CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2021 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




現人神社覚書 (あらひとじんじゃ おぼえがき) 小社 現人神社御由来緒 (寫)




現人神社覚書 (あらひとじんじゃ おぼえがき)


小社 現人神社御由来緒 (寫)

磐城国田村郡澤石村大字實澤字八龍山鎮座

小社 現人神社


祭神 後醍醐天皇 義良親王 護良親王

當社勧請の由来を原するに、佐久間遠江守盛清の後胤右京太夫が當郷に移り實澤上舘の屋形に住い 

御宗参議源(北畠)顕家公が奥州鎮守府へ下向の際、義良親王を奉じたりに、官軍の利を失い、遂に大塔宮と共に伊達霊山に籠城し御難渋なされ、帰京ましましの途中、安達郡菅ノ澤という所に掛けたる時しも雨天にて恐れ多くも十善萬乗の御玉体を田夫野人姿に替えさせ給いる。


玉は御歩行なれば一足に息し二足に立ち止まり給ふを見上げ奉じるに、実に感泣に堪えざるとて菅ノ澤(今の杉沢)の三瓶美濃と云う者、當村(實澤)迄案内を申す時に實澤村の北端を流れる移川と云う川があり(源流を美麗山とする川)、この川に掛り足る時、折からの雨の為に川が増水し洪水となり、其の架橋を渡ることが危険為るを以て御背負申せしに「我渡る」と仰せありたるを以て、此の処を「川渡」と呼ばれるようになった(我渡の義あり)。


此の時、三瓶美濃はこの地の八龍山迄御供を申し慈にて御休息ましまして御別れを申す。

この御休息の処として「御塔壇(大塔宮)」「御聖壇(義良親王)」「御参議壇(参議北畠顕家公)」と唱する遺跡を設ける。


茲(ここ)文中元年皇子の御尊影を崇し奉らんとしてこの山に祠を建立し、御尊像三体を造り現人神社と勧請する。


これが當現人神社の創立の濫賜(かんしょう)なり。


今に至るも甚だの御縁を以て安達郡杉沢村の三瓶家にては毎年歳初めに御幣束を納めることに怠りなく履行しています。


明治三十六年

社掌 岩崎嘉門

惣代 佐久間泰四郎

| ryuichi | 04:36 | comments (x) | trackback (x) | 旧沢石村::実沢 |