CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2017 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




真っ赤なベンツSLK!



真っ赤なベンツSLKを買ってしまいました!

孫のような当店マスコット悠大へのプレゼントです。

ご来店されるお客様方に愛想を振りまいているご褒美です。






二歳半となって歩行も一丁前となりました。
さらに、体力もついてきたらしく、普段曾孫のように面倒を見ている昭和8年生まれの先代も追いかけるのが一苦労です。

それではということで、この車に乗せてセリ場でドライブをさせていれば少しは先代も楽できるかな?と考えました。





さてさて思惑通りに事が運びますでしょうか?



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 12:46 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
奥州三春城下 八幡町盆踊り 2017



八幡町盆踊り 2017

2017年8月5日(土)

午後6時より

八幡町遊園地 (八幡様下)


昭和20年八月の太平洋戦争終戦を受けて町当局からの命令で盆踊りは中止するようにという沙汰が発令されましたが、八幡町若連の強者はだけはそれを不服として“いろはや食堂”の裏山に太鼓を持ち込んで盆太鼓を叩いたと古老の話として三春町史には記録されています。

また、すぐ目の前に太鼓屋がありいつ太鼓が破れても大丈夫だった。





大正時代の最盛期、賑やかだったのは新町と八幡町の盆踊りといわれ、新町はセリ場に櫓を建て庚申坂新地の遊女や芸者が繰り出し艶やかだったと古老は話します。

 旧暦のお盆十四日から十六日が新町と八幡町、十七日が北町、二十日が荒町、二十四日が新町一時地蔵等、月末まで連日盆踊りが開催されていました。

北町は天神様前、荒町は馬頭観音前、大町は紫雲寺境内であったと記録されています。



社会情勢の変化、娯楽の多様、観光化による失敗、各若連の人員不足など紆余曲折の中で縮小傾向にありましたが、衰退する三春盆踊りを再興しようと三春観光盆踊りとして、各地区太鼓保存会を組織して、8月15日16日に、大町お祭り広場で開催されるようになり、現在に至ります。
 


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:12 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |