CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2019 - 03  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「EARTH BEAT 明日への航海」  野澤享司 with 永原 元




Album「EARTH BEAT 明日への航海」

野澤享司 Kyoji Nozawa on Guitar,Vocal
永原 元 Gen Nagahara on All percussion







三春城下馬場の湯温泉「若松屋旅館」さんにて、高田エージライブのサポートメンバーの一人である永原元さん。

そのNew Album「EARTH BEAT 明日への航海」


若松屋の幕田専務が届けてくれました。

しかも、サイン入りです!

このアルバムは、70年代のフォーク全盛期で活躍した独創的なシンガー・ソングライター野澤享司さんとのコラボレーションアルバムです。

「アコースティックギターと打楽器、唄だけの土臭いアルバムになったと思います。」と元さんが云う通り、土臭く男臭いかっこいいアルバムです!

男の魂~聞き入ってしまいました。






永原元 

1972年1月生まれ。20歳の時、単身アフリカケニアへ渡りパーカッショングループに加入。
数々の公演を行う。
帰国後、どんと(ex. Bo-Gambos)と出会い、札幌でのLiveをきっかけに交流を持つ。
どんと主催の満月コンサートに参加(沖縄)。1年後同バンドメンバーだったギタリスト「平安隆/かりゆしの月」に参加・リリース。
さらに1ヶ月後、ソウルフラワーユニオンにサポートメンバーとして加入。1999年にはアイルランドの大御所ドーナル・ラニーと共演。
2000年8月、フジロックフェスティバルに参加。その後、拠点を東京に移し幾多のセッション、.レコーディングワークに励む.。

セッション共演:鮎川誠、シーナ、カルメン・マキ、 森園勝敏、リアム・オ・メンリー、ハシケン 朴保、渋谷毅、本田竹広、湯川トーベンetc
2004年本田竹広(pf)「The pure」に加入、HARRY(ex. ストリートスライダース))2ndアルバム「For no one」ドラマーとして全面参加。








野澤享司プロフィール
シンガーソングライト&ギタリスト
1971 中津川フォークジャンボリー参加がキッカケで翌'72 URCよりアルバム「白昼夢」リリースその後 ソロ活動と並行して小室等のサポートギタリストを務める。これがキッカケで1977 フォーライフよりアルバム「KYOUJI TRAVEJINE」「南へ遠く」など数枚のシングルをリリース。
1999アルバム「fender bender〜遥かな海へ」
2007アルバム「SELFE COVERS NAKED'70」
2018 コラボアルバム「EARTH BEAT〜明日への航海 野澤享司with永原 元」
斉藤哲夫 シバ 生田敬太郎 などとのジョイント 永原元とのコラボを交えながらソロ活動を継続中。




春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 06:40 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |