CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




鎌先温泉 カフェ「粋(sui)」 純米大吟醸原酒「富粋(ふすい)」




先にもお隣宮城県は白石市の鎌先温泉「最上屋」で一泊しての少人数での会食会がありました。

鎌先温泉に来たら、カフェ「粋(sui)」の田切さんにご挨拶。

友人たちから評判の良い純米大吟醸原酒「富粋(ふすい)」を土産に買い求めました。






カフェ『粋 sui』では地元食材を生かした軽食や、宮城県内各地の物産を買うことができます

鎌先温泉入口の旧店舗を改装したカフェは、壁やテーブルに杉材を用い、店内は大きな窓を設けた明るい空間になっており、鎌先温泉の新たな交流起点 、カフェや特産品の買い物が楽しめるおしゃれカフェです。






カフェを運営する合同会社「粋」の代表社員である田切富生(とみお)さんでした。

大手民間企業を定年退職後に、仲間を募り合同会社「粋」を設立。
また、店名の粋(すい)とは“すぐれたものを集める”という意味から「粋」と名付けたそうです。





片倉家家臣の末裔として上原地区の代々受け継いだ地で農業を営む傍ら、長年地域活動にも積極的に関わってきたということで、その知識や培った経験などを駆使して、仲間と共に合同会社を立ち上げ粋suiの経営を行っているということでした。

言葉の節々に「白石」が大好きなんだということが伝わってきます。

そして、定年後からの第二の人生を鉾先温泉、そして白石の発展に寄与するという気概と行動力にはお邪魔するたびに刺激を受けてまいります。

張りのある笑顔からパワーをもらいました!





「富粋」ふすいとよみます。
以下、説明文です。


日本酒好きの田切富生(たぎりとみお)が昔献上米の「はら米」を50%精米し、地元白石市の蔵王酒造で32歳の杜社氏に自分の好みを話し醸造して頂きました。

アルコール度数は17.7度、日本酒度は+10で辛口です。
他の酒とは違い絞ったままで水割りは致しておりません。
純米吟醸原酒です。冷の方がより美味しく飲めます。
店の名前に自分の名前を入れたオリジナル品です。
是非、富粋(fusui)を日本酒好みの皆さんにお飲み頂きたい一品です。




ラベルのデザインは白石のライターに依頼しました。
5つの円を重ね合わせ、咲いた花のような形にしています。
5つの円は、色々な五円(ご縁)を重ね、ご縁で広がって頂きたいという思いからこのデザインにしております。

田園や山々から長年受けたイメージなど、淡いグリーンで柔らかく表現しております。








最上屋様への宿泊は今年3回目となります。
秋保温泉や作並温泉を薦められますが、やはり秘湯ロマン漂う落ち着いた鎌先温泉が気に入っています。





この吉永小百合さんのポスターが気に入っていて、小百合さんに会いたくて来ているのかもしれません!


「見るより食べて その土地を知る。~」



今回の宿泊は、大人一名1泊2食で定価17000円位のコースですが、go toキャンペーン と宮城県県民割「雀のお宿」割引の適応を受けて、一人の支払いが6000円、しかも地域共通クーポンが3000円^ ^
実質酒代がチャラになり、お得な豪華宿泊です。

コロナ対策のバッチリ!







「男はつらいよ~」の寅さんが好きで、もともと大型旅館が苦手な私です。

湯治場の雰囲気の残る温泉街が妙にしっくりと来ます。

しかも、個室での食事、温泉や薬湯として名高い鎌先温泉~

温まりました~




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:19 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::男の隠れ家 |