CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




極上栗大福 150円 税別




極上栗大福 150円 税別


特急品の栗を丸ごと一つ入れて特製大福もちで包みました。





極上栗の上品な味わいをお楽しみください。







栗をつぶさないように、粒あんで栗を包餡してからもう一度大福もちで包みます。






春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:17 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
ずんだ大福 100円税別



ずんだ大福 100円税別

枝豆をすり潰してあんこにしてずんだ餡。

腰のある特製大福餅で包みました。





年末までの季節商品です。


年末?






初売りからいちご大福が出ますので・・・





定番商品の豆大福、極上栗大福も御茶請けにどうぞ



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:11 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
十五夜月見団子 10月4日(水) 限定販売



平成29年。

今年の十五夜、中秋の名月は、10月4日(水)となります。

尚、十三夜は、11月1日(水曜日)です!







十五夜月見団子 10月4日(水)一日限りの限定販売となります。




”すあまの十五夜月見団子”

すあま十五夜月見団子 大 750円 15ヶ入
すあま十五夜月見団子 小 250円  5ヶ入




十六夜(いざよい)、立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、臥待月(ふしまちづき)、更待月(ふけまちづき)等々、月が出るのを待っている様を形容した呼び名が示すように、昔の人も月には不思議な力を感じていたのだと思います。





お月見の原型は、月待信仰にあるといわれています。

三春でも農村部にある寺社に、月待講を表す石塔や石仏がありますが、供物を備えて月の出るのを待ち、月を拝んで飲食を共にするという行事を行う女人講が中心となって行っていました。





春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:02 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
「栗・ヴァッフル」




新発売「栗・ヴァッフル」    一個 140円税別

三春の祈願所と同じクッキー生地でマロン風味のバタークリームをサンドしました。






秋限定の新商品です。


春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:32 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
月見団子ご予約承ります。平成29年 中秋の名月は10月4日



空が澄んで特に美しく晴れ渡る空が見えるのが9月中旬〜10月上旬といわれており、この時期に出てくる満月を十五夜、また中秋の名月といいます。

月は作物が月の満ち欠けと一緒に成長していくことから縁起がいいものとされておりました。
そのことから十五夜は秋の収穫を喜び感謝する祭りとして今に至っています。

十五夜(中秋の名月)は2017年(平成29年):10月4日となっています。

尚、満月は、10月6日です。




月見団子 ご予約承ります。

十五夜月見団子の販売は、中秋の名月10月4日(水)の一日間限りの限定販売となります。





”すあまの十五夜月見団子”

すあま十五夜月見団子 大 750円 15ヶ入

すあま十五夜月見団子 小 250円  5ヶ入





十六夜(いざよい)、立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、臥待月(ふしまちづき)、更待月(ふけまちづき)等々、月が出るのを待っている様を形容した呼び名が示すように、昔の人も月には不思議な力を感じていたのだと思います。





お月見の原型は、月待信仰にあるといわれています。

三春でも農村部にある寺社に、月待講を表す石塔や石仏がありますが、供物を備えて月の出るのを待ち、月を拝んで飲食を共にするという行事を行う女人講が中心となって行っていました。




尚、十三夜は、2017年の十三夜は、11月1日(水)です。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
三春どら焼き  140円 税別




三春どら焼き  140円 税別

どら焼きは、香ばしい生地に粒あんを入れただけの本当に昔ながらのどら焼きにこだわって作り続けています。シンプルなものほど職人の技が試されるもの・・






卵の力と伝統的な製法で、できるだけ無添加にこだわった匠の逸品。
その素材が持つ自然の力で、しっとりと味わい深く、口溶けのよさが自慢です。




三春昭進堂特製粒あんは小豆の粒が光っています。





1粒1粒を大事につぶさないように炊きあげました。
しかも小豆の皮はやわらかく、小豆の風味を最大限に生かすよう砂糖は“ざらめ糖”のみを使って炊きあげています。
北海大納言小豆の粒あんが、あっさりと香ばしい生地によくなじみ風味をましています。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:28 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
秋彼岸のおはぎ ご予約承り中



三春昭進堂では、彼岸の入りの日、9月20日(水)より、中日の23日(祝・土)まで、秋のおはぎを販売いたします。



こしあんこ、黒すりゴマ(粒あん)、こがし黄粉(コシあん)の3種類をご用意。

一個120円です。

ご予約をお待ちしています。






さすがの暑さも衰えを見せ始めて、ことに彼岸間近ともなれば朝晩めっきり涼しさを覚えます。

また、この頃になると朝夕の風の涼しさに夏も終わりだなという安堵と一抹の寂しさを味わうことになりますよね。

さらに、秋虫の声が秋の訪れを決定的に秋の訪れを感じさせてくれます。





秋彼岸。

秋分の日(今年は9月22日)を中日として、
その前後の3日を合わせた7日間を彼岸と言います。

仏教では、生死を分ける三途の川を渡って到達する悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といい、
その対面である私たちがいるこの世を、迷いや煩悩に満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って
昼と夜の長さがほぼ同じになります。





迷いと悟り、この世とあの世、現実の世界と理想の世界の接する日でもあります。
そこでこの中日には浄土に生まれた先祖をしのび、今日ある自分を育ててくれた先祖に感謝し、自らも彼岸に到達できるように精進することがすすめられている日です。








焼饅頭も承ります(写真は要予約の200円焼饅頭)


尚、9月19日(火)は、定休日となります。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 05:11 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |