CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2017 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




平成版怪奇伝説「蛇石の蛇神様」




蛇石の蛇神様

今は三春ダムに沈んでしまいましたが、旧中郷村蛇石の蛇神様が鎮座していた辺り、根本川と樋渡川の合流点を三枝谷といっている。
昔は、両岸から古木の枝葉がのびて、うっそうと繁り、その暗い谷を、激流が岩を咬んで、ゴウゴウと音を立てていた。

元禄の頃、この谷間に大蛇が出て里人達を脅かし、藩内を驚かした。

その噂は、江戸表までもひろがっていったほどの騒ぎだった。
時の藩主、秋田信濃守輝季も捨ておくわけにはゆきません。
早速、家老荒木内匠に命じ、藩士総出動で蛇退治をすることになった





先陣には鉄砲祖、弓組の二組を編成、藩主である信濃守自身も、近臣を従えて出馬するという、大がかりなものであった。

松井正右エ門は200石取りの侍だった。彼も毆様の御供を仰せ付けられた。
丁度その折、彼の甥の松井民ニ郎が秋田から来ていて、お供を志願しますが、家臣でないため加入することができず、単独で出かけました。






三枝谷を遠巻きして、鳴物入りの蛇退治が始まります。
予想通り大蛇は谷の大岩を枕にとぐろを巻いていたので、鉄砲、弓の総攻撃を加えた。
怒った入蛇は、大きな鎌首を2米程も高くあげて、舌端火を吹きながら殿様に迫ろうとしている。
これは大変と、殿様は馬を引返して逃れ出たその時である。
物蔭に身をひそめていた民二郎が躍り出て蛇の進路に立ち塞がり、手裏剣を大蛇ののどに打ち込み、大刀を上段にかざして首を打ち落した。





やがて、民二郎は御殿に召し出され、その武勇を賞し“粟田口の太刀”を賜った。
面目を施した民二郎は、召し抱えたいという殿様の希望を固辞して秋田に帰って行った。

お蔭で叔父の正右エ門も代々無役250石の恩賞にあずかったという。

里人達は、崇りを恐れて、鎮守の祠を建てたのが今の蛇神様である。


蛇石の地名もこれに由来している。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 05:27 | comments (x) | trackback (x) | 平成版三春怪奇伝説 |