CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2018 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




小袋菓子「季節のおとずれ」




お正月用の小袋菓子ご用意いたしました。


小袋菓子「季節のおとずれ」 420円 税別






紅梅と亥、そして紅梅と恵比寿さんと2バージョンをご用意いたしました。

季節限定の商品です。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 05:04 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
和三盆打ち菓子「松籟」 




和三盆打ち菓子「松籟」 大1260円税別







和三盆打ち菓子「松籟」 小 840円税別





お茶のお稽古や外国へのお土産に喜ばれています。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:02 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
三春昭進堂 クリスマス菓子





三春昭進堂 クリスマス菓子


数量・期間限定の商品です。







おなじみ、チョコサンタ 160円






サンタクロース飴 ヒイラギベル付き





クリスマスツリー 370円




いずれも税別です。






サンタあられ






さて今年はどの飾りをチョイスするか検討会議の真っ最中です。



しかし、例年この時期になると問屋さんが在庫しているクリスマス飾りも限られてきます。









春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂





| ryuichi | 05:38 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
まほらフェスティバルオーケストラ ニューイヤーコンサート 2019 in まほら





まほらフェスティバルオーケストラ
ニューイヤーコンサート2019inまほら

 東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター三浦章宏氏を中心に、在京オーケストラで活躍する気鋭の演奏家たち総勢45名が「まほらホール」に集結し、この日限りの「まほらフェスティバルオーケストラ」を編成します。
 ウェーバーの歌劇「オベロン」序曲をはじめヨハン・シュトラウス2世のワルツ「美しき青きドナウ」作品314ほか、新年にふさわしい素晴らしい曲目をお届けします。


 平成31年1月14日(月曜日・祝日) 

開演時間  14時開演(13時30分開場)

 全席指定
 一般 5,000円(当日5,500円)
 高校生以下2,000円(当日2,500円)


※当日券は500円増となります。


三春スタンプ会チケットプレミアム交換

三春スタンプ会満点カード 6枚で1名様入場チケットと交換!

高校生以下 満点カード2枚で、1名様分入場チケットと交換!


前売りで完売の場合は当日券の販売はありません。








まほら公演特典

・10月14日開催の小山実稚恵ピアノリサイタルチケット、及び12月9日開催の石坂団十郎&小菅優デュオリサイタルチケットをお持ちのお客様は、ニューイヤーコンサートの特別割引券となっておりますので

チケットをお求めになる際にお持ちください。

本公演は、宝くじの助成を受けて実施します。



チケット好評発売中
                                                                            







                                                              
三春交流館「まほら」について
「まほら」とは
「まほ」(「真秀」と書く。
よく整っていること。完全なさまという意味)に場所を示す「ら」がついたもので、すぐれたよい場所・ひいでた国を意味する古語です。
「まほろば」という言葉も同じ意味で使われます。
万葉集の山上憶良の有名な歌(惑へる情を返さしむる歌)や日本書紀の景行紀でもこの言葉が使われています。

三春交流館まほらHP参照




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:30 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
「第30回ふれあい講演会 デヴィ・スカルノ夫人」 郡山商工会議所女性会




「第30回ふれあい講演会 デヴィ・スカルノ夫人」 郡山商工会議所女性会



郡山商工会議所女性会では、12月19日水曜日、テレビでも活躍されております、デヴィ・スカルノ夫人を講師に「第30回ふれあい講演会」を開催いたします。

現在チケット販売中!!








【講師】デヴィ・スカルノ夫人

【日時】平成30年12月19日(水)18:30~ (17:30~開場)

【場所】けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)「大ホール」

(郡山市堤下町1-2 TEL024-931-2288)

【チケット】1枚2,000円(全席自由席)



講演会のお問合せ・チケットの購入は、郡山商工会議所女性会事務局(郡山商工会議所 経営支援課内)☎024-921-2621まで




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:42 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
岩根愛「KIPUKA—Island in My Mind」ギャラリートーク フォトギャラリー“いとう”




岩根愛 写真展 岩根愛「KIPUKA—Island in My Mind」ギャラリートーク

岩根愛「KIPUKA—Island in My Mind」展のギャラリートークが、三春城下大町のフォトギャラリー“いとう”で開催されました。

大阪、神田、西麻布の3か所で写真展を同時開催しました。

そして、三春でもというリクエストでということで今回のギャラリートークとなった次第です。

三春写真クラブ「舞鶴会」の代表である中村さまにお誘いを受けまして、喜んで参加させていただきました。






ギャラリートーク終わりの質疑応答の中では捨五郎さんから海を渡った初代ハワイ移民の方々の歌ったとされる「ポレポレ節」も披露され会場は盛り上がりました。



岩根氏は、御縁があり米国ハワイ州マウイ島にて盆踊りに出会い、日系移民の方々や三春出身の歴史家橋本捨五郎さんやデコ屋敷ひょとこ踊り橋本さんとの出会い、そして、福島音頭の誘われたかの如く福島三春へ・・・

不思議な人のご縁により今があるというお話をされていました。








打ち上げは、ギャラリーいとう奥様の「おでん」で乾杯です!



「ボンダンス」とは、ハワイの日系人が継承する行事で、日本の盆踊りよりも賑やかであり、先祖を尊ぶ、純粋な思いにあふれていると言います。
そんな、数ある「ボンダンス」の曲の中でも、踊り手たちの熱気がピークを迎える『フクシマオンド』は、実は福島からハワイへ渡った日系移民が伝承したものでした。




 作品集『KIPUKA』の撮影地は、ハワイと福島。一見つながりのない2つの地は、福島の民謡「相馬盆唄」を原曲として伝わったというハワイの「BON DANCE(ボンダンス)」をきっかけに結びつき、ハワイと福島を舞台にした、岩根の12年間にわたる壮大なフィールドワークが作品世界として結実した。

 本展は、1904年に発明され、現在では世界で4〜5台のみが使用可能な、回転する大判パノラマフィルムカメラ「コダック・サーカット」で撮影した『KIPUKA』の作品群を中心に構成される。








かつて福島からハワイへ、盆唄『フクシマオンド』が、移民と共に海を渡った。ハワイの盆踊り「盆ダンス」は、戦時に苦労した先祖を尊ぶ儀式として、ハワイの夏を司る、人種を超えた祭事となった。日本よりも賑やかな盆ダンスに惹かれ、私は、2006年よりハワイ各島のボンダンスに通っている。
2011年、フクシマオンドの原曲が『相馬盆唄』で、その故郷が、東京電力福島第一原発事故により避難区域となった、福島県浜通りの一部地域と知り、以来、盆唄の故郷、福島への旅を重ねながら、ふるさとを離れ、太平洋戦争を生き抜いたハワイ移民と、福島の現在の様々な相似を、盆唄に導かれるまま探ってきた。
2018年、ハワイ島で二十年ぶりに発生した大規模な溶岩流は巨大な河を作り、700世帯を飲み込んだ。海に流れ込む溶岩は今も毎日、ハワイ島の地図を更新している。
KIPUKA-キプカとはハワイ語で、溶岩流から残った焼け跡の植物のことで、「新しい命の場所」を意味する。生き残った命の種子は、ふるさとを離れても再び広がり、黒い大地を再び森にする。(岩根 愛)






 岩根は東京都出身。1991年単身渡米し、ペトロリアハイスクールに留学。オフグリッド、自給自足の暮らしの中で学ぶ。帰国後、アシスタントを経て1996年に独立。雑誌媒体、音楽関連などの仕事に携わりながら、フィリピンのモンテンルパ刑務所(2010)、ロシアのニクーリンサーカス(2011)、台湾の三峡台北榮民之家(2012)など、世界の特殊なコミュニティでの取材に取り組む。2006年以降は、ハワイにおける日系文化に注視し、11年より福島県三春町にも拠点を構え、移民を通じたハワイと福島の関連をテーマに制作を続けている。






映画「盆歌」中江裕司監督作品 岩根愛が企画、アソシエイトプロデューサー

2015年、東日本大震災から4年経過した後も、散り散りに避難先での生活を送り、先祖代々守り続けていた伝統「盆唄」消滅の危機に直面する福島県双葉町の人々が、100年以上前に福島からハワイに移住した人々が伝えた盆踊りが、今も日系人に愛され踊られていることを知る。双葉の人々は盆唄を披露すべく、ハワイ・マウイ島へと向かう。

双葉の豊かな伝統芸能とハワイのボンダンス・日系文化にまつわる唄や音楽、その背景を追うドキュメンタリー。故郷と共にあった盆唄が、故郷を離れて生きる人々のルーツを明らかにし、盆踊りとは、移民とは、そして唄とは何かを探し求める200年に迫る。



2019年2月15日からテアトル新宿ほか全国順次公開。また、フォーラム福島、まちポレいわきでも同日公開。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:02 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「ジングルベル」 400円税別



「ジングルベル」 400円税別







サンタさん、長靴、クリスマスツリーの御干菓子を白い金平糖の上にちりばめました。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:51 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |