CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




平成版三春古蹟漫歩 「三春五万石城下 三春藩秋田氏家老屋敷」



秋田藩家老屋敷
三春五万五千石秋田家の重臣は、三春本城を中心としてその周辺の要所を占め、散在していました。

南町御城坂中段の右側は、城代家老秋田調季規の屋敷です。
当初は700石でしたが、寛政の頃秋田太郎左衛門の時代に1000石に加増されました。

出身はいわゆる秋田由来の出羽、その祖先は安倍季高となりますが、そのまた祖先をさかのぼれば山舘信濃入道だということで、代々山舘秋田氏と称して格式第一の重臣でした。
従って、二丁歩余の屋敷を持ち、大変立派な庭園がありました。現在の秋田さんの屋敷は昔の3分の1程度しか残っていません。






同じく御城坂中段の左側の浪岡(北畠秋田)さんは、北畠秋田氏と呼ばれ、公卿北畠親房の流れをくむ名門です。出身は伊勢。

慶長五年の関ケ原の戦後、秋田実季が恩賞問題で徳川に異を唱えた罪により伊勢朝熊に流された頃に、北畠宇近が、秋田姓と500石を拝領して仕官します。

後の寛文年間に500石加増され名門の別格宿老として重臣に列せられます。

今は桜の名所お城山の休憩所として観桜のお客様をおもてなしされています。

三春藩の重臣では、家老(年寄衆)より上席で別格の御両家として、代々荒木氏(丹波の波多野家臣の細工所城主荒木山城守氏綱の子で明智光秀家臣となった荒木氏清の子孫) とともに城代あるいは上席家老を勤めました。




荒木内匠の屋敷は、南町の現保健環境センターです。
荒木氏の本国は丹波、藤原高次の子孫とされています。

正徳5年12月、忠臣滋野多兵衛の切腹によって様々な流言が飛び交い、伝説的な尾びれが付いた、所謂「化け猫伝説」を生んだ荒木氏です。
その事件によって藩主輝季が隠居して、息子である頼季が三春秋田氏五代藩主を相続しています。

寛文の頃までは600石、内匠の代になり900石に加増されています。

当時は、御城、藩主御殿以外では荒木屋敷だけに高価な瓦屋根が葺かれていたと伝わっています。




細川孫六郎相之の屋敷も、南町で現在の遠藤病院のお城側の梅花園辺りでした。

石高700石、本国は山城国、源氏京兆細川右京太夫昭元を祖とする客分家老でした。

京兆細川氏は、室町末期の“応仁の乱”東軍義視派総帥で四管領家であった細川勝元の子孫となります。

また、初代三春藩主秋田俊季母堂の円光院は、織田信長の妹お市と浅井長政夫妻の娘“お犬”と、管領家細川昭元の間に生まれた娘となります。

同じ客分家老の老臣に列した細川縫殿助350石の屋敷が、桜谷の三春町歴史民俗資料館下付近にありました。この細川氏は桜谷細川氏と呼ばれ、前期の細川の分家です。




城跡東側、清水の家老屋敷

三春秋田家の家臣団の筆頭藩士の中に、藩主に近く、世臣譜に公族と記された「御一門」と呼ばれた家がありました。

秋田竹鼻季一氏。竹鼻家は鹿季次男の家系 屋敷・清水(天沢寺向)
安倍氏からの秋田由来となる譜代の重臣で石高400石

清水山舘秋田広松氏。御城坂山舘秋田氏の分家です。350石

秋田中津川仲之助氏。中津川家は鹿季の三男の家系 屋敷・南町(現在の高齢者住宅)中津川氏を名乗っていましたが、後に秋田姓を賜ります。

秋田檜山(薦土)作兵衛季章氏。檜山(薦土)は貞季次男の家系 屋敷・入清水西側
秋田由来の譜代の重臣で、檜山(薦土)姓を名乗っていました。300石でしたが後に500石へ加増されています。





各家の幕末の当主は、山舘家が秋田調、中津川家が秋田仲之助、竹鼻家が秋田斎、薦土家が秋田作兵衛で、これに小野寺市太夫、秋田(佐塚)広記を加えた6名が最高職の年寄りを勤め、幕末動乱の混乱期を乗り切りました。

桜谷佐塚秋田氏。秋田広記実昆、石高500石。
この家老屋敷は桜谷にありました。

細川屋敷の向かい側です。

その資料からして幕末の動乱期に一番活躍した家老です。

大浦秋田氏。秋田鵜右工門 石高500石。南町遠藤病院裏手にあり、荒木屋敷の向


昭和30年代の広報三春内コラム参照



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春藩始末記 |