CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2019 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春物語237「三春夜這い夜話」
夜這いは、掟もあり、古くは求婚の意味もありました。
掟破りには、時には村に住めなくなるほどの仕置きもあり、掟破りはほとんど無かったといわれます。
また、結婚相手を見定めるための真面目な面もあったのであり、若い男が、他人の家に忍び込んで、強姦するという類の話では、けっしてなかった。
 夜這いの掟は、誰もが好き勝手に、女の家へ忍び込んだわけではく、相手の娘が、承知してくれた場合のみ、あるいはその娘が、自分の誘いに応じてくれたときのみ、夜這いに行けたものです。
相手の望まない夜這いは、無理に忍び込み、ことに及ぼうとするとき、娘に騒がれて、親に捕まった時など、村のさらし者にされました。
 男は、忍び込んだ娘の家で、あまり無茶をしないよう、夜這いの礼儀作法というものも教えられます。
まず、先達たちが、四方山話の一環として、面白おかしく話すこともあったが、実際は、ベテラン女性に、手取り足取り教えてもらったものだと聞き及んでいます。
 
 娘の場合も、赤飯を炊いて祝った夜、一族の年配者や、主家筋の、しかるべき長老の誰かに、水揚げというか、道を通してもらうのが慣わしがあったといわれます。
そうしておかないと、夜這いされたとき、戸惑うことになる。
そして、母親や叔母さん、先に一人前になっていた近所の姉様たちが、具体的に心構えや、手練手管を伝授するなど、共同体の一員としての指導がなされてきました。




| ryuichi | 06:47 | comments (0) | trackback (x) | 平成版三春怪奇伝説::三春城下夜話 |
コメント

コメントする