CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2019 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春物語652番「三春藩主秋田家墓所」


臨済宗安日山高乾院秋田家墓所
 鎌倉時代中ごろの創建とされ、仏源禅師(ぶつげんぜんじ)の開山と伝えられている。
三春藩主秋武の菩提寺で、正保二(1645)年、秋田家の三春入封にしたがい現在地に建てられた。



山号は秋田家の先祖「安日王(あんじつおう)」に、寺名は初代藩主秋田俊季公の父、日ノ本将軍生駒安倍の称安東秋田実季公の法号に由来する。



小春日和の晩秋、秋真っ盛りの三春城下の里には日増しに冷気が忍び寄り、木の葉は彩りを変えてゆきます。
十月も中ごろを過ぎるようになると、秋も佳境に入ります。
野山の紅葉が日増しに色濃く鮮やかになってゆきます。
そして、空気も澄んで爽やかな日々が続きます。
時折、梢を渡る冷たい風に落ち葉も舞い踊っておりました。

本堂に向かって左側の高台に秋田家墓所があり、歴代藩主をはじめ一族の墓が残されています。
その墓域に向う階段は苔むして古社の雰囲気を漂わせてくれます。
建築年代は分かりませんが、度重なる大火に焼け残った御霊屋が1棟あり三春入封以降のほとんどの一族がこの墓域に葬られています。



尚、この御霊屋は、解体修理中です。
来春には、改修された建物がお目見えします。



| ryuichi | 04:20 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下荒町::安日山高乾院 |