CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




平成版今昔物語「旗本五千石秋田氏」



旗本五千石秋田氏

三春二代藩主秋田盛季の弟、季久に始まる旗本五千石秋田氏

江戸屋敷は、築地本願寺の西手にありました。

五千石秋田氏は、徳川家直臣の旗本籍ですので、江戸定府と定められていましたので、領主秋田氏が領地の赴くことはありません。
また、大名分地ですので、代官一人の他には、家臣の常駐もなりません。

その代官は淡州様代官(初代季久官職淡路守のちなんだ通称)と称され、屋敷はお不動山の麓にありました。




初代季久
幼名熊之丞。母は土浦城主松平伊豆守信吉の娘。
慶安二年六月十日分知の礼に登城し将軍家光に初見します。
それを機に右衛門季久と改めた。寄合組に編入される。
万治元年閏十二月、従五位下淡路守に任官、以来、度度公役(小普請役)を勤める。

万治二年八月、赤坂口警衛
寛文五年二月、中奥小姓として日光山法会に供奉、高家吉良義冬同行
天和三年八月、駿府城加番

貞享四年六月に,その年1月に始まった生類憐みの令に反して、家臣が吹矢で燕を射落とした事件に連座するところ、取り調べが行き届いていたとの理由で不問に付された。

元禄六年九月御小姓組番頭に昇進し,宝永元年八月辞職、寄合組に入り、同四年六月六十九歳にて死去した。





二代季晶
幼名を万太郎と称し、後に采女季豊
延宝三年十月十四歳にて将軍家綱に初見,宝永四年八月四十六歳にて家を継承。
正徳元年十二月五十歳にて死去。
岳父は、柳生宗冬の女婿朽木則綱(大番頭六千石)であった。

三代季成
季瑞、内膳、また、兵部と称します。
正徳元年、十二歳で家督継承し、同二年二月井伊又五郎直定らとともに将軍家宣に初見の礼を取り、寄合組に入った。
享保二十年五月、定火消役となり、同年十二月布衣着用を許されている。
元文四年に病のため寄合組に入り、寛保元年十二月に致仕し、寛延二年十月に五十歳にて死去した。
妻は三春三代藩主輝季の娘おトヨの方であった。




四代季通
幼名虎之丞、後に内膳とも称した。
元文元年三月、将軍吉宗に初見し、寄合組に入り、寛保元年十二月、父致仕の日に家を継承します。
寛延三年、定火消役となり、その年の暮れに布衣を許された。
宝暦三年九月小姓組番頭となり、その暮れ、大和守に昇任。
同九年十月西城書院番頭となった。
明和二年八月寄合組に戻り、翌年八月致仕し、養老料三百俵を賜わった。
安永九年六月六十一歳にて死去。

五代季高
幼名巳之助、後に兵部を称した。
宝暦十三年三月将軍家治に初見し、西城小姓となる。明和元年十二月内膳正に進み、翌年八月に家督を継承。
明和七年暮れ中奥小姓に転じ、安永九年二月寄合組に戻り、天明元年八月致仕して、康瀛(こうえい)と号し、同七年三月死去。三十九歳であった。
妻は土屋篤直の養女、後妻は三春七代藩主秋田定季の娘お富の方であった。

六代季済(すえまさ)
中務、内膳、季礼とも称した。
毛利高丘の四男である。
天明元年八月家を継ぎ、その年の暮れ将軍家治に初見。
文化元年三月致仕し、文化八年に死去している。




七代季穀(すえつぐ)
左近、中務と称した。
文化元年三月、季済の養子となった。
文化四年、駿府城加番、
文政元年、深珠院殿葬送警衛
文政四年十月、定火消役
同十二年十二月小普讀組支配に転じ、
天保二月九月、浦賀奉行となり,同八年十月小姓組番頭となった。
その暮れに淡路守に任じられる。
翌天保九年、西城書院番頭となり、西城造営に際し百五十両を献じ、時服を賜わっている。嘉永六年没した。

八代季幸(月編に幸)
帯刀、中務を称し筑後守に任じた。
天保二年十二月、家斉に初見し、弘化111年十一月召し出され、嘉永六年家を継承し、中奥小姓となった。
元治元年五月寄合組に戻り、慶応元年に没した。

九代中務 名乗り不詳。
尚、慶応二年八月組合銃隊頭に秋田元吹郎の名を「統徳川実紀」に見いだせるが、委細不詳。
慶応二年十二月布衣を許され、同四年勤仕並寄合より寄合肝煎となった。

領地として、旧三春領仁伊田村、富沢村、荒和田村、大倉村、新館村、石森村(分村)、粠田村で五千石とされています。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 04:55 | comments (x) | trackback (x) | 磐城國三春藩主秋田氏 |