CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<  2019 - 02  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春藩主祈願所真照寺山内鎮座「古四王堂」の毘沙門様初寅会 2019






三春城下新町、三春藩主祈願所である真照寺家山内に鎮座する「古四王堂」の毘沙門様で初寅会。


平成31年は、2月10日(日)が「初寅」の日になります。









三春城下の三春藩主祈願所真照寺別当古四王堂毘沙門天初寅会が開催されます。


古四王堂のご本尊の一つである毘沙門天は、招福と勝負、鬼門を守護する神様です。


寅の日を縁日とし、一年で最初の寅の日である初寅には、毘沙門天より大福を授かろうと多くの参詣者らが訪れます。






商売繁盛、厄払い、合格祈願等々の所願成就の祈祷は、三千円、五千円、一万円などから受け付けています。
前日までに申し込みください。








旧三春藩五万石秋田家主祈願所真照寺山内にある「古四王堂」の東日本大震災による被害からの復興再建工事が完了しました!




かつては「大日堂」そして、「古四王堂」として信仰を集めていました。 



堂内の須弥壇には、大日如来像と四天王・東の持国天,南の増長天,西の広目天,北の多聞天 (→毘沙門天 ) がありました。


大日如来像は、現在はありません。


他の四天王は本堂内に保管されています。





足場も、この30日には撤去され2月3日の節分会に間に合いました。

そして、来月の引き渡しを待つばかりとなりました。








以前の古四王堂の使える部材を最大限に使用しました。








所々に色目の違う部材が見て取れます。






大工さんの腕の見せ所でした。







須弥壇下の文様は、解体前は護摩焚きの煤がこびり付き真っ黒になっていて判りませんでしたが、実は金箔が施されていました。


外の飾り部材も以前の部材を修復した逸品です。



堂版の屋根なども含めて、時間の経過とともに、色もなじんでくることでしょう。








柱や梁などの主要部分は度重なる修復歴があり、構造・強度の問題もあってすべて新品が使われています。

戸板も修復品です。









秋田家の家紋・裏家紋も健在です。






春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍










| ryuichi | 05:06 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |