CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2020 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




人間 山本五十六 元帥の生涯 反町栄一著 5Day




人間 山本五十六 元帥の生涯 反町栄一著 5Day


北国の先輩として尊敬する山本五十六元帥の生涯を描いています。

山本五十六は、当時の欧米事情にも詳しく、戦略的に見て日独伊三国軍事同盟や日米開戦に最後まで反対していました。

戦術的にも航空機戦力に早く着目し海軍航空隊設立に尽力し、日米開戦時には「短期決戦・早期和平」という日米間に於ける国力の差を冷静に分析していました。
広い視野を持ち現実的な作戦計画を実施しようとしたことなど、旧日本海軍軍人の中でも傑出した名将としての評価は今日でも高く、海外においても広く賞賛されています。

また、明朗な性格で、部下や同僚から非常に高い信頼を寄せられた人物でした。
山本は、日米戦争に反対していたのにも拘わらず、戦時特別編成である大日本海軍連合艦隊司令長官という立場から真珠湾攻撃の作戦立案に携わる事になります。






その山本の苦悩が洗われている講演があります。

昭和14年に山本五十六が母校の長岡高等学校で講演内容の一部です。

私は諸君に対し銃をとって第一線に立てとは決して申しません。

あなた方に希望するところは学問を飽くまで静かな平らかな心を持って勉強し

将来発展の基礎をつくって頂きたいと熱望する次第であります。

どこまでも気を広く持ち高遠なる所に目標をおいて日本のため進んでくださいます。

山本五十六


http://otarimanjyu.com/blog/index.php?e=2481


海軍兵学校の体格検査で「特技は何だ?」と聞かれて、

「はい、やせ我慢です!」と答えたという。




日本海軍連合艦隊司令長官 山本五十六大将 上申
下記は、三国同盟成立直前に反対演説した時の連合艦隊司令長官 山本五十六演説です。

私たちは一口で云うならば、国家の忠実な番犬であります。
日本と云う邸内を侵すものあれば、その時は身命を投げ打って相手に挑んで行く任務が在って、もともと政治には拘わりたくないのであります。
しかしこの日本の邸内を窺う賊は一名ではありません。
出入り口も三つか四つ在りますが、哀しいかな番犬は一頭で在る場合、この番犬はどんなに走り回っても護りキレ無くなるので在ります。
とは云っても賊の侵入を見逃す訳には尚まいりません。
せめて政治家が、他の口をしっかりと鉄扉で塞いで於いて呉ますなら番犬は喜んで常に一つの関門を護り得るものと存じ得ます。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |