CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2018 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春物語538番「御祭の信仰」


熊野様は、湯峰家の氏神様として七戸の屋敷で祀ってあります。
当番制で宿に集まり、餅を搗いてお祭をします。
祭日は、春四月七日と秋十月十日となっています。



と伝えられ、旧御祭村二番組全戸の組祀りで、五月八日が祭日としています。
祭日には、各戸米一升を持ち寄って甘酒を造ります。





淡神様は、はしかの神様諏訪神社は、渡辺姓六戸の氏神様です。
春四月九日と秋九月九日の祭日には、各戸米二升ずつ持ち寄り、甘酒を造る。

八幡様は、橋本姓七戸の氏神様として祀られ、旧九月九日の祭日には、赤飯と山海のの御馳走を、そして十一月十五日の祭りには、赤飯と銀杏大根を食し無病息災と豊作祈願をしています。
また、鳩を捕ってはならないと云う禁忌があります。

地蔵様は、地蔵講とも云い、国分姓九戸が中心となって旧御祭村四区全部から希望者を募りお祭をします。
一口毎の会費を徴収し、春は旧四月四日と旧七月二十四日には地蔵講を開き数珠回しを行っています。


| ryuichi | 04:42 | comments (x) | trackback (x) | 旧御木澤村::御祭 |