CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春仏教和合会「春の托鉢」 2018



三春仏教和合会「春の托鉢」

三春城下春爛漫の風物詩三春仏教和合会による春の托鉢です。

平成30年4月12日(木)の午前中に三春城下の各寺院より和尚様方が托鉢の出ます。





毎年、五月五日の”こどもの日”に開催される「稚児行列」の為の托鉢です。

三春仏教和合会の三春城下各寺院のお坊さんが各家を廻ります。







皆様のご協力をよろしくお願いいたします。




家の前で、鈴を鳴らしお経を読んでいただけるだけで、背筋がピンと伸びます。
 






禅僧は、托鉢に出かけることを仏教用語では次第乞食(しだいこつじき)といって、次第乞食とは軒並み家を托鉢(たくはつ)して廻り、一軒もはずさないことをいいますが、

「家を一軒はずすなら、その村ごとはずせ」と言われています。


お金持ちであろうと貧しかろうと平等に廻ることになっています。





福井の永平寺を開かれた道元禅師が書かれた「正法眼蔵」(しょうぼうげんぞう)に、

「その布施といふは不貪(ふどん)なり。不貪といふは、むさぼらざるなり。むさぼらずといふは、よのなかにいふへつらはざるなり」とあります。

布施は「へつらわない」という気持を込めて行う修行です。









むさぼらない心が布施の第一ですから、財施でも法施でもしぶしぶの気持で行う布施は布施になりません。









春陽桜郷三春 三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:54 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |