CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2021 - 04  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




丑年 三春牛頭天王どら焼き 160円税別




丑年

三春牛頭天王バターどら焼き 160円税別

牛頭天王は、ごずてんのうと呼びます。

福島県「酣takenawa プロジェクト」の「地酒三春駒どら焼き」や福島県6次化スーツプロジェクトの「三春ハチミツどら焼き」との差別化を図るために、有塩バターの短冊をトッピングしました。










丑年ということもあって、畜産組合が真照寺山内に勧請した昭和初期の牛頭天王祭礼で使われていた焼き印を使用してみました。



 



丸々太った恰幅のいい牛さんと三春牛頭天王社、よく見ると鳥居の前に階段らしきものがあります。






年季の入った焼き印ですが、使用頻度は低かったと見えて綺麗な焼き印が押せます。







三春牛頭天王は、旧三春畜産協同組合が昭和26年に、三春方部家畜飼養農家一同の畜産振興と牛体守護、家内繁盛並びに五穀豊穣等を祈願して、家畜に対する報恩感謝の拠り所として、“竹寺”の愛称で親しまれている埼玉県飯能市旧吾野村にある医王山薬寿院八王寺の御本尊「牛頭天王」の御分霊を、三春城下新町にある旧三春藩主祈願所である真照寺様に勧請した御霊です。

檀家の皆様の特別なるご協力を頂いて山内の一部に奉安しました。








三春牛頭天王の御神体をお祀りするお堂の落慶式が11月6日に挙行されたために同日を例大祭日と定めて、以後、真照寺様によって毎年、祈願護摩祈祷により挙行しておりました。

牛頭天王堂を、奉安した当時は娯楽らしいものは全く無く、各地において素人演芸会が流行致し開催されており、弁当又は家で出来る御馳走を作り一家総出で観に行ったものでした。






牛頭天王祭にも祭の盛会の為余興として素人演芸会を開催、当時の市場北側に舞台を掛け(職員が何日もかかって作り)、出演者は各地区に割当て出演して頂き、年々盛大になりました。







当時は交通事情が不便だった為、福島交通(県南バス)が臨時バスを運行する程の賑いでした。





卵はぷりぷりの県内産、蜂蜜も県内産です



小豆と小麦粉は北海道

こちらも隠し味に三春駒を調味料として使用しています。








三春家畜市場<通称「セリ場」に隣接し、旧三春畜産食い合いと一緒に明治、大正、昭和と激動の時代を乗り越えてきた当三春昭進堂です。







馬さんと牛さんには感謝でしかありません。


そのせいでしょうか馬の桜肉と牛肉が大好きです!







二種類の販売です。








三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍






| ryuichi | 15:44 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
ホーズイ ひな祭り 400円税別 (※4月から税込表記となります) 2021




ホーズイ ひな祭り 400円税別 (※4月から税込表記となります)



アン入りマシュマロのひな祭り仕様です。





雛祭りのお祝いにひと花添えて~




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:43 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
小石 (恋旨・こいし)チョコ 2021




小石(恋旨~こいし)チョコ 400円税別


小石のチョコレートです。


今年はハート形のケースに入れてみました。







洒落を利かせて小石=恋旨ともじってみました。






もちろんバレンタインデーに向けた商品です。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:22 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
「三春牛の焼き印」です。 丑年




三春昭進堂にある「三春牛の焼き印」です。


2代目である祖父の代からあると思います。


鳥居に社、そして牛~ 旧三春畜産組合が建立した真照寺山内にあった牛頭天王様にちなんだお菓子に使ったものと思われます。







和牛単独の焼き印もあります。


丑年に因んで、「三春牛どら焼き」にどうかなぁと考えています。



「地酒三春駒どら焼き」と「三春牛どら焼き」のセット販売を思案中です!



ご期待くださいませ~



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:37 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
月下の舞”おしるこ”



月下の舞”おしるこ” 160円税別



カップに入れて、お湯を注いでお召し上がりください。





別売りで”最中の皮”も販売していますので、和ってカップの中に入れて、お餅としてお楽しみください!








三春昭進堂 正月休みのお知らせ

1月5日 (火) 正月休み

1月6日  (水) 正月休み  

1月7日 (木) 正月休み




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:19 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春昭進堂のいちご大福 1個 150円税別  令和3年新春




三春昭進堂のいちご大福 1個 150円税別



福島県産のイチゴを使いようにしています。

今年は、人気のイチゴ農園 矢吹町のうすばファームのイチゴを使用しています。

酸味と甘さのバランスが良く、当店のあんこにぴったりです〜


そのイチゴを特製の秘伝あんこで包みました。


大福もちは、福島県産にこだわっています。






一月2日の「二日市初売り」より、4月の1週目までの販売となります。













桜餅も二日市より販売開始








うぐいす餅は、1月末からの販売となります。

もう少しお待ちください。









三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:12 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
「令和3年度 三春城下二日市 三春昭進堂初売り」





「令和3年度 三春昭進堂初売り」


新春のお慶びを申しあげます。







旧年中はひとかたならぬお世話になり、誠にありがとうございました

当三春昭進堂もお客様皆様のお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。

新年を迎えるにあたり、スタッフ一同、尚一層に気を引き締めてお客様のご愛顧にお応えいたすよう努力いたしたいと存じます。







いちご大福です。

新春2日の「初売り」からの販売となります。

1個 150円税別です。




皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。






新春初売り「二日市」は、1月2日午前8時からです。


ご来店のお客様には「おたりやき小袋」を初売り景品として差し上げます。


イチゴ大福や桜餅など、早朝から製作した、新年を彩るお菓子を取り揃え、皆様のお越しをお待ちしています。



今後とも倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。








昭和初期戦前の三春昭進堂


尚、最後列右から4番目のメガネの方は、私からは大叔父にあたる髙橋哲夫さんです。







syouwa20年代



小さな城下町三春で「三春昭進堂」の四代目として和菓子屋を営んでいます。



昭和30年代


当店は、三春城下旧磐城海道沿いの水芭蕉の咲く寺として知られる藩主祈願寺真照寺の門前、そして三春駒の名で知られる三春産馬や牛の「競り市場」の目の前に立地しています。




昭和50年代 



画面左の真照寺参道側に、左折れの松の古木があるのが見えますか?

店内の一部を真照寺参道を拝借していたものですから、この松の木が店内から生えているように見えていました。

この下り松は江戸時代から生えている老木で苔が生えています。
幹の太さは根元で1メートルは超えていました。

子供の頃は、よく幹に乗って遊んでいましたが、今思うとネバーエンディングストーリーにあった龍に乗って空を駆け巡っていたかに見えたのかもしれません。
敬慕する河井継之助にあやかり、今雅号としている「三春蒼龍」を彷彿つさせてくれます。
これも何かのご縁なのでしょうね〜〜。




昭和56年



商売の始まりは、明治の終わり頃、私の曾祖父の初代民四朗の妻おたりが、競り市に集まる博労(畜産農家)達に、売ろうと作った素人饅頭が美味いと評判になり、おたり婆さんが造る三春名物「おたりまんじゅう」として三春内外の方々に親しまれています。







そして、現在の店舗です。



  
 私は おたりまんじゅうです
 
砂糖や甘いものがまだ貴重品であった頃 三春に産声を上げました

私を造ってくれた おたりばあさん に似たのでしょう 

色黒で、ちょっと不細工の私ですが 私に出会った人たちが笑顔になってくれます

いくつもの時代を超えても その笑顔が忘れられなくて 

元気な笑顔のお客様にお会いしたくて

そして 愛され続ける存在でありたい・・・

そう願い続けて 毎日蒸気の中で生まれています

お客様から 愛する方々へ 

幸せを届けて行きたいと願っています。

そう思いながら、今日もそして明日も元気に産声を上げつづけます


 創業明治中期 三春名物「おたりまんじゅう」本舗 









春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:04 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |