CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




平成版三春怪奇説「佐塚様の老猫」



平成版「三春怪奇説」佐塚様の老猫


町役場の南、三春町民俗資料館付近は、桜谷と呼ばれています。
あの高台は、旧藩時代の武家屋敷で、佐塚(秋田)様と云われた秋田廣記500石の家老屋敷がありました。
 
佐塚家では、犬を二匹飼っていましたが、猫は絶対に買わないという家風でした。

これは、その因縁のお話です。

江戸中期元禄の頃、佐塚家には幾年重ねたかわからない老猫が飼われていました。
昼間はゴロゴロと昼寝姿ばかり見せていましたが、夜になると、どことなく姿が消えるようになりました。



守山山中

ある年の5月、佐塚秋田家の若党権助が、主用で江戸表に行っての帰途、磐城守山(現田村町守山)から赤沼、鷹巣を過ぎ、今の貝山古内集落に入ったのはとっぷりと日も暮れたころでした。

その道端に当時大きなモチの木があって、その繁った枝が道を覆いに中でも薄暗く気味の悪いところだったといいます。

気のせいか、急に暗さが増したと思ったら、前の方から無数の三毛猫の群れが、こちらの方を向いて押し寄せてくるではないか・・・



貝山分岐


驚いた権助は、逃げ場を失い、傍らのモチの木によじ登ります。
よく見ると、猫の群れの中程に、主家の御老母さまが居るではありませんか!
しかも、御老母様は、鋭い爪を立てて権助めがけて迫ってきます。

権助は、とっさに道中脇差を抜いて、老母の左肩を一突きします。
すると、「ギャー~!」と激しい一声を残して、老母も猫の群れも一瞬で跡形もなく姿を消してしまいます。

それから、半刻して桜谷の主家へ帰宅すると、今起こった恐ろしい出来事を主に打ち明けました。
主は、今しがた御老母様は「肩が痛む」と言っていたと告げられます。

よく朝、佐塚家の老猫が、姿を現すのを待って戸を開けたところ、老猫は物凄い形相で飛び出し行方をくらましてしまいました。

それからというもの、佐塚様では猫を飼わない家となったと伝わっています。

三春での化け猫伝説をこういう話の集大成ではなかったと想像力を膨らませています。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:10 | comments (x) | trackback (x) | 平成版三春怪奇伝説::三春城下夜話 |