CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2018 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「一里行けば一里の忠、二里行けば二里の義 」高杉晋作 下関功山寺挙兵




「今日の場合、一里行けば一里の忠を尽くし、二里行けば二里の義を尽さんとす」

高杉晋作
下関功山寺挙兵


功山寺は鎌倉期に創建された長府毛利家の菩提寺で、仏殿が国宝にも指定されている曹洞宗の名刹です。







今年の島根帰省の折りには、念願であった山口県は下関にある功山寺に行って高杉晋作馬上像を参詣してまいりました。


下関・馬関海峡で、攘夷を実行して異国に打ち払われ、「八月十八日の政変」で京都から追い出され、「禁門の変」の敗退で朝敵とされ、馬関攘夷戦の報復にやってきたイギリス・フランスなど列強4カ国連合に惨敗、そして、第一次長州征討・・・・幕府の征討軍約3万に取り囲まれるという、追いつめられた長州藩。

第一次長州征伐後、幕府への恭順を主導していた長州藩俗論派政権を奪い返すべく、高杉晋作が功山寺に80名の同士を集めて決起。

クーデターはみごとに成功して、以後長州藩は倒幕への道をひた走った。


回天義挙ともいわれるこの戦いに端を発する長州藩内の一連の紛争を「元治の内乱」という。







『晋作は、馬上の人になった...
馬の前脚が騰がったとき、この男はふりかえりざま、「いまから長州男児の胆っ玉をお目にかけます」...
彼はいつの場合でも狂言作者と役者をかねていたが、このとき舞台は雪の功山寺境内であり、相手役は都の貴人たちであった。時期は、長州の絶望的な政治的季節であり、その時に吐くべき台詞(せりふ)をこの男はみごとに作りだした。
司馬遼太郎著「世に棲む日々」から抜粋







高杉晋作は必死の説得を試みたが諸隊長の反応は鈍く、結局功山寺に集結したのは伊藤俊輔率いる力士隊と石川小五郎率いる遊撃隊のわずか84人だけであった。


晋作にとっては、生死をかけた賭けに出たと・・

最大の庇護者である白石正一郎の弟に自分の墓石を頼んでいます。


「故奇兵隊開闢総督高杉晋作則/西海一狂生東行墓/遊撃将軍谷梅之助也」

自分の墓には、そう刻んでほしい、と。

まさに松陰の教え「死して不朽の見込みあらば、いつにても死ぬべし」を実践しようとしていたのでしょう。

元治元年12月15日、雪の降る深夜。晋作は率いる部隊とともに、長府の功山寺の山門をくぐります。

客殿に長府功山寺に在する三條実美、三條西季知、東久世通禧、壬生基修、四條隆謌、五卿(澤宣嘉は平野國臣らの生野乱にて戦死、錦小路頼徳は病死)が潜居していました。

晋作は五卿を前に決起の趣旨を語り、祝い酒を振る舞われたといいます。

五卿らは、訳がわからなかったかもしれません。

この時、晋作は26歳。

紺糸縅の具足に、桃形の兜を首から背にかけ、玄関外まで見送りに出た五卿らの前で乗馬すると、振り向きざま叫びました。


「これより長州男児の肝っ玉をお目にかけます」と宣言し颯爽と挙兵。

18名(20名説もあり)からなる決死隊で三田尻の海軍局に攻め入り「丙辰丸」など軍艦3隻を奪取。

東山寺に転陣して馬関割拠の体制を固め、遂に長州藩正規軍を破り長州回天を成功させた。



夜明け・回天義挙の幕開き 







『動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し』 
伊藤博文は後に高杉晋作の墓所がある下関郊外清水山の「東行碑文」に
「動けば雷電のごとく、発すれば風雨のごとし。衆目駭然としてあえて正視するものなし。これわが東行高杉君にあらずや。」と揮毫したが、功山寺の情景を眼前に現す名文である。






「高杉晋作回天義挙像」
台座には晋作を尊敬していた岸信介の書で「高杉晋作回天義挙像」と記されている。
台座碑文「一鞭回天 明治維新 宇内うだいに輝く 嗚呼鬼神東行とうぎょう先生」(東行は晋作の号)







功山寺には、三条実美ら五卿(七卿)の御在所が現在も保存されており、境内には馬上挙兵に乗出す高杉晋作を映した見事な一鞭回天像があるが、傍らに「一将功成って万骨枯る」の碑があります。

尚、功山寺には、坂本龍馬と親交があり「寺田屋事件」のときにも槍をふるって龍馬を助けた長州藩士・三吉慎蔵の墓がある。






鶏声々訴清晨  
夢覚紅楼日已新
塵世笑他人事閙  
閑迎二十五年春
   東行 癸亥正月元旦作







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:59 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::島根の夏休み |