装うこと。」
 
 それが男の修行というものです。



「男の修行」  山本五十六

苦しいこともあるだろう。
云い度いこともあるだろう。
不満なこともあるだろう。
腹の立つこともあるだろう。
泣き度いこともあるだろう。
これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

苦しい時、辛い時、この言葉を心の中で繰り返すと、心が落ち着きます。


また一つ、方丈様にご教授いただきました。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:39 | comments (x) | trackback (x) | 時宗法蔵寺::法蔵寺心のカレンダー |
「急がず」  三春城下荒町時宗法蔵寺心のカレンダー9月の言葉より



「急がず」  三春城下荒町時宗法蔵寺心のカレンダー9月の言葉より


子供の頃に見ていたアニメ「一休さん」

番組の中で「あわてない、あわてない。 ひとやすみ、ひとやすみ。」というセルフを覚えていますか?

方丈様の教えはそのにあるんだろうと推測しました。

現代社会を生き抜く、忙しい大人に向けて上質な休息を必要性を説かれているんだと。

忙しさのあまりことを急いでしまうことはあります。






時に苛立ったりもしますね・・・自分自身や周囲が苛立ったり慌てていたりしていても、心に余裕をもって行動、そして何事にも対応できることが肝要なんでしょう。

そんな時こそ、ホッと一息つく休息が大切なんでしょうね・・・






人生では、慌てるほど失敗し易いもで、急がず慌てず日々を過ごしたいもので、人に先を譲れば、却(かえ)って、自分に福徳が訪れるものですね。

そして、急いでいる時、忙しい時ほど休息をとりながら心に余裕もをって事に当たれということなんだろうと思います。





また一つ、方丈様から教えていただきました。


春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:01 | comments (x) | trackback (x) | 時宗法蔵寺::法蔵寺心のカレンダー |
「怨まない(うらまない)」8月 法蔵寺心のカレンダー



「怨まない(うらまない)」8月 法蔵寺心のカレンダー

“怨めしや~~”

お芝居の幽霊、特に女性の幽霊の決まり文句ですね・・・

まして今月はお盆の月です。

何らかの要因で、殺されたか自ら命を・・か?
いずれにせよこの世に未練があり、怨みを持っている相手がいる死に方で。成仏できないでこの世を哀しくさまよっているということを表現しているんでしょう。

怨んでも成仏できず、結局苦しむのは自分ということなのかなと思います。

復讐でも恨みでも人に向けたその念は
結局、巡りめぐって自分自身に返ってくるということなのでしょう。
そんな事に、時間をとられるよりは、新しい未来に時間や感情を費やした方がいいですよね。



2015年夏東京藝大企画展「うらめしや~、冥途のみやげ展」より

怨まない、言い換えれば寛容な心を持って生きるということなのでしょう。

誠実で寛容な心を持っていれば、自分自身 に自信と誇りを持つことができるので、他人を恐れる必要はないはずですよね。

法蔵寺の方丈様はこのことを言っておられるんだと思います。

広い心をもって、よく人を許し入れるということ。また人の過ちに対して、厳しくとがめだてしないということ。

こういう寛容な心を常に持って心安らかに暮らしていいたいものです。


また一つ、ご教授いただきました。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:29 | comments (x) | trackback (x) | 時宗法蔵寺::法蔵寺心のカレンダー |