CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2020 - 01  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




田村四十八舘 旧七郷村栗出・牧野




栗出舘跡

七郷村大字栗出に在り、三春城主平姓田村氏の臣 門澤左馬之助の居舘と伝わっています。

三春田村領の中では最南端に位置し、南の要でした。


四舘跡 七郷村大字牧野


字 竹之内舘  佐久間因幡

字 牧野舘  佐藤若狭

字 國ケ坪舘 渡邊加茂右衛門

字 深谷舘  佐久間某

共に三春田村氏の臣にして田村氏没落後に帰農して現在もこの地に子孫が居住し繁栄しています。



この時代、地方では「農兵分離」が進んでおらず、大多数を占める、上記以外の旧臣達は田村家を救済できなかった伊達家を嫌い旧田村領内の自分の所領にて帰農します。

時代が下り、蒲生氏、上杉氏、松下氏、そして江戸期の秋田氏藩政下にあっても「在郷給人」として苗字帯刀御目見得を許された大庄屋(割頭)・名主を代々務めて、明治維新を迎えます。

尚、帰農した田村旧臣は、合戦の敗北による田村家断絶ではなかったために、敗北感を一切持たず、剛腹で武勇に富み、その家門を称して「御屋形様」呼ばれていました。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:45 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘1 |