CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2022 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




お盆”おはぎ(夜船)”8月11日(木・祝日)~15日(月)の5日間の限定販売となります。


お盆”おはぎ(夜船)”

8月11日(木・祝日)~15日(月)の5日間の限定販売となります。






お盆限定販売のおはぎ三種類 


・あん(あんこでもち米を包みました)

・ごま(粒あんをもち米で包んで黒すりごまをかけました)

・黄な粉(こしあんをもち米で包み、黄な粉をかけました)







ご予約優先の数量限定となりますので、ご予約を待ちしています。



夏の風物菓子

「夜舟」を紹介します。

日に夜舟とは「おはぎ」や「ぼ打たもち」の夏の呼び名で、もち米を半殺しにして仕上げるおはぎは、もちをつかない→搗(つ)き知らず→着き知らずとなり、それを夜暗く、船が港にいつ着いたか分からない「夜船」と見立てたためにこのような名前がつきました。


きなこ、こしあん、ごまつぶしあんの3種をご用意しました。

お盆期間中は休まず営業いたします。








令和元年8月16日は火曜日ですが、休まず営業いたします。



尚、8月17日(水)は、代休とさせていただきます。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:42 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春昭進堂の土用餅は、7月22日(金)、23日(土)の日にち限定の二日間のみの販売となります。




夏土用”あんころ餅” ~三春昭進堂~



三春昭進堂の土用餅は、7月22日(金)、23日(土)の日にち限定の二日間のみの販売となります。







土用の「丑の日」、2022年は7月23日・8月4日に二回あります。


夏の土用の丑の日は、梅雨明け前後の季節の変わり目で、体調に気をつけたい時期ともいえますね。


土用の期間は土いじりは厳禁となりますので注意してください!






北国には、厄除け、暑気払いの意味を込め、土用の丑の日にはあんころ餅(土用餅)を食べるという古くからの習わしがあります。


「餅」は力餅(力持ち)、そして「小豆(あずき)」には 邪気を祓う力があると言われていますから、土用餅を食べることで、暑気や厄を払い無病息災で過ごせるといわれています。

消化が良く 力がつくお餅を小豆で包んだ 「あんころ餅」は美味しく夏を乗り切る為のお菓子というわけです。





当店の土用餅は、柔らかい口当たりのお餅をなめらかな自家製こし餡で絡めてみました。

冷房のない時代に暑さを乗り切るため、様々な知恵を絞ってきたことがうかがえます。

私たちも先人の知恵に倣って、体調には十分注意をし元気に夏を乗り切りたいものです。



北海小豆のこし餡からのぞくお餅も愛らしいた土用餅。

古人の知恵にならった暑気払いの素朴なお菓子で、この夏を健やかにお過ごしください。






数量限定販売ですので、ご予約いただければ幸いです。

あんころ持ちを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!


ご自愛くださいませ。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂






| ryuichi | 03:49 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春昭進堂の土用餅は、7月22日(金)、22日(金)、23日(土)の日にち限定の二日間のみの販売となります。







夏土用”あんころ餅” ~三春昭進堂~

夏土用 2022年7月20日(水)~8月6日(土)

夏の土用の丑の日は、梅雨明け前後の季節の変わり目で、体調に気をつけたい時期ともいえますね。


三春昭進堂の土用餅は、7月22日(金)、23日(土)の日にち限定の二日間のみの販売となります。







土用の「丑の日」、2022年は7月23日・8月4日に二回あります。


夏の土用の丑の日は、梅雨明け前後の季節の変わり目で、体調に気をつけたい時期ともいえますね。


土用の期間は土いじりは厳禁となりますので注意してください!






北国には、厄除け、暑気払いの意味を込め、土用の丑の日にはあんころ餅(土用餅)を食べるという古くからの習わしがあります。


「餅」は力餅(力持ち)、そして「小豆(あずき)」には 邪気を祓う力があると言われていますから、土用餅を食べることで、暑気や厄を払い無病息災で過ごせるといわれています。

消化が良く 力がつくお餅を小豆で包んだ 「あんころ餅」は美味しく夏を乗り切る為のお菓子というわけです。





当店の土用餅は、柔らかい口当たりのお餅をなめらかな自家製こし餡で絡めてみました。

冷房のない時代に暑さを乗り切るため、様々な知恵を絞ってきたことがうかがえます。

私たちも先人の知恵に倣って、体調には十分注意をし元気に夏を乗り切りたいものです。



北海小豆のこし餡からのぞくお餅も愛らしいた土用餅。

古人の知恵にならった暑気払いの素朴なお菓子で、この夏を健やかにお過ごしください。






数量限定販売ですので、ご予約いただければ幸いです。

あんころ持ちを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!


ご自愛くださいませ。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂






| ryuichi | 04:35 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
2022 「逃水(にげみず)」 三春水まんじゅう始まりました!





2022三春水まんじゅう 「逃水(にげみず)」 



三春昭進堂の夏の定番水まんじゅうの「逃水」の販売を始めました。







昨年からの「塩レモン」も好評に付き定番として販売いたします。



レモンの酸味に塩味でアクセントをつけました。

どうぞお試しください。








「逃げ水」というネーミングは、ご存知の方も多いかと思いますが、子母澤寛の小説「逃げ水」から頂きました。

幕末の徳川幕臣で、大政奉還後、徳川幕府十五代将軍徳川慶喜の護衛の任務を最後まで遂行した奥詰、髙橋伊勢守謙三郎泥舟を描いた小説です。


冷凍販売でご案内しています。

これからの時期ですと、お買い上げから約30分~1時間位で食べごろになります。

そのまま冷凍保存もオッケーです!






日持ちは冷蔵庫で2日間位ですので、宜しくお願いいたします。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:36 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
「6月16日は和菓子の日」  第1回 福島県献菓祭のご案内 於開成山大神宮



「第1回福島県献菓祭」が、「6月16日の和菓子の日」にちなんで、6月16日(木)15時から、郡山市の開成山大神宮で開催されます。


主催・福島県菓子工業組合、共催・郡山菓子商工協同組合

【式次第】修祓、献菓、祝詞、巫女舞、玉串奉典、撤饌

【献 菓】県内23メーカーの「代表銘菓」を献菓及び初穂料として故事にちなみ「通貨16枚」(100円玉16枚)を献上します。


【撤 饌】祭典終了後、午後3時40分より献菓したお菓子(小袋に2個入り)を先着100名様にお配りいたします。






西暦 848年(承和15年 嘉祥元年) の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、 疫病を除け健康招福を祈誓し、 「嘉祥」 (かしょう)と改元したという古例にちなみます。

「嘉祥」とは文字通り 「めでたいしるし」 であり、鎌倉時代には、のちの後嵯峨天皇が東宮となられる前に、6月16日に通貨 16枚で御供えの菓子などを求めて献じそれを吉例とし、皇位継承の後も続けられました。





その後、室町時代の 『嘉祥の日』には、朝廷で主上 (天皇)に「かづう」( 女房言葉 かつう、 かずうともいう 「嘉祥の祝」の菓子のこと) を差し上げるのが吉例であったことが 『御湯殿上日記』 (おゆどののうえのにっき) に記載されています。

このように、「嘉祥の祝」は、 疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。

この 『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

コロナ禍の出口がまだ見えぬ昨今、 疫病の払拭と菓子業界の繁栄を祈念し献菓祭を挙行いたします。


主催 福島県菓子工業組合

共催 郡山菓子商工協同組合








当三春昭進堂も、菓子業界の繁栄願い「第一回福島県献菓祭」の神事に参列して「献菓」の上、コロナ退散、商売繁盛、世界平和を祈願します。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:38 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
令和四年 三春昭進堂「かしわ餅」の販売は、「父の日」である6月19日(日)までの販売とさせていただきます。



三春昭進堂「かしわ餅」の販売は、例年ですと夏至、もしくは旧暦の端午の節句付近の土日までの販売となります。


本年、令和4年の旧端午の節句は、6月3日(金)ですが、「父の日」である6月19日(日)までの販売とさせていただきます。




毎年、お客様から「美味しいんだから、もう少し長く販売したら?」とありがたいお言葉を戴きますが、和菓子屋として、日本の風習を大事にしたいと考えて、季節にこだわって生きたいと考えています。

なにとぞご理解を戴きますようお願いを申し上げます。








6月から水まんじゅう「逃げ水」も販売開始です。















春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:38 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春昭進堂 缶入り水ようかん


なつかしい味、涼味あふれる三春昭進堂の水ようかんです。



風味は勿論、北海道産の小豆を使用したしっかりとした小豆餡です。







さらに昔風に「三春昭進堂」の水ようかん缶入りを缶に詰めてみました。


今の缶は缶切り不要のイージーオープン缶となっており、ふたにスプーンが付いています。







小倉とこしあんの2種類をご用意いたしました。







小豆こし…当店の看板商品「おたりまんじゅう」と同じこし餡を使用し、しっかりとした小豆の風味をご堪能いただける、こし餡の水羊羹です。

小倉つぶ…こちらも「おたりまんじゅう吹雪」や「どら焼」と同じ小豆を使用しました。
    小倉本来の味わいと 豆の食感を大切に炊き上げました。





おたりまんじゅう、おたりやきと共に、夏の御挨拶のご用命をお待ちしています。

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:20 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |