CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「避暑地の出来事~」女房殿に感謝 越後紀行2017夏



「避暑地の出来事~夏の思い出」~善作茶屋2017夏

新潟まで出張があり、例のごとく越後長野温泉嵐渓荘に宿をとりました。


さぁ、所用を今日の分はさっさと済ませ温泉に浸かり、冷たいビールを一杯!と行きたいところですが、途中どうしても寄りたい場所があります。



そうです、加茂市黒水にある「善作茶屋」です。

この茶屋の絶品“ところてん”が食べたくて、グルっと遠回りをして茶屋で一休み!


これが美味しいの何のって!一回食べればわかります。





また、茶屋のロケーションが最高なんです。

時代劇に出てきそうなロケーションの中、素敵な奥様の笑顔に迎えられて、旅人気取りで茶店の軒先ですっかりで寛がさせていただきます。






先の大雨では、この善作茶屋の浸水を心配していました。

話を伺うと、目の前の川の氾濫は無かったものの、裏山からの水路を流れている沢の水が溢れて床下したまでの浸水はあったようです。

こ伺った日は蒸し暑い日でしたが、夏は“ところてん”を看板商品とするこの茶屋の稼ぎ時、デイサービスの団体様方など大勢のお客様で大繁盛です!

旦那さんも大活躍です!

ロードサイドの店舗なのでお客様の車の出入りを警棒を持ってエスコートされています。





善作茶屋
●住所:新潟県加茂市黒水
●営業時間:8:30~17:30(天候により変更)
●定休日:荒天の場合は臨時休業
●値段:ところてん 250円(税込)
    玉こんにゃく100円(税込)
※11月~4月下旬は休業







この時期は、1959年アメリカ映画 「避暑地の出来事」の主題曲「夏の日の恋」を思い出します。

懐かしい夏の思い出とともに・・・イントロを聞いただけで「夏」の訪れが感じられますね。


何やら訳アリか~~?

ん?・・・そんなわけありません!

夏になると素敵な出会いがあるんじゃないか!と浮かれる年頃には程遠い、いいおじさんさんになってしまいました。





この宿に来る度に当店女将である女房殿のありがたさを肝に銘じています。





それは~、この写真をご覧ください。




ここに来ると嵐渓荘玄関ロービー・ホールの壁に掛けてあるこの写真を必ず拝みます。

最初にこの写真を観たときには涙が止まりませんでした。
写真は、平成15年12月放映ですから、約15年位前になりますので、若かりし頃の渡部謙さん、小林聡美さん、西田敏行さん、そして監督の矢島忠さんと一緒に旦那さんや女将さん、そして現社長などご家族と従業員が笑顔で写っています。
三谷幸喜が担当した第2話(平成15年12月22日放映)にこの嵐渓荘がロケ地となり、渡辺謙と小林聡美が旅館のダメ経営者夫婦を演じ、そこに西田敏行演じる謎の宿泊客が絡んで抱腹絶倒のコメディーを繰り広げるというドラマでした。

すぐに、当時全国旅館組合青年部長だった馬場の湯若松屋の専務にこの宿を調べていただき、翌5月に初めて逗留してからの付き合いです。
ここ嵐渓荘に来るようになったのは、このドラマがきっかけです。

この写真の中で、小さな男の子を抱いたお母さんの姿が見えますか?
このお母さんは当旅館の若女将でした。





この写真の後に病を患って、体調を崩し幼い子供を残して帰らぬに人になってしまいます。
結婚して、子供も授かり、若女将として夫婦で力を合わせて宿を切り盛りしていく・・・・これからという矢先の病でした。

最愛の夫、そして幼子を残しての早すぎる旅立ちです。


さぞ心残りで悔しかったことでしょう、心よりお悔やみ申し上げます。




私も、こうして商売、仕事、遊びに、趣味・・・と何の憂いもなく思う存分できるのも、当家女将である女房殿のお陰です。
そして、子供たちの成長をが生きる張り合いでもあります。

この写真を見るたびに、家族そして女房殿のありがたさを教授されているようで、そっと手を合わさせていただいています。


NHKテレビ放送開始50周年記念ドラマ「 川、いつか海へ」
平成15年12月末の6夜連続放送

山の男と海の女が出会い、ガラスの浮き玉を作りました。
その球は川を流れ下りながら、人の心に愛を目覚めさせてゆきます…。
というストーリーで人生を川になぞらえた6つの物語からなるオムニバス・シリーズ。
脚本は、野沢尚、三谷幸喜、倉本聰という日本を代表する脚本家三人がそれぞれ担当しています。





尚、社長は元アナウンサーの方と再婚され、夫婦共々旅館を切り盛りされて日本を代表する繁昌する温泉旅館として国内外から高い評価を得ています。





先ごろ、第30期竜王戦七番勝負の日程と開催地が発表され、第4局が本年11月23日(祝・木)、24日(金)に三条市越後長野温泉「嵐渓荘」で行われることが発表されました。

これは楽しみです。





また、ご覧になった方もあると思いますが、8月初旬に放送されたNHKの人気番組美の壺・選「宿の朝食」では、嵐渓荘自慢の朝食逸品”温泉粥”が取り上げられています。


この竜王戦、美の壺他、沢山のメディアに取り上げられていて、宿泊の度にそのパワーを分けていただいています!



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:33 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::男の隠れ家 |