CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




2021 秋の定番「ずんだ大福」も始めました。




秋の定番「ずんだ大福」も始めました。



秋の限定商品です。







柿大福「仄々 ほのぼの」、定番の「塩豆大福」、そして一粒栗の入った「栗大福」、もひとつ「ずんだ大福」と揃いました。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:02 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
柿大福 ”仄々 ほのぼの”  令和3年秋の新商品




令和3年秋の新商品

柿大福 ”仄々 ほのぼの”  雪灯り






生の柿を”秘伝のあんこ”で包んでみました。


数十回試作した餡子です。



生の柿の味を最大限引き出すように小豆と大角豆を調合しました!








名前も晩秋の柿を表現した「柿大福 ”仄々 ほのぼの”」と命名いたしました。

晩秋、雪景の中に紅い熟柿が成っていると、寒々しい心の中にも明かりがともったように仄々(ほのぼの)します。そんな情景をイメージしてみました。


・・・・・”仄々 ほのぼの”



「柿が紅くなれば、医者が蒼くなる」と古より言われています。

これは柿さえ食べておけば健康になれるというものではありません。

意は、四季のある日本に於いて、秋は”柿の旬”となり、大変過ごしやすい気候でので、病になる人が少ないということだと考えられます。

その反面、晩秋の頃になりますと、肌寒さとともに心も寒々しく感じられます。

そんな中で、ふと目にする木にたわわに成る紅く染まった熟した柿を見るにつけ「仄々(ほのぼの)」とした気分になります。

その仄々とした気持ちでこれからの晩秋・冬を迎えたいものです。


どうぞご贔屓しただけ益す様お願い申しあげます。





三春城下真照寺参道 

おたりまんじゅう 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:27 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
一粒栗大福 販売が始まりました。




一粒栗大福の販売が始まりました。


栗の甘露煮を粒あんで包み、大福を纏っています。





秋の味覚「栗」を堪能ください









三春城下真照寺参道 おたりまんじゅう 三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:29 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
秋の味覚 「栗枕」




秋の味覚 「栗枕」 和栗を蒸して、漉して、ペースト状にして栗の形に成形しました。


昨年からの販売です.

お客様より、大変好評を博しました。






今年も、年末まで販売予定です。






化粧箱もご用意いたしました。






保存料無添加で、賞味期限が二日と、一度冷凍して栗本来の甘みを引き出しています。

また、作り置きの数をあまりしていませんので、ご予約いただければ幸いです。





三春城下真照寺参道 おたりまんじゅう 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:20 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
秋の彼岸 「おはぎ」 2021 本日より販売です。



秋の彼岸 「おはぎ」 2021


三春昭進堂では、本日、彼岸の入り前日、9月19日(日)より、中日の23日(祝・水)まで、秋のおはぎを販売いたします。

予約優先となります。





つぶ餡をもち米で包み黒すりごまをまぶした「つぶ餡」、

もち米をなめらかであっさりしたこし餡で包んだ「こし餡」、

そして、もち米でこし餡を包み、良質の大豆を碾いたきなこをまぶした「きなこ」の3種類をご用意しました。











皆様のご予約・ご来店をお待ちしています。

焼きまんじゅう大 220円税別は、2日前までのご予約となります。










21日は火曜日ですが、秋彼岸ですのでもちろん通常営業です。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 04:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
月見団子のご予約をお待ちしています。今年(2021年)の中秋の名月は、9月21日(火曜日)です。



今年(2021年)の中秋の名月は、9月21日(火曜日)です。


9月21日の火曜日は、十五夜のお月見と秋彼岸ということもあり、通常営業となります。


秋を告げる中秋の名月。


天が澄みきって清々しく美しい季節。


一年のうちで最も月を意識するこの夜。


中秋の名月(十五夜)は旧暦の8月15日。




火曜日ですが、通常営業です。


皆様のご来店をお待ちしています。


一年で最も明るく美しい満月です。






”すあまの十五夜月見団子”

すあま十五夜月見団子 大 15ヶ入

すあま十五夜月見団子 小 5ヶ入


十五夜月見団子 前日の9月20日(月)の午後からと当日の9月21日(火)の2日限りの限定販売となります。


中秋の名月 十五夜 月見団子のご予約をお待ちしています。



お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で、古より、月下に酒宴を張り、詩歌を詠じ、すすきを飾り、見団子・里芋・枝豆・栗などを盛って、神酒を備え月を眺めて楽しんだと言われています。









この日の月は「中秋の名月」、「十五夜」と呼ばれます。

また、これから始まる収穫期を前にして、収穫を感謝する初穂祭としての意味あいがありました。







9月頃に収穫される「芋」をお供えすることから「芋の名月」とも呼ばれています。

旧暦を使用していた時代は、月の満ち欠けによっておおよその月日を知り農事を行っていました。






当店では、十五夜月見だんごの他にも、お月見関連の商品を多数取り揃えてお客様のが来店をお待ちしています。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:08 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春昭進堂の缶入三春水ようかん


なつかしい味、涼味あふれる三春昭進堂の水ようかんです。



風味は勿論、北海道産の小豆を使用したしっかりとした小豆餡です。







さらに昔風に「三春昭進堂」の水ようかん缶入りを缶に詰めてみました。


今の缶は缶切り不要のイージーオープン缶となっており、ふたにスプーンが付いています。







小倉とこしあんの2種類をご用意いたしました。







小豆こし…当店の看板商品「おたりまんじゅう」と同じこし餡を使用し、しっかりとした小豆の風味をご堪能いただける、こし餡の水羊羹です。

小倉つぶ…こちらも「おたりまんじゅう吹雪」や「どら焼」と同じ小豆を使用しました。
    小倉本来の味わいと 豆の食感を大切に炊き上げました。





おたりまんじゅう、おたりやきと共に、夏の御挨拶のご用命をお待ちしています。

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |