CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2018 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春城下「ちょっくら市」2018.8





今月のちょくら市






平成30年8月のちょっくら市は、17日(金)、18日(土)です。






 
三春城下「ちょっくら市」

毎月第3金・土曜日開催 中町本陣本店10時~15時  






毎月第三の金曜と土曜の2日間だけ本陣本店さんの軒先をお借りしてオープンする「ちょっくら市」。







様々なクリエーター、アーティストの作品が並ぶお洒落なお店。







三春から新しい文化を発信しています。









もちろん、「本陣醤油」を重要な原材料とする「おたりまんじゅう」も販売中です。















三春城下中町の本陣しょうゆで有名な「本陣本店」さんにて、月に2日間だけ手仕事人による小さなちいさなお店です



























今回はカエル文字の渡辺弥七先生の作品も並んでいます。



















春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:35 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
『タイヤは夜の向こう』きのこ集団Protomass第4回公演


当家の次男坊の主宰する劇団です。

よろしくお願いいたします。。


『タイヤは夜の向こう』きのこ集団Protomass第4回公演

公演概要
脚本・演出 髙橋 成知
キャスト たつろう
圓谷 颯
佐藤 夢子
大江 優花
渡邉 麗奈
飛田 ことみ
島倉 拓士
東洲斎 竹蔵
櫻井 孝樹
新良貴 飛梁

裏方 舞台監督:稲田 清香
照明:二瓶 碧
音響:髙橋 成知
宣伝美術:大江 優花
制作:島倉 拓士
進行管理:二瓶 碧
舞台補佐:熊田 康太

料金
【前売】
中学生以下:無料
高校生:500円
大人:1,000円

【当日】
中学生以下:無料
高校生:800円
大人:1,300円







福島公演 詳細

公演日時 2018年 9月 16日(日)
【開場】14時 【開演】14時30分

公演場所 福島市夢奏蔵(所在地:福島県福島市森合字台7)

アクセス 電車:福島駅より福島交通飯坂線「美術館図書館前」下車 徒歩2分

バス:福島駅バスターミナル9番バス乗り場から福島交通バス・ももりん(市内循環)2コース「県立美術館入口」下車 徒歩2分
徒歩:JR福島駅東口から30分



郡山公演 詳細 2日間公演

公演日時

2018年 9月 22日(土)
【開場】17時45分 【開演】18時15分

2018年 9月 23日(日)
【開場】17時45分 【開演】18時15分


公演場所 郡山市公会堂(所在地:福島県郡山市麓山一丁目8-4)

アクセス バス:JR郡山駅より「図書館前」「麓山一丁目」下車
徒歩:JR郡山駅より約20分



きのこ集団Protomassとは、日本の新人演劇集団。 2015年冬、福島県郡山市の高校演劇部有志を中心に結成し、2016年5月『出口はどこかにある』(作・演出:髙橋成知)で旗揚げした。 福島県郡山市を中心に活動しているが、仙台や横浜、京都でも上演したい、という思いを胸に日々惰眠。







きのこ集団Protomass代表の髙橋成知と申します。
こんな自分みたいなペーペーがおこがましくも代表挨拶をさせていただきます。
びびってます。

きのこ集団Protomassは基本的に、僕の作・演出の元で演劇の公演を行っています。どういう作品を作ってるかと申しますと、いわゆるナンセンスコメディとか前衛劇とかの類です。
ハイ。対話形式で色々難しいこととか無茶苦茶なこととか話したり、突飛なことが起こって大変ダァってなったりする……みたいなのを作ってます。

ですが前衛劇を基盤と言いましても、「どうだ……他の人とは違うだろォ……アー、そう!難しくてわかんないかァ、アハハ!」というような舐めた心持ちで作っているわけではありません。
前衛特有の分かりにくさがあるけども、より多くのお客様に楽しんでもらえる何かを作りたい、そういう心持ちで劇を作っています。

しかしやっぱりきのこ集団Protomass独自の作品を作っていきたい。
そして、ゆくゆくは「ムムッ!福島に行けば面白い演劇見れるんじゃなぁい!?」と言われるようになり、お客様が各地から福島に足を運んできてくれる。福島の活性化にちょこっとでも貢献できる。んでもってお金をフヒヒ……なんて目論んでます。

まだまだ青二才でございますんで、皆様の厳しい鼓舞激励ご鞭撻をよろしくお願いいたします。



代表 髙橋 成知



きのこ集団Protomass公式ホームページより





尚、本日平成30年8月14日は火曜日ですが、休まず営業いたします。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:55 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
夏休み企画展「ワンダフルにゃんず~いのちをつなぐ写真展~」 福島さくら遊学舎




夏休み企画展「ワンダフルにゃんず~いのちをつなぐ写真展~」 さくら遊学舎 

会期 平成30年8月4日(土)~平成30年9月24日(月)

開館時間 10時~17時(最終受付16時半)
 
場所 さくら遊学舎

〒963-7725
福島県田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213番地
TEL:0247-61-6345 / FAX:0247-61-6342




入館料

大人 1000円
中学生・高校生・大学生(専門学生含む) 800円
小学生 500円

※団体申し込みは電話にて受け付けております。お気軽にお申し込みください
10名様以上で事前に団体申し込みをしていただきますと、入館料金の合計より20%の割引とさせていただきます。

※未就学児・障がい手帳をお持ちの方は本人様のみ無料となります。

※チケット売上の1割を愛護団体へ寄附致します





此方の入館料で同施設にて開催の

・常設展示「ガイナックス流アニメ作法展」

・福島ガイナックスの歩み

もご覧いただけます!







「ワンダフルにゃんず~いのちをつなぐ写真展~はどんな展示があるの?
・五十嵐健太さんによる「HOGO猫パネル展」
・上村雄高さんによる「福島の犬猫たち」
・SNSスター保護猫の写真展示

連動企画

・さくら遊学舎2階スペースにて「福島大学ねこサークル」、「大学ねこ連盟 U-Cats」
の活動展示を行います。

また、保護団体による保護猫譲渡会も開催!詳細はHPにて随時更新いたします。

「ワンダフルにゃんず~いのちをつなぐ写真展~







お問合せ先

福島さくら遊学舎

〒963-7725
福島県田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213番地
TEL:0247-61-6345 / FAX:0247-61-6342





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:41 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
沢石豊年盆踊り 




沢石豊年盆踊り

平成30年8月14日 (火) 開催!

沢石小学校や三春中学校の生徒児童によるかわいい太鼓演奏の披露です。






花火大会

こどもゲーム大会

等イベント盛りだくさんです。


三春昭進堂も協賛しています。






春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 06:26 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
第12回 三春城下中町 盆踊り





第12回 中町盆踊り

三春城下中町盆踊りが開催されます。


平成30年8月11日(祝・土)山の日


午後6時ごろより


福聚寺下 中町公民館前広場(旧ベニマル三春店跡地)

三春町商工会中町支部協賛お楽しみ抽選会もあるよ!

中町若連では、太鼓保存会を中心に毎年盆踊りを開催していますが、今年も商工会中町支部の全面協力でより一層盛り上がりそうです!







かつて三春城下では、8月に入ると連日盆踊りが開催されていました。


また、城下を中心に三春近郷近在、田村各地の農村でも、青年団を中心に開催され、若者の交流も盛んでした。


お盆に戻ってきた精霊を慰め、餓鬼や無縁仏を送るための踊りとする「盆踊り」

一説には、お盆の供養で成仏できた亡者が、喜ぶ姿を表現したものと伝えられています。

しかし、ある地方では無縁の悪霊や亡者たちを地域のご先祖様たち一緒に踊りながら供養し成仏してもらうとするところもあります。






仏教的な盂蘭盆会の味合いが濃かった「盆踊り」は、やがて、その地域ごとの地域の文化や特性と結びついて伝統文化、芸能、そして娯楽へと変化してきました。

そして、地域の人々の大切な交流の場になっていったようですね。


「また来年ご一緒に!」と、みんなで踊りながら行く夏を惜しみながら、あの世へ戻られたご先祖様を偲び、日々の平穏な暮らしが続くようにとの願いが込められているような気がします。



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


三春城下中町盆踊りが開催されます。


平成30年8月11日(祝・土)山の日


午後6時ごろより


福聚寺下 中町公民館前広場(旧ベニマル三春店跡地)

三春町商工会中町支部協賛お楽しみ抽選会もあるよ!

中町若連では、太鼓保存会を中心に毎年盆踊りを開催していますが、今年も商工会中町支部の全面協力でより一層盛り上がりそうです!







かつて三春城下では、8月に入ると連日盆踊りが開催されていました。


また、城下を中心に三春近郷近在、田村各地の農村でも、青年団を中心に開催され、若者の交流も盛んでした。


お盆に戻ってきた精霊を慰め、餓鬼や無縁仏を送るための踊りとする「盆踊り」

一説には、お盆の供養で成仏できた亡者が、喜ぶ姿を表現したものと伝えられています。

しかし、ある地方では無縁の悪霊や亡者たちを地域のご先祖様たち一緒に踊りながら供養し成仏してもらうとするところもあります。






仏教的な盂蘭盆会の味合いが濃かった「盆踊り」は、やがて、その地域ごとの地域の文化や特性と結びついて伝統文化、芸能、そして娯楽へと変化してきました。

そして、地域の人々の大切な交流の場になっていったようですね。


「また来年ご一緒に!」と、みんなで踊りながら行く夏を惜しみながら、あの世へ戻られたご先祖様を偲び、日々の平穏な暮らしが続くようにとの願いが込められているような気がします。



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:39 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
奥州三春城下 八幡町盆踊り 2018



八幡町盆踊り 2017

2017年8月5日(土)

午後6時より

八幡町遊園地 (八幡様下)


昭和20年八月の太平洋戦争終戦を受けて町当局からの命令で盆踊りは中止するようにという沙汰が発令されましたが、八幡町若連の強者はだけはそれを不服として“いろはや食堂”の裏山に太鼓を持ち込んで盆太鼓を叩いたと古老の話として三春町史には記録されています。

また、すぐ目の前に太鼓屋がありいつ太鼓が破れても大丈夫だった。





大正時代の最盛期、賑やかだったのは新町と八幡町の盆踊りといわれ、新町はセリ場に櫓を建て庚申坂新地の遊女や芸者が繰り出し艶やかだったと古老は話します。

 旧暦のお盆十四日から十六日が新町と八幡町、十七日が北町、二十日が荒町、二十四日が新町一時地蔵等、月末まで連日盆踊りが開催されていました。

北町は天神様前、荒町は馬頭観音前、大町は紫雲寺境内であったと記録されています。



社会情勢の変化、娯楽の多様、観光化による失敗、各若連の人員不足など紆余曲折の中で縮小傾向にありましたが、衰退する三春盆踊りを再興しようと三春観光盆踊りとして、各地区太鼓保存会を組織して、8月15日16日に、大町お祭り広場で開催されるようになり、現在に至ります。
 


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:12 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
奥州三春城下 三 春 盆 踊 り 




三 春 盆 踊 り

江戸時代より続いている三春に伝わる夏の風物詩。

三春盆踊り、かつては、8月に入ると、各地・近在の村々で毎晩のように繰り広げられていたました.


現在では8月15~16日の2日間、町を挙げて行われ、三春名物にふさわしい賑わいを見せています。

今年は、場所を三春大町の「四つ角交差点」に移して、三春交流館「まほら」との一体感を演出してみました。



明治末期頃より、城下での盆踊りが解禁され、八幡町、中町、大町と各所で盆踊りが、開催されています。

昨夜は、要田盆踊り、今晩は、沢石盆踊り、岩江の盆踊り・・・

盆踊り一色の三春町です。






見るものをとりこにする美しい浴衣に身を包み、しなやかな手つき、流れるような身のこなしの三春盆踊りには、三春城下を幻想的な雰囲気を醸し出し、同時開催の百杯宴~およばれ~」町の辻角に配された行燈の灯りが、より一層雰囲気を盛り上げます。





8 /15 ・16 三春大町 おまつり道路
PM 6:00~ PM 10:00




雨の時は三春交流館「まほら」にて開催(PM 9:00まで)

子どもさんには記念品をプレゼント。(各日 400名様)PM 8:30以降配布。

佐藤酒造㈱様提供による樽酒が両日とも会場に用意されます。







三春盆踊りも、お盆に招いた御霊をあの世へ送るための念仏踊りが始まりとされています。

かつては、月明りと提灯で踊った三春盆踊り。
仄かな明かりを頼りに踊る中で、幻想的な雰囲気が作り出され、盆踊り会場内にいる方々に、亡くなった方々を重ね合わせ、あたかも御霊と一緒に踊っているようだったと伝わっています。

盆踊りの空間はあの世とこの世の境界であり、踊りの所作には霊と自分自身の親しみを表す所作が必ず含まれているとされています。

三春盆踊りの振り付けは、空を指す手の動きは“あの世”を表し、地面を指す手の動きは“この世”を表しているとされ、最後の手拍子は、お盆にこの世に戻ってきた先祖の精霊や有縁無縁の諸霊を供養敬う気持ちをもって「年に一度のお盆を一緒に楽しみましょう」「また来年も来てくださいね」との思いを表しているとされています。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 07:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |