CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2020 - 04  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「悲しいから笑うのよ 手に手を取って♪  切なくても踊るのよ 明日天気になれ♪ 夢花涙雨 ありがとう♪」 三春城下若松屋幕田専務に捧ぐ





「悲しいから笑うのよ 手に手を取って♪ 切なくても踊るのよ 明日天気になれ♪ 夢花涙雨 ありがとう♪」

三春城下若松屋幕田専務に捧ぐ











「夢花涙雨(ゆめはななみだあめ)~フラ女将の唄」、白河市出身で京都市在住のシンガー・ソングライターYammy*(ヤミー)が歌うこの歌は、東日本大震災による福島第1原発事故からの復興を願い、いわき湯本温泉の女将たちから聞いたり手紙で寄せてもらったりした体験談をYammy*が歌詞に取り入れつくられました。









昨年のクリスマスに開かれた恒例の「Yammy*クリスマスライブin三春若松屋旅館」で生演奏を聞いたばかりでしたので、心に残っており聞くたびに目頭が熱くなります。






三春城下馬場の湯温泉の若松屋さんでは、このYammy*さんをはじめ、幸せを運ぶ男・高田エージさん等の、ライブが定期的に行われ三春内外の方々に楽しい時間をプロデュースしていました。






Yammy*さんは、福島県人なら一度は聞いたことがあるRFCラジオ福島での元レギュラー番組"Yammy's Garden"のテーマ曲「君のもとへ」や、三春滝桜を歌った「愛しきキミ想ふ」などのヒット曲を、安積女子高校(現安積黎明高校)の同級生で、仁井田本家女将・ピアニストの仁井田真樹さんはじめ、一流のミュージシャン達と、その時折によってユニットを組んでそれぞれの持ち味を生かした味付けで、唄演奏を披露して会場に詰め掛けたお客様を魅了していただいています。






また、20年来の親交がある高田エージさんは、ソロでそして、「轍&エージ」等々様々なユニットで「いいぞ、エージ!」の掛け声とともに「空の笑顔」「そのままでいいよ」「永遠」などの忘れられない力強い歌詞と、どこか懐かしいメロディで会場を盛り上げてくれます。


もちろん、これらの三春城下馬場の湯温泉若松屋旅館ライブの仕切りは幕田専務です。

お客様も、三春はもちろん、郡山、田村、東京、京都、白河等々から大勢のファンが来場され、会場は大盛り上がりです。

三春に居ながら一流のミュージシャンの生の音楽が聴ける素敵なステージと~そんな贅沢な時間です。






お陰様で、温泉に入って若松屋の四季折々の料理と仁井田本家の自然酒に舌鼓~そして、 
一流のアーティストの皆様の息遣いが聴こえるライブを間近で楽しむ大迫力の演奏と、三春城下での満ち足りたな大人の時間を堪能してきました。





何よりも仲間・友達を大切にして、人と人を繋ぐのが大好きな幕田専務。
若松屋のライブでは、幕田専務の計らいでご縁を紡いでいただき、演者・スタッフの方々はじめ、遠方よりおいていただいた方や三春の方々など様々な出会いがありました。
















人間にとって大切な事とは“生きている間”にどれだけ多くのものに触れ合えるか、そして、出会えるかと云うことだと思っています。
また、若松屋のライブだけではなく様々な場面でその様な機会と大切な時間をつくってくれたことに、心より御礼を申し上げます。










若松屋旅館取締役統括本部長幕田勝浩君のご冥福をお祈り申し上げます。












三春若松屋でのyammy *コンサートでご一緒した滋賀の山田様にご来店頂きました。伊達市での所用の帰りにお土産を買いによっていただきました。

若松屋専務の故幕田君へ御焼香されてきたとの事、重ねて御礼申し上げます。

人と人を繋ぐのが大好きな幕ちゃんの御縁がまた一つ増えたよ!










   
春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:13 | comments (x) | trackback (x) | 若松屋コンサートFriends! |