CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<  2020 - 02  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「みんなの広場」女房の初投稿


昨日の福島民報(平成25年5月26日朝刊)の「みんなの広場」という読者投稿の紙面がありますが、女房殿が初投稿しまして、採用掲載されました。
記事の内容は、幼き頃より当店に出入りしている、ひとちゃんの庭師修業奮闘記です。



当ホームページにも、”庭の匠”磐梯造園と題して、偽兄弟の私の視点から書きましたが、それとは一味違ったタッチで描かれています。

女房の書き方で憎いのは、さりげなく祖父である古川吾郎さんの事を書き、嫁ぎ先の広告業を営む佐久間家にも触れ、親方の磐梯造園に触り・・・・等々、ギンギラギンにさり気無くではありませんが、すらっと文章に表わすことです。
くどくなりがちな私の文体などは、敵いません!



今回の女房の書き方としては、ひとチャンのガンバリと、その祖父母である、故古川悟郎・静江夫妻の家族への教えを重点を置いています。


古川悟郎著「農協一筋の道~共生・共創・共栄」

元県議、元JA三春・JAタムラの理事長を長年務められた吾郎さんと、元看護士で障がい者教育・支援に尽力した静江さん夫妻の孫への愛情や教育には、傍から見ていて頭が下がりっぱなしでした。

女房も文才がある?・・・
そうなんです、何を隠そう当店発行の塵壺の校正者は、家内なんです。
どーりで塵壺の文章が良くなってきたでしょう!

次の投稿も計画しているみたいです。



実名は伏せていましたが、解るy方にはわかるもんなんですね。
女房へはではなく、ひとチャンへは芸能人なみに電話やメールが相継いだそうです。

そして、祖父母の吾郎・静江夫妻を懐かしむ方々からの一報もあったそうで、私まで嬉しくなりました!

| ryuichi | 06:03 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::三春昭進堂雑記 |