CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2017 - 06  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




高南梅の一粒梅ゼリー



高南梅の一粒梅ゼリー  一個 200円税別


清流に稚鮎が跳ねる頃、若葉の緑も次第に色濃さを増し、雨に濡れたアジサイの彩りがひときわ鮮やかになり、間も無く梅雨の季節が訪れます。






蒸し暑い日が多くなると見た目にも風味も涼しげな水菓子がとても美味しく感じられます。






夏のご挨拶に高南梅一粒梅ゼリーの進物もご用意いたしました。


6個入れ 1200円

9個入れ 1800円

税別にてのご提供となります。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 09:04 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
ラムネ菓子 スター・ラムネ 鈴・ラムネ



ラムネ菓子 スター・ラムネ 160円 税別

        鈴・ラムネ   160円 税別





ラムネを星と鈴の小さな型に押してみました。


夏のご挨拶に一品添えてはいかがでしょうか?







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:06 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
夏の御干菓子「かき氷」 




夏の御干菓子「かき氷」  630円 税別


赤、青、黄の色付きの金平糖の上に氷砂糖、そしてラムネ味の御干菓子をトッピングしてカップに入れてみました。





初夏から真夏にかけての夏季限定の商品です。





飾りに朝顔を設えてみました。




店内も夏の装いに衣替え中です!





真照寺方丈池のほとりにて・・・・・



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
一口「塩っぺ羊羹(しょっぺようかん)」



一口「塩っぺ羊羹(しょっぺようかん)」 130円 税別


塩の効いた隠元豆を使用した白羊羹n小豆を散らしてみました。




時節的なことも考慮して保存の為にビニールケースの流し込みです。





夏の暑さでの発汗対策の一環として「塩っぺ羊羹」を携帯してはいかがでしょうか?


もちろんご贈答にも喜ばれます


芒種(ぼうしゅ)

二十四節気中九の時節

稲や麦など穂先にある植物の実の外側の硬い毛を“芒(のぎ)”と云い、「芒種」で芒のある穀物の種まきの頃という意味になります。

時期は小満から約15日後の6月上旬(6日頃)から夏至まで15日間の期間で、特にその期間の初日を指します。

季節的には、紫陽花が咲き、青かった梅の実が色づいてきます。
また、百舌が鳴き始め、蛍といった昆虫類も現れるようになる時期です。

この頃になるといよいよ“梅雨入り”の便りが届き始めますね。

この梅雨の雨を五月雨(さみだれ)、そして梅雨の合間の晴れを五月晴れ(さつきばれ)と呼んでいます。



春陽郷三春城下 御菓子

| ryuichi | 13:47 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
夏季限定品「しあわせトマト」 


夏季限定品「しあわせトマト」の販売をはじめました。





完熟のフルーツトマトとプチトマトをゼリーで閉じ込めました。
隠し味に、オレンジジュースが入り、味を調えています。


一個 280円です。





夏季限定商品になります。


夏の進物を取り揃えました。




夏の御挨拶にご用命ください。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 髙橋龍一

| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
「逃水(にげみず)」~三春水まんじゅう 29


「逃水(にげみず)」 三春水まんじゅう

三春昭進堂の夏の定番水まんじゅうの「逃水」の販売を始めました。

一個 120円税別です。






昨年からの「塩レモン」も好評に付き定番として販売いたします。

価格は同じ一個120円税別となります。

レモンの酸味に塩味でアクセントをつけました。

どうぞお試しください。



「逃げ水」というネーミングは、ご存知の方も多いかと思いますが、子母澤寛の小説「逃げ水」から頂きました。

幕末の徳川幕臣で、大政奉還後、徳川幕府十五代将軍徳川慶喜の護衛の任務を最後まで遂行した奥詰、髙橋伊勢守謙三郎泥舟を描いた小説です。





ショウケースの中では、ご覧のような形態でご案内しています。

これからの時期ですと約30分くらいで食べごろになります。







日持ちは冷蔵庫で2日間位ですので、宜しくお願いいたします。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 髙橋龍一




| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |
干菓子「風流うちわ」 はじめました。



清流に稚鮎が跳ねる頃、若葉の緑も次第に色濃さを増します。

雨に濡れたアジサイの彩りがひときわ鮮やかになり、間も無く梅雨の季節が訪れ、蒸し暑い日が多くなると見た目にも風味も涼しげな水菓子がとても美味しく感じられまる季節となりました。す


花火に七夕、夏祭り・・・

夏の楽しみはたくさんありますが、そんな夏に涼しげで可愛い見た目、もちろん美味しいお菓子と一緒にお楽しみください。






小さいのに「朝顔」や「花火」など、それぞれちゃんと絵が描いてます。



ほんのり甘いうちわです。





三春を含む田村地方では、稲作が盛んですので、端午の節句を旧暦で行う習慣がまだ残っています。
旧暦端午の節句には、昔から菖蒲とヨモギを玄関先に飾る習慣があります。






匂いの強い植物は魔よけの力があるとされて厄除け・無病息災を願ったそうです。
又、菖蒲湯にも入る習慣が残っていましたが最近では実行している家も少なくなってきたようです。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::昭進堂のお菓子 |