CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2019 - 03  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




春彼岸「おはぎ」 2019 ぼたもち




春彼岸「おはぎ」 ぼたもち 2019


彼岸入り前々日の 3月16日(土)から 中日の3月21日(木・祝日)までの、予約優先・期間限定販売となります。


19日は火曜日なので定休日となります。






つぶ餡をもち米で包み黒すりごまをまぶした「つぶ餡」、

もち米をなめらかであっさりしたこし餡で包んだ「こし餡」、

そして、もち米でこし餡を包み、良質の大豆を碾いたきなこをまぶした「きなこ」の3種類をご用意しました。








つぶ餡 砂糖、餅米、小豆、水飴、グリシン、酵素、乳化剤、(原材料の一部に卵、乳成分、大豆を含む)
226


きなこ 砂糖、餅米、小豆、水飴、大豆、グリシン、酵素、乳化剤、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)
260





各一個 120円税別となります。


6個入れパック 720円税別


皆様のご予約・ご来店をお待ちしています。







彼岸」は春分と秋分を中日とし、前後3日の7日間とされています。

その間のお供えの食として昔から食べられているのが「ぼたもち」「おはぎ」と呼ばれる、あんこを絡ませたお餅です。








「ぼたもち」は春に咲く牡丹(ぼたん)の花にちなんでつけられた名前。

小豆の粒を牡丹の花びらに見立てて「牡丹餅(ぼたんもち)」と呼ばれていたものが、やがて「ぼたもち」に変化したと言われています。

一方、秋の「おはぎ」は「萩(はぎ)」から。秋の七草にも数えられる萩の花が、小豆の粒と形が似ているということから、「お萩餅」と呼ばれるようになり、「おはぎ」として定着したそうです。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:19 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |