CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2022 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




アンティークの銭函(銭箱)をいただきました。




お客様より、「骨董すきだべから~」とアンティークの銭函(銭箱)をいただきました。






年代はわかりませんが、江戸末期化明治初期か・・・

何しろ古いものだと思います。





この穴は後から空けられたものと思います






銭箱は江戸時代から使われていたお金をしまうことに使われていた今でいう金庫のような木製の箱です。

貴重なお金を入れておくものですので、とても頑丈に壊れにくく作られております。


多くの時代を経てきたものですので、多少のイタミ等ございますが、それも一点ものの味わい深い趣だと思います。







店内の装飾に配しておきます。



三春昭進堂菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:02 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |