CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2019 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




紅蓮山観音寺だより 第71号 平成31年新年 1月吉日



紅蓮山観音寺だより 第71号 平成31年新年 1月吉日


島根県浜田市にある曹洞宗観音禅寺様より、「紅蓮山観音寺だより 第71号 平成31年新年 1月吉日」が届きました。



秋分の日と新年月号との合弁号となっています。



今回から、編集長が俵保恵様なった旨が記されていました。

この観音寺だより発行の任を担う観音寺教化会役員の方々には、その労に対しまして心より御礼申し上げます。
また、長い間に数多くの編集に携わった方々がいるかと存じます。

重ねて、心より御礼を申しあげます。







念頭にあたりて

佛教徒の願い
佛さまに まみえん 
山門を通り 手を洗い
口を漱(すす)ぎ 礼拝申さん 
合掌を捧げ 本尊前に畏(かしこま)り
南無釈迦牟尼佛
佛音(ぶつとん)を称敜(しょうねん)せん 
身心調ひ 大安楽なり あなかしこ

自未得度先度他の ご誓願ぞ
如来さま 此に出まします
御懐に抱かれし 吾(あ)そ
かたじけなくも有難し 涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)なり
佛恩報謝に催され 細やかなれど
ただひたすらに 御奉仕申さん
御堂 清掃浄め奉らん
御斎 供養作食(さじき)申さん
御信心の道 手とり合て歩み申さん
皆ともに 華蔵世界(けぞうせかい)お浄土を建立申さん
住持 穆清 







今日地球上に人間娑婆世界は、科学が発達し社会制度も調い、物資的生活も豊かに暮らせるようになりましたが、そこですべての人々が心安らかに平安な日々を送っているかと云えば、相変わらず何千年の間無明流転、混迷凡夫の日暮しであります。

その中でお釈迦さまの佛教のみが、唯一絶対の安楽浄土の生活で暮らせる道をお説きなされております。

どうぞ、その佛さまにめぐり遇い頂いて、ご安心の日々をお過ごし頂くようお願い申します。


観音寺方丈花吉道久老師のご挨拶より








昨年は、五月の連休明け、夏のお盆明け、そして、10月中頃の2回ほど浜田に帰省するご縁をいただきました。

三春から、山陰石見の浜田までは約1200キロ、日本海ルートを高速道路で10時間くらいかかります。

せめて京都ぐらいならもう少しの頻度で帰れるんですが・・・






観音寺門前に家内の実家があり、近年その老朽化も進み、その補修修繕のために帰省しています。
其のたびに観音寺様にて朝の参禅に参加させていただいています。





平常心是道と禅では教えています。

仏道といっても特別なことは何もありません。

日常生活の全てが仏の教えそのもので、日々の事柄ひとつひとつに真剣に向き合い、こなしていくことこそが、正しい、しかも唯一の生き方となると方丈様に教えていただきました。





息子とその友人、そして、三春城下の看板や根本看板店の専務と~





また一つ、心が洗われました。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍






| ryuichi | 05:00 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記::紅蓮山観音寺だより |