CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「目明かし金十郎の生涯 江戸時代庶民生活の実像」 阿部善雄著 



「目明かし金十郎の生涯」

先輩から、面白い本をご紹介いただきました。
「目明かし金十郎の生涯 江戸時代庶民生活の実像」阿部善雄著 です。

著者の阿部善雄氏が、旧三春藩とは隣接する旧磐城守山藩の陣屋日記である「御用留帳」という貴重な史料を発見、その研究をされた方です。





この「目明し金十郎の生涯」という本は、その守山藩陣屋「御用留帳」に基づいて書かれています。

この本の主人公、目明かし金十郎は、もちろん実在した人物で、姓を吉田といい、陣屋のある守山に居住していました。

若い頃から博打や遊興の世界にどっぷり漬かり、もっぱら裏の世界で生きてきました。
いわゆる“やくざ者”ですね。
そしてその方面で顔役になり、それを買われて目明しになりました。



三春町史参照 守山城下 三春藩参勤交代絵図より

享保9年(1724年)~元文3年(1766年)までの46年間目明かしをつとめました。
徳川将軍家でいうと徳川吉宗・家重・家治の時代です。

目明かしというと、私たちは伝七捕物帖や銭形平次など岡っ引きの親分、そして、紫房の十手を思い浮かべますが、この本を見ますと、守山藩の目明かしは十手は持ちませんでした。その代わり藩士と変わらない身なりの帯刀が認められていましたから、藩の取り締まり方の役人という風貌だったのが想像されます。

十手を調べてみますと、官給品ではなく自前で鍛冶屋には注して造るものらしいんです。
そして、武器としての機能ではなく現在の警察手帳や裁判所発行の捜査令状的なものでした。




読み進めてみますと、江戸期の当該守山藩(現田村町守山から蒲倉・舞木・山田・郡山市西田町三城目など阿武隈川の東岸地域)や旧三春藩領などだけでなく、江戸時代の地方の治安や村の様子が描かれています。

博打を摘発されて菩提寺に欠入り赦免を頼む農民の姿。

また怒濤のように押し寄せる百姓一揆の喊声。

山の湯をめざして道中を連れ立っ老夫婦たちの笑い声も聞こえる。

そうかと思うと、困窮の果てに出奔を決意した親子三人が、夜の闇に消えていく情景よでが目に浮かんでくる。
しかも、こうした領民たちの生々しい姿にまじって、目明しのいびつな顔が彼らにつきよとうようにして去来する・・・・目明し金十郎が大活躍いたします。




享保からといえば飢饉や大地震、長雨など天変地異が立て続けに起こり、庶民の生活にも重大な影響を及ぼしていました。
また、世情の不安定の中で庶民の心の中も不安が付きまとうような時代。
その時代を生きた庶民の生の声が聞こえてきそうです。




磐城守山藩は、松平氏で御三家の水戸藩の分家でした。
藩祖は水戸黄門で有名な徳川光圀の異母弟で、家康の孫にあたります。
当然幕府内での家格が高く、江戸城では仙台伊達氏や長州毛利氏、薩摩島津氏と同じ大広間詰でした。

また、本家である水戸藩は、江戸幕府特例で江戸に常在していました。
即ち参勤交代がありませんでした。
これに伴い、守山藩もいわゆる江戸常府で参勤交代が免除されていました。

上記のような事情から守山藩主である松平氏は勿論藩士でさえも代官の藩士3人以外は一度も守山を訪れたことはないのではないか思います。

これは幕府御家人八万騎とよばれた直参旗本家のほとんどがそうでしたから、この守山藩でも、藩主も藩士も自分の領地を代官や村役人に任せて年貢だけ集めていたんではないでしょうか。

守山領は、現田村町守山から蒲倉・舞木・山田・郡山市西田町三城目など阿武隈川の東岸地域30ケ村、約2万石と常陸の行方郡に約1万石ありました。






守山藩領30ヵ村
木村、山田村、芹沢村、根木屋村、南小泉村、北小泉村、阿久津村、下白岩村、上舞木村、下舞木村、白岩村、荒井村、蒲倉村、大平村、横川村、安原村、手代木村、下行合村、上行合村、大善寺村、金屋村、徳定村、御代田村、正直村、山中村、守山村、岩作村、大供村、金沢村、小川村、三町目村(半分)


尚、「守山藩御用留(ごようどめ)帳」は、県指定重要文化財に古文書としては初めて指定されています。

守山藩は江戸時代の徳川御三家の一つ、水戸藩の支藩で1700(元禄13)年に成立。
守山藩御用留帳は藩成立時から1867(慶応3)年までに至る168年間の政務日誌で、今回指定されたのは市保管の141冊と個人保管の1冊。
このほか、東北大が1冊を保管している。

守山藩御用留帳は比較的保存状態が良く、江戸時代の支配機構や米穀の流通、農民の湯治など、当時の庶民生活の実態をより確かなものとする貴重な史料群とされる。

 藩政史料が県内に残るのは会津藩「家世実記」、中村藩「相馬藩世記」などに限られています。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:20 | comments (x) | trackback (x) | 田村庄六十六郷 |