CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




平成版三春怪奇伝説 「白根屋事件」




三春怪奇伝説 その1 「白根屋事件」

三春の町は三百年来賑わった五万石の城下町です。

江戸時代の秋田藩政下以来、馬、葉タバコ、折り返し絹糸、羽二重などの集散地としても全国的に聞こえていました。

この話は、江戸中期の元禄から天保にかけて繁盛していた、三春城下の旅籠白根屋の物語です。

白根屋旅館は、三春城下中町にあって、大体出入りの激しい旅商人相手に、大変繁盛していました。

天保12年の頃、この物語の登場する白根屋の女将は淫奔多情で、用心棒に雇っていた若い浪人者と恋仲となり身を持ち崩すようになりました。






二人は、共謀してある夜宿泊していた絹商人の枕を探して莫大な金子を盗み取ります。

翌朝、その絹商人の客が騒ぎ出すと、永年召し使っていた実直者の女中に罪を擦り付け犯人に仕立て上げてしまいます。

挙句果てには、その女中をがんじがらめに縛り上げて松の根っこに据え付け、浪人者とともに責め苦を与え続けます。

三日目には失神した女中を藁菰で巻いて土蔵の床下に埋め、その客に「この通り懲らしめてやりましたと・・・」ひたすら詫びて、その場を何とか繕いました。

数日後、「白根屋の土蔵から怪しい唸り声が聞こえる!」という噂が城下に広まります。

噂は波紋のように広がり、町検断、与力同心の書留帳にも載り、奉行所の厳しい追及が始まり、白根屋の家宅捜査が進められました。

そして、遂に土蔵の床下から変わり果てた姿でしたが仮死状態の女中が掘り出され救出されました。





女中は、懸命の手当の結果、一命はとりとめることが出来ました。

この女中の証言により、犯人は女将とその若い浪人者であると真犯人が判明し、罪が明らかとなって女将は牢獄につながれます。

秋風肌寒い日、薄い肌着一枚の女将は、御城大手前の責め所お白洲の砂の上に引き出され、黒山の見物人の罵声と役人の責苦の中に狂い死んだということでした。

一方、若い浪人者はいち早く逃げて行方はついにわからなかった。

昭和30年代の広報三春内コラム「三春怪奇伝説 その1白根屋事件」参照


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:53 | comments (x) | trackback (x) | 平成版三春怪奇伝説::三春城下夜話 |